第241回・古勢起屋別館

convert_20110228224111.jpg

前回に引き続き山形県は銀山温泉の旅館建築。
古勢起屋別館は木造四階建て、正面に大きな切妻を見せた外観が特徴的。

convert_20110228223945.jpg

館内に飾られている古写真。建設時期は不詳だが銀山温泉は大正初期に水害で大被害を受け、その後復興に際し建てられた能登屋旅館を始めとする旅館群が現在の温泉街を形成しているので、この建物も大正期ごろの建築かと思われる。

convert_20110228224018.jpg

客室の古写真。

convert_20110228224217.jpg

現在の客室の一例。

convert_20110228224044.jpg

街路に面した縁側。窓硝子の向こうに能登屋旅館の看板が写っている。

convert_20110228224243.jpg

床脇の違い棚と書院窓。

convert_20110228224306.jpg

違い棚を支える束柱は内部が空洞になっており、中には木製の球が入っていた。建設を手掛けた職人の遊びだろうか。

convert_20110228224410.jpg

書院窓。

convert_20110228224459.jpg

次の間との仕切りに嵌めこまれた書院。真新しいテレビとの対比が妙。

convert_20110228224343.jpg

欄間。精緻な組み物細工が見事。

convert_20110228224152.jpg

温泉街と外観全景。先程の古写真と比較すると玄関右手の浴室外観が改造されている他は殆ど変わっていないことが分かる。
スポンサーサイト

第240回・能登屋旅館

convert_20110227235648.jpg

山形県の銀山温泉は、川を挟んで木造3階建ての旅館が軒を連ねた風情ある街並みで知られる。その中でも能登屋旅館はその特異な外観から一際目立つ建物である。大正11年(1922)頃の建築で国登録有形文化財。

convert_20110228000117.jpg

全景。

convert_20110227235815.jpg

正面見上げ。四層目は展望台になっている。

convert_20110228000147.jpg

外観を最も特徴付けているのがこの看板。宿の主の名前を色モルタルで立体的に塗り上げている。見事な左官仕事。

convert_20110227235504.jpg

字体がいかにも大正時代らしい雰囲気。

convert_20110227235722.jpg

正面反対側にも戸袋を使って色漆喰による看板が描かれている。「内湯あ里(あり)」の文字が見える。

convert_20110228000002.jpg

当時は、客室だけで湯は共同浴場へ通うという形式の宿も多かったので、自前の浴室があることをアピールしていたのだろうか。

convert_20110227235749.jpg

玄関。

convert_20110227235406.jpg

玄関の飾り柱はイオニヤ式風の柱頭飾りを持つ。

convert_20110227235605.jpg

玄関周りは洋風。

convert_20110228000033.jpg

銀山温泉を代表する存在である。

第239回・武庫大橋

IMG_0246_convert_20110227011219.jpg

兵庫県尼崎市と西宮市の境に流れる武庫川に架かる武庫大橋は大正15年(1926)完成。翌昭和2年に開通した阪神国道(現・国道2号線)のための橋梁として架けられた。

IMG_0233_convert_20110227011124.jpg

設計は大正から昭和戦前期にかけ活躍した橋梁技術者の増田淳(1883~1947)による。

IMG_0239_convert_20110227011533.jpg

増田は15年間に亘り米国の橋梁設計事務所に勤務、帰朝後は自前の事務所を開業、当時主に直営で行われていた橋梁工事に国や各地の自治体の嘱託として設計に携わる。

IMG_0252_convert_20110227011331.jpg

旧領土の朝鮮・台湾を含む全国各地の橋梁の設計を行い、武庫大橋は現存する橋梁の中でも代表的なもののひとつ。

IMG_0254_convert_20110227011423.jpg

IMG_0245_convert_20110227011713.jpg

IMG_0242_convert_20110227011619.jpg

IMG_0244_convert_20110227011935.jpg

IMG_0250_convert_20110227011756.jpg

第238回・旧制松本高等学校本館・講堂

convert_20110224235738.jpg

大正8年(1919)に開校した旧制松本高等学校の校舎として翌大正9年に本館、11年に講堂が建設された。戦後の学制改革により信州大学の校舎となり昭和48年まで使用、その後松本市が取得、あがたの森文化会館となって現在に至る。国指定重要文化財。

convert_20110224235810.jpg

正門のすぐ右手に建つ本館。正面玄関は校舎の角に目立たずに設けられ、権威的に造るのが一般的な戦前期の公共建築の中では異色と言える。

convert_20110224235838.jpg

ただし大正期を中心に、公共建築の世界でも権威的でない建築が多く建てられたのも事実である。大正デモクラシーの影響は建築にも及んでいた。

convert_20110225000112.jpg

大正11年建設の講堂全景。屋根に小さな塔を載せている。

convert_20110225001108.jpg

屋根窓が外観のアクセントになっている。

convert_20110225001009.jpg

ヒマラヤ杉並木に囲まれる旧松高講堂。

convert_20110224235903.jpg

講堂入口。

convert_20110225000331.jpg

角に設けられたもうひとつの講堂入口。

convert_20110225000941.jpg

convert_20110225000029.jpg

パステルカラーの外壁が穏やかな雰囲気を醸し出している。

convert_20110224235933.jpg

旧キャンパス内の緑とよく調和している。

第237回・旧陸軍第九師団長官舎

IMG_8642_convert_20110223002338.jpg

前回に引き続き、金沢の旧陸軍第九師団関連の遺構。大正11年(1922)建築の旧師団長官舎。

IMG_8652_convert_20110223003250.jpg

この建物も兼六園に隣接した場所にある。

IMG_8638_convert_20110223002501.jpg

正面全景。

IMG_8644_convert_20110223002913.jpg

現在は石川県立美術館広坂休憩所として使われている。

IMG_8641_convert_20110223002640.jpg

裏側は広大な芝生の庭に面している。

IMG_8643_convert_20110223002805.jpg

洋風の外観でまとめられているがよく見ると日本座敷があることが外観からも分かる。ペンキが塗られていなければ日本建築の縁側と全く変わらない。

IMG_8650_convert_20110223003200.jpg

芋目地を切ったモルタル塗りの外壁、窓を縁取る茶褐色のタイル等、明治建築である旧旧陸軍金沢偕行社・旧第九師団司令部とは異なる大正建築の特色が見られる。

IMG_8651_convert_20110223003722.jpg

玄関ポーチ。

IMG_8646_convert_20110223003432.jpg

玄関脇の洋室。かつての応接間か?

IMG_8649_convert_20110223003335.jpg

庭園に面した広い洋室。ここはかつての食堂であろうか。

IMG_8647_convert_20110223003624.jpg

いずれの部屋も同じデザインの暖炉がある。

IMG_8640_convert_20110223003833.jpg

第236回・旧陸軍金沢偕行社・旧第九師団司令部庁舎

IMG_8626_convert_20110222001122.jpg

金沢城とその周辺には、かつての帝国陸軍第九師団の施設として建てられた建造物がいくつか残っている。
今回はそのうち旧陸軍金沢偕行社・旧第九師団司令部庁舎の二棟を紹介する。

IMG_8622_convert_20110222001329.jpg

現在は兼六園に隣接した場所に移築されているが、かつては旧陸軍金沢偕行社が大手町、旧第九師団司令部庁舎は金沢城内二の丸跡にあった。

IMG_8623_convert_20110222001758.jpg

二つの建物は共に第九師団が設置された明治31年(1898)の建築。

IMG_8624_convert_20110222002006.jpg

旧第九師団司令部庁舎は中央部分のみが移設されている。かつては左右に長大な両翼を有する建物であった。

IMG_8625_convert_20110222002327.jpg

偕行社とは帝国陸軍の将校准士官の親睦等のための倶楽部。現在も陸上自衛隊幹部OBの親睦会として続いている。

IMG_8635_convert_20110222002053.jpg

偕行社の建物は金沢以外にも現存し、うち青森の弘前、北海道の旭川、香川の善通寺に残る旧偕行社は国指定重要文化財となっている。金沢偕行社も登録有形文化財に認定されている。

IMG_8627_convert_20110222002231.jpg

昭和42年に現在地に移築、近年まで石川県庁石引分室として使用されていた。

IMG_8629_convert_20110222001408.jpg

正面付け柱の柱頭飾り。

IMG_8632_convert_20110222001239.jpg

現在は石川県立歴史博物館の所管となっている。しかし今のところ特段使用はされていないようである。

IMG_8630_convert_20110222001500.jpg

旧陸軍金沢偕行社と隣り合わせて保存されている旧第九師団司令部庁舎は偕行社に比べると簡素な外観。

IMG_8633_convert_20110222001634.jpg

偕行社と同様近年まで石川県庁石引分室だったが、これも現在は使用されていない状況のようである。

IMG_8636_convert_20110222001918.jpg

兼六園に隣接し、金沢城も近い好条件の場所にあるので、いずれは二棟共建物の特性を活かして再活用されるときが来ると思う。

第235回・四天王寺本坊八角亭

IMG_1353_convert_20110220220819.jpg

大阪の四天王寺本坊庭園内に建つ洋風の亭(あづまや)。もとは明治36年(1903)に現在の天王寺公園から新世界界隈を会場として開催された第五回内国勧業博覧会のパビリオンのひとつであった建物を後年現在地に移築したと伝えられている。国登録有形文化財。

IMG_1361_convert_20110220221327.jpg

石塔と。

IMG_1359_convert_20110220222407.jpg

石灯籠と。

IMG_1352_convert_20110220222134.jpg

石橋と。

IMG_1334_convert_20110220222516.jpg

本坊庭園内にある「極楽の池」に姿を映す八角亭。

IMG_1356_convert_20110220222252.jpg

四天王寺の境内は昭和9年の室戸台風と同20年の大阪大空襲で古い建物の大半が失われ、戦後の再建になるものが大半だが、本坊庭園は八角亭を始め古い建物がいくつか残っている。

IMG_1335_convert_20110220221716.jpg

名前の通り八角形の平面を持つ亭。

IMG_1346_convert_20110220222657.jpg

小さな建物だが細部まで凝った装飾が施されている。

IMG_1336_convert_20110220222016.jpg

博覧会場にあった頃は小奏楽堂として使われていたとの伝えもあるが、だとするとこの軒下で演奏をしていたのだろうか?

IMG_1338_convert_20110220221838.jpg

正面に一箇所扉があり中に入れるようになっている。(現在は鍵がかかっており入れない)扉と全ての窓には色硝子がはめこまれている。

IMG_1369_convert_20110220222824.jpg

窓越しに見た内部。扉の内側以外に腰掛が設けられている。当初からのものか現在地に移築された際に付加されたものかは不明。当初からとすれば建物の大きさからして待合所や休憩所のようなものだったのではないかとも考えられる。

IMG_1366_convert_20110220223510.jpg

天井の照明器具。瓦斯燈か灯油ランプだろうか。色硝子越しで分かりにくいが、見たところ結構古そうな感じがする。

IMG_1328_convert_20110220223411.jpg

冬場は寂しい感じのする八角亭だが、夏場は極楽の池に咲く蓮の花に囲まれた姿が見られる。

第234回・旧日光田母沢御用邸

convert_20110130172350.jpg

栃木県日光市にある旧田母沢御用邸は明治32年(1899)造営。戦前に建設され現存する御用邸の中では最大の規模を有する。国指定重要文化財。

convert_20110130172419.jpg

御用邸御車寄。明治22年(1889)建設の旧東宮御所の玄関部分を移築したもの。御用邸の建物は御用邸設置前からあった既存の建物に加え、東京市内各所から移築した皇室関連の建物と、御用邸造営後新たに増築された部分とが混在する。

convert_20110130172441.jpg

車寄の唐破風。

convert_20110130172512.jpg

中庭。

convert_20110130172922.jpg

屋根は全面銅板葺き。近年の整備公開に際して葺き直しが行われたので、まだ緑青は吹いていない。

convert_20110130172706.jpg

廊下。

convert_20110130172533.jpg

饗宴の場として用いられた表御食堂。襖に竿縁天井の和風意匠だが床は寄木張りでレッキとした椅子式の洋間である。

convert_20110130172644.jpg

謁見所。上記の表御食堂等と共に大正天皇即位後に大増築された部分。大正天皇は毎年この御用邸で夏を過ごされた。

convert_20110130172620.jpg

謁見所の床脇。飾り金物を多用しており、江戸時代の大名屋敷などによく見られる。近代和風建築では数寄屋風が好まれこのような金物で飾り立てた格式張った床脇は余り見られない。但し皇室建築ではしばしば見られるが。

convert_20110130172728.jpg

御学問所。梅の間とも言う。御用邸内で最も古い部分でもともとは天保11年(1840)建築の紀州徳川家江戸中屋敷の一部で、明治以降は赤坂離宮の一部として使用された後日光へ移築された。

convert_20110130172751.jpg

御学問所の円形窓。

convert_20110130172953.jpg

御座所。ここも旧徳川屋敷の一部。徳川家時代は藩主の日常生活のための居間、御用邸時代は天皇陛下の特段格式張らない(謁見所で行う程でもない)日常的な公務を執る為の部屋として使われた。

convert_20110130172859.jpg

二階への階段。御用邸は大半の建物が平屋建だが、旧徳川屋敷の部分だけが二階建(一部三階建)である。

convert_20110130172816.jpg

二階縁側。

27convert_20110130173920.jpg

現在「旧日光田母沢御用邸記念公園」として公開されている。

第233回・大阪市立美術館

IMG_4757_convert_20110130170445.jpg

大阪市立美術館は昭和11年(1936)に開館。現在も当初からの建物が使われている。

IMG_0848_convert_20110130165450.jpg

もともとこの地は住友家本邸があり、大正10年に住友家から邸宅跡地への美術館建設を条件に大阪市へ寄贈された。しかしその後の不況の影響もあり建設工事は遅れ、美術館の開館は寄贈から16年後にようやく実現する。

IMG_0845_convert_20110130170021.jpg

住友家の邸宅部分は寄贈に際し他所へ移築(京都へ移築された一部を除き、今は現存しない)されたが、土蔵だけが今ももとの場所に残っている。屋根の鬼瓦には住友の屋号がある。

IMG_0846_convert_20110130170534.jpg

美術館の斜め向かいにひっそりと建っている。

IMG_0848+convert_20110130165359.jpg

土蔵のような外観の美術館。裏にある住友家の庭園である慶沢園(後述)との調和を図るためこのような意匠を採った可能性もある。

convert_20110130165829.jpg

正面窓の装飾。上記写真のときはネットで覆われていたので、撮影時期が異なる写真を掲げる。

IMG_0856_convert_20110130165638.jpg

正面両端に設けられた窓周りの装飾。

IMG_0857_convert_20110130165712.jpg

同上、上部。インド風の装飾が見られる。設計は大阪市建築課による。

IMG_4762_convert_20110130165924.jpg

側面。

IMG_4761_convert_20110130170051.jpg

鬼瓦。

IMG_0850_convert_20110130165548.jpg

慶沢園の門。庭園部分は住友家時代のまま残されている。

IMG_4754_convert_20110130170801.jpg

慶沢園は山縣有朋の無鄰菴などの作庭で知られる庭師・七代目小川治兵衛の作庭。

IMG_4756_convert_20110130170237.jpg

七代目小川治兵衛は京都の住友家別邸(現本邸)である有芳園の作庭も行っている。

IMG_4758_convert_20110130170155.jpg

庭園内の腰掛待合。

IMG_4759_convert_20110130165800.jpg

その窓から見る美術館。

IMG_0855_convert_20110130170346.jpg

庭園側の中央部分は貴賓室で、庭園を見晴らせるバルコニーが設けられている。

IMG_4753_convert_20110130170705.jpg

第232回・金具屋旅館 斉月楼

convert_20110130120903.jpg

金具屋は長野県渋温泉にある老舗旅館。ここに昭和11年(1936)竣工の木造四階建て客室棟「斉月楼」がある。
国登録有形文化財。

convert_20110130120942.jpg

金具屋には他にも歴史ある客室棟や施設が残るが、斉月楼が最も当初の姿を残し、かつ昭和初期の凝った造作が随所に見られるすばらしい建物である。

convert_20110130121748.jpg

建設に際し、当時の金具屋の主人は棟梁を連れて全国各地の旅館建築を訪ね歩いたという。

convert_20110130121539.jpg

一階廊下。天井を暗い色の漆喰塗りにして両側から庇を出し、屋外のような雰囲気を出すように造っている。

convert_20110130121512.jpg

このような趣向はここに限らず、この時期の遊郭、料理屋、旅館に多く見られる。

convert_20110130123625.jpg

二階から一階への階段を見下ろす。全館にわたって廊下の壁面は赤い紅殻壁。

convert_20110130123756.jpg

各客室の入口には格子戸を立て、独立した一軒家のような雰囲気を醸し出すよう造られている。

convert_20110130123915.jpg

階段の親柱には解体した水車の廃材を用いている。

convert_20110130123648.jpg

階段裏には網代を貼っている。

convert_20110130123825.jpg

日本建築には珍しい装飾豊かで濃厚な空間。

convert_20110130123710.jpg

四階階段室。富士山形の窓がある。

convert_20110130124043.jpg

同上、天井。自然木を組み合わせ野趣に富む。

convert_20110130123847.jpg

天井と床の仕上げは階毎に異なる。

convert_20110130123948.jpg

convert_20110130124013.jpg

convert_20110130124111.jpg

convert_20110130124148.jpg

convert_20110130124214.jpg

館内で見られる多種多彩な形状の窓の数々。

convert_20110130124238.jpg

四階客室「待月荘」。隣接する主室に泊まる高貴な客の付き人のために用意された部屋。

convert_20110130124306.jpg

床の間の前の床は、不規則な形の木片を組み合わせている。

convert_20110130124330.jpg

付き人の部屋とは言え、十分に凝った造りの座敷。

convert_20110130121711.jpg

四階からの渋温泉街の眺め。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード