第1075回・石井酒造

s_P3200105.jpg

埼玉県幸手市南2丁目にある石井酒造(株)は、江戸時代末期創業の歴史をもつ蔵元。店舗の裏手には、関東地方に多く見られる出桁造の伝統的な造りの商家にタイル貼りの洋館を敷設した居宅が残されている。

s_P3200107.jpg

スーパーとゴルフ練習場に囲まれて建っている、石井酒造の店舗及び酒蔵と居宅。店舗と酒蔵は新しくなっているが、昭和初期のものと思われる居宅は古い佇まいを残している。

s_P3200100.jpg

埼玉県では以前当ブログで紹介した、秩父の秩父菊水酒造や廃業した旧近藤酒造など、大消費地である江戸に近く街道が発達していた地の利を活かし、多くの酒蔵が存在していた。

s_P3200085.jpg

そのため、埼玉を「東灘(あずまなだ)」と称することもあったという。石井酒造も埼玉における古い酒蔵のひとつで、幕末に当たる天保11年(1840)の創業である。

s_P3200094.jpg

梁または腕木を突出して側柱面より外に桁を出した構造の出桁造(だしげたづくり)は、重厚な外観が特徴で関東地方の古い商家に多く見られる。

s_P3200093.jpg

かつてはこの建物が店舗として使われていたものと思われるが、現在は前方に建てられた新しい建物が販売所となっているようである。(隣接するスーパーでも売っている)

s_P3200086.jpg

石井酒造のように伝統的な造りの商家に洋館を併置する事例は珍しい。

s_P32001012.jpg

洋館の屋根は、同じ埼玉県下の深谷市に保存されている同時期の建造物である「清風亭」と同様、深みのある青緑色を持ったスペイン瓦で葺かれている。色ムラの多い屋根瓦は創建当初からのものと思われる。

s_P32001112.jpg

いくつかの異なる種類のタイルを用いて外壁に変化を与えている。このようにタイルで模様を描くのは玄関ホールの床面など室内装飾では多く見られるが、外壁の仕上げとして用いられるのは少し珍しいと思われる。

s_P3200095.jpg

主屋との境目に来客用と思われる玄関を配し、洋館の背後には接客用の書院座敷と思われる二階建ての日本家屋が連なっている。

s_P3200088.jpg

屋根は切妻から軒先、軒裏までが銅版で覆われた贅沢な造りである。

s_P3200109.jpg

酒も建物もぜひ後世に引き継いで頂きたいものである。
スポンサーサイト

第1072回・秩父菊水酒造

s_P9030588.jpg

埼玉県秩父市下吉田にある㈱タイセー秩父菊水酒造所は、「秩父小次郎」銘柄の酒を醸造・販売している酒蔵。明治から昭和期にかけて建てられたと思われる、歴史を感じさせる重厚な店構えが魅力的。

s_P9030578.jpg

秩父菊水酒造がある旧吉田町は、近年秩父市に編入されたが、かつてはこの界隈が秩父の経済・文化の中心であったという。昭和32年(1957)に発生した大火で街道沿いの主な建物が焼失したため、旧吉田町には古い街並みは殆ど残されていない。

s_P9030587.jpg

秩父菊水酒造と、向かい側に少し離れて建つ煉瓦造の旧武毛銀行本店(大正7年竣工)の2棟は、養蚕などによる往年の繁栄を現在に伝える数少ない建物である。

s_P9030591.jpg

正面を当時としてはモダンな白タイル貼り仕上げとした旧武毛銀行本店。この建物については既に紹介済みなので、当ブログ過去記事を御参照頂きたい。

s_P9030579.jpg

秩父菊水酒造の建物は、主屋は明治期、酒蔵は大正から昭和期の建造と思われる。

s_P9030581.jpg

秩父を含め埼玉はかつて「東灘(あずまなだ)」と称され、酒の醸造が盛んな土地であったという。
大消費地である江戸に近く、街道が発達していた地の利を活かして、多くの酒蔵がかつて存在していた。

s_P9030582.jpg

秩父菊水酒造も、この地で酒の醸造を始めたのは寛永2年(1625)まで遡るという由緒を持つ。

s_P9030580.jpg

主屋の脇には、賓客用と思われる堂々とした造りの門を構えている。

s_P9030585.jpg

s_P9030584.jpg

大きな切妻屋根を載せた伝統的な造りの酒蔵と、洋風を加味したモダンな意匠の酒蔵が並ぶ。

s_P9030590.jpg

現在でも店舗として使われているとのことだが、残念ながら店を開いているのは平日のみとのこと。土日に秩父菊水酒造の商品を買う場合は、近くの道の駅へ行くことになる。

s_P9030583.jpg

これからも引き続き、この佇まいが健在であることを願いたい。

第1067回・旧近藤酒造

s_P90305942.jpg

埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森にある旧近藤酒造の建物は、地元の老舗蔵元である近藤酒造の店舗兼住居として大正12年(1923)に建てられた。現在は有限会社秩父ワインの所有となっている。

s_P9030598.jpg

埼玉県道37号線沿いに建っている旧近藤酒造の建物群。

s_P9030593.jpg

3層の塔屋を備えた洋館建の主屋に土蔵、背後に酒蔵が並んでいる。

s_P9030596.jpg

近藤酒造(近藤銘醸)は、宝暦2年(1752)創業の歴史を持つ老舗蔵元であったが、平成16年(2004)に廃業、約250年の歴史に幕を下ろした。

s_P90305992.jpg

大正12年に鉄筋コンクリート造3階建の塔屋を備えた洋館を新築した。

s_P9030601.jpg

廃業後、残された建物は、秩父でワイン醸造を営む(有)秩父ワインが買い取って改修、ワイン倉庫などに活用しているという。

s_P9030602.jpg

建物も近年改修され、外壁や建具のペンキ塗りもきれいに塗り直されている。

s_P9030603.jpg

両開きの玄関扉。

s_P9030604.jpg

正面2階の切妻部分は木材を放射状に配した意匠とする。

s_P9030595.jpg

現在ではこの地域のランドマークとなっている。

第1004回・旧埼玉県繊維工業試験場秩父支場本館(ちちぶ銘仙館)

s_P90305632.jpg

ちちぶ銘仙館は、埼玉県秩父市熊木町にある、当地における伝統工芸である秩父織物・銘仙等の資料館であると同時に、伝統的な技術を伝承するための施設でもある。建物は昭和5年(1930)に建てられた、旧埼玉県繊維工業試験場秩父支場の施設を改修したもの。国登録有形文化財。

s_P9030572.jpg

古くより秩父地方では養蚕と機織が盛んであり、江戸時代には出荷できない繭から作る丈夫な絹織物「太織」が江戸で評判となり、明治から昭和初期にかけては女性のおしゃれ着として人気となり、「秩父銘仙」の名で全国に普及した。

s_P9030533.jpg

現在残る建物は、秩父絹織物同業組合(現・秩父織物商工組合)が、秩父地方の繊維産業の向上と振興を図るために昭和5年(1930)に建て、ここに埼玉県秩父工業試験場を誘致した。

s_P9030551.jpg

外観は、大谷石で飾られた基壇部分など、大正12年(1923)に竣工した帝国ホテルの設計者であるF・L・ライトの作風を取り入れた外装が特徴。

s_P9030570.jpg

ライト風意匠は当時の建築における流行で、大正末期から昭和初期の建物に広く見られる。

s_P9030568.jpg

埼玉県秩父工業試験場はその後、埼玉県繊維工業試験場秩父支場に改組、秩父地域の繊維産業発展のために大きな役割を果たしてきたが、平成10年(1998)に県内工業試験場の再編・統合で廃止される。

s_P9030562.jpg

試験場の廃止後、建物を保存・再利用して現在のちちぶ銘仙館が開館し、現在に至る。

s_P9030558.jpg

建物は平成13年(2001)に、敷地内の3棟(本館、工場棟、倉庫)が国の登録有形文化財に登録されている。

s_P9030561222.jpg

旧本館はテラスやベランダを配した住宅風の外観。

s_P9030566.jpg

屋根はオレンジ色のスペイン瓦葺き。

s_P9030569.jpg

玄関ポーチの奥には、本館の奥にある工場棟まで続く廊下が一直線に伸びる。

s_P9030553.jpg

本館の廊下。

s_P9030541.jpg

旧応接室。

s_P9030539.jpg

s_P9030543.jpg

窓の装飾。

s_P9030544.jpg

ノコギリ屋根の旧工場棟。

s_P9030548.jpg

旧工場棟の内部。

s_P9030549.jpg

秩父織物・銘仙等の歴史などを紹介する資料展示のほか、機織り、染色、型染めなどの体験教室や、販売コーナーも設けられている。

s_P9030563.jpg

(参考)ちちぶ銘仙館ホームページ

第967回・カワモク本部事務所棟(旧六軒町郵便局)

P52105432_convert_20160614220327.jpg

埼玉県川越市田町にあるカワモク本部事務所棟は、昭和2年(1927)に道路新設に伴い生じた三角形の敷地に建てられた木造洋館。当初は敷地を所有していた材木商の銘木類の展示場として使われていたが、その後長らく郵便局舎として使われていた。現在は飲食店として活用されている。国登録有形文化財。

P52105402_convert_20160614221137.jpg

材木商を営む鈴木家(現(株)カワモク)の敷地内を新設道路が斜めに通り抜けた際に、敷地の隅にできた三角地を有効活用すべく、銘木などの展示場を角地部分に建設したのが始まりとされる。

P5210545_convert_20160614220817.jpg

昭和12年(1937)頃に増築し、以後、六軒町郵便局として長らく使用された。

P52105372_convert_20160614221355.jpg

現在はイタリアンレストランとタイ料理店として活用されている。

P52105332_convert_20160614220737.jpg

角地部分の設計は志村岩太郎、施工は川越で多くの住宅を設計した森留造による。

P5210544_convert_20160614220614.jpg

北米のステックスタイルを基本に、フレンチルネッサンス様式とライト風の装飾を折衷してまとめられた洋風建築とされる。

P5210549_convert_20160614220929.jpg

川越は蔵造りの商家のほか、このような洋風建築も多く残されている。

P5210542_convert_20160614220654.jpg

六軒町のシンボル的な建物となっている。

P5210532_convert_20160614220526.jpg

旧六軒町郵便局斜め向かいに建っている、出桁造の重厚な商家。
写真には写っていないが、脇には洋館もある。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード