第1082回・旧原邦造邸(原美術館)

s_P5030009.jpg

東京都品川区北品川にある原美術館は、実業家・原邦造の旧邸を利用した私設美術館。昭和13年(1938)に建てられた鉄筋コンクリート2階建の主屋は、邸宅建築としては珍しいモダニズムスタイルで、第一生命館や銀座和光、東京国立博物館等の設計で知られる渡辺仁の設計による。

s_P5030022.jpg

原美術館はJR品川駅から西に徒歩15分程度の位置にある。御殿山と称される小高い丘になっており、かつては三井財閥の益田孝や三菱財閥の岩崎彌之助など、貴顕富豪の大邸宅が建ち並んでいた。

s_P5030019.jpg

瓦を載せた土塀で囲まれた古風なお屋敷風の敷地を正門から入ると、モダンな原美術館本館が現れる。かつての旧原邦造邸の洋館部である。元々は既存の日本家屋にモダニズムスタイルの洋館を新築した和洋併置型の邸宅であった。日本家屋は現在、附属の煉瓦造の蔵を除き現存しない。

s_P5030021.jpg

原邦造(1883~1958)は、満鉄勤務を経て実業家・原六郎の養子となり、愛国生命(のち日本生命に合併)社長や王子製紙、東武鉄道などの取締役を務め、第二次大戦後は日本航空の初代会長も務めた実業家である。

s_P5030010222.jpg

この館を建てた当時、御殿山の邸宅には養父の原六郎が建てた広大な和風の建物があったが、モダンでコンパクトな住居を望んだ夫人(原六郎の娘)の意向に沿って、モダニズムスタイルの新館を増築した。これが現在の原美術館本館である。

s_P5030020.jpg

邸宅として使われた期間は短く、昭和20年の敗戦後は米軍に接収され、返還後もビルマ(現ミャンマー)大使館として貸し出されるなど原家の住宅として使われることは無かった。昭和54年(1979)、原邦造の孫である原俊夫氏によって改装され、現代美術専門の美術館に生まれ変わった。

s_P5030014.jpg

上から見ると「レ」の字型をした旧原邸は、二階建ての居住棟と、使用人部屋や事務室が入る平屋建てのサービス棟が、玄関を挟んで両側に伸びる構成となっている。サービス棟の端には、既存の日本家屋に付随していた煉瓦造の蔵が現存している。

s_P5030003.jpg

正面玄関から向かって右側が居住棟で、原家の住まいとして使われていた部分。写真は玄関脇に配された応接室の窓で、内部は二層吹き抜けになっており、暖炉を備えている。

s_P5030006.jpg

正面玄関。スチールサッシの玄関扉などは創建当時からのものと思われる。現在はカフェとなっている中庭への開口部に入る建具も、創建当時からのものと思われる。

s_P5030013.jpg

正面玄関から向かって左側のサービス棟。
通用口と思われる。

s_P5030007.jpg

写真撮影禁止のため、写真で内部の模様をお伝えすることはできないが、内部は美術館として改装されているものの上述の応接間や全面を硝子窓にした半円形の朝食室、階段室等、随所に邸宅として使われていた当時の面影を見ることができる。

s_P5030001.jpg

応接間の脇には庭園への庭門があるが、かつて日本家屋も併設されていたことが分かる造りになっている。

s_DSC_0262.jpgs_DSC_0265.jpg

中庭から見ることができる煉瓦造の蔵は、現在も美術館の倉庫として使われているようである。明治~大正期に多く見られる焦茶色の焼過煉瓦と、昭和初期のモダニズム建築に見られる白い四角いタイルとの2種類の外装材が併存している。

s_P5030004.jpg

現在、御殿山界隈ではこの原美術館と、三菱グループの迎賓館(開東閣)として使われている旧岩崎彌之助邸に、往年のお屋敷街の面影を見ることができる。
スポンサーサイト

第1065回・小机家住宅

s_P1280308.jpg

東京都あきる野市(旧西多摩郡五日市町)三内にある小机家住宅は、明治8(1875)頃に当時の銀座煉瓦街の洋風建築を模して建てられた擬洋風建築の住宅。明治初期の文明開化の様相を今日に伝える数少ない擬洋風建築である。東京都指定有形文化財。

s_P1280317.jpg

JR五日市線・武蔵五日市駅から徒歩10分程度の場所にある小机家住宅。秋川街道に面して門を開いた敷地の奥にひっそりと建っている。

s_P1280309.jpg

江戸時代より林業を営んできた小机家の7代目当主、小机三佐衛門によって建てられた。材木の取引のために出かけた深川木場からの帰り、当時造られて間もない銀座煉瓦街の洋風建築群を見て大いに刺激を受け、洋風の自宅を新築したという。

s_P1280303.jpg

伝統的な土蔵造りをベースにしつつ、正面には2層のベランダを張り出し、輸入物の鉄製防火扉やガラス窓、屋根材には同じく輸入品である亜鉛引トタン板を用いて建てられた。

s_P1280304.jpg

外側にベランダを張り出すのは、幕末から明治中期の擬洋風建築に多く見られ、長崎の旧グラバー邸や大阪の泉布観、和歌山の郭家住宅旧三重県庁舎、山梨の旧睦沢学校などがあり、官公庁、学校、住宅など建物の用途を問わず、現在でも各地に残されている。

s_P1280306.jpg

小机家のモデルとなったという銀座煉瓦街は、大阪の造幣寮(現・造幣局)やその迎賓施設である上述の泉布観などを建てた、お雇い外国人のウォートルスが明治5年(1872)から翌年にかけて設計を担当した。

s_P1280313.jpg

銀座煉瓦街はその後大正12年の関東大震災で壊滅し、現存する建物はない。小机家は銀座煉瓦街に直接影響されて建てられ、今に残されている希少な存在と言える。

s_P1280314.jpg

関東大震災では小机家自体も被災し、修復が行われている。1階ベランダの硝子戸などは震災後交換されたため、創建当初のものが残る2階と比較すると、窓の形やドアノブなど細部が微妙に異なるのが分かる。

s_P1280312.jpg

アーチ型に造られた玄関部分。角の隅石と同様、漆喰を塗って石造風に見せたものである。アーチの要石部分には、獏(ばく)の頭部をあしらった漆喰彫刻が取り付けられている。

s_P12803072.jpg

獏の漆喰彫刻は震災で破損し、長年そのままであったというが、現当主が先代当主と共に復元されたという。

s_PB060207.jpg

小机家住宅は現在、1階の一部を喫茶室「安居」として開放されているため、営業時間内であれば外観及び喫茶室部分への立ち入りは可能である。また例年11月に東京都が主催する「東京文化財ウィーク」期間中であれば室内も見学できる。以下の写真は平成28年11月の訪問時で、ちょうど屋根の補修工事をされているところであった。

s_PB060191.jpg

玄関土間。円形窓周囲の兎の漆喰装飾が見どころ。兎の装飾は他にも釘隠しや階段の彫刻飾りなど、随所に見ることができる。

s_PB060190.jpg

洋風を取り入れた外観と異なり、間取りは伝統的な民家の間取りに即したものとなっている。

s_PB060147.jpg

見学に際しては、御当主自ら丁寧に案内して頂けるが、それによると、当家で使用されている材木は、節付きだったりして商品としては使えないものを用いているという。

s_PB0601482.jpg

関東大震災後に交換された1階の正面を除き、創建当時の硝子戸が今も残る。
ドアノブは白い陶器でできている。

s_PB060172.jpg

当家の大きな見どころと言えるのが見事な造りの螺旋階段。
奥の扉が喫茶室の入口となっている。

s_PB060157.jpg

装飾的な手摺や透かし彫りで飾られた工芸品のような階段。ここにも兎の装飾が見られる。

s_PB060185.jpg

階段を上から見下ろす。移動が可能な置き階段になっている。

s_PB060179.jpg

2階の一室。太い梁を漆喰で包んでおり、一見鉄筋コンクリート建築かと思わせる。関東大震災後の修復で塗られた箇所は塗りが荒く従前からの壁と見分けることができる。当時は復興需要が高まって職人は多忙を極めたため、丁寧に仕上げてもらえなかったのだとか。

s_PB060176.jpg

約150年の歳月を経た硝子窓。

s_P1280310.jpg

訪問の度に丁寧に御案内頂いた小机家御当主様に厚く御礼申し上げます。

第1045回・自由学園明日館

s_PB0500022.jpg

東京都豊島区西池袋2丁目にある自由学園明日(みょうにち)館は、羽仁吉一・もと子夫妻が設立した自由学園の校舎として学園設立と同じ大正10年(1921)に建てられた。設計は帝国ホテル設計のため来日中であったフランク・ロイド・ライトによる。現在は自由学園の施設として使用されると同時に、一般にも広く利用・公開されている。国指定重要文化財。

s_PB050015.jpg

羽仁吉一(1880~1955)・もと子(1873~1957)夫妻は、キリスト教精神に基づく理想教育を実践するために東京府北豊島郡高田町(当時)に土地を求め、「自由学園」を開いた。当初は女子のみを対象とする学校であったが、その後共学となり、現在も「学校法人自由学園」として存続している。

s_PB050017.jpg

自由学園は生徒自身が自身の責任において毎日の生活を行うなど、独自の教育方法に基づく学校であり、現在もその理念は受け継がれている。名称の由来は、新約聖書の一節「真理はあなたがたを自由にします」(「ヨハネによる福音書」8章32節)による。

s_PB050063.jpg

羽仁夫妻と親交があり、フランク・ロイド・ライトの助手であった建築家・遠藤新の紹介により、羽仁夫妻との理念に賛同したライトは校舎の設計を引き受けた。

s_PB050013aa.jpg

現在でこそ都心の一角であるが、当時はまだ辺鄙な郊外であった敷地に、ライトは中央棟を中心に左右に広がるプレーリースタイルの校舎をデザインした。このデザインは、ライトの出身地である米国ウィスコンシンの草原から着想を得たとされている。

s_PB050004.jpg

大正デモクラシーの風潮から生まれた自由学園であるが、羽仁夫妻にライトを紹介した遠藤新は、犬養毅(1855~1932 のち首相、五・一五事件で暗殺)や吉野作造(1878~1933 政治学者)といった、大正デモクラシーの旗手である人物の邸宅を設計(吉野作造邸は書斎のみ)しているのは興味深い。

s_PB050010.jpg

なお、弁護士で犬養毅の秘書でもあった星島二郎(1887~1980 のち衆議院議長)は遠藤新と親友の間柄であり、この縁によって、ライトの日本における作品のひとつである芦屋の旧山邑家住宅が生み出されている。(山邑家は星島二郎夫人の実家)

s_PB050029.jpg

昭和9年(1934)に自由学園は校舎を北多摩郡久留米町(現・東久留米市)に移転、校舎としての役目を終えた明日館は以後、卒業生の事業活動の場として使用された。

s_PB050027.jpg

平成9年(1997)、国の重要文化財に指定された。

s_PB050023.jpg

重要文化財指定後、3年がかりの保存修復工事を経て現在は自由学園の施設として使われると同時に一般にも貸し出されており、結婚式やコンサート会場などにも利用されている。

s_PB050025.jpg

また、先述の旧山邑家住宅と並ぶライトの設計作品として、建物見学専用の日も設けられている。

s_PB050035.jpg

かつての教室。
開校時点ではまだ建物は完成しておらず、壁は荒壁がむき出しの状態であったという。

s_PB050032.jpg

現在はこれらの部屋は多目的の貸室として利用されている。

s_PB050059.jpg

大谷石を用いた廊下。帝国ホテル建設の残材を利用したとされる。

s_PB050021.jpg

限られた工費の中でどれだけ豊かな空間を造り出すか、ライトと遠藤による工夫の跡が随所に残されている。

s_PB050026.jpg

廊下の天窓。

s_PB050040.jpg

食堂。自由学園では、生徒達が自分たちで作った農作物を自分たちで調理して食べていた。

s_PB050074.jpg

全生徒が一堂に会し、手作りの温かい食事をとることが教育の基本と考えた羽仁夫妻の理念に沿って、当時の学校建築としては珍しく食堂を校舎の中央に配している。

s_PB050072.jpg

現在はコンサートホールとして使われることも多い食堂。

s_PB050049.jpg

食堂は竣工から間もなく手狭になったため、大正12年から翌年にかけて遠藤新の設計により、北・東・西の3面に小食堂が増築された。

s_PB050037.jpg

小食堂の家具も増築に際し、遠藤新の設計によって作られた。

s_PB050048.jpg

前庭に面して作られた二層吹き抜けのホール。明日館の内部では最もみどころ。
現在は喫茶スペースとしても利用できる。

s_PB050050.jpg

旧約聖書(出エジプト記)に材を取ったホールの壁画は、昭和6年(1931)の創立10周年記念に、当時自由学園の美術教師を務めていた石井鶴三(1887~1973)の指導に基づき生徒達が製作したもの。戦時中に塗りつぶされていたが、重要文化財指定後の修復に際し上塗りを剥がしたところきれいに残されており、見事に甦った。

s_PB050045.jpg

ホールのギャラリー部分の照明柱。

s_PB050054.jpg

ホールの暖炉は、現在でも特別に日を限って火を焚いている。

s_PB050028aa.jpg

日本国内に現存するライト設計の建築のうち、完全な形で残されているのは自由学園明日館と旧山邑家住宅のみである。

第1043回・星薬科大学本館

s_PA291260.jpg

東京都品川区荏原2丁目にある星薬科大学は、実業家で政治家でもある星一が、自ら設立した星製薬の社内に教育部門を設けたことに始まる私立大学である。同大学のシンボル的建物である本館は、大正13年(1924)にアントニン・レーモンドの設計で建てられた。最も印象付けられるのが写真の大講堂で、天井の意匠は星一の名に因んで星型となっている。

s_PA291312.jpg

清水組(現・清水建設)の施工により大正11年(1922)に着工、翌年の関東大震災を挟んで2年後の大正13年(1924)に竣工した。平成14年(2002)には清水建設の設計施工により、耐震補強工事が施されている。

s_PA291319.jpg

現在は大講堂、事務室、会議室などとして使われているが、創建当時はこの本館に学校の全ての用途が集約されていた。かつては地下に室内プールも備えていたという。

s_PA2913132.jpg

本館前にある創立者・星一(1873~1951)の胸像。明治44年(1911)に創業した星製薬は本邦初であるチェーンストアの導入や、外科手術用のモルヒネの国産化成功などによって大正年間に大発展を遂げ、星は「東洋の製薬王」と称されるまでになった。星薬科大学本館は星一の絶頂期に建てられたといってもよい。

s_PA291239.jpg

本館の設計者であるアントニン・レーモンド(1888~1976)は、帝国ホテル建設のため来日したフランク・ロイド・ライトの事務所スタッフのひとりであった。モダニズム建築家として知られるレーモンドであるが、星薬科大学本館はライトの弟子として影響を受けていた時期の建物なので、細部装飾など随所にライト風の幾何学模様が見られる。

s_PA291311.jpg

正面玄関。
玄関の庇に施された幾何学装飾など、ライトの帝国ホテルを連想させる意匠が見られる。

s_PA291310.jpg

1階玄関ホール。突きあたりが大講堂の入口。

s_PA291264.jpg

大講堂入口の照明。

s_PA291259.jpg

大講堂内部。現役の学校施設であり通常は見学はできないが、春と秋の年2回開催される薬草見学会ではキャンパスが開放されるので、大講堂をはじめとする本館の内部も見学ができる。

s_PA291263.jpg

星薬科大学は、明治44年の星製薬設立と同時に設置された社内の教育部門に始まり、大正11年(1922)に星製薬商業学校、昭和16年(1941)に星薬学専門学校となり、第二次大戦後の昭和25年(1950)に現在の星薬科大学が設立され、現在に至っている。

s_PA291247.jpg

大学に移行した昭和25年頃には、この大講堂でNHK「のど自慢」(当時はテレビはまだ無いのでラジオ番組)の会場に使われていたという。

s_PA291240.jpg

正面の演壇。
公会堂や大学の講堂など、戦前に建てられたホールで現存するものはいくつかあるが、星薬科大学は内部も細部に至るまで、往時の姿を非常によく残しているもののひとつである。

s_PA291301.jpg

星型の大講堂天井。

s_PA291290.jpg

なお、星一は作家の星新一(1926~1997)の父としても知られている。

s_PA291292.jpg s_PA291293.jpg s_PA291295.jpg s_PA291294.jpg 

薬草をデザインした大講堂のステンドグラスは昭和58年(1983)に取り付けられた。元々は異なるデザインのステンドグラスがあったが、戦時中の防空対策により窓をコールタールで塗りつぶし、戦後も復元が不可能になってしまったという。

s_PA291304.jpg

s_PA2913072.jpg

s_PA291299.jpg

館内の随所に見られるライト風の意匠。

s_PA291276.jpg

廊下の床はコンクリート打ちっ放しの中に、大理石の破片を斑に埋め込んでいる。

s_PA291277.jpg

扉の意匠もライト風。
大正末期から昭和初期の洋館の建具には、このようなライト風意匠を施したものがよく見られる。

s_PA291268.jpg

星型天井の大講堂と共にこの建物の特徴となっているのが、館内のスロープ。
階段は無く、全てスロープになっている。

s_PA291273.jpg

スロープを3階から見下ろす。

s_PA291284.jpg

黒と白のコントラストが利いているスロープの吹き抜け。

s_PA291278.jpg

s_PA291281.jpg

s_PA291283.jpg

s_PA291279.jpg

スロープの壁面には、飛鳥時代の薬狩りをモチーフにした壁画が4面、大東亜戦争中の昭和18年(1943)に描かれている。

s_PA2913182.jpg

本館前の並木道からは、大講堂を覆うドーム屋根が見える。

第1036回・旧麻布区役所庁舎(日本獣医生命科学大学本館)

s_PB0602582c2.jpg

東京都武蔵野市境南町にある日本獣医生命科学大学の本館(1号棟)は、明治42年(1909)に建てられた旧麻布区役所庁舎を、ヴォーリズ建築事務所の設計により、昭和12年(1937)に移築改装した建物である。細部意匠に改変が見られるが、全体の形は旧態を止めており、旧東京市の区役所庁舎として現存する貴重な建物である。

s_PB0602102c.jpg

JR中央線の武蔵境駅からすぐ近くの位置にある日本獣医生命科学大学。明治14年(1881)に日本最初の私立の獣医学校として東京小石川に設立され、市ヶ谷、目黒と移転を重ねた後、昭和12年(1937)に現在地に移転した。獣医学校としては明治23年創立の麻布大学と並び、古い歴史を有する。

s_PB0602542c.jpg

麻布区は明治11年(1878)に東京府麻布区として設置され、明治22年(1889)の東京市制施行により、東京市麻布区となる。第二次大戦中の東京都政施行(昭和18年)によって東京都麻布区となった後、昭和22年(1947)、隣接する芝区、赤坂区と合併して東京都港区となり、麻布区は消滅した。

s_PB0602592c.jpg

麻布区役所庁舎は東京市営繕課の設計で、明治42年(1909)に現在の港区六本木三丁目に建てられた。昭和10年(1935)の庁舎移転後、不要となった旧庁舎は日本獣医生命科学大学の前身に当たる日本獣医学校が購入、ヴォーリズ建築事務所の設計により現在地へ移築された。

s_PB0602302c.jpgs_PB0602623.jpg

上が麻布区役所時代の姿で、下が現在の姿。
移築に際しては半円形の玄関ポーチが角型に改められると共に、石造風の意匠が施されていた外壁も簡素なモルタル壁に改められている。一方で、屋根の上には換気塔が新たに付け加えられている。

s_PB060251c.jpg

移築当初からの色調かどうかは不明だが、赤い洋瓦葺の屋根にクリーム色の外壁、ピンク色の建具の取り合わせがよい雰囲気を醸し出している。全体としては明治の洋風建築の形を残しているが、外壁などに昭和初期のシンプルな洋館の趣が見られる。

s_PB0602522c.jpg

改修設計を行ったヴォーリズ建築事務所の手掛けた洋館は、以前取り上げた滋賀大学陵水会館旧駒井家住宅など、素朴で温かみのある外観が特徴なので、旧麻布区役所の改修にもその作風が現れているのかも知れない。

s_PB060244c.jpg

正面玄関。移築前は2階の窓も全て、この玄関と同様に緩やかなアーチ型であったようだ。
通常は関係者以外、校舎内部への立ち入りはできないが、訪問したときは偶然にも学園祭の最中であったため入ることができた。

s_PB060222c.jpg

階段の親柱や手摺は、旧麻布区役所以来のものと思われる。

s_PB060233c.jpg

すり減った階段の床板に、長い歳月の経過が感じられる。

s_PB0602392c.jpg

背面から見た本館。周囲には新しい校舎が立ち並んでいるが、現在も日本獣医生命科学大学のシンボルとして大切に使われているようだ。

s_PB0602362c.jpg

本館に隣接して建っているヴォーリズ館(2号棟)。
昭和12年の移転に際しヴォーリズ建築事務所の設計で新築された建物と思われ、現在は学生クラブ室棟として使われている。

s_PB060247c.jpg

これからも永く使われ続けて欲しい素敵な洋館である。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード