第1064回・旧岸家住宅(厚木市古民家岸邸)

s_P12802302.jpg

神奈川県厚木市上荻野にある旧岸家住宅は、大規模養蚕農家の住居として明治24年(1891)に建てられた。色硝子を嵌めた二階座敷など異色の造りが特徴的な古民家である。厚木市指定文化財。

s_P1280273.jpg

平成10年(1998)に岸家より厚木市に建物が寄贈され、現在は「厚木市古民家岸邸」として一般公開されている。

s_P1280274.jpg

なお、敷地は厚木市が岸家から借り受けているという。

s_P1280259.jpg

主屋は明治24年(1891)の竣工で、その後何度かにわたる増改築を経て現在の形になったとされる。

s_P12802092.jpg

式台を備えた来客用玄関。見学に際してはこちらではなく、通常の出入り口として使われていた土間側の玄関から入る。

s_P1280204.jpg

土間。床の一部はタイルを市松紋様に配したモダンな仕上げとなっている。

s_P1280206.jpg

土間に隣接する広間は重厚な格天井となっている。

s_P12802132.jpg

来客用玄関に隣接する客間。
1階には客間が3間あるが、どの部屋も欄間や床の間、天井や建具などに意匠を凝らしている。

s_P1280210.jpg

材木も良材や珍奇な銘木の類がふんだんに用いられている。

s_P1280211.jpg

付け書院を備え、最も格式高い座敷と思われる1階奥の客間。座卓も岸家で使われていたもので、漆塗りである。

s_P1280221.jpg

上記客間の奥には客用便所があり、非常に凝った造りとなっている。
写真は便所横に設えられた手洗い場。

s_P1280220.jpg

男子用便所。窓の建具がすごい。
左側の照明は壁を貫く形になっており、隣の女子便所も照らすようになっている。

s_P1280219.jpgs_P1280218.jpgs_P1280223.jpgs_P1280224.jpg

便所周りの造作。左下は便所前廊下に嵌め込まれた魚型の埋木である。

s_P1280251.jpg

階段は一部曲面を持つ折り上げ天井になっている。

s_P1280231.jpg

2階座敷。赤い色硝子を市松紋様に嵌め込んだ建具が目を引く。

s_P12802332.jpg

2階座敷床の間。

s_P128023033.jpg

これらの建具類は創建当初からのものではなく、大正期の改造で入れられたもののようだ。

s_P12802352.jpg

岸家は養蚕業を営んでおり、岸家の建っている厚木は、蚕から造り出された生糸が輸出されていた横浜に近い位置にあることも、家の造りに影響しているものと考えられる。

s_P1280241.jpg

2階座敷の天井も変わった意匠となっている。

s_P1280237.jpg

2階の背面には増築された洋室がある。

s_P1280240.jpg

漆喰で仕上げられている洋室天井の換気口まわりの装飾。

s_P1280246.jpg

洋室部分は外壁もタイル張りで洋風に仕上げられている。

s_P1280238.jpg

洋間の硝子戸も、摺り硝子と透明硝子を市松紋様に配したものとなっている。

s_P1280232.jpg

2階は特に建具に意匠を凝らしているのが印象的である。

s_P12802572.jpgs_P12802282.jpgs_P12802032.jpgs_P12802162.jpg

岸家の窓硝子いろいろ。
色硝子、摺り硝子、結霜硝子、絵入り砂摺り硝子が見られる。

s_P12802052.jpgs_P12802502.jpgs_P12802362.jpgs_P12802522.jpg

これも多彩な岸家の照明器具の数々。

s_P1280263.jpg

見どころと発見に富んだ、大変興味深い造りの古民家である。
スポンサーサイト

第1038回・旧長尾欽彌別邸(扇湖山荘)

s_PB2600462.jpg

鎌倉市鎌倉山1丁目にある「扇湖山荘」は、わかもと製薬の創業者、長尾欽彌の別邸として昭和9年(1934)に建てられた。相模湾を望む広大な敷地に、飛騨高山の養蚕農家を移築改造した和洋折衷の本館、伏見宮邸から移築されたとされる茶室「伏見亭」、近代を代表する造園家・小川治兵衛の作庭になる庭園から構成される山荘である。平成22年(2010)に鎌倉市の所有となり、現在は春と秋の年2回、庭園を中心に一般公開が行われている。

s_PB260001.jpg

山荘の正門。昭和の始めから第二次大戦前にかけて、胃腸薬「わかもと」の製造販売で財を成した長尾欽彌はその妻、長尾よねと共に晩年をこの山荘で過ごした。東京世田谷にあった本邸「宜雨荘」は現在、その一部(東京都立深沢高校敷地内「清明荘」)が残るだけであるが、「扇湖山荘」は敷地は縮小されたものの、建物や庭園の主要部は現在もよく残されている。

s_PB260095.jpg

正門をくぐると切通しの道があり、右手に本館及び周辺庭園、左手に茶室「伏見亭」の庭園がある。写真は本館と茶室との分岐から正門側を振り返った眺めである。上に写っているのは、茶庭と本館側の庭を結ぶ橋。

s_PB2600932.jpg

正面から見ると大きな銅版葺の屋根と車寄、その前に配された円形のロータリーの植え込みが目に入る。一見平屋建に見えるが、地階を備えた二階建である。扇湖山荘は昭和56年(1981)に三和銀行(その後合併により東京三菱UFJ銀行)が取得、平成22年(2010)に東京三菱UFJ銀行から鎌倉市に寄贈されるまで、「鎌倉園」の名で研修所として使われていた。

s_PB260070.jpg

本館脇の庭門をくぐると斜面になっており、本館の全景を見ることができる。鉄筋コンクリート造の地階の上に二層の木造部分が載る。木造部分は飛騨高山の養蚕農家として使われていた古民家を移築改造したものである。設計者は長尾家本邸の設計も手掛けた大江新太郎と、その弟子の森口三郎による。

s_PB2600472.jpg

大江新太郎(1876~1935)は、日光東照宮などの修復や明治神宮の造営を手掛け、近代日本の建築家の中でも特に和風建築に造詣の深い人物のひとりで、代表作として明治神宮宝物殿(国指定重要文化財)がある。邸宅では三菱財閥第四代社長・岩崎小彌太邸(戦災で焼失)や、陶芸家としても知られる川喜田久太夫(半泥子)邸(解体保存中)があるが、現在もそのまま残されているのは旧長尾欽彌別邸のみである。

s_PB260077.jpg

地階部分はアーチ型の開口部が連なる洋風の造りとなっている。
窓を覗くとカーテンの隙間から和室が見えたが、研修所として使われていた時期に造られた宿泊室などではないかと思われる。

s_PB260075.jpg

長尾別邸時代、地階は長尾夫妻が集めた美術品の収蔵庫となっており、戦後の一時期は私設美術館(長尾美術館)の展示室としても使われていたという。

s_PB260076.jpg

地階の上部はテラスになっており、木造部分の1階から出られるようになっている。
テラスの欄干には造りつけの照明ボックスがある。

s_PB2600342.jpg

1階テラス。床には砕いた陶片が敷き詰められている。

s_PB2600422.jpg

テラスから相模湾及び三浦半島を望む。
扇型に見える海が湖のように見えるとされることから、「扇湖山荘」の名が付いている。

s_PB260060.jpg

先述のとおり、木造部分は飛騨高山の古民家を移築したものであるが、移築に際しては洋風の地階を設けるなど、内外装にわたって改造が施されている。

s_PB260018.jpg

地方の古民家を買い取って改造を施し、自邸や別邸に移築する例は、弊ブログでも以前紹介した軽井沢の「三五荘」や、御殿場の旧秩父宮御別邸などが存在するが、扇湖山荘は建築家の手による大幅な改造が施されている点が特徴である。

s_PB260081.jpg

再び本館の正面に戻り、玄関の車寄。
地階部分と同様移築に際しての新設部分であるが、移築部分の大屋根を縮小したような形態である。

s_PB260086.jpg

式台を備えた正面玄関。
長尾欽彌・よね夫妻は、公爵で元首相の近衛文麿など各界の著名人と幅広く親交があったことで知られる。この玄関も、かつては様々な人物が出入りしていた筈である。

s_PB2600362.jpg

1階玄関脇の居間は太い梁や柱など古民家の部材を活かした造りで、バーカウンターも備えた洋室になっている。

s_PB2600372.jpg

収集した美術品の展示用に造られたのか、居間には造りつけの陳列棚がある。
大江新太郎が設計した明治神宮宝物殿内部にも、同じようなデザインの陳列棚がある。

s_PB260038.jpg

後補とのことだが、居間には囲炉裏も切られている。

s_PB260025.jpg

和室部分は古民家の造りを残す土間部分と、移築に際し全面的に改装された書院部分がある。
写真は土間部分で、奥には2階への階段が見える。

s_PB260024.jpg

なお、扇湖山荘の公開は基本的に庭園が中心で、建物内部の見学は窓から覗き見る形になる。写真の土間部分は唯一立ち入りが可能な区域であるが、上がることはできない。無論、2階は完全非公開。

s_PB260023.jpg

書院部分は「金の間」「銀の間」と称される二間続きの座敷と広縁で構成されている。
写真は花頭窓がある「銀の間」

s_PB260021.jpg

折上格天井を備えた「金の間」

s_PB2600262.jpgs_PB260066.jpg

欄間や建具、照明器具など、館内の至る所に斜め格子のデザインが見られる。

s_PB2600532.jpgs_PB2600302.jpg

六角形の地階小窓と、テラスの床に敷き詰められた陶片に見られる刻印。

s_PB2600312.jpgs_PB2600202.jpg

書院鴨居の千鳥型釘隠しと、戸袋の透かし彫り。

s_PB260015.jpg

茶庭にある茶室「伏見亭」は、敷地内でも最高所にある。
山荘内の庭園は、茶庭を含めいずれも旧山縣有朋邸(無隣庵)などで知られる七代目小川治兵衛と、岩城亘太郎の手になるものである。

s_PB260010.jpg

昭和9年の山荘造営に際し、伏見宮邸から移築されたとされる茶室。

s_PB260009.jpg

「伏見亭」の床の間。

s_PB260057.jpg

現在、扇湖山荘は庭園が年2回公開されているが、本格的な保存活用の用途は未だ決まっていないようである。庭園は鎌倉の造園業者で構成される「鎌倉造園界」がボランティアで手入れをされているとのことである。

s_PB260049.jpg

今後の整備について課題は多いと思われるが、鎌倉における近代の優れた邸宅遺構として、有効に保存活用されることを期待したい。

(弊ブログ関連記事)
旧秩父宮御別邸
三五荘
明治神宮宝物殿
旧川喜田久太夫(半泥子)邸

第956回・富士屋ホテル

PB1435932_convert_20160221235026.jpg

日本を代表するクラシックホテルのひとつが、神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下にある明治11年(1878)創業の富士屋ホテル。明治中期から昭和初期に建てられた一連の施設は、国の登録有形文化財及び経済産業省の近代化産業遺産に認定されている。

11convert_20160221232143.jpg

富士屋ホテルがある箱根町宮ノ下は、同じ箱根町でも以前紹介した福住楼環翠楼函嶺洞門がある塔ノ沢の北に位置する。いずれも国道1号に面して建っている。

44convert_20160221232443.jpg

国道1号線からもよく見えるのが花御殿。昭和11年(1936)に建てられた。鉄筋コンクリート造であるが、屋根や壁面などには木造による和風意匠が施されている。これは3代目社長で、明治から昭和にかけて富士屋ホテルの全盛期を築いた山口正造の構想に基づく。

PB143606_convert_20160221233730.jpg

ペンキ塗りの外壁にベイウインドウ、上げ下げ窓を備えた洋館造りでありながら、正面玄関には和風の唐破風を設けた西洋館2号館。隣接して同一意匠の1号館がある。いずれも明治39年(1906)の建築で、今も現役の客室である。

PB143615_convert_20160221232709.jpg

隣接地には皇室の旧御用邸を利用した「菊華荘」がある。明治28年(1895)竣工の純和風建築で、第二次大戦後払い下げを受け、富士屋ホテル別館となった。現在は食事処として活用されている。

PB143602_convert_20160221233857.jpg

創業者で初代社長の山口仙之助(1851~1915)によって、明治24年(1891)に建てられた本館。回転ドアのある階下正面がかつての正面玄関であったが、昭和10年(1935)に満洲国皇帝・溥儀を迎えるための改装工事により、地下に新たに造られた新玄関に移された。

PB1435992_convert_20160322002251.jpg

本館の地下に設けられた、鉄筋コンクリート造の新玄関。既存建物の地下を掘り返し、新たな玄関を造るという工事は、ほぼ同時期に栃木県日光市の金谷ホテル本館でも行われている。

PB1435982_convert_20160221233330.jpg

ステンドグラスを嵌め込んだ新玄関の照明燈。

PB143587_convert_20160221233640.jpg

本館の旧玄関ホールとロビー。

PB143590_convert_20160221232800.jpg

旧玄関ホールの正面に現れる華麗な階段。

PB143585_convert_20160221233435.jpg

暖炉などに、明治の洋館の造りが随所に見られる。

PB143600_convert_20160221233926.jpg

サンルームの入口にある猿と蛇の彫刻。

PB143592_convert_20160221232606.jpg

大正から昭和初期に改装されたと思われる造りの、本館旧玄関ホール脇にある談話室。
タイル張りの暖炉が置かれている。

PB143586_convert_20160322003346.jpg

池に面した本館ティーラウンジ。

PB143584_convert_20160221232531.jpg

本館から食堂棟へとつづく渡り廊下。

PB1435752_convert_20160221234550.jpg

渡り廊下の先には豪奢な造りの大食堂(メインダイニングルーム)が現れる。

PB143583_convert_20160221235134.jpg

昭和5年(1930)竣工当初の姿をそのまま残しているメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」

PB1435732_convert_20160221234251.jpg

メインダイニングの付け柱の基壇部分には、社長である山口正造の顔をイメージしたとされる鬼面の装飾がある。ところで、山口正造は金谷ホテル創業家の出身で、富士屋ホテル創業家である山口家に婿養子として入った人物である。そのためか2つのホテル建築には玄関を始め、似通った点が散見される。

PB1436132_convert_20160221233008.jpg

食堂棟外観。1階にグリルとバー、2階にメインダイニングを配する。構造は1階が鉄筋コンクリート造、2階は木造である。設計には建築家の木子幸三郎(1874~1941)が関与している。木子幸三郎は以前当ブログで紹介した旧渡邉千秋邸洋館等の設計者で、やはり当ブログで度々取り上げている木子七郎の実兄でもある。

PB143612_convert_20160221232642.jpg

富士屋ホテルの建物は本館をはじめ、主だった建物は全て唐破風を備えている。写真は食堂棟。

IMG_7495_convert_20160221232402.jpg

花御殿。

PB143601_convert_20160322011353.jpg

本館。

PB1436092_convert_20160221235329.jpg

西洋館。

PB1436032_convert_20160322010427.jpg

富士屋ホテルには、本記事で紹介した建物のほか、明治17年竣工で最古の建物であるアイリー、ステンドグラスが美しいカスケードルーム、大正9年に建てられた鉄筋コンクリート造の厨房が、国登録有形文化財もしくは近代化産業遺産の認定を受けている。

第952回・光風荘と湯河原温泉旅館群

PB1436182_convert_20160220180725.jpg

神奈川県足柄下郡湯河原町にある「光風荘」は、昭和11年(1936)2月26日に発生した「二・二六事件」の舞台となった場所として知られる。現在は事件関係者の遺品や写真、新聞等の資料が展示・公開されている。また周辺には、事件当時を偲ばせる老舗旅館の建物が現在も多く残されている。今回は光風荘と周辺の温泉旅館群を紹介したい。

PB143622_convert_20160220181231.jpg

光風荘は、現在も営業を続けている伊藤屋旅館の別館として建てられ、事件当時は前内大臣(天皇の側近としての役割を担うため戦前まで存在していた官職)の牧野伸顕伯爵(1861~1949)が、静養のため家族や使用人と共に滞在していた。なお、実際の現場となった建物は事件に際し焼失、現在の建物は事件後まもなく再建されたものである。

PB143621_convert_20160220180955.jpg

国家改造(昭和維新)を目指す急進的な陸軍青年将校達から憎悪され、度々暗殺対象となった牧野伯爵であるが、二・二六事件では銃撃と放火に晒され窮地に陥るも、護衛の警官や地元消防団員らの活躍により、家族共々奇跡的に救出された。しかし警官が事件のため殉職したほか、伯爵付添の看護婦など数名が負傷した。

PB143619_convert_20160220180814.jpg

光風荘の前から伊藤屋本館を望む。本館は事件当時の建物が今も現役で使われている。
本館と光風荘との間には川が流れ、橋が架けられているが、当時は現在とは異なる場所にあったという。

PB143620_convert_20160220180931.jpg

牧野伯襲撃を担当した河野寿大尉(事件後に自決)は、協力者の渋川善助(事件後に逮捕、死刑) 夫妻と、決行前に偵察のため伊藤屋本館に宿泊していた。

PB143618_convert_20160220180840.jpg

戦後は企業の保養所として使われ、現在は二・二六事件の資料館として公開されている。
ところで光風荘の前には、元首相で現財務相である麻生太郎氏の揮毫による石碑が建てられている。これは麻生氏の母は牧野伯の孫娘に当たり、祖父のもとを偶々訪れていたために事件に巻き込まれてしまったという縁による。

PB143623_convert_20160220181039.jpg

光風荘周辺には、事件当時のまま、或いは当時を偲ばせる老舗旅館の建物が多く残る。
先述の伊藤屋旅館の本館は現在、国の登録有形文化財となっている。 

PB1436242_convert_20160220181807.jpg

伊藤屋に隣接する藤田屋。 

PB143629_convert_20160220181255.jpg

光風荘に近い位置にある上野屋。 
藤田屋と上野屋の建物は、伊藤屋と同じく国の登録有形文化財となっている。 

PB143625_convert_20160220181106.jpg

廃業してしまった旧富士屋旅館。建物の行く末が案じられる。

PB143630_convert_20160220181200.jpg

昭和情緒溢れる佇まいの伊豆屋旅館。

PB143626_convert_20160220181130.jpg

伊豆屋旅館の近くにある、謎の洋館付き邸宅。

PB1436272_convert_20160220181330.jpg

タイル張りの外壁にステンドグラスの入った窓、尖塔を備えた立派な洋館だが、詳細は全く不明。

第929回・山手111番舘(旧ラフィン邸)

PB3011742_convert_20151216201311.jpg

山手111番舘は、横浜の山手に大正末期~昭和初期にかけて建てられた洋館群のひとつ。
関東大震災後の復興期である大正15年(1926)に米国人の住居として建てられた。現在は横浜市が所有、公開している。

PB301166_convert_20151216221740.jpg

外観は赤い瓦屋根に白く粗いスタッコ壁の組み合わせで、この時期流行したスパニッシュ・スタイルの洋館。

PB301169_convert_20151216221420.jpg

傾斜地に建っており、南側からみると3階建てに見える。
地階に面した手前のテラスは創建当初からあったものではなく、横浜市が取得、整備した際に付加されたものである。

PB301168_convert_20151216222105.jpg

地階にはかつてはガレージ、使用人部屋、洗濯室、ボイラー室が置かれていた。
写真左下の扉は、旧ガレージへの入口。

PB3011752_convert_20151216222636.jpg

設計は、横浜山手の洋館の代表格であるべーリック・ホール(旧ベリック邸)も設計した在日米国人建築家、J.H.モーガンによる。

PB301177_convert_20151216221609.jpg

3連アーチを備えた正面玄関はパーゴラになっている。

PB301178_convert_20151216222137.jpg

玄関を入ると吹き抜けのホールが現れる。
この規模の邸宅で吹き抜けを備える例は珍しい。

PB301187_convert_20151216221818.jpg

ホールの暖炉。

PB301185_convert_20151216221906.jpg

ホールの暖炉の裏側には、食堂の暖炉が煙突を共用する形で設けられている。

PB301182_convert_20151216221649.jpg

食堂は木部を強調した重厚な造りで、西洋館としては定石どおりの造り。

PB301181_convert_20151216221512.jpg

食堂の南側に面した窓は中央を一枚ガラスにして、横浜港への眺望を確保している。

PB301191_convert_20151216201543.jpg

食堂と厨房の間には配膳室が設けられている。

PB3011902_convert_20151216223748.jpg

洗面所。

PB3011732_convert_20151216222340.jpg

現在は横浜市の所有となり、過去当ブログで紹介した旧ベリック邸や旧エリスマン邸山手234番館などと共に公開されている。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード