FC2ブログ

第1255回・亀屋旅館

PC291807.jpg

亀屋旅館は、和歌山県の川湯温泉にある温泉旅館。本館の建物は昭和3年(1928)に建てられた木造2階建で、国の登録有形文化財になっている。平成30年(2018)8月の台風20号による豪雨で被災、休業したが、現在は復旧、営業を再開している。

PC291805.jpg

和歌山県田辺市本宮町にある川湯温泉は、奈良県との県境に近い位置にある山間の温泉である。熊野本宮大社にも近く、江戸時代より利用されていた歴史のある温泉地である。

PC291806.jpg

熊野川の支流である大塔川の川原を掘ると温泉が湧くのが特徴で、川の流量が減る冬場には、川を堰き止めて「仙人風呂」と称される巨大な露天風呂(湯気が立っている場所)が開かれることでも知られている。

PC291804.jpg

旅館や共同浴場は大塔川の左岸に並んでいるが、亀屋旅館はその中でも、戦前からの建物で営業を続けている旅館としては唯一と思われる。写真の奥に映っているのは戦後に増築された別館である。

PC291803.jpg

木造二階建の本館は、入母屋造の瓦屋根に一階には銅板葺の庇を深く張り出し、二階には全面に欄干を巡らせた外観が特徴である。

PC291800.jpg

本館には帳場と食事処などが置かれており、宿泊客用の客室は隣接の別館に設けられている。本館は平成20年(2008)には国の登録有形文化財に選定されている。

PC291811.jpg

平成30年(2018)8月の台風20号による豪雨では大塔川が氾濫し、川湯温泉は甚大な被害を被った。亀屋旅館も一階が天井近くまで浸水したという。

PC291799.jpg

一時は存続の危機に陥ったものの、クラウドファンディングによる復旧資金集めなどにより半年後には営業を再開、現在に至っている。写真は宿泊時(令和元年12月)の本館一階座敷。食事処として使われている部屋である。

PC291796.jpg

宿の方には聞きそびれたが、床脇の天袋、地袋に襖が無いのは浸水による被害の痕跡かも知れない。

PC291795.jpg

欄間には月を背景にコウモリが飛び交う意匠の彫刻が施されている。

PC291792.jpg

コウモリは、中国や朝鮮、或いは国内の一部では縁起の良い動物とされていることから、このような欄間飾りなどの意匠に取り入れられている例がたまに見られる。(埼玉県秩父市の「京亭」でも、板戸にコウモリの透かし彫りがある)

PC291789.jpg

一階座敷の縁側には足湯の設えがあった。

PC291801.jpg

近年は特に台風、地震など自然災害が頻発しており、歴史的な建物を取り巻く環境は極めて厳しい状況にあると言わざるを得ないが、亀屋旅館のような幸運な事例が多くあって欲しいものである。

亀屋旅館ホームページ
スポンサーサイト



第1254回・旧中川家住宅

PC2817732.jpg

和歌山県御坊市御坊にある旧中川家住宅は、山林業を営む中川家の居宅として昭和13年(1938)に建てられた。良材を多用した伝統的な意匠の和風住宅であるが、洋風の応接間を設けるなど間取りや設備に近代性が見られるのが特徴である。現在は一般公開すると共に、食事処やギャラリーに使うなど各種の活用が図られている。国の登録有形文化財。

PC281705.jpg

横町通りに面した正面。主屋と土蔵(西蔵)が並んで建っている。
旧中川家住宅が建っている場所は、御坊市の中心街で本願寺日高別院の北側に位置しており、周囲にはかつて寺内町として繁栄していた頃の面影を残す古い家屋を見ることができる。

PC281703.jpg

主屋は正面側から見ると平屋建であるが、背面の庭園側は一部二階建になっている。特に正面玄関の上、庇が何重にも重なる重厚な造形は当邸の大きな特色となっている。

PC281774.jpg

邸宅を築いた中川計三郎(1889~1969)氏は明治44年(1911)に独立して中川計三郎商店を開業、紀伊半島及び近畿、中国、四国の各地に山林を所有し、木材の生産を行っていた。なお、現在は中川木材産業(株)として大阪を拠点に盛業中である。

PC281748.jpg

事務所も兼ねたと思われる居宅は昭和40年代まで使用されていたが、その後長く空家となっていた。取り壊しも考えられたというが、幸いにして社会福祉法人和歌山県福祉事業団の所有となり、平成26年(2014)には改修工事が施され、国の有形文化財に登録された。

PC281769.jpg

現在は敷地内にあった農機具小屋を改装し、障碍者就労支援施設でもある食事処「なかがわ」を営業している。主屋や土蔵は一般公開すると共にギャラリーとしても活用されている。

PC281757.jpg

昭和12年(1937)に上棟、翌年に竣工した邸宅は山林業者の居宅にふさわしく良質の材木を多用して建てられており、柱などの材木は80年以上経っているとは思えない質感を保っている。

PC281756.jpg

玄関左手の横町通りに面した部屋は事務所として使われていたと思われ、カウンターが設けられた板張りの事務室になっている。

PC281747.jpg

事務室とは続き間になっている一段高い畳敷きの座敷は、事務所を訪れる来客の応接室として使われていたと思われる。

PC2817142.jpg

応接室のさらに奥には上客を通すためか、洋風の応接間も設けられている。

PC281716.jpgPC2817532.jpg

PC281752.jpg

洋風応接間は暖炉を備え、ステンドグラスの入ったアーチ型の小窓や天井のシャンデリアなど、外観からは想像できない本格的な造りの洋室となっている。

PC2817222.jpg

洋風応接間から横町通りに面した窓を望む。
暖炉の脇にはステンドグラスの入った小窓がある。

PC281771.jpg

横町通りから洋風応接間の窓を望む。
外観からは洋室の存在は全く分からない。

PC281726.jpg

玄関の奥には中庭が設えられており、中庭を挟む形で一方に洋風応接間、もう一方に主人居室及び仏間が設けられている。中庭には切支丹燈籠が配されている。

PC281746.jpg

中庭と主人居室及び仏間との間に設けられた畳廊下。突き当りは東蔵の蔵前。

PC281729.jpg

主人居室は床柱にも角材を配した端正な書院造の座敷となっている。

PC281730.jpg

主人居室とは続き間となっている仏間。

PC281741.jpg

この2室に面して南側(背面)には縁側が設けられ、小さな庭園に面している。

PC281733.jpg

東蔵の蔵前。敷地内に土蔵は2棟あり、玄関脇、台所などに近い位置にある西蔵とこの東蔵がある。配置からして西蔵は生活用品等の収納に使い、東蔵は貴重品等の保管に充てていたのではないだろうか。

PC281737.jpg

数寄屋風で日当たりのよい位置にある夫人室。茶室としても使われていたようだ。

PC2817622.jpg

夫人室前の廊下窓に嵌め込まれた障子。
角を丸く取っており、建具にもさりげない趣向が凝らされていることが分かる。

PC281728.jpg

玄関脇、台所と隣接する茶の間。
日常生活の場であったと思われる部屋で、天井には採光用の天窓が設けられている。

PC281764.jpg

台所は昭和13年当時の最新式設備が取り入れられていたらしく、地元の女学校からは生徒達が見学に来たという。造り付けの戸棚の一角は隣の茶の間とつながっており、配膳口と思われる。

PC281766.jpg

洗面台。

PC281767.jpg

二階には数寄屋趣味を加味した造りの客座敷が2室あるが、原則非公開となっている。階段室腰壁の欄干状の装飾が面白い。

PC281779.jpg

南側(背面)から望む主屋。

PC281778.jpg

御坊でも指折りの重厚な造りで「日高御殿」と称されたこの邸宅には、敗戦直後の首相としても知られる東久邇宮稔彦王、和歌山出身の博物学者である南方熊楠などの著名人も逗留したという。

PC281781.jpg

和歌山県内に残る質の高い昭和初期の和風建築として見どころの多い建物である。
なお、以前紹介した「アメリカ村」の洋風住宅がある美浜町三尾は、御坊市街から車で20分程度の位置にある。

第1203回・紀州美浜のアメリカ村

s_P11301154.jpg

和歌山県日高郡美浜町大字三尾は、明治から昭和にかけて多くの移民をアメリカ大陸(カナダ)に送り出した土地である。帰郷者によって三尾にはカナダの生活習慣が持ち込まれ、集落に点在する洋風が混じった造りの民家など、移民が多く暮らしていた名残が今も残る。「アメリカ村」と称された集落と、カナダから帰郷した移民が昭和初期に建てたという洋風住宅を訪れた。

s_P11300402.jpg

JR御坊駅からバスで県道187号を日ノ岬方面に進み、「アメリカ村」停留所で降りると三尾(旧三尾村)である。集落は漁港に続く傾斜地にあり、海風の強い土地であることから民家の多くは屋根に重い本瓦を載せ、漆喰で塗り固めている。雨も多いため、軒下を垂れ板で保護する造りの家も多い。

s_P1130038.jpg

耕地の乏しい漁村であった三尾は明治以降、漁場争いの敗北などにより衰退していた。明治21年(1888)、三尾のカナダ移民の先駆者で村の大工であった工野儀兵衛は単身カナダへ渡り、バンクーバー近郊にある漁村・スティーブストンで鮭の大群を目にする。その後、工野儀兵衛の呼びかけで多くの村民がカナダへ移住、鮭漁や缶詰製造、林業等に従事した。

s_P1130021.jpg

工野儀兵衛は食料品店と移民向けの下宿屋を営んで移民の世話をするが、病気のため明治の末には日本に戻り、大正6年(1917)に63歳で病死する。バス停の傍には昭和6年(1931)に建てられた工野儀兵衛の顕彰碑があるが、碑文によると二十五年間カナダに滞在するも遂に財産を築くに至らなかったとされ、日本人移民の労苦を伝えている。

s_P1130024.jpg

一方で、碑文は三尾村が(移民による送金によって)裕福な村となったことや、志を達した(成功した)移民がその後多く現れたことも伝えており、先駆者としての工野儀兵衛の功績を讃えるものとなっている。カナダで成功し財を築いた後、隠居するため三尾に戻り、洋風を取り入れた家を建てる移民も現れた。

s_P1130119.jpg

三尾村出身のカナダ移民は昭和初期にはカナダの日系人社会において一大勢力を築くが、昭和16年(1941)の大東亜戦争勃発により、日系人は敵性外国人として強制帰国もしくは強制収容所へ送られた。三尾村にも多くの移民が引き揚げるが、戦後はその殆どがカナダへ戻った。

s_P1130033.jpg

当初は出稼ぎ移民が主で、子女の教育は日本で受けさせたり、隠居後は三尾に戻る移民も多かったが、代を重ねると日系カナダ人としてカナダに定着して行き、三尾とのつながりは薄れて行った。現在は集落自体の過疎化も進んでおり、カナダ移民が多く暮らしていたことを物語る民家も減りつつあるが、今でもかつての名残を随所に見つけることができる。

s_P1130037.jpg

集落を歩くと、板壁や格子、破風板などをペンキやコールタールで塗ったり、外壁をペンキ塗りの下見板張りにした家を随所に見つけられる。堅固に造られたコンクリートや煉瓦の塀を備えた家も多い。カナダでの生活経験から海風の強い漁村での生活に便利な部分を積極的に取り込んだものと思われる。

s_P1130126.jpg

三尾には光明寺と法善寺の二つの寺院があり、光明寺の塀は移民の寄進によって建てられたのか洋風のコンクリート造で、寄進札にはドル(弗)の文字も散見されるという。法善寺では境内に、帰郷した移民が詠んだと思われる「火桶抱く夜はトロントの灯を憶ふ」と刻まれた句碑が建っている。

s_P1130121.jpg

建築史家の山口廣氏と写真家の宮本和義氏は昭和62年(1987)に三尾を訪れ、著作「近代建築再見 下巻」にて「紀州美浜のアメリカ村」と題して同地を紹介されており、当記事の表題は本書に因んでいる。平成31年(2019)現在も家並みは大きくは変わっていなかったが、空地や空家は増えているように思えた。

s_P113004322.jpg

「近代建築再見」で紹介されていた洋風民家のうち、一部は所在を確認できなかったが、写真の白ペンキ塗り・下見板張り外壁の民家は健在で、本瓦葺の屋根は新建材に葺き替えられていた。左側の後ろに見えるのは法善寺の本堂。

s_P1130116.jpg

アメリカ村を象徴する洋風民家である旧野田家。昭和9年(1934)頃に帰郷したカナダ移民によって建てられた。「近代建築再見」でも、「代表的な洋風住宅」として紹介されている。右奥には光明寺の本堂が写っている。

s_P11300492.jpg

水色のペンキで塗られた下見板張り仕上げの外壁に、屋根には緑色のセメント瓦を載せている。また、洋風の上げ下げ窓や玄関ポーチを備えた、三尾でも最も洋風色の強い家であるが、周囲の民家と同様に屋根瓦は白い漆喰で固めている。

s_P11300462.jpg

旧野田家の周囲も、空地となっている所が多かった。

s_P1130031.jpg

玄関部分には円柱を立てたポーチを張り出し、右側には洋室の応接室がある。左側は軒を深く張り出した和風の造りで、次の間付きの書院座敷が設けられている。座敷側のコンクリート塀は高く造られており、内側は和風の坪庭になっていた。

s_P1130068.jpg

応接室の下には地下室があり、明り取りの窓が見える。三尾では狭い敷地を有効に活用するためコンクリートで固めた地下室を持つ家は多いそうであるが、カナダ移民の影響で普及したものと思われる。

s_P1130067.jpg

白ペンキで仕上げられた応接室の木製サッシや玄関扉の窓は緩やかな円弧を描き、凝った造りの建具となっている。

s_P1130071.jpg

旧野田家は近年美浜町に寄贈され、地域活性化のための観光施設として活用することを目的に補強・改修が行われた。平成30年(2018)7月より、三尾のカナダ移民の歴史を伝える「カナダミュージアム」として公開されており、カフェも併設されている。

s_P1130109.jpg

玄関内部。三和土には白と青の小さなモザイクタイルを市松状に貼りつめ、天井などに当時は珍しいとされたラワン材が多用されているという。玄関を入るとすぐ二階への階段があり、非公開だが床の間付きの座敷と2つの洋室がある。

s_P11301033.jpg

応接間。隣の洋室とは硝子入りの折戸で仕切られており、この2室がカフェとして利用されている。床板の貼り方が珍しい。

s_P1130107.jpg

応接間に隣接する小さな洋室は居間や食堂として使われたと思われ、台所や奥の中庭に面している。和風の硝子障子や柱を見せた壁など、和風色の強い洋室である。

s_P11301022.jpgs_P1130108.jpg

帰郷した移民がカナダから持ち帰ったという蓄音機やトランクも展示されている。帰郷した移民の中には、椅子とベッドの生活で朝食にはパンにコーヒーを摂り、会話は英語交じりという者も多かったという。

s_P1130086.jpg

一階は2つの洋室と次の間付きの書院座敷、女中部屋と思われる小さな和室と便所、浴室、台所などが不整形な敷地にコンパクトにまとめられている。廊下と硝子戸で仕切られた北側の中庭はごく小さなもので、採光と通風のために設けたものと思われる。

s_P1130074.jpg

仏間としても使われていたと思われる座敷。上には立派な神棚が設えられている。和室はカナダ移民の歴史を伝える展示室として使われており、「大日本帝國旅券」と記された戦前のパスポートのコピーなども展示されている。

s_P1130085.jpg

次の間には造り付けの和箪笥と共に洋風のクローゼットも備えられており、帰郷した移民の住まいであることを物語っている。カナダ移民が使っていたという足踏みミシンや衣類などの生活用品も展示されていた。

s_P11300812.jpgs_P1130088.jpg

施工を請け負った大工は日ノ岬の料亭旅館を施工するなど、数寄屋風建築を得意としていたようである。そのためか、書院窓など繊細な意匠の建具が多く見られる。便所扉のカエデの葉は改装時のものかも知れない。尤も洋風建築には詳しくないので、この家を建てる際は神戸まで洋風住宅を見学に行ったという。

s_P1130052.jpg

旧野田家を出ると、すぐ傍の県道187号を北に渡れば三尾公民館内に設けられたカフェレストラン「すてぶすとん」がある。その裏には昭和初期にカナダ移民が建てた古民家を改装したゲストハウス「遊心庵」がある。いずれもカナダミュージアムと同時に三尾の活性化のため新たに設けられた施設である。

s_P1130058.jpg

「遊心庵」(旧田中家住宅)は集落を見下ろす高台に立っており、鮭漁で財を築いて帰郷したカナダ移民が昭和8年(1933)頃に建てた和洋折衷住宅である。旧野田家とは対照的に和室が中心で、1室だけの小さな洋館を備えている。

s_P1130060.jpg

「遊心庵」はゲストハウスとして、宿泊施設やイベントや催事などのレンタルスペースとして活用しているほか、三尾への移住に関する資料展示や相談も行っているという。「カナダミュージアム」「遊心庵」「すてぶすとん」の3施設は、NPO法人「日ノ岬・アメリカ村」が運営を行っている。

s_P1130070333.jpg

旧野田家(カナダミュージアム)と旧田中家(遊心庵)は近く、国の登録有形文化財として登録される予定である。過疎化が進む三尾の活性化に向けたこれらの取り組みが実を結ぶことを祈念する。

第1183回・琴ノ浦温山荘(旧新田長次郎別邸)〔再訪〕

s_P50502372.jpg

弊ブログ第427回記事で紹介した和歌山県海南市の琴ノ浦温山荘は、前回記事掲載時には内部非公開であったがその後、入園料に追加料金100円を払えば見学できるようになったというので再訪した。また、長らく使用されていなかった浜座敷が修復され、これも公開されるようになっていた。再訪記事と言う形でこれらの建物の内部を中心に紹介したい。

s_P5050315.jpg

以前は催事等での使用時を除き、主屋などの建物の雨戸は閉まっていたが、現在は開園時間内は開かれている。(尤も、雨戸の開閉は大変な作業なので、庭園の維持と併せて新たに1人雇用したそうである)なお、園内にある各建物の外観及び庭園については前回記事を御参照頂きたい。

s_P5050267.jpg

受付で内部見学希望の旨を告げ観覧料を払うと、園長自らが案内され、主屋内部を見学させて頂ける。
主屋は大正4年(1915)に竣工、その後大正後期に写真の客用玄関や応接用の座敷が増築された。一見伝統的な和風建築であるが、鉄筋コンクリートやベニヤ板など、当時最新の技術と建材を随所に用いた近代和風建築である。

s_P5050266.jpg

別荘の主である新田長次郎は、明治初期に皮革加工技術を自ら習得し、その後も絶えず新技術を追求してきた事業家である。建物の設計を手掛けたと考えられている木子七郎は長次郎の娘婿であり、鉄筋コンクリート構造に早くから着目していた建築家である。温山荘は建物・庭園共に、そのような二人の新しい試みを随所に見ることができる。

s_P5050249.jpg

客用玄関を上がると、寄付と称される十五畳の広間がある。洋館ならば玄関ホールと称するところと思われる。

s_P5050260.jpg

寄付の奥を左に入ると、庭園を一望できる十畳の座敷へ入る。日本座敷であるが、中には椅子とテーブルを配した洋式の応接間である。客用玄関、寄付と共に大正後期の増築で設けられた。家具は当時からのものである。

s_P5050225.jpg

温山荘は新田長次郎の出身地である松山の旧藩主・久松定謨伯爵が大阪へ来た際の滞在を目的として建てられたとされる。ほかにも長次郎と親交のあった秋山好古(陸軍大将)、清浦奎吾(伯爵、元首相)、東郷平八郎(侯爵、海軍元帥)などの著名人が温山荘を訪れ、長逗留する人もあったという。

s_P5050223.jpg

この座敷には、新田長次郎が国産化に成功したとされる合板(ベニヤ板)が天井板として用いられている。主事業であった皮革加工から生じたゼラチンと、革をなめすために必要なタンニンを採取するために用いた木材の有効活用を目的としてベニヤ板の製造に着目したようだ。別荘は自社製品の格好の宣伝の場にもなった訳である。

s_P50502262.jpg

また、この座敷の意匠的な特徴として、矩形を組み合わせた意匠の欄間や書院窓、方眼紙のような意匠の障子など、統一的に幾何学的な意匠を施している点も挙げられる。モダンデザインにも関心が強かったという木子七郎の試みと思われる。

s_P50502644.jpgs_P50502594.jpg

襖の取手は伝統的な意匠の七宝細工となっている。

s_P5050240.jpg

さらに奥へ進むと二四畳の主座敷があり、大正4年の竣工当初から建っていた部分である。
庭園と同様、開放的な明るい印象の座敷である。

s_P5050242.jpg

主座敷の欄間は相原雲楽の手による。相原雲楽は中之島図書館旧松本健次郎邸鴻池本店・本宅、旧日下部久太郎別邸(舞子ホテル)大広間など、明治から大正期の洋風・和風建築の室内装飾を手掛けた彫刻家である。木子七郎設計の建物では温山荘の他に、松山にある萬翠荘の室内装飾も手掛けている。

s_P50502312.jpg

主座敷の欄間は全て、因幡の白兎に因むという波乗り兎が彫られている。
欄間には雲楽の銘と共に「大正乙卯」と刻まれていることから、大正4年に製作されたことが分かる。この年の干支が兎年であることと何か関係があるのかどうかは分からない。

s_P5050239.jpg

主座敷は鉄筋コンクリート造の地階の上に載る形で建っており、縁側で地表からは高い位置にある箇所には高欄を設けている。

s_P5050216.jpg

地階も見学させて頂いた。かつては撞球室やダンスホールなどを備えた洋風の娯楽室と、厨房や使用人部屋などのサービス空間に充てられていたが、昭和21年(1946)の南海地震による津波で浸水したため、壁や天井の大部分は取り払われている。但し、現在も部分的に洋風意匠の照明台座などが残されている。

s_P50502132.jpg

漆喰仕上げの照明台座と照明器具。大正初期らしいセセッション風意匠である。

s_P50502182.jpg

地階でも比較的旧態を止めている洋風の広間。ダンスホールとして使われていたというのはここと思われる。蛍光ランプで隠されているが、上の写真と同様の意匠と思われる照明台座が見える。

s_P5050268.jpg

外から見た地階の明り取り窓。上に見えるのは寄付の花頭窓である。
地階部分も復元できないものだろうか。

s_P5050270.jpg

客用玄関の脇には人力車夫などの控え部屋として建てられた伴待と称する小さな建物があり、以前の記事でも取り上げたが、この中には実は隠し部屋が存在していた。

s_P5050271.jpg

主屋とつながっているかどうかは分からないが、多くの貴賓を迎える館だったので暴漢の襲撃に備えた仕掛けと思われる。

s_P5050302.jpg

作庭の指導を行った木津宗泉の設計で、大正9年(1920)に建てられたとされる池のほとりの茶室「鏡花庵」の内部。

s_P5050303.jpg

茶室も、以前は茶会等で使用される場合を除き雨戸が閉ざされていたが、現在は開かれている。
立ち入りはできないが、硝子戸越しに内部を見ることができる。

s_P50503192.jpg

大正2年(1913)に、園内で最初に建てられた浜座敷。南海地震の津波で座敷内まで浸水し、長らく閉鎖されていたが近年耐震補強と修復が行われ、往年の姿が甦った。(雨戸が閉じているのは閉館後の撮影のため)

s_P50503222.jpg

本瓦葺で反りのある屋根が特徴の浜座敷。主屋とは異なり重厚で古風な印象の建物だが、屋根の小屋組みには洋小屋を採用するなど近代的な技法が用いられている。

s_P5050296.jpg

浜座敷の玄関。
現在は自由に内部も見学可能となっている。

s_P5050278.jpg

主室から次の間を望む。

s_P5050280.jpg

浜座敷の主室。琵琶棚付の床の間を備えた十畳座敷である。
訪問したのが5月の連休だったので、違い棚の前には五月人形が飾られていた。

s_P50502794.jpgs_P50502924.jpg

浜座敷の襖取手。
主室側が蝙蝠、次の間側は竹の意匠。

s_P50502882.jpg

岩の中腹に建つ浜座敷は主屋と同様に、縁側には高欄を設けている。
埋め立てにより現在は見る影も無いが、かつてはここから海を一望できた。

s_P50503112.jpg

周囲からの勧めで造園を趣味とするようになった新田長次郎は温山荘の造営後も、息子や孫のために広大な庭園を各地に造り、建物は全て娘婿(木子七郎)に設計させた。その中で、孫の新田利國のために建てた邸宅が現存する。庭園・建物共に和洋が併存する造りが特徴で、温山荘とは異なる趣の新田長次郎と木子七郎による共同作品を見ることができる。

第1055回・旧和歌山水力電気高津尾発電所(関西電力高津尾制御所)

s_PC2901482222.jpg

旧高津尾発電所は、和歌山県日高郡日高川町高津尾尾曽谷にあった関西電力所轄の発電所。写真の赤煉瓦の建物は、大正7年(1918)に和歌山水力電気高津尾発電所として建てられた。発電所としては平成9年(1997)に役目を終えたが、現在は隣接する新高津尾発電所の制御所として使用されている。

s_PC2901512.jpg

日高川沿いに美しい佇まいを見せる旧高津尾発電所。右手の建物が平成11年(1999)から稼働している新高津尾発電所。

s_PC290145.jpg

和歌山水力電気は明治38年(1905)に設立された会社であり、和歌山における電燈供給事業のほか、和歌山市内の路面電車の運行も行っていた。大正7年(1918)に、日高川の上流にある高津尾に水力発電所が建設され、稼働を開始した。

s_PC2901522.jpg

大正11年(1922)、和歌山水力電気は京阪電鉄と合併する。その後、発電所の運営は京阪電鉄→合同電気→東邦電力→関西配電→関西電力と変遷を重ねた。昭和25年(1950)に関西電力の所有となり、現在に至っている。

s_PC290138.jpg

平成9年(1997)に隣接地に新高津尾発電所が建設されることに伴い高津尾発電所は廃止、79年の歴史に幕を下ろした。

s_PC290132.jpg

現在は平成11年(1999)より稼働を開始した新高津尾発電所の制御所として、第二の務めを果たしている。

s_PC2901462.jpg

設計・施工は、当時和歌山市に本社を置いていた西本組(現・三井住友建設)による。

s_PC290136.jpg

煉瓦は英国からの輸入品で、神戸港から海路と陸路を経て運ばれてきたという。

s_PC290143.jpg

南側のパラペット(手摺)には、和歌山水力の社章が現在も残されている。

s_PC290150.jpg

反対側には関西電力の社章が掲げられている。

s_PC2901532.jpg

和歌山県内で現存する近代の煉瓦造建造物としては、大規模でかつ質の高いもののひとつである。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード