FC2ブログ

第1244回・旧鹿児島県庁舎(鹿児島県政記念館)

s_P52008762.jpg

鹿児島市山下町にある鹿児島県政記念館は、かつてこの地にあった鹿児島県庁の旧庁舎を、一部曳家により移設、保存したもの。設計は明治末から昭和初期にかけて多くの優れた建築を設計した曽禰中條建築事務所による。国登録有形文化財。

s_P51807772.jpg

旧鹿児島県庁舎は大正14年(1925)に竣工、平成12年(2000)に一部を残して解体されるまで75年間使用されていた。同時に建てられた別棟の県会議事堂は、昭和30年代に県議会棟建設のため県庁舎よりも先に取り壊されている。

s_P51807782.jpg

ロの字型平面の県庁舎に隣接して県会議事堂を設ける構成は、鹿児島より少し早く竣工した旧山形県庁舎旧山口県庁舎(大正5年、いずれも国指定重要文化財)でも見ることができる。

s_P51807592.jpg

平成8年(1996)に鹿児島県庁が鴨池新町に移転した後、跡地は多目的複合施設の「かごしま県民交流センター」となった。旧県庁舎は正面中央部分が敷地内で曳家保存され、鹿児島県政記念館として再利用されている。

s_P5180755.jpg

平成20年(2008)には元の位置に残る旧正門と共に国の登録有形文化財となった。なお、明治期に建てられた先々代庁舎の正門も姶良市の重富小学校正門として現存しており、同じく国の登録有形文化財である。

s_s_P51807572.jpg

正面玄関及び中央階段室のある3階建の部分が大正14年創建時のまま残る部分で、両翼は曳家後に旧庁舎の外観を部分的に再現する形で新築されたものである。

s_P51807742.jpg

同時期に竣工した府県庁舎として岐阜石川(大正13年)、大阪(大正15年)の3府県庁舎が現存するが、いずれも近代的なオフィスビルの形式となっており、鹿児島は構造こそ鉄筋コンクリート造(一部煉瓦造)ながらも、日本瓦葺の屋根を載せた古風な外観が特徴である。

s_P5180771.jpg

背面外観。旧鹿児島県庁舎と同様の保存手法が取られた旧県庁舎としては、曳家で正面の中央部のみ移設された旧栃木県庁舎(昭和館)や、同様に正面中央部のみ旧部材も一部用いる形で移築再建された旧徳島県庁舎(県立文書館)がある。

s_P51807722.jpg

側面の外壁は取り壊された両翼の意匠を再現したもの。

s_P5180764.jpg

設計を行った曽禰中條建築事務所は、曽禰達蔵(1852~1937)と中條精一郎(1868~1936)が共同で運営していた設計事務所で戦前では最大かつ最良の設計事務所と称されていた。

s_P5180766.jpg

教育者としても知られる中村順平(1877~1977)など優秀な人材が多くスタッフとして在籍し、明治41年の設立から昭和12年の解散まで事務所ビル銀行図書館邸宅など、品格のある優れた建築を多く設計している。

s_P5180768.jpg

曽禰中條建築事務所は民間の建築が主で官公庁舎の設計は少なく、旧鹿児島県庁舎は珍しい事例と言える。(但し、中條精一郎は先述の旧山形県庁舎と、戦災で消滅した旧沖縄県庁舎の設計に顧問として関与している)

s_P5180775.jpg

旧鹿児島県庁舎は昭和20年7月の鹿児島空襲で被災しているが、正面玄関まわりは焼失を免れたのか、木製の玄関扉や大理石を用いた腰壁や円柱など創建時の内装が残されているようである。

s_P5180782.jpg

1階の1室と3階の塔屋内部が県政記念館として公開されており、鹿児島県政の歴史及び旧県庁舎についての紹介展示が見られる。本記事冒頭の旧県庁舎と県会議事堂の古写真はいずれもここで展示されていたものである。

s_P51807802.jpg

当時の官公庁舎としてよくある形式の階段室。大理石の円柱が目を引く。

s_P5180787.jpg

簡素な装飾が施された階段親柱。雷文をアレンジしたと思われる和風の意匠が見られる。

s_P51807812.jpg

同時期の岐阜県庁舎や大阪府庁舎が、シンプルな外観とは対照的に内部は豪壮な吹き抜け空間やステンドグラスで重厚華麗に造られているのに対し、鹿児島は重厚な外観に対して内部意匠は比較的簡素なものとなっている。

s_P5180788.jpg

2階の中央部にはかつては他の府県庁舎と同様に、正庁などが置かれていたものと思われるが戦災で内部を焼失したのか、創建当時の面影は感じられない。現在、2階には地元産の食材を用いたレストランが入っている。

s_P5180789.jpg

元唐津藩士の曽禰達蔵は明治維新に際し、佐幕派の一員として江戸幕府に最後まで付き従った経歴を持ち、そのためか国家の威厳を示すような建築に対する関心は薄かったという。その曽禰が率いる設計事務所が、江戸幕府を倒した旧薩摩藩の県庁舎を手掛けることになったという事実は興味深い。

s_P5200875.jpg

これまで弊ブログでは、明治から昭和戦前期の庁舎が現存(移築、部分保存を含む)する24の道府県のうち、宮崎県以外は全て取り上げている。本文で言及している鹿児島以外の府県庁舎のうち現存するものについてはリンクを張っているので、興味のある方は併せて御覧頂けると幸いである。
スポンサーサイト



第1232回・旧鹿児島県立興業館(旧鹿児島県立博物館考古資料館)

s_P5200849.jpg

鹿児島市城山町にある鹿児島県立博物館の裏手に、明治の石造洋館が建っている。明治16年に鹿児島県立興業館として建てられ、近年まで鹿児島県立博物館考古資料館として使用されていたが現在は閉鎖されている。国の登録有形文化財。

s_P5200861.jpg

鹿児島では江戸時代以前より石造の橋や建築を築く技術が発達しており、明治以降は洋風の石造建築が多く建てられた。旧県立興業館は以前当ブログにて取り上げた旧鹿児島刑務所正門と同様、鹿児島に現存する石造の洋風建築のひとつである。

s_P5200858.jpg

外壁は県内で採掘された凝灰岩が用いられており、設計は外国人技師との伝承もあるようだが定かではない。洋風を基調にしながらも、正面のベランダまわりなど細部には和風の意匠も見られる特異な外観が特徴である。

s_P5200850.jpg

明治以降、政府の殖産興業政策に基づいて全国各地に物産陳列所、商品陳列所、商工奨励館等の名称を有する公共施設が設置された。主にその土地の物産展示及び即売場として使用されたほか、各種展覧会の会場として使われた。

s_P5200851.jpg

興業館は鹿児島県の産業振興を目的に明治16年(1883)に建てられ、同年に開催された九州沖縄八県連合共進会の会場として使われた。同様の施設は鹿児島以外にも、香川、奈良、広島などに当時の建物が何らかの形で残されている。

s_P5200855.jpg

香川は香川県商工奨励館として現在も同じ用途で使われており、奈良は国指定重要文化財として保存されている。また、広島は原爆投下により廃墟となった形(原爆ドーム)で広く知られている。

s_P5200853.jpg

鹿児島市の市政施行に際しては仮庁舎としても使用された興業館は、昭和20年(1945)7月の鹿児島空襲で内部を焼失するまで商品陳列所、商工奨励館など名称を変えつつも、約半世紀にわたり鹿児島の産業振興の発信拠点として使われていた。

s_P5200859.jpg

戦後は昭和26年(1951)に残った外壁を活用して内部を再建、鹿児島県立博物館として使われ、昭和56年(1981)に博物館が隣接する新館(昭和2年竣工の旧県立図書館を改装)に移転した後は、別館(考古資料館)として使われていた。

s_P5200854.jpg

平成10年(1998)には国の登録有形文化財となっているが、老朽化等により平成14年(2002)に閉鎖され、現在に至っている。なお、前庭のソテツは創建時から植えられていたもので、平成20年(2008)に県の天然記念物に指定されている。

s_P5200857.jpg

今後、改修等の予定があるのかどうかは分からないが、現状は風化が進んでいるのが懸念される。鹿児島に現存する数少ない明治の洋風建築として、新たな利活用がなされることを望む。

第1226回・旧鹿児島監獄正門

s_P5201040.jpg

鹿児島県鹿児島市永吉1丁目にある鹿児島アリーナの敷地の一角に、かつてこの地にあった鹿児島刑務所(旧鹿児島監獄)の正門が残されている。司法省技師として多くの監獄や裁判所を手掛けた山下啓次郎による「明治の五大監獄」のひとつであり、その中でも唯一の石造建築である。国登録有形文化財。

s_P52010252.jpg

この地に鹿児島監獄の施設が建てられたのは明治41年(1908)で、鹿児島市の中心街に近い小川町からの移転に伴うものであった。昭和60年(1985)に鹿児島刑務所(大正11年に改称)が始良郡吉松町へ移転するまで、約80年間使われた。

s_P5201023.jpg

山下啓次郎(1868~1931)は警視庁を経て司法省技師となり、監獄施設の近代化を目指していた政府の指令を受けて明治34年(1901)に欧米の監獄施設を視察、帰朝後は「明治の五大監獄」と称される千葉金沢奈良・長崎・鹿児島の各監獄を設計した。

s_P52010102.jpg

これらの監獄施設は大半が煉瓦造であったが、鹿児島だけは石造であった。山下啓次郎は薩摩藩の出身であり、薩摩藩では江戸時代以前より石造の橋や建築を築く技術が発達していたことから石造が採用されたのかも知れない。

s_P5201042.jpg

正門のほか塀や事務棟、房舎も石造の施設であったが、鹿児島刑務所の移転後、跡地は機能の一部を鹿児島拘置支所として残した部分を除いて鹿児島市の所有となり、旧施設は正門を除き全て撤去された。

s_P52010262.jpg

「明治の五大監獄」は現在、国の重要文化財に指定されホテルとして活用が予定されている奈良を除き、いずれも鹿児島と同様に一部の施設しか残されていないが、正門は5か所とも全て残されている。(ただし金沢は博物館明治村への移築)

s_P5201036.jpg

建設に際しては、石材は前を流れる甲突川の上流から切り出され、船で運ばれたという。

s_P5201020.jpg

鹿児島市内には、尚古集成館本館(国指定重要文化財)や甲突川の石橋(石橋記念公園に移設)など、石造の建造物や橋が現在も残されているが、その中でも旧鹿児島監獄正門は特に美しい建物である。

s_P52010382.jpg

平成10年(1998)に国の登録有形文化財となっている。

s_P52010212.jpg

中世の西洋の城門風意匠で、中央上部にはゴシック風のバラ窓を思わせる装飾が施されている。円形の鉄柵の意匠もすばらしいものである。

s_P52010112.jpg

内側から見ると、壁面が石積みを強調した外側とは対照的に平坦に造られているのが分かる。

s_P5201030.jpg

脱獄防止のため、足をかけられるような装飾や凹凸は設けないようにしたようである。千葉や奈良など他の刑務所の正門でも同様の造りが見られる。

s_P5201013.jpg

「明治の五大監獄」のほか、戦前に建てられた刑務所の正門が保存されている例としては北海道の旧網走監獄や三重の旧安濃津監獄の正門などが挙げられる。

s_P5201027.jpg

旧網走監獄では明治期の木造門と大正期の煉瓦造門が共に残されているが、石造の刑務所の門は鹿児島でしか見られない非常に珍しいものである。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード