第1146回・美保館

s_P8180275.jpg

島根県松江市美保関町美保関にある美保館は、明治38年に開業した老舗割烹旅館。開業当初に建てられた本館が増改築を受けながら現存しており、昭和初期に元の中庭を改装して造られた硝子天井のあるロビーは一番の見どころである。昭和初期に建てられた離れ(二代目本館)と共に国の登録有形文化財である。

s_P8170205.jpg

古くから海上交通の要所、風待ち港として栄え、朝鮮半島等との交易の拠点でもあった美保関において、美保館は初めての本格的な旅館として明治38年(1905)に開業、3年後に初代本館が竣工した。写真の左奥の部分が開業当初からの部分である。

s_P81802642.jpg

館内に飾られている古写真。現在は前面が埋め立てられて道路となっているが、かつては海(美保湾)に面して建っており、客は船から直接出入りすることができたようだ。右下に船着き場と正面玄関をつなぐ通路があるのが分かる。

s_P8170206.jpg

この通路は現在もそのまま残っているが、その後片側に増築されたため、現在は建物の中央を穿つ形になっている。

s_P8170210.jpg

通路を潜り抜けると、青石を敷き詰めた風情ある石畳の路地が現れる。写真の右側が明治41年(1908)に竣工した海側に建つ初代本館、その向かい側(山側)に建つのが現在は特別室として使われている離れで、元々は昭和7年(1932)に二代目本館として建てられた。

s_P8180299.jpg

現在は初代本館に隣接して昭和末期に建てられた鉄筋7階建の三代目本館(南館)に客室等の主な機能は移り、初代本館は朝食会場及び宴会場として使用、二代目本館(北館)は貸切専用の特別室として使用されている。

s_P8180287.jpg

平成16年(2004)には初代本館と二代目本館が国の登録有形文化財となっている。

s_P8180290.jpg

初代本館の玄関。向かって左側に帳場、右側に二階への階段がある。

s_P8180284.jpg

創建当初から大正期にかけては玄関の奥は中庭になっており、中庭を挟んで海に面した棟につながっていた。

s_P8180285.jpg

昭和4年(1929)頃に中庭とその周辺を改装、硝子屋根を設け、吹き抜けのあるロビーに造り替えられた。

s_P8180273.jpg

ロビーに面した一階の小部屋はかつて中庭に面した半露天風呂の跡で、折り上げ格天井は浴室として使われていた当時のものである。なお、床下には石造りの浴槽が現在も残されているという。

s_P8180274.jpg

旧浴室に隣接する旧脱衣室も、天井や小さな床の間などに元の造りを残している。

s_P8180254.jpg

二階からロビーを見下ろす。写真の正面、中二階にある円形窓のある部屋は「有明の間」と名付けられた茶室風の小座敷である。

s_P8170228.jpg

「有明の間」内部。

s_P8180257.jpg

山側の旧客室のひとつ。初代本館は現在は結婚式場としても使用されており、控室などに使われているようだ。

s_P8180265.jpg

再びロビーの硝子屋根を望む。戦前の建物でこのような改装はあまり他に例を見ない、かなり特異なものではないだろうか。

s_20170817_200756.jpg

夜のロビー。

s_P8180279.jpg

海側の客室。こちらは朝食会場、宴会場として使われている。

s_P8180251.jpg

美保館は開業以来皇族を始めとする貴賓や、島崎藤村、湯川秀樹、徳川夢声など多くの著名人を迎えている。それらの客は美保湾を一望できるこの座敷に通されたものと思われる。

s_P8180246.jpg

座敷から望む美保湾。

s_P8180296.jpg

現在は一日一組限定で、貸切専用の特別室(離れ)として使用されている二代目本館。

s_P8180302.jpg

三代目本館(南館)が完成したことに伴い長らく空家となっていたが、近年改修して客室として甦ったという。

s_P8180300.jpg

玄関。
客室は二階の座敷で、全て貸切という贅沢な使い方ができる。

s_P8180318.jpg

南側の座敷。

s_P8180307.jpg

縁側は硝子戸越しに初代本館が見え、石畳の路地を見下ろす趣ある空間となっている。

s_P8180309.jpg

南側にある書院造りの座敷。

s_P81803042.jpg

障子の細工が美しい書院窓。

s_P81803043.jpgs_P81803052.jpgs_P81803082.jpgs_P81803112.jpg

建具や欄間など随所に凝った細工が施されている。

s_P8180293.jpg

山陰の魚介と美保湾の眺望、数寄屋風の名建築を堪能できる宿である。
スポンサーサイト

第1133回・旧八束銀行本店(旧山陰合同銀行北支店、ごうぎんカラコロ美術館)

s_P8170173.jpg

島根県松江市殿町にあるごうぎんカラコロ美術館は、山陰合同銀行が運営する美術館である。建物は同行の前身のひとつである八束(やつか)銀行の本店として大正15年(1926)に建てられ、近年まで山陰合同銀行の店舗として使用されていた。外観、内装ともに当時の典型的な銀行建築の姿をよく残している。国登録有形文化財。

s_P8170174.jpg

松江市の金融街であった殿町には現在も戦前の銀行建築がいくつか残されており、旧八束銀行本店のほか、昭和13年に建てられた旧日本銀行松江支店(現カラコロ工房)や、明治期の土蔵造の銀行建築である旧第三銀行松江支店(現かげやま呉服店)が残されている。

s_P8170165.jpg

八束銀行は明治45年(1912)に設立された八束貯蓄銀行が大正11年(1922)に貯蓄部門を分離、改称して発足した銀行であった。大正15年9月には本店を新築するが、1年も経たない昭和2年7月には松江銀行に合併された。(参考:銀行変遷史データベース

s_P8170168.jpg

松江銀行は昭和16年(1941)に米子銀行との合併により山陰合同銀行となり、山陰地方では最大の地方銀行として現在に続いている。

s_P8170163.jpg

旧八束銀行本店の建物は平成21年(2009)まで山陰合同銀行北支店として使用されていた。店舗の新築移転により空家となったが所有者の山陰合同銀行は建物の保存改修工事を行い、平成24年(2012)より「ごうぎんカラコロ美術館」として無料で一般公開している。

s_P81701642.jpg

設計は大阪を主な拠点に活動し、朝鮮・京城の朝鮮総督府庁舎の設計にも携わったことで知られる國枝博(1879~1943)で、以前弊ブログでも紹介した旧大阪農工銀行の改装や滋賀県庁舎の設計にも携わった建築家である。施工は大阪の中堅建設会社である鴻池組による。

s_P81701662.jpg

外壁は石もしくは人造石で仕上げられているが、1階と2階の窓間にはテラコッタ製の装飾を施している。

s_P8170167.jpg

幾何学的に簡略化された意匠の柱頭飾り。

s_P8170169.jpg

内部は写真撮影禁止につき紹介できないが、二層吹き抜けの営業室や柱頭飾りのある円柱、人造石仕上げの階段など外観と同様に創建当初の面影をよく残している。

s_P8170170.jpg

銀行が自前で旧店舗を保存、一般に公開している例としては山口県下関市の山口銀行旧本店(現やまぎん史料館)などがあるが、すばらしい英断と言うべきである。

第1123回・興雲閣

s_P8170058.jpg

松江市殿町の松江城山公園内にある興雲閣は、明治36年(1903)に松江市工芸品陳列所として建てられた。当初の目的であった明治天皇の行在所として使うことは実現されなかったが、皇太子(のちの大正天皇)の山陰行啓に際し、宿舎として使用された歴史をもつ。近年大がかりな修復工事が行われ、平成27年(2015)より一般公開されている。島根県指定有形文化財。

s_P8170095.jpg

松江城天守。
興雲閣の修復工事完了、一般公開が開始されたのと同じ年(平成27年)に国宝指定を受け、重要文化財から昇格した。

s_P8170101.jpg

松江城内の一角に建つ興雲閣。
天守閣から少し離れた位置にあり、二の丸の上の壇、松江神社に隣接して建っている。

s_P8170057.jpg

明治新政府の成立後、明治天皇は北海道から九州まで全国各地を巡幸されたが、山陰地方の鳥取・島根両県だけは実現していなかった。そのため両県からは政府に対し、度々にわたる請願が行われていた。興雲閣は巡幸が実現した際の宿舎(行在所)として建設が計画され、明治36年(1903)に名目上「松江市工芸品陳列所」として竣工した。

s_P81700932.jpg

日露戦争勃発や山陰地方への交通の便などが壁となり、明治天皇の山陰巡幸は結局実現しなかったが、明治40年(1907)5月に皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)による山陰行啓は実現され、宿所としての役目を果たした。

s_P8170061.jpg

なお、隣接する鳥取県では、嘉仁親王の山陰行啓に際して宿舎として明治40年に建てられたのが現在は国指定重要文化財となっている仁風閣である。(弊ブログ過去記事参照)

s_P8170056.jpg

ベランダを三方に廻し和風の入母屋造の瓦屋根を載せた外観は、明治12年(1879)に竣工した当時の島根県庁舎(二代目)によく似ている。明治36年当時は日本人建築家による本格的な洋風建築が地方でも建ち始めており、その中で少々時代遅れな擬洋風建築となった背景には、日露戦争が迫る中で工事には費用を始め様々な制約があったためと思われる。

s_P8170060.jpg

但し、行在所として使うことを想定していたためか細部には随所に装飾が施されており、モデルになったと思われる県庁舎に比べるとかなり華やかな外観となっている。

s_P8170090.jpg

外壁や柱は長らく白く塗られていたが、平成25年から行われた修復で創建当初の淡い緑色が復元された。

s_P8170063.jpg

玄関。内部は和風色が強く洋風の造作はあまり見られない。洋風の造作は伝統的な和風に比べ工費が格段に高く、建設費は決して潤沢ではなかったことが窺える。

s_P8170087.jpg

松江市の施設として建てられたため、正面玄関扉の下部には松江市の市章が彫り込まれている。

s_P8170064.jpg

廊下。廊下のほか、各室の天井は和風の棹縁天井となっている。
突き当りのアーチ窓を除けば洋館らしさは感じられない。

s_P8170066.jpg

二階への大階段は明治45年(1912)の改装により、現在見られる形になった。

s_P8170086.jpg

階段まわりは明治の洋館らしい造りが見られる。

s_P8170084.jpg

2階広間。上記の階段及びこの広間の天井であるが、本来ならば漆喰塗仕上げとするべきところを、廊下等と同様に和風の棹縁天井となっている。

s_P8170072.jpg

2階広間の脇には貴顕室と称される3間続きの部屋があり、ここは明治40年5月の山陰行啓に際し、嘉仁親王が滞在された場所である。

s_P8170071.jpg

畳敷きの部屋は寝室として使われたものと思われる。今次修復に際し、往年の内装が復元された。

s_P8170068.jpg

ペンキ塗りで洋風に仕上げられているが、続き間の仕切りに設けられた欄間や引き戸など、和風の座敷を思わせる造りになっている。

s_P8170083.jpg

皇太子の宿所としての役目を終えた後は、松江の迎賓館として、また博物館・美術館として各種会合や展覧会などの会場に使われた。「興雲閣」の名は明治42年(1909)、旧松江藩主である松平家の当主・松平直亮伯爵により命名されたものである。

s_P8170078.jpg

戦時中から戦後にかけて興雲閣は、海軍人事部分室や県庁仮分室、教育委員会事務局が置かれ、昭和48年(1973)から平成23年(2011)までは松江郷土館として使用されていた。

s_P8170059.jpg

松江郷土館が移転した後、平成25年から2年がかりで大規模な修復が行われ、外壁の色彩や内装等、明治末期の姿に復元された。

s_P8170055.jpg

島根県における明治の洋風建築の代表格である。

第1117回・旧紳士服トラヤ(旧山陰道産業(株)社屋)

s_P8170144.jpg

島根県松江市東本町にある旧紳士服トラヤの店舗であった建物は、昭和7年(1932)に、当時大陸貿易を促進するために設立された山陰道産業株式会社の社屋として建てられた。スクラッチタイル張りの洋風建築で角に設けられた窓の装飾が特徴。以前紹介した出雲ビルと同様、平成29年(2017)に松江市の登録歴史的建造物として認定されている。

s_P8170139.jpg

松江市東本町2丁目、飲食店が軒を連ねる一角に建っている。

s_P8170145.jpg

鉄骨造 一部木造2階建で、瓦屋根の部分は後年の増築と思われる。

s_P8170140.jpg

設計は、島根県仁多郡奥出雲町にある国の登録有形文化財で、大正12年に建てられた横田相愛教会(旧救世軍会館)を手掛けた成田光次郎による。

s_P8170142.jpg

建物は大橋川に面した南東側までの一区画分を占め、異なる意匠の南東側(写真の左奥)は一見すると別の建物に見える。

s_P8170132.jpg

この建物を最も特徴づけているのが、北東の正面角に設けられたアールデコ調の飾窓と、その間に配されたレリーフ。

s_P81701332.jpg

来待石(松江市宍道町来待地区で産出される凝灰質砂岩)製のレリーフが全部で8枚縦に並び、それぞれブドウ・ヤギ・サル・子供などをモチーフとしたデザインが施されている。

s_P8170133211.jpg s_P8170133222.jpg 

s_P8170133233.jpg s_P8170134244.jpg 

s_P8170134255.jpg s_P8170135266.jpg
 
s_P81701362777.jpg s_P81701362888.jpg

8枚のレリーフをそれぞれ拡大。

s_P8170130.jpg

現在は大橋川に面した南東側が店舗として使われているようだが、北東側は空家の様子。

s_P8170141.jpg

平成29年(2017)に松江市が導入した登録歴史的建造物認定制度に基づき、第2号建造物として認定された。今後の活用に期待したいところである。

第1115回・出雲日御碕燈台

s_P8180469.jpg

前回の美保関燈台に続き、島根県内にある明治時代の燈台。
出雲市大社町日御碕にある出雲日御碕燈台は、明治36年の(1903)竣工・初点燈で美保関燈台と同じく国の登録有形文化財である。

s_P8180458.jpg

石積みの正門と塀。
かつては美保関燈台と同様、旧吏員退息所等があったが無人化に伴い撤去され、灯台本体以外で現存する創建時からの遺構は正門と塀だけである。

s_P8180459.jpg

灯台本体は外壁が石積みで、内壁を煉瓦積とする。

s_P8180479.jpg

総高は約44メートルあり、石造の灯台としては高さ日本一を誇る。

s_P8180475.jpg

フランス人が設計を行った美保関燈台に対し、出雲日御碕燈台は設計・施工共に日本人の手による。

s_P8180463.jpg

日御碕から日本海を望む。
出雲日御碕燈台が立っている日御碕周辺は、大山隠岐国立公園の一部となっている景勝地である。

s_P8180477.jpg

美保関燈台は内部は原則非公開であるが、出雲日御碕燈台は有料で内部が一般公開されており、上まで登ることができる。

s_P8180464.jpg

出雲日御碕燈台も美保関燈台と同様に海上保安庁によって歴史的・文化財的価値が高い「保存灯台」として耐震補強等の保存措置が講じられている。

s_P8180482.jpg

平成25年(2013)には灯台本体及び正門・石塀が国の登録有形文化財となった。

s_P8180468.jpg

出雲日御碕燈台も国際航路標識協会 (IALA) による「世界灯台100選」及び海上保安庁による「日本の灯台50選」に選ばれており、美保関燈台と共に日本を代表する灯台の一つである。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード