第1113回・奈良基督教会

s_P81904992.jpg

奈良市登大路町にある日本聖公会奈良基督教会は、隣接する奈良公園の風致に合わせ和風を基調とした内外装が特徴である。和風のキリスト教会としても珍しいが、質の高い近代和風建築として国の重要文化財に指定されている。

s_P8190496.jpg

近鉄奈良駅前にある東向商店街に面して門を開いている奈良基督教会。

s_P8190564.jpg

明治18年(1885)に奈良在住の信徒とアメリカ人のジョン・マキム牧師によって伝道が始められ、 明治20年には現在地の近くに教会が開かれた。

s_P8190513.jpg

興福寺境内の西側に隣接する現在の敷地は明治42年(1909)に教会が建設用地として購入していたが、その後資金準備が進められ、建設に着手したのは昭和に入ってからであった。

s_P8190511.jpg

その立地から、周囲の風致景観を考慮することを条件として県から建設許可を受けていたため、教会堂と幼稚園舎は和風を基調とした意匠で建てられた。

s_P8190559.jpg

礼拝堂と幼稚園舎(当初は信徒開館として計画されていたが竣工間際に用途変更)から構成される建物は、昭和3年(1928)に定礎式を行い、4年に幼稚園舎、5年に礼拝堂が竣工、直ちに新教会堂の聖別式が挙行され、同時に幼稚園も開園した。 

s_P8190502.jpg

十字架の下の瓦も鳩やオリーブ、十字架などキリスト教に由来する図柄となっている。

s_P8190504.jpg

明治27年に建てられた洋風建築の帝国奈良博物館が不評を買って以降、奈良公園では県庁、物産陳列所図書館ホテルなどの公共建築は和風意匠で建設された。奈良基督教会も景観を考慮して建てられた近代和風建築群のひとつである。

s_P8190554.jpg

設計・施工を手掛けた大木吉太郎(1887~1971)は、古社寺の修理にも携わった宮大工で、奈良基督教会の信徒でもあったという。

s_P8190515.jpg

礼拝堂内部。平面計画は教会建築の形式を遵守しながら、意匠構成を和風とする。

s_P8190541.jpg

材料は主に吉野の山林から伐りだされた杉や檜材が用いられた。

s_P81905312.jpg

内陣と外陣を区切る欄間。

s_P8190521.jpg

格間に施された精緻な組子細工がすばらしい組入格天井。

s_P8190519.jpg

外陣は三廊式で、身廊の両側に側廊を設ける。

s_P8190526.jpg

奈良基督教会は平成9年(1997)に登録有形文化財に認定され、平成27年(2015)に奈良県指定有形文化財を経て国指定重要文化財となった。

s_P8190535.jpg

宮大工の高い技量が窺える美しい空間であり、奈良県を代表する近代和風建築のひとつである。

s_P8190536.jpg

祭壇の十字架の装飾には正倉院宝物の鏡の意匠を取り入れるなど、地域の歴史や文化に根付いたキリスト教会として建てられている。

s_P8190537.jpg

身廊の長椅子や聖書台など、会堂内の家具45点も重要文化財の附(つけたり)として指定を受けている。

s_P8190540.jpg

身廊の後方に据えられたパイプオルガンは、明治20年(1887)の礼拝堂設立から百周年を迎える昭和62年(1987)に記念として設置された。建物と合うように西洋松材が使われているという。

s_P8190517.jpg

白大理石でできた洗礼盤。

s_P8190548.jpg

幼稚園舎が併設されているため通常は閉ざされているが、土曜と日曜の午後は門が開かれており、内部の拝観も可能である。
スポンサーサイト

第1100回・旧奈良監獄(旧奈良少年刑務所)

s_P71604452.jpg

奈良市般若寺町にある旧奈良少年刑務所(平成29年3月廃庁)の一般公開が平成29年7月16日に実施されたので行ってきた。明治41年(1908)に奈良監獄として建てられた当初の施設群がほぼ完全な形で残されており、国の重要文化財に指定されている。ホテル及び博物館として再利用するため、年内にも補強及び改修工事に入り、2年後には新たな用途を得て甦る予定である。

s_P71605002.jpg

旧奈良監獄の表門。司法省技師として明治から大正にかけて全国各地の刑務所や裁判所庁舎を設計した山下啓次郎(1868~1931)が手掛けた「明治の五大監獄」のうち、唯一ほぼ完全な形で残されている。刑務所として使われてきた姿を見る機会としてはこれが最後であることから、酷暑の中を多くの見学者が訪れていた。

s_P7160492.jpg

内側から見た表門。控壁は耐震補強のため近年付加されたもの。なお、弊ブログでは山下啓次郎が手掛けた「明治の五大監獄」のうち、表門と本館のみ現存する旧千葉監獄(千葉刑務所)、明治期の監獄施設が一式移築保存されている旧網走監獄(現・博物館網走監獄)についても以前紹介しているので、こちらも併せて御覧頂けると幸いである。

s_P7160398.jpg

刑務所を囲む塀も、正面及び側面にかけて設置当初の煉瓦塀が残されている。この塀も重要文化財に指定されている。なお、背面(西側)は刑務所の敷地拡大の際に撤去されたため、現存しない。

s_P7160399.jpg

塀の煉瓦を拡大。旧千葉監獄では、東京駅舎などでも用いられている煉瓦積みの目地をカマボコ状に仕上げた覆輪目地を本館で見ることができたが、旧奈良監獄では見られなかった。同じ赤煉瓦の刑務所でも、奈良と千葉で積み方や煉瓦自体の風合い等、色々な差異を見つけることができる。

s_P71604932.jpg

表門をくぐった先に現れるのが事務所として使われていた本館。背後に講堂及び中央看守所が続いている。旧千葉監獄では正面の事務棟部分のみが現存するが、奈良では背後の講堂や両翼の倉庫及び渡り廊下など、附属建物も含め一式が残されている。

s_P7160408.jpg

つい最近まで現役の庁舎として使われていたため、窓はアルミサッシの一枚硝子に改変されているが、元々は硝子面が桟で四等分された上げ下げ窓であった。今後の改装では旧千葉監獄のように、形だけでも旧態に近い建具に入れ替えてもらいたいものである。

s_P71604112.jpg

奈良監獄の沿革は、慶長18年(1613)に江戸幕府直轄で開設された奈良奉行所の牢屋敷に遡る。明治に入り奈良監獄署を経て奈良監獄に改称された。明治41年(1908)に現在見られる赤煉瓦の施設が竣工、その翌年に移転した。なお、現在奈良女子大学が建っている場所がかつての奈良奉行所の牢屋敷跡であるという。

s_P7160472.jpg

大正11年(1922)には奈良刑務所と改称、戦後の昭和21年(1946)に奈良少年刑務所となり、平成29年(2017)に廃庁。廃止前より周辺住民や建築史家、設計者である山下啓次郎の孫でジャズピアニストの山下洋輔氏などによって施設の保存運動が展開された。

s_P7160435.jpg

法務省も保存要望に応え、民間資本によるホテル及び刑務所の歴史を伝える史料館への利活用を前提として保存する方針を公表した。そして廃庁直前の平成29年2月、国の重要文化財に指定された。

s_P7160434.jpg

本館の背後に続く中央監視所。
この中央監視所を軸として、5棟の舎房が放射状に配されている。欧米に範を取り建設された当時の刑務所では標準的な配置であったが、現在ではこのような配置は採られていない。

s_P71604302.jpg

現在、明治期の舎房や監視所が現存するのは旧奈良監獄のほか、先述の北海道網走市にある旧網走監獄と、明治村に一部が移築されている旧金沢監獄がある。これらはいずれも木造で、他所への移築という形での保存であり、煉瓦造で当初の位置に残されているのは旧奈良監獄だけである。

s_P7160432.jpg

5棟ある舎房はいずれも煉瓦造2階建で、今後刑務所の雰囲気を残しつつホテルの客室棟として改装される予定である。(ただし1棟は刑務所としての歴史を伝えるため、そのままの姿で保存される)

s_P7160418.jpg

1階から見た舎房の廊下。

s_P7160440.jpg

舎房の2階天井には、明り取りの硝子天井が設けられている。

s_P7160420.jpg

約110年間使われ続けてきた独房の扉。木製であるが極めて頑丈に造られている。

s_P7160427.jpg

独房の一室。

s_P7160428.jpg

独房の角に設けられている石造りの洗面台。

s_P7160441.jpg

舎房の先に建っている木造の実習場は大正時代の増築で、これも重要文化財に指定されている。

s_P7160454.jpg

外から見た舎房。

s_P7160461.jpg

舎房の窓。

s_P7160468.jpg

舎房から中央監視所を望む。
小さなドーム屋根が載る中央監視所の塔の中は、かつては見張り台であったようだ。

s_P71604702.jpg

本館の両翼には倉庫棟が配されている。写真手前が倉庫棟。

s_P7160475.jpg

倉庫棟の片側は、赤煉瓦のアーチが連なる吹き放しの回廊になっている。

s_P7160412.jpg

倉庫棟は本館の前にも前庭を挟む形で2棟建っており、こちらは大正時代に増築されたものである。

s_P71604912.jpg

医務所。八角形の部分は2層吹き抜けになっている。
手前の建物は病舎で、医務所とは渡り廊下で繋がれている。奥に見えるのは本館玄関の尖塔。

s_P7160484.jpg

医務所の脇に建つ隔離病舎。

s_P7160487.jpg

隔離病舎の向かいには、「ギス監」と呼ばれていた奈良奉行所時代の牢舎が2棟移築されている。

s_P7160489.jpg

塀の角の内側に設けられた見張台跡。構内を監視する看守が詰めるための場所で、煉瓦壁に人がひとり入れるぐらいのくぼみが設けられ、雨をしのぐための屋根の跡が残されている。

s_P71604432.jpg

旧奈良監獄の施設群はこの夏から補強、改修工事が始まり、平成31年(2019)には史料館が、翌年にはホテルが開業予定である。どのように生まれ変わるか、期待したい。

第931回・旧川本家住宅

P8162954_convert_20151230225055.jpg

奈良県大和郡山市洞泉寺町にある旧川本家住宅は、大正13年(1924)に建てられた旧遊郭の妓楼。
現在は大和郡山市が所有、管理している。国登録有形文化財。

P8162958_convert_20151230230102.jpg

郡山城の城下町の一角に当たる洞泉寺町には遊郭が置かれ、昭和33年(1958)の売春防止法施行までは、奈良県内でも屈指の歓楽街であったという。

P8162951_convert_20151230230029.jpg

現在もかつての妓楼のいくつかは、民家に転用されて現存している。
写真の道路の突き当りにある旧川本家住宅も、そのひとつである。

P8162954_convert_20151230225434.jpg

木造三階建の豪壮な妓楼。
特に凝った意匠はないが、各階の軒下に電燈を配するのは遊郭ならでは。

P8162969_convert_20151230225208.jpg

正面に3階建ての本館、その奥に中庭を挟んで座敷棟、納屋、土蔵を配する。いずれも国登録有形文化財。

P8162967_convert_20151230225229.jpg

側面より座敷棟を望む。

P81629612_convert_20151230225936.jpg

解体が検討されたことを機に、平成11年(1999)に大和郡山市が取得、以降、同市が管理しているが、現在のところ催事等を除き一般公開は行われていない。

P8162970_convert_20151230225310.jpg

P8162955_convert_20151230225354.jpg

玄関や1階だけを見ると、通常の町家と変わらない。

P8162963_convert_20151230225543.jpg

連子の意匠は各戸毎に異なり、周辺の旧妓楼と比較すると様々な意匠があることが分かる。

P8162972_convert_20151230230138.jpg

今後の活用に期待したい。

第918回・浅井家住宅

P8162977_convert_20151013002326.jpg

浅井家住宅は、奈良県大和郡山市にある明治初期の擬洋風建築。明治維新により廃城となった郡山城の部材を用いて建てられたと伝わる。

P8162976_convert_20151013002430.jpg

全景。伝統的な造りの町家に連なる形で洋館が建っている。

P8162978_convert_20151013002408.jpg

洋館正面。

P8162980_convert_20151013002505.jpg

奈良県下に現存する明治初期の擬洋風建築では、生駒山の宝山寺獅子閣と並ぶ存在。

P81629842_convert_20151013002647.jpg

郡山城の部材を用いて建てられたためか、屋根瓦には郡山城主である柳沢家の家紋がある。

P81629812_convert_20151013002854.jpg

2階のバルコニー。

P8162985_convert_20151013002723.jpg

1階はアーチ型の玄関と窓が2つ連なる。

P81629792_convert_20151013003335.jpg

藤森照信氏の著書「日本の近代建築(上)」では、擬洋風建築の一例として紹介されており、軒下の壁面にアルファベット状の奇怪な装飾が黒漆喰で描かれているとのことだが、改装により失われたのか、存在は確認できなかった。

P8162982_convert_20151013002923.jpg

第917回・柳沢文庫

P81629212_convert_20151013000507.jpg

奈良県大和郡山市の郡山城跡に、旧郡山藩主・柳沢家の邸宅の一部が保存されている。明治期に郡山別邸として建てられた部分と、昭和初期に東京・芝の本邸から移築された部分で構成されている建物は、現在、柳沢家所蔵の歴史的資料や、地域の歴史資料を保存、公開する柳沢文庫の施設として利用されている。

P8162918_convert_20151013000644.jpg

柳沢家は享保9年(1724)に郡山城に入城、明治4年(1871)の廃藩置県までの約150年間、郡山藩主として同地を治め、明治以降は華族に列せられ、伯爵位を授けられた。なお、現在でも大和郡山市の産業として知られている金魚の養殖は、柳沢家が郡山入城に際し、趣味で飼っていた金魚も持ち込んだことによる。

P8162920_convert_20151013000804.jpg

玄関車寄せ部分は、もともと東京・芝に建てられた本邸の一部であったが、関東大震災後の復興事業による道路拡幅で立ち退きが必要とされたため、昭和3年(1928)に郡山別邸に移築・接続したものである。

P81629222_convert_20151013001416.jpg

玄関車寄せの懸魚と蟇股には、柳沢家の家紋が彫り込まれている。

P8162925_convert_20151013000717.jpg

これらの邸宅を建てたのは、明治後期から昭和初期にかけての柳沢家当主で、統計学者としても知られる柳沢保恵(1871~1936)伯爵である。以前当ブログで紹介したニッカウヰスキーの出資者でもある。

P8162930_convert_20151013000552.jpg

戦後の昭和35年(1960)、保恵の死後家督を継いだ柳沢保承により、柳沢文庫として公開されるようになった。

P8162932_convert_20151013001002.jpg

柳沢文庫玄関と向かい合う位置には、昭和初年に前庭として築造された庭園が残されており、その中に一棟の亭がある。
柳沢家が営む養魚場から移築されたもので、かつてはこの周囲にも金魚池があったという。

P81629332_convert_20151013001235.jpg

亭の屋根の上部にも、柳沢家の家紋がある。

P8162927_convert_20151013000836.jpg

傘のような亭の天井。

P8162929_convert_20151013000930.jpg

亭の中から望む旧本邸玄関車寄せ。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード