第225回・旧高取伊好邸

IMG_0611_convert_20110113230845.jpg

佐賀県唐津市にある旧高取伊好邸は、明治末期から昭和初期にかけて造営された近代和風建築で国指定重要文化財。

IMG_0606_convert_20110113231114.jpg

玄界灘を望む浜辺に建つ。

IMG_0608_convert_20110113230755.jpg

正門。

IMG_0641_convert_20110113231750.jpg

邸宅は能舞台を持つ大広間棟と居室、仏間等を含む居室棟から構成される。写真は大広間棟の大玄関。明治37年から38年(1904~05)の建設。

IMG_0643_convert_20110113231843.jpg

唐破風のある大玄関は向かって右手に式台があり、大広間棟へ通じる。反対に向かって左側は居室棟への渡り廊下へ繋がっている。正面は御覧のとおり格子戸で仕切られており、その先は茶席のある中庭へ通じる。

IMG_0645_convert_20110113231656.jpg

大玄関の照明器具。

IMG_0609_convert_20110113230957.jpg

居室棟と大広間棟の中間に建つ洋館。大正7年(1918)の建設。

IMG_0656_convert_20110113231559.jpg

モルタル洗い出しの外壁に目地を切った石造風の外観。

IMG_0657_convert_20110113231455.jpg

高取伊好(1850~1927)は旧多久藩の儒者の子として生まれ、明治以降は鉱山技術者となり、のち唐津において炭鉱経営で成功した人物。

IMG_0658_convert_20110113231251.jpg

洋館に続く居室棟全景。

IMG_0612_convert_20110113232119.jpg

居室棟本玄関。

IMG_0646_convert_20110113232026.jpg

内玄関。

IMG_0615_convert_20110113232335.jpg

居室棟の一部、仏間外観。昭和初年の建設で本邸宅では最も新しい部分。

IMG_0627_convert_20110113232551.jpg

内部の写真撮影が禁止されていたため、残念ながら外観しか紹介できない。
写真は高取伊好の書斎等がある居室棟平屋建の部分。

IMG_0626_convert_20110113232448.jpg

この建物の二階からは玄界灘が一望できる。

IMG_0621_convert_20110113232805.jpg

附属建物も非常によく当初のものが残されているのが旧高取邸の特徴。写真は別棟になった家族湯殿。使用人用の湯殿も現存する。

IMG_0617_convert_20110113231931.jpg

一部煉瓦造りの貯蔵庫。地下にはワインセラーもある。

IMG_0640_convert_20110113231336.jpg

現在は高取家から唐津市に寄贈され、修復後一般公開されている。
スポンサーサイト
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード