第1099回・圓教寺摩尼殿

s_P71503232.jpg

兵庫県姫路市書写にある圓教寺は、康保3年(966)創建の歴史を有する寺院で、天台宗の別格本山に位置づけられ「西の比叡山」とも称されている。境内にある摩尼殿(まにでん)は、旧建物が火災で焼失したため昭和8年(1933)に再建された。設計は京都大学時計台などの洋風建築のほか社寺建築も多く手掛けたことで知られる武田五一による。兵庫県指定重要有形文化財。

s_P7150315.jpg

姫路市の郊外に位置する書写山の山上に位置する圓教寺。境内に入り最初に現れる大規模建築である摩尼殿は、岩山の中腹に位置して建っており、京都の清水寺本堂でも見られる懸造(舞台造)が特徴である。

s_P7150324.jpg

圓教寺は近年では、映画やテレビドラマのロケ地として使われていることでも知られる。

s_P7150340.jpg

摩尼殿は圓教寺の観音信仰の中心となる堂で、摩尼(マニ)とは梵語で「如意」を意味する。西国三十三所観音霊場の第二十七番札所である。

s_P7150327.jpg

大正10年(1921)に旧摩尼殿が火災で焼失、12年後の昭和8年(1933)に現在の摩尼殿が再建された。

s_P7150341.jpg

設計者の武田五一(1872~1938)は関西を拠点に活躍し、京都市庁舎を始めとする多くの近代建築を手掛けた。また京都帝国大学建築学科の初代主任教授を務めるなど教育者としても活躍した人物である。

s_P7150326.jpg

一方で伝統的な建築にも造詣が深く、晩年に至るまで法隆寺などの古社寺の修復指導も行う傍ら、圓教寺摩尼殿のように再建や改築の設計も多く引き受けた。

s_P7150335.jpg

武田五一の設計による社寺建築で著名なものでは、福井県の永平寺大光明蔵の改築(昭和4年竣工)がある。昭和8年に竣工した圓教寺摩尼殿は武田五一晩年の社寺建築の傑作である。

s_P7150333.jpg

また、兵庫県内では圓教寺摩尼殿のほか武田五一の設計による社寺建築として、加東市にある播州清水寺の大講堂を始めとする伽藍群がある。摩尼殿と同様、火災で焼失した伽藍の復興で、現在それらの建物は国の登録有形文化財となっている。

s_P7150331.jpg

摩尼殿の再建に際しては、焼け残った部材や絵葉書の写真などの資料を参考に、旧建物の規模及び意匠をほぼ踏襲する形で建てられた。大工棟梁は名古屋の宮大工である11代目伊藤平左衛門が請け負った。

s_P7150320.jpg

再建に際して武田五一による新しく創作が加えられた箇所があるのかどうかは分からないが、写真の飾り彫刻は圓教寺の境内に残る他の古建築では同様のものは見られなかったので、武田の創作による意匠かも知れない。

s_P7150338.jpg

アールヌーボーやフランク・ロイド・ライトの建築をいち早く日本に紹介し、同時代の建築家の中でもとりわけ建築意匠に敏感であった武田五一の設計による社寺建築として興味深い建物である。

s_P7150329.jpg

圓教寺摩尼殿は、国の登録有形文化財(平成11年)、姫路市の指定文化財(平成27年)を経て、平成29年(2017)に兵庫県の重要有形文化財に指定された。

s_P7150316.jpg

近代の意図的な歴史主義に基づく創作活動として造られた注目されるべき寺院建築のひとつであり、現存する優れた近代和風建築の遺構である。
スポンサーサイト

第1094回・旧餘部橋梁

s_P8150106.jpg

兵庫県美方郡香美町香住区余部にある旧餘部橋梁(余部橋梁、余部鉄橋)は明治45年(1912)に建設され、長らく山陰本線の鉄道橋として使われていたが平成22年(2010)にその役目を終え、橋脚の一部を残して解体された。保存された部分は現在、展望施設(余部鉄橋「空の駅」)として活用されている。土木学会選奨土木遺産。

s_P8150104.jpg

旧餘部橋梁は、11基の橋脚から構成される鋼製トレッスル橋であった。隣接するコンクリート橋が平成22年(2010)に竣工した新余部橋梁。

s_P8150109.jpg

設計は鉄道院技師の古川晴一による。古川は設計に先立って欧米に出張、米国の橋梁技術者ポール・ウォルフェルと相談しながら設計を進めた。

s_P8150107.jpg

旧橋梁は現在、11基あった橋脚のうちJR餘部駅側の3基がそのままの形で保存され、展望施設として活用されている。

s_P8150099.jpg

s_P8150096.jpg

また、一部の橋脚の低層部及び主桁の一部はモニュメントとして保存されている。

s_P8150103.jpg

旧餘部橋梁は、昭和61年(1986)12月28日に回送中の客車列車が強風に煽られて転落、橋梁の真下にあった水産加工工場と民家を直撃し死傷者12名を出す惨事(余部鉄橋列車転落事故)があったことでも知られる。

s_P8150098.jpg

事故現場の跡には現在、慰霊碑が建立されている。

s_P8150113.jpg

事故を受けて強風時の運行規制が強化され運休や遅延が増えたことから、新橋への架け替えと旧橋の保存についての議論が起こった。その結果、鉄道橋としての機能はコンクリート橋の新橋に譲り、その役目を終えることになった。

s_P8150111.jpg

部分的に保存されることとなった旧橋のうち、そのままの形で保存された3基は、平成25年(2013)に兵庫県が主体となって整備した展望施設「余部鉄橋「空の駅」」として再生された。

s_P8150114.jpg

線路跡に設けられた展望施設から日本海を望む。

s_P8150108.jpg

旧餘部橋梁は平成26年(2014)、公益社団法人土木学会より平成26年度選奨土木遺産に選ばれている。

第1068回・旧中江種造別邸(豊岡カトリック教会)

s_P8150165.jpg

旧中江種造別邸は、兵庫県豊岡市妙楽寺にある大正期の洋風邸宅。豊岡出身の鉱業家である中江種造の別邸として、大正11年(1922)に建てられた。現在は豊岡カトリック教会として使われている。

s_P8150175.jpg

別邸として建てられたためか、豊岡市の市街地から少し離れた郊外に建っている。周囲を濠で囲い、その内側に石垣と土塀で囲まれた宅地がある。

s_P81501662.jpg

門を入ると、洋館がまず目に入る。
キリスト教会となった現在も、敷地全体が別邸当時の佇まいをよく残しているようだ。

s_P81501742.jpg

敷地内には洋館と土蔵、洋館に付属する日本家屋があるが、洋館と土蔵が特に創建当初の姿をよく残しているものと思われる。また、広大な日本庭園も残されている。

s_P8150167.jpg

但馬国豊岡藩(現兵庫県豊岡市)に生まれた中江種造(1846~1931)は、幕末には豊岡藩士として動乱の時期を過ごす傍ら火砲技術や理化学を学び、明治維新後は鉱山技術者として新政府に雇われたフランス人技師コワニェと共に生野銀山の再興に努める。

s_P8150180.jpg

その後上京、古河市兵衛の顧問技師として栃木県の足尾銅山などの経営に当たり、古河財閥を礎を築く。その後古河家を辞して鉱業家として独立、全国各地の鉱山の買収・経営に加えて山林経営にも手を出し「鉱山王」「山林王」と称された。

s_P81501702.jpg

中江種造は故郷・豊岡における産業振興や人材育成にも力を注ぎ、大正10年(1921)には豊岡町の上水道建設費を全額寄付している。現在も豊岡市の中心街には銅像が建っている。

s_P81501772.jpg

現在も残る別邸の建物は、上水道敷設とほぼ同時期に当たる大正11年(1922)に竣工し、中江種造が故郷に戻ったときに過ごすための場であった。昭和25年(1950)、建物・土地ともに中江家より豊岡市に譲渡され、翌年に豊岡カトリック教会が購入し、現在に至る。

s_P81501822.jpg

設計は不詳、施工は戦前の関西における大手建設請負業者のひとつであった大阪橋本組(今はない)による。洋館は木造二階建てで赤い瓦葺きの屋根を載せ、外壁は2種類のタイルを貼って仕上げられている。

s_P81501782.jpg

玄関ホールのアーチ窓上部に穿たれた小窓には、ステンドグラスが嵌め込まれている。

s_P8150181.jpg

内部は一階を洋室、二階を日本座敷とする和洋折衷の造りとなっているが、現在でも旧態がよく保存されているようだ。

s_P8150169.jpg

兵庫県には、明治から昭和戦前にかけて建てられた質の高い和洋の邸宅が数多く残されているが、いずれも南東部の神戸市や西宮市、芦屋市など、阪神間と称される地域に集中している。北部の但馬地方でこのような洋風の邸宅は、極めて珍しい存在と思われる。

第1060回・関西学院大学

s_P50222113.jpg

兵庫県西宮市上ヶ原にある関西(かんせい)学院大学の上ヶ原キャンパスは、米国人建築家・ヴォーリズの設計により昭和4年(1929)に造成された。スパニッシュ・ミッションスタイルで統一された一連の建築群は、増改築を経た現在も当初の雰囲気を損なうことなく受け継がれている。

s_P5022210.jpg

旧図書館前の芝生広場から望む上ヶ原キャンパスの眺め。時計台のある旧図書館を中心に、各学部の教室棟や講堂が芝生広場を囲む形で建ち並んでいる。そのうち旧図書館は国の登録有形文化財となっている。

s_P50222472.jpg

関西学院は、明治22年(1889)に米国南メソジスト監督教会から派遣された宣教師 W. R. ランバスによって開設された神学校併設の旧制中学校に始まる。開学当初の敷地は、当時神戸の郊外であった原田村(現在の神戸市立王子動物園の敷地)にあり、約40年に亘って使用された。写真は昭和4年竣工当時の図書館。

s_P50222112.jpg

現在の旧図書館全景。昭和30年(1955)に両翼が増築され、現在の姿となった。屋根が二重に見えるのは、背後に新図書館が建てられたためである。

s_P50222252.jpg

旧図書館の前には、正面向かって右側に文学部棟、左側には経済学部棟が建っている。
写真の建物は文学部棟。

s_P5022233.jpg

文学部棟玄関。

s_P5022227.jpg

反対側に建っている経済学部棟の玄関。
経済学部棟も文学部とほぼ同一規模、意匠であるが、玄関周りにはそれぞれ異なる造形が施されている。

s_P50222262.jpg

文学部に隣接して建つ神学部棟。文学部や経済学部棟に比べると小規模で、同じヴォーリズ設計による京都の旧駒井家住宅などを思わせる住宅風の佇まい。

s_P5022217.jpg

神学部玄関。
芝生広場を取り巻くこれらの一連の建物は、昭和4~9年頃にかけて整備された。

s_P50222612.jpg

正門の近く、芝生広場からは少し離れた位置に建っている学院本館。各学部棟と異なり、玄関ポーチを大きく前に張り出した外観が特徴。昭和11年(1936)竣工。

s_P5022257.jpg

学院本館の向かい側に建つランバス記念礼拝堂。昭和34年(1959)に創立70周年を記念して建てられた。(設計:日建設計)戦後の建物であるが、周囲の環境に調和した様式建築である。

s_P5022260.jpg

礼拝堂入口。
入口周りの装飾はスパニッシュミッションというよりはロマネスク調に見える。

s_P50222162.jpg

建て替えられたものの、旧建築の意匠をある程度踏襲してキャンパスの雰囲気を壊さないよう配慮した建物もある。芝生広場に面して建っている中央講堂は、創立125周年を記念して平成26年(2014)に竣工した。正面玄関周りは昭和4年竣工の旧中央講堂の意匠がほぼ忠実に再現されている。

s_P5022229.jpg

平成9年(1997)、旧図書館は背面に新築された新図書館の竣工により、その役目を終えた。現在は内部を改修して関西学院大学博物館として一般に公開されている。

s_P5022223.jpg

モザイクタイル貼りの小ドームを戴く時計台の尖塔の上には、同学院のシンボルである三日月を冠した十字架がある。

s_P50222312.jpg

旧図書館玄関。

s_P5022252.jpg

玄関ポーチの天井には、ヴォーリズ建築でよく見られるアラベスク文様が施されている。

s_P5022239.jpg

1階玄関ホール。床のモザイクタイルや石造りの階段など、昭和4年竣工当初からの内装を見ることができる。

s_P5022243.jpg

受付の小窓。

s_P5022241.jpg

階段側から玄関を望む。

s_P5022240.jpg

階段を登って2階の展示室に向かう。

s_P5022245.jpg

1階よりも天井がずっと高い2階。
なお、本記事のはじめに紹介した創建当初の旧図書館の写真は、展示物の一部を撮ったものであることを申し添えておく。

s_P50222372.jpg

二度目の務めとなった現在も時計台のある建物として、旧図書館は関西学院のシンボル的存在となっている。

s_P5022218.jpg

(弊ブログ内関連記事)
神戸文学館(旧原田キャンパス時代の礼拝堂)

第1042回・城崎温泉橋梁群

s_P81502122g.jpg

前回記事でも紹介した兵庫県豊岡市の城崎温泉は、大正14年(1925)の北但大震災で焼け野原と化したが、時の町長・西村佐兵衛によって立ちあげられた復興計画に基づき、現在も残る城崎温泉の街並みが築かれた。温泉街の真ん中を流れる大谿川にはこのとき架けられた5つの橋が残されており、国の登録有形文化財となっている。

s_P8160237g.jpg

震災前の大谿川は大雨の度に洪水を起こしていたことから、復興に際しては治水対策も同時に行われた。川幅を広げると同時に両岸の嵩上げが行われ、その上に側壁が設けられた。そのため新たに架けられた橋は、いずれも弓形の太鼓橋となっている。

s_P8160233g.jpg

鉄筋コンクリート造の5つの橋はいずれも、温泉街の風景との調和を意識した和風の意匠が施された。また、川の両岸には城崎で産出される玄武岩で護岸を築き、柳の木を植えるなど、風情ある温泉街を甦らせるため、景観も十分考慮した復興事業であることは特筆に値すると思われる。

s_P81602272.jpg

川の両岸に広がる旅館街は、前回記事で紹介したゆとうや旅館や、三木屋、西村屋(町長・西村佐兵衛は西村屋の4代目館主である)など、木造での再建であったが町の要所には防火対策も兼ねた鉄筋コンクリート造の共同浴場(外湯)や公共建築が建てられた。

s_P8150211g.jpg

ゆとうや旅館の対岸にある、城崎温泉のシンボルである外湯のひとつ「一の湯」は、歌舞伎座を手掛けた岡田信一郎の設計により、鉄筋コンクリート造の和風建築として再建された。残念ながら現在の建物は当時からのものではなく、平成10年に旧建物の外観イメージを継承(忠実な再現ではない)する形で改築されたものである。

s_P81602422g.jpg

ゆとうや旅館と一の湯の間に架かる王橋は、昭和2年(1927)の竣工。架橋当初の名称は「玉橋」であったが、昭和30年代に川は濁らないほうがよいとの理由から点が除かれ、「王橋」に改められた。

s_P8160230g.jpg

s_P816024222.jpg

御影石で造られた高欄や親柱にブロンズ製の装飾を施した、城崎温泉の橋梁群の中でもとりわけ重厚で豪華な橋である。

s_P8150214g.jpg

王橋は後年に車両通行のため拡幅されており、当初はもっと幅の狭い橋であったようであるが、高欄や親柱は架橋当初から変わらない姿を残している。

s_P8160238g.jpg

震災復興で架けられた5つの橋梁のうち、最も上流に架かる王橋を除く4橋は弓形の統一されたデザインの太鼓橋となっている。写真は王橋のすぐ下流に架かる愛宕橋。

s_P8160239g.jpg

親柱には石燈籠風の照明燈を載せ、周囲に4つの擬宝珠を飾る。

s_P8150193g.jpg

愛宕橋の次に架かる柳湯橋。橋の名前はたもとにある外湯「柳湯」に因む。
残る2橋(桃島橋・辨天橋)も含め、規模は多少異なるが同じデザインで統一されている。

s_P8160240g.jpg

架橋当時は太鼓橋とすることについて、人力車が通れなくなると反対する町民も居たという。現在では、歩行者しか通れない4つの太鼓橋は温泉客の格好の休憩場所となっている。(王橋も拡幅前はこのような形状だったのかも知れない)

s_P8150192g.jpg

愛宕橋の親柱には登録文化財であることを示すプレートが取り付けられている。
現在からしても画期的な震災復興計画の遺構である5つの橋梁は、平成27年(2015)に国の登録有形文化財に認定された。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード