第1105回・前橋市浄水場資料館・配水塔

s_P32000052.jpg

群馬県前橋市敷島町にある前橋市敷島浄水場の構内に、昭和4年(1929)に建てられた旧浄水構場事務所を改修した資料館と、同時期に建てられた鉄骨造の配水塔があり、共に国の登録有形文化財となっている。旧浄水構場事務所は「建築非芸術論」などの論考で建築史に名を残す野田俊彦の設計による。

s_P32000222.jpg

敷島浄水場は前橋市における最初の近代的上水施設で、昭和4年(1929)に竣工、給水を開始した。現在も前橋市の主要な水道施設として稼働している。また、周囲に植えられたツツジが開花する頃には一般開放が行われ名所となっている。写真は資料館に展示されている竣工当時の浄水構場事務所と配水塔。

s_P3200001.jpg

現在も正門を始め建物は変わっていないが、樹木が大きくなったため事務所は隠れ、配水塔だけが見える。

s_P3200003.jpg

スクラッチタイルと群馬県内で産出される多胡石を組み合わせた正門も、昭和4年当時のものと思われる。

s_P3200006.jpg

正門を入った先に旧浄水構場事務所があり、配水塔がその背後に建つ。

s_P3200039.jpg

半円形の外壁が特徴的な旧浄水構場事務所は浄水場の管理事務所として使われていたが、平成元年(1989)に給水開始60周年を記念して内部を改装、水道資料館となって現在に至る。

s_P3200017.jpg

背面からの眺め。設計者の野田俊彦(1891~1932)は東京帝国大学卒業後、陸軍省、内務省など主に官公庁の建築技師を務めたが、昭和7年に38歳で没した。実作よりも「建築非芸術論」などの論考を多く著したことで知られている。旧浄水構場事務所は現存する唯一の設計作品であると思われる。

s_P3200045.jpg

緑色の瓦で葺かれた屋根の上には構内を監視するための物見台が設けられ、その下には採光用の屋根窓が設けられている。横に細長い「牛の目窓」と称される屋根窓はドイツ風意匠の洋館に見られるもので、県内沼田市にある旧土岐家住宅洋館や大阪府泉南郡の旧谷口家別邸でも同様の屋根窓が設けられている。

s_P3200020.jpg

2階に設けられたテラスの手摺には、水紋をイメージしたような意匠の飾り格子が嵌め込まれている。

s_P3200018.jpg

外壁窓下の基壇部分には正門と同様、多胡石が用いられ乱積み風の仕上げが施されている。その上に貼られたスクラッチタイルは正門に用いられている黄色味の強いものとは色調が異なるので、創建当初からのものではなく改装の際に貼り替えられたものと思われる。

s_P3200038.jpg

正面玄関。
資料館は配水塔と共に耐震改修が行われるため、平成29年4月より一時休館となっている。

s_P3200031.jpg

階段から玄関ホールを望む。建てられた当初、1階及び地階に応接室、主任室、工夫溜、小使室、流量計室、宿直室、便所が、2階には事務室、図書室、露台(テラス)が配されていた。

s_P3200024.jpg

階段手摺りの渦巻き状の装飾は大正期の洋風建築の装飾に多く見られるもので、昭和4年の建物としては若干古いデザインとも言える。

s_P3200029.jpg

構造は鉄筋コンクリート造であるが、屋根は木造の小屋組みを載せる。

s_P3200035.jpg

現在は展示室となっている1階玄関脇の1室。半円形の張り出し部分に当たり、部屋の中央には円柱が建っている。

s_P3200032.jpg

玄関ホールに展示されている、昭和4年給水開始当初に用いられていた竜頭型の共用栓。

s_P3200034.jpg

展示物の中には戦前のものから今日でも使われているものまで、様々な形式の蛇口もある。

s_P3200013.jpg

旧浄水構場事務所の裏に建つ配水塔。事務所と同じく昭和4年に竣工した。

s_P3200016.jpg

同形式の鉄骨造の配水塔としては、兵庫県高砂市の旧朝日町浄水場配水塔(大正12年)が現存しており、敷島浄水場配水塔と同様に国の登録有形文化財となっている。

s_P3200007.jpg

配水塔は平成29年3月を以て現役の水道タンクとしての役目を終えて稼働を停止した。今後は資料館と共に耐震改修を行った上、保存される予定である。

s_P3200043.jpg

明治から昭和初期に建設された水道施設(配水塔、ポンプ室、管理事務所等)には凝った意匠が施されたものが多く、現役を引退した後も記念館等に転用されて保存されているものは全国各地に存在している。弊ブログでもこれまで上記の旧朝日町浄水場配水塔のほか、水戸宇都宮高岡大阪神戸岡山高松の各水道施設を紹介しているので、併せて御覧頂けると幸いである。
スポンサーサイト

第1104回・翠州亭(旧近藤滋弥別邸、旧スイス大使館)

s_P8060099.jpg

千葉県長生郡長柄町上野にある複合宿泊施設「リソル生命の森」内に建っている数寄屋風の日本家屋は、昭和5年(1930)に実業家で貴族院議員の近藤滋弥男爵の別邸として東京・麻布に建てられ、戦後はスイス大使館として昭和53年(1978)まで使われていた。スイス政府から寄贈を受け現在地に移築された後は、和食処「翠州亭」として活用されている。国登録有形文化財。

s_P8060097.jpg

この邸宅を建てた近藤滋弥(1882~1953)は、日本郵船社長を長く務め、同社を世界屈指の海運会社に発展させた三菱財閥の重鎮・近藤廉平男爵の後嗣であり、貴族院議員、実業家として活動する傍ら、現在も活動を続けている近藤記念海事財団を私費で作るなど、海事の発展に尽くした。

s_P8060098.jpg

茶道を嗜む茶人でもあった近藤滋弥男爵は、東京・麻布広尾町に数寄屋風の別邸を建てた。設計・施工共に関西にゆかりの深い人物が従事し、全室が京間取りで設計されるなど関西風の造形が施された。

s_P80601032.jpg

設計は大阪の都島工業学校で教鞭を執っていた渋谷五郎(1888~1977)による。伝統建築に造詣が深く、実務者用専門書「日本建築」(昭和13年初版刊行、長尾勝馬との共著)は名著と評価が高い。また職場の同僚である本間乙彦と共同で設計した大阪の芝川ビル(昭和2年竣工)では基本・構造設計を担当している。

s_P8060104.jpg

施工を手掛けた伴仲信次(1906~1987)は兵庫県に生まれ、関西商工学校(現・関西大倉学園。弊ブログでも以前旧邸を取り上げた化学者で実業家の平賀義美博士が長年校長を務めた夜間学校)を卒業、昭和4年に近藤男爵家に建築係として勤め、24歳にして別邸の工事を手掛けた。

s_P8060140.jpg

敗戦後はスイス連邦共和国政府が購入、同国大使館として使用された。戦災を免れた都心の上流階層の邸宅はその多くが戦中戦後の社会変動により所有が代わったが、各国の大使館や大使公邸となったものも多い。スイス以外ではタイ(旧濱口邸)インドネシア(旧伊藤邸)フィリピン(旧安田邸)が大使公邸として今も使われている。

s_P8060136.jpg

歴代大使によって原型を損なわぬよう、細心の配慮を払って使用されてきたが、大使館の新館建設に伴い解体される運命にあった。しかし、かつて施工を手掛けた伴仲信次氏(当時、春日建設㈱社長)の努力と、当時のピエール・クエヌ―大使の協力により、スイス政府から寄贈、移築されることとなった。

s_P8060105.jpg

昭和53年(1978)に国際親善のシンボルとして「長柄ふる里村」に寄贈され、翌年現在地に移築された。現在は「リソル生命の森」の和食処「翠州(すいす)亭」として会食や結婚式場として利用されている。平成16年(2004)には国の登録有形文化財に認定された。

s_P8060135.jpg

玄関。正面の引き戸を開けると玄関ホールに続く。

s_P8060123.jpg

階段室を兼ねた玄関ホール。
天井に走る太い梁には装飾的な手斧仕上げが施されている。

s_P8060130.jpg

玄関脇には引き戸で仕切られた大小2室の洋室が設けられている。
写真は暖炉も備えた大きい方の洋室(さつきの間)。かつては応接間として使われていたものと思われる。

s_P80601252.jpg

角に設けられた暖炉は実際に火を焚くのではなく、ストーブを嵌め込んで使う形だけのものである。

s_P8060131.jpg

天井は折り上げ格天井となっている。
隣接する小さい洋室(つつじの間)も折り上げ格天井だが、格子の桟を二本にするなど異なる意匠となっている。

s_P8060108.jpg

1階中央部に配されたレストラン席はかつては続き間の日本座敷であったものと思われる。大使館時代の改装か移築に際しての改装かは分からないが、現在は広い1室の洋室になっている。

s_P8060106.jpg

レストラン席から見た枯山水の庭園。

s_P80601092.jpg

玄関ホールとレストラン席の間の扉。
窓ガラス部分に施された細い桟の格子など、建具にも趣向を凝らしている。

s_P8060119.jpg

階段を上ると、屋久杉を用いた天井が見事な洋式の広間が現れる。
現在は待合室として使われている。

s_P8060120.jpg

広間の反対側には大広間として使われている座敷があり、その横を畳廊下が通っている。

s_P8060112.jpg

2階広間の天井は船底天井となっている。

s_P8060113.jpg

窓には非常に細い桟の格子が美しい硝子戸を嵌め込む。

s_P80601162.jpg

訪問時はほぼ満席で、拝見できたのは一部の部屋であるが、この広間だけでも十分訪れた甲斐があった。

s_P8060100.jpg

この屋敷は北野武の映画「アウトレイジ」のロケ地として使われたことでも知られているようだ。

s_P8060096.jpg

建物の来歴や設計者・施工者については翠州亭の案内版、及び千葉県教育委員会編「千葉県の近代和風建築:千葉県近代和風建築総合調査報告書」の記述を参考にさせて頂いた。

第1103回・日産自動車横浜工場1号館

P7160690_convert_20160721004615.jpg

京浜工業地帯の一角にある横浜市神奈川区宝町の日産自動車㈱横浜工場1号館は、かつての同社の本社屋で昭和9年(1934)に建てられた。現在は工場見学の来訪者を受け入れるためのゲストホールとして活用されており、また同社の歴史や技術を紹介する日産エンジン博物館も併設、公開されている。横浜市認定歴史的建造物。

P7160685_convert_20160721004711.jpg

日産自動車横浜工場はJR新子安駅に近い位置にある。この一帯は昭和初期に海岸を埋め立てて造成された。昭和9年(1934)に竣工した1号館は鉄筋コンクリート造2階建、操業を開始した昭和10年(1935)には一部が3階建に増築されている。

P7160694_convert_20160721004746.jpg

昭和初期の日本の自動車市場は、当時日本に進出していた米国のフォードとジェネラル・モーターズ(GM)による事実上の独占状態にあったが、日産自動車は初めて大規模な量産体制を備えた最初の国産自動車メーカーとして、小型車「ダットサン」及び中・大型車「ニッサン」ブランドの2本立てで国産自動車の普及を図った。

P7160693_convert_20160721005150.jpg

戦前戦後を通じて日産自動車の主力商品となった小型車「ダットサン」は、同社の前身に当たるダット自動車製造によって昭和7年(1932)より生産されていたが、当時のその他の国産自動車と同様に生産体制は零細であった。これを本格的な量産メーカーとしての日産自動車に発展させたのが鮎川義介(1880~1967)である。

P7160691_convert_20160721004950.jpg

技術者出身の実業家である鮎川義介は、義弟で政治家としても知られる久原房之助(1869~1965)から引き継いだ久原財閥(現在の日立製作所等のルーツに当たる)を発展させ、当時四大財閥に次ぐ十五大財閥のひとつに数えられた日産コンツェルンを築きあげた。

P7160687_convert_20160721004911.jpg

日産コンツェルンの自動車部門であった日産自動車の本社は横浜に置かれた。日産重工業と改称されていた戦時中の一時期を除き、昭和43年(1968)に東京・銀座に移転するまで1号館が本社事務所として使われていた。なお、日産自動車の本社は平成21年(2009)に再び横浜に戻され、現在はみなとみらい21地区にある。

P7160688_convert_20160721004826.jpg

1号館は機能性を重視した昭和初期の工場建築であり、装飾的な要素は殆ど無いが、腰壁や玄関ポーチの柱には昭和初期の建築に多く見られるスクラッチタイルが貼られ、玄関ポーチにはアールデコ調の照明燈が取り付けられるなど、僅かに戦前建築ならではの造形を見ることができる。

P7160683_convert_20160721005232.jpg

内部も昭和初期の工場事務所の佇まいをよく残しており、特に2階は木製枠の窓ガラスを嵌めた間仕切りや扉や床は創当初のまま残されている。廊下に連なる照明燈も、創業当初を偲ばせる円形のシェードを持つ電燈が再現されている。

P7160684_convert_20160721005347.jpg

2階は日産自動車の歴史や技術を紹介する展示室になっており、1階には同社のエンジンや部品の実物を展示する「日産エンジン博物館」が置かれている。

P7160681_convert_20160721005032.jpg

階段の手摺りは人造石研ぎ出し仕上げ。

P7160676_convert_20160721005117.jpg

1階にある「日産エンジン博物館」全景。
間仕切りを取り払い、一室の展示室となっている。

s_P7160671.jpg

日産エンジン博物館では、創業当初から今日に至るまでの各車種のエンジン及び関連部品が展示されている他、写真の1957年(昭和32年)式ダットサン210型セダンなど、日産自動車の歴史を語る上で欠かせない一部の車両も展示されている。

s_P7160621.jpg

弊ブログの趣旨から少々外れるが、以下は横浜工場で操業を開始した昭和10年(1935)以降生産されていた初期のダットサン自動車である。戦前から量産されていたダットサンは現在も比較的多く現存しており、写真は日産自動車所蔵の1935年式14型ダットサン・フェートン。「幌型」と称され、軍や警察にも多く納入されていた4人乗りオープンカーである。

s_P7160631.jpg

開業医が往診用に購入することが多かったというダットサン・セダンの1935年式14型。日産自動車は自社の旧車両を多く所蔵しており、ここに紹介する戦前型ダットサンも同社が修復して所蔵しているものである。但し横浜工場で常設展示されているものではない。写真はみなとみらい21にある本社ショールームで展示されていたときのもの。

s_P7160659.jpg

当時日本にも輸入されていたドイツのオペル・オリンピアの影響を受けたデザインの1937年(昭和12年)式16型ダットサン・クーペ。戦前型ダットサンの中でも趣味性の強い車種であるクーペは極めて現存数が少なく、希少な車両である。

s_P7160667.jpg

日産エンジン博物館に展示されている1936年(昭和11年)15型ダットサン・ロードスター(2人乗りオープンカー)。これらの乗用車は一部の比較的富裕な階層が購入するだけであったが、同時に生産・販売されていたトラックなどの商用車は朝鮮、満州などの外地も含めて全国に普及、「ダットサン」は国産小型自動車の代名詞として広く知られるようになった。

P7160689_convert_20160721005727.jpg

京浜工業地帯に現存する工場施設で保存されている建物は日産自動車旧本社屋のほか、川崎市の昭和電工㈱川崎事業所本事務所(昭和6年竣工、国登録有形文化財)がある。戦時中に爆撃で破壊されたりその後の設備更新等に伴い破却されているものが多いので、記念館のような形で保存されているものは希少な存在である。

第1102回・旧小坂家住宅

s_P72700032.jpg

東京都世田谷区瀬田にある旧小坂家住宅は、実業家で政治家の小坂順造の別邸として昭和13年(1938)に建てられた。武蔵野台地の一角である国分寺崖線沿いに多く建てられた近代の別邸の中で今も残る唯一の存在とされる。現在は広大な敷地と共に世田谷区が所有しており、公園施設として公開されている。世田谷区指定有形文化財。

s_P7270087.jpg

東急田園都市線二子玉川駅からバスに乗り、以前弊ブログでも紹介した「静嘉堂文庫」で下車すると、停留所のすぐそばに広大な緑地と和風の門が現れる。かつての小坂邸の裏門で、敷地に沿った坂道を登ると洋風の旧正門があり、共に現在は公園の入口となっている。現在、旧小坂邸の敷地は「瀬田四丁目旧小坂緑地」として開放されている。

s_P7270001.jpg

邸宅を建てた小坂順造(1881~1960)は長野県の旧家に生まれ、信濃毎日新聞や信越化学工業の社長を務めるなど実業家として活躍すると共に、衆議院議員・貴族院議員も務め政治家としても活動した。元外務大臣の小坂善太郎は長男、元運輸大臣の小坂徳三郎は三男、元文部科学大臣の小坂憲次は孫である。

s_P7270078.jpg

旧正門をくぐりしばらく進むと、旧小坂家住宅の主屋が現れる。
小坂順造の本邸は渋谷にあり、この邸宅は別邸として建てられたが昭和20年の戦災で本邸が焼失したため、戦後はここが本邸となった。

s_P7270005.jpg

主屋の脇に配された庭門。

s_P7270010.jpg

現在も随所に武蔵野の自然が残るこの界隈には近代以降、富裕層の別邸が多く設けられた。現在も往年の別邸の佇まいを残しているのは旧小坂邸のみである。旧小坂邸は邸宅だけではなく、広大な敷地がほぼそのまま残されている点でも貴重である。

s_P7270009.jpg

写真中央のベンチが置かれている場所にはかつて茶室が建っていた。戦時中には日本画家の横山大観が池之端にあった自邸から夫人と共に一時期疎開していた。自邸は東京大空襲で焼失したが、大観は既に小坂邸内に疎開していたため難を免れたという。

s_P7270077.jpg

主屋玄関。設計施工は清水組(現・清水建設)による。
施主である小坂順造は建築に関心があったのか、建設中も工事現場によく顔を出していたという。

s_P7270043.jpg

玄関の土間。自然豊かな郊外でくつろぐための別邸として建てられたためか、玄関周りは故郷の長野の生家をイメージしたものと思われる古民家風の造りとなっている。

s_P7270072.jpg

吹き抜け風になった玄関土間の天井。
天井の太い梁は、解体された奥多摩の古民家の部材を貰い受けたものであるという。

s_P7270069.jpg

玄関前の畳廊下。

s_P7270029.jpg

織部床が設えられた玄関脇の茶室。

s_P7270025.jpg

茶室の先にある書斎。

s_P7270017.jpg

書斎は梁や柱に太い松の丸太を用いた豪快な造りとなっており、英国の田舎家といった趣のある洋室となっている。

s_P72700192.jpg

書斎の暖炉廻りに平積みされている石は長野県内で産出される鉄平石である。地元で主に屋根葺き材に使われていた鉄平石は大正期頃より今日に至るまで、建築材料として広く用いられている。以前紹介した西宮の旧山本家住宅や東京白金台の旧渡辺甚吉邸でも、門柱などに鉄平石が使われている。

s_P7270031.jpg

玄関から畳廊下を挟んだ位置にある居間と茶の間。

s_P7270046.jpg

居間から茶の間を望む。
欄間には「五三の桐」があしらわれている。

s_P7270036.jpg

続き間となっている2つの座敷の周りを入側が囲み、硝子戸の先に庭が広がる。

s_P7270037.jpg

派手さはないが、材料に贅を尽くした座敷である。

s_P7270067.jpg

居間の軒下から庭越しに内蔵と二階建ての寝室棟を望む。

s_P7270064.jpg

居間・茶の間、玄関、茶室、台所、使用人部屋等がある主屋棟。
主屋棟を中心に、その両側に書斎棟、内蔵と寝室棟がそれぞれ配されている。

s_P7270051.jpg

主屋棟と寝室棟の間に位置する鉄筋コンクリート造の内蔵。

s_P7270053.jpg

邸内で唯一、二階建てになっている寝室棟の内部は洋風に作られている。
二階は子息用の部屋だが非公開。

s_P7270056.jpg

漆喰塗の天井や大理石張りの暖炉、簡素なステンドグラスが嵌め込まれた窓を持つ純洋風の寝室。

s_P72700552.jpg

寝室の窓の欄間には斜め格子紋様のステンドグラスが嵌め込まれている。

s_P72700542.jpg

寝室天井の照明と台座飾り。

s_P7270060.jpg

寝室に附属するベランダ兼サンルーム。天気の良い日はここから木々越しに富士山が見えるという。

s_P7270059.jpg

旧小坂家住宅は外観は和風で統一された比較的簡素な印象であるが、内部は古民家風、数寄屋風、洋風、和洋折衷など様々な意匠の部屋が見られる、趣味性に富んだ別邸である。

s_P7270002.jpg

平成8年(1996)に世田谷区が公園用地として小坂家より敷地を購入、建物は寄贈を受けた。平成11年(1999)には世田谷区指定有形文化財となり、現在は「一般財団法人世田谷トラストまちづくり」が区の委託を受け、公開管理に当たっている。

第1101回・旧山本家住宅

s_P7150247.jpg

兵庫県西宮市結善町にある「山本清記念財団 旧山本家住宅」は、昭和13年(1938)に建てられた和洋折衷邸宅を保存・公開すると共に茶道などの文化教室として活用している。設計は茶室研究者としても知られる武田五一の弟子である岡田孝男による。国登録有形文化財。

s_P7150311.jpg

阪神間の高級住宅街のひとつとして知られる夙川沿いにある旧山本家住宅。主屋のほか茶室、門衛所付きの門、土蔵、塀など創建当初の屋敷構えがほぼ完全に残されている。写真は門衛所で、写真手前が通用門で反対側に正門を設ける。

s_P7150314.jpg

鉄平石を平積みし、アーチ型のくぐり門を設けた正門。濃厚な洋風意匠が施された金物飾りが取り付けられた門扉とともに、重厚な門構えを見せている。

s_P7150294.jpg

邸宅の外観は正面玄関の上部をハーフチンバー風に仕上げるほかは、勾配の緩い日本瓦葺の屋根や土壁風の外壁など、和風を基調としたシンプルなものとなっている。

s_P7150301.jpg

2階建の主屋にある玄関は来客を迎えるための主玄関で、日常使う内玄関は隣に続く平屋建の棟にある。手前の洋風の玄関が内玄関で、奥に見える和風の格子戸は台所等に通じる勝手口と思われる。

s_P7150304.jpg

兵庫県内には姫路市網干区興浜に同じ名称の邸宅(旧山本真蔵邸)があるが関係はない。西宮の旧山本家住宅は創建当時、鉄鉱山を経営する実業家・近藤寿一郎氏の邸宅として建てられた。現在の名称は5代目の所有者である山本清氏に因む。建物は事前予約制で見学も可能である。

s_P7150261.jpg

山本清(1920~1994)氏は兵庫県の淡路島出身の実業家で、昭和41年(1966)から逝去までこの邸宅に居住した。死後、兵庫県の文化振興を願った氏の遺言により邸宅が提供され、山本清文化財団が平成10年(1998)に設立、山本清氏が夫人と共に収集した美術工芸品の展示や文化教室の開催に使用されている。

s_P7150298.jpg

玄関周りにはイスラム風タイルを貼るなど、当時の阪神間の邸宅に多く取り入れられたスパニッシュスタイルの意匠も見られる。

s_P7150251.jpg

玄関ホールに続く応接室。現在美術品の陳列ケースが置かれている位置には造りつけのソファーがあり、応接用テーブルや椅子が配されていた。

s_P7150253.jpg

現在は展示室として活用されている客間。隣接して書斎がある。1階では洋風に造られている主玄関、階段、応接室、客間、書斎を除くと、あとは全て和室で構成されている。

s_P7150250.jpg

玄関と応接間の境に設えられたステンドグラス。

s_P71502552.jpg

客間のステンドグラス。

s_P715027133.jpg

館内には設計者である岡田孝男の遺族から提供された古写真が多く展示されており、ここに掲げたのはその一部である。当邸宅が近藤寿一郎邸として建設される工事途上から竣工後にかけてのもので、かつての家具の配置や改変の有無が分かり興味深い。写真は応接間。

s_P715027144.jpg

竣工当初の客間。暖炉の開口部が現在は少し広げられていることが分かる。
設計者の岡田孝男(1898~1993)は武田五一に師事した建築家で、大阪三越住宅建築部の技師として阪神間の郊外住宅の設計も手掛けた。旧山本家住宅のほか大阪府吹田市豊中市に設計作品が現存し、国の登録有形文化財となっている。

s_P715027122.jpg

1階主人室。現在もそのまま残されているが、訪問時は茶道教室に使われていたので写真はない。
他に1階には和室として夫人室、老人室、仏間、茶の間などがある。

s_P7150262.jpg

2階階段室の親柱と手摺り。

s_P7150268.jpg

2階寝室。隣接して半屋外のテラスが設けられ、1階客間・書斎の真上に位置する。2階で洋室はここだけである。

s_P7150277.jpg

書院造の2階十畳座敷。
書院窓には卍崩しの意匠が取り入れられており、次の間との境の欄間と対応した意匠となっている。

s_P7150278.jpg

十畳座敷に隣接する六畳座敷。こちらは数寄屋風の印象を受ける造り。

s_P7150270.jpg

当邸で特徴的なのが、2階の主玄関上部に設えられた神棚の間。
建主である近藤寿一郎の意向によるものである。

s_P7150279.jpg

二階から平屋建の部分及び土蔵を望む。
平屋建の棟には茶の間など日常生活用の空間と台所や風呂場、使用人部屋などが配されている。(非公開)

s_P7150285.jpg

庭園から望む主屋。右側が客間や書斎、寝室等洋室になっており、2階右側の窓は寝室に付随するバルコニーで、現在は窓を入れて室内に取り込まれている。左側は和室だが2階の手摺を洋風のねじり柱にするなど、和洋折衷の意匠が見られる。

s_P7150290.jpg

庭園に設けられた不味流の茶室。主屋と同様、岡田孝男の設計による。
岡田孝男は晩年に至るまで茶室の研究を行っていたことでも知られ、旧逸翁美術館(現・小林一三記念館)内の茶室「人我亭」など設計(指導)作品や著作も多い。

s_P7150291.jpg

不味流とは、松江藩主で大名茶人として知られる松平不味(治郷)に始まり松江藩に伝わった茶道の一派である。建主である近藤寿一郎、設計者の岡田孝男が共に山陰地方の出身であることも関係しているものと思われる。

s_P7150308.jpg

夙川周辺にあった戦前の邸宅群は平成7年の阪神淡路大震災で多くが姿を消したとされ、現在まで残るものは極めて少ない。庭園や附属建物に至るまで往年の姿をよく残す旧山本家住宅は貴重な地域の文化遺産である。また、明治から昭和戦前にかけて花開いた阪神間モダニズムと称される文化や生活様式を伝える最後の時期の建物としても興味深い。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード