第540回・旧本庄商業銀行倉庫

IMG_6284_convert_20130228001717.jpg

埼玉県本庄市は、江戸時代まで中山道の宿場町として栄え、明治以降は繭や生糸の取引市場として繁栄した。
旧本庄商業銀行倉庫は、明治以降繭の町として栄えた本庄の歴史を伝える赤煉瓦の建物である。
国登録有形文化財。

IMG_6294_convert_20130228001139.jpg

中山道に面して建つ旧本庄商業銀行倉庫の全景。明治27年(1894)頃の建設とされている。

IMG_6283_convert_20130228001424.jpg

銀行の倉庫としてこのような大規模な煉瓦倉庫が建設されたのは、資金貸付に際して担保となった繭や生糸を保管しておくためである。

IMG_6290_convert_20130228001843.jpg

腰壁には焦茶色の煉瓦を積む。

IMG_6287_convert_20130228002101.jpg

寄棟造の屋根は瓦葺。

IMG_6286_convert_20130228001101.jpg

近年までローヤル洋菓子の本社兼工場として使用されていた。
窓の上部に設けられた半円形の日覆いは洋菓子店として使われていた頃の名残。

IMG_6285_convert_20130228001758.jpg

背後には白壁の土蔵もある。

IMG_6302_convert_20130228002756.jpg

赤煉瓦の倉庫と白壁の土蔵は鮮やかな対比を見せる。

IMG_6304_convert_20130228002645.jpg

細い路地に面した煉瓦壁も趣がある。

IMG_6300_convert_20130228001345.jpg

換気孔の金物飾り。

IMG_6306_convert_20130228002437.jpg

街路に面していない路地側の腰壁の煉瓦は、焦茶色のものではなく通常の赤煉瓦を積んでいる。

IMG_6296_convert_20130228001217.jpg

平成23年に本庄市が取得し、現在は新たな活用方法を模索中のようである。
スポンサーサイト

第539回・旧大倉精神文化研究所(大倉山記念館)

IMG_5757_convert_20130220224515.jpg

新幹線の新横浜駅に近い、横浜市港北区大倉山にある大倉山記念館。昭和7年(1932)に、実業家の大倉邦彦(1882~1971)が設立した大倉精神文化研究所の本館として建てられた建物である。

IMG_5753_convert_20130220225025.jpg

東急東横線・大倉山駅から、徒歩5分程度の高台の上に建っている大倉山記念館。
昭和56年より土地・建物が横浜市の所有となり、一般に開放され建物は各種催事等に利用されている。

IMG_5811_convert_20130220224748.jpg

実業家であると共に東洋大学学長も務める知識人でもあった大倉邦彦は、当時の日本の現状を憂い、「東西両洋における精神文化の学術的研究を行い、知性並びに道義の高揚を図り、公民生活の向上充実に資し、もって世界文化の進展に貢献する」ことを目的に昭和7年、大倉精神文化研究所を設立した。

IMG_5758_convert_20130220224915.jpg

戦時中から戦後にかけて研究所は、所長の大倉邦彦自身も連合軍にA級戦犯容疑者として逮捕・拘禁(のち不起訴釈放)されるなど存亡の危機を何度も迎えるが、大倉は私財を投げ打って昭和46年、89歳で没するまで研究所の維持発展に尽力した。

IMG_5763_convert_20130220224833.jpg

大倉没後は研究所の運営は一層厳しくなり、研究所の建物も荒廃が進むが、昭和56年に財政基盤を立て直すため敷地を横浜市に売却、同時に建物を寄贈した。その後大倉精神文化研究所は、横浜市所有の建物に入居する形で引き続き建物の一角で活動を続けて現在に至る。

IMG_5754_convert_20130220225633.jpg

研究所本館を設計したのは長野宇平治(1867~1937)。日本銀行の本支店を始め本格的な西洋古典様式に則った銀行建築を多く手掛けた建築家である。

IMG_5812_convert_20130221231513.jpg

大倉の研究所設立構想に賛同した長野は、西洋古典様式の源流であるギリシャ文明よりさらに遡るプレ・ヘレニズム様式を本館の建築様式として採り入れた。

IMG_5761_convert_20130221231212.jpg

細部装飾には東洋的な意匠も取り入れられている。
破風の彫刻は鳳凰と鏡。正倉院御物の鏡から模写したものであるという。

IMG_5764_convert_20130221231629.jpg

下へ行くほど細くなる柱などが、プレ・ヘレニズム様式の特徴である。

IMG_5766_convert_20130220225131.jpg

玄関周りの装飾は、古代中国の銅器などに施された模様をも連想させる。

IMG_5798_convert_20130221230306.jpg

内部からみた玄関扉。

IMG_5805_convert_20130221230622.jpg

玄関を入ると目の前に現れる大階段。
突き当たりの扉の先には、信仰心を養い、宇宙全体の中の自己を自覚する場とされた「殿堂」と称された部屋がある。(現在はホール)

IMG_5783_convert_20130221230745.jpg

現在も広く一般の利用に供されている、大倉精神文化研究所の附属図書館。

IMG_5785_convert_20130221230541.jpg

大倉精神文化研究所は現在、公益財団法人大倉精神文化研究所となっているが、ホームページには研究所の来歴、建物の詳細等詳しく説明されたページがある。記事本文もこちらを参考とさせて頂いた。
http://www.okuraken.or.jp/depo/chiikijyouhou/annai/

IMG_5786_convert_20130220225857.jpg

中央ホールは三層吹き抜けになっている。

IMG_5779_convert_20130220230008.jpg

三層目の窓には黄色い色硝子を嵌め込んでおり、黄金色の光が降り注ぐ。

IMG_5794_convert_20130220230124.jpg

吹き抜け部分を見上げる。付け柱の下には獅子と鷲と思われる動物の彫像がある。

IMG_5772_convert_20130221232156.jpgIMG_5773_convert_20130221232102.jpgIMG_5774_convert_20130221232130.jpgIMG_5775_convert_20130221232222.jpg

これらの彫像は一見、石にも見えるがテラコッタ、即ち陶器であるという。

IMG_5770_convert_20130220225812.jpg

全て形も向きも違っており、下から見上げると必ずどれかと目が合うようになっているとのこと。

IMG_5760_convert_20130220224653.jpg

研究所本館は平成3年に、横浜市指定有形文化財となっている。

第538回・旧村林ビル(佐賀町スタジオ)

IMG_6450_convert_20130226231158.jpg

東京都江東区佐賀にある旧村林ビルは、昭和3年(1928)に竣工した建物。
現在は佐賀町スタジオとして写真撮影の場などに使用されている。

IMG_6469_convert_20130226224029.jpg

江東区佐賀は東京大空襲の被害が甚だしかった深川界隈の一角であるためか、古い街並みはあまり見られない。近年まで、すぐ近所に食糧ビルという同時期に建てられ、中庭の存在がが特徴的な近代建築があったが取り壊された。

IMG_6440_convert_20130226224208.jpg

旧村林ビルは、現在佐賀町界隈で現存する唯一の近代建築といってよい。

IMG_6444_convert_20130226231237.jpg

設計は関根要太郎(1889~1959)、施工は大林組。

IMG_6448_convert_20130226224601.jpg

関根要太郎の建築作品は、弊ブログで以前取り上げた函館の旧亀井邸旧海産商同業組合事務所など、ドイツのユーゲントシュティールを採り入れたモダンなデザインのものが多い。

IMG_6462_convert_20130226231445.jpg

この旧村林ビルでは軒や3階窓に施した半円アーチなど、ロマネスク風の外観が特徴である。

IMG_6460_convert_20130226225002.jpg

背面。

IMG_6463_convert_20130226224441.jpg

外壁は茶褐色のタイル、入口や窓、軒周りにはテラコッタを使用している。

IMG_6447_convert_20130226230402.jpg

正面玄関上部のテラコッタ装飾は、この建物一番の見どころといってよい。

IMG_6445_convert_20130226224251.jpg

木製の扉は創建当初からのものと思われる。

IMG_6459_convert_20130226231741.jpg

表面に凹凸を施し、釉薬で仕上げた茶褐色のタイル。同時期の建物で多く見られる、ひっかき傷のついたスクラッチタイルに比べるとあまり見かけない。なお、一部補修によるものか、異なるタイルが見られるがこのタイルも相当古いものと思われる。

IMG_6455_convert_20130226230612.jpg

テラコッタの目地などが所々黒ずんでいるのは戦災の痕跡であろうか。

IMG_6467_convert_20130226231313.jpg

今後とも永くこの地に健在であることを望む。

第537回・亀屋商事(旧飯島家住宅)

IMG_6133_convert_20130220220725.jpg

茨城県と埼玉県との県境に近い、茨城県古河市にある昭和10年(1935)に建てられた洋館。
当地で製糸業を営んでいた飯島製糸の事務所兼住宅として建てられた。国登録有形文化財。

IMG_6147_convert_20130220220204.jpg

古河は昭和30年代まで製糸業が盛んであったという。古河の製糸業の最盛期に建てられた。

IMG_6145_convert_20130220221238.jpg

この洋館を建てた飯島製糸の二代目・飯島雷輔氏は古河町長も務めた人物である。

IMG_6135_convert_20130220221012.jpg

戦後、化学繊維の普及により飯島製糸は昭和33年に廃業した。現在は不動産業に転業して写真の洋館(本館)はその事務所として使われている。

IMG_6142_convert_20130220220243.jpg

本館は木造二階建望楼付き、外壁はタイル貼り。

IMG_6143_convert_20130220200106.jpg

外壁タイルを拡大。

IMG_6136_convert_20130220220838.jpg

この洋館の外観を最も特徴付ける望楼。

IMG_6138_convert_20130220220321.jpg

本館玄関には大理石の円柱を立てる。

IMG_6139_convert_20130220220404.jpg

本館に繋がって建てられている旧食堂・浴室棟には、ステンドグラスが随所に使われている。
製糸工場の迎賓用の施設として建てられたものと思われる。

IMG_6141_convert_20130220220447.jpg

道路を挟んで建つ明治期に建てられた生糸保存用の赤煉瓦倉庫。
この煉瓦倉庫と本館、土蔵、旧食堂・浴室棟の4棟が登録有形文化財になっている。

第536回・旧時報鐘楼

IMG_6381_convert_20130220221856.jpg

大正4年(1915)に建てられた、群馬県下最古の鉄筋コンクリート構造物である旧時報鐘楼。

IMG_6389_convert_20130220223057.jpg

かつての城下町の名残を地名に残す、伊勢崎市曲輪町に建っている。

IMG_6377_convert_20130220222817.jpg

伊勢崎出身で、横浜で貿易商として成功を収めた小林桂助氏が建造し寄贈したという。

IMG_6367_convert_20130220222526.jpg

市内にある中台寺の鐘を塔屋に吊り下げ、第二次大戦前まで時報の鐘を鳴らし続けた。

IMG_6366_convert_20130220222318.jpg

戦争に入ると金属回収で釣鐘は失われ、空襲で塔屋は焼失する。

IMG_6371_convert_20130220222623.jpg

戦後長い間、木造の塔屋が載っていたが、平成2年に修復が行われもとの形に戻された。

IMG_6382_convert_20130220222408.jpg

伊勢崎市の重要文化財に指定されている。

IMG_6383_convert_20130220222238.jpg

今は鐘はない。

IMG_6374_convert_20130220222955.jpg

鐘を鳴らすことはなくなったが、伊勢崎の名所となり市民に親しまれている。

IMG_6360_convert_20130220222712.jpg

ちょっと類例の見られない、珍しい建物である。

IMG_6379_convert_20130220223235.jpg

あと2年経てば、建造から一世紀。

第535回・旧大谷藤豊邸

IMG_6203_convert_20130220010203.jpg

埼玉県の深谷といえば現在はネギの産地として知られるが、江戸時代は中山道の宿場町として栄えていた歴史のある町である。そんな深谷の地における有力者であった大谷家の当主で、深谷町長も務めた大谷藤豊(1887~1949)が昭和6年(1931)に建てた邸宅。国登録有形文化財。

IMG_6222_convert_20130220005236.jpg

かつての中山道と思われる道路に面した正面全景。現在も大谷家の住居として大切に使われている。

IMG_6221_convert_20130220005844.jpg

大谷藤豊は当時の地方有力者の常として深谷町長、埼玉県会議員まで務めるが、父親をはじめ周囲の念願であった国政進出は拒み、地元深谷への貢献を常に優先させる人物であったという。

IMG_6210_convert_20130220005449.jpg

昭和初年の大不況に際しては、地元近隣から多くの棟梁・職人を集めて自邸の改築工事を行い、仕事を与えた。
いわゆる「お助け普請」で、まさに不況対策として行われる公共工事を、個人レベルでやったものである。

IMG_6209_convert_20130220010721.jpg

多くの職人に働き口を与えるための工事であったから、邸宅は非常に手の込んだものになった。

IMG_6207_convert_20130220010007.jpg

大きな日本家屋に洋館を付属させた和洋並置式の構成を採るが、洋館も小規模ながら窓にはすべてステンドグラスを入れるなど、非常に凝っていることが外観から見ても分かる。

IMG_6226_convert_20130220011206.jpg

洋館のデザインは、窓の上の渦巻き状の装飾や屋根の形状など、大正期に流行したドイツのユーゲントシュティールの影響が強い。

IMG_6216_convert_20130220005525.jpg

日本家屋の玄関の屋根には凝った彫刻を施した懸魚がある。

IMG_6219_convert_20130220005607.jpg

塀にも、梅や笹の透かし彫り彫刻が。

IMG_6202_convert_20130220005332.jpg

竣工まで、連日百人以上の職人が働いたという。

IMG_6200_convert_20130220005122.jpg

裏門も堂々とした造り。塀が改修中だった。

IMG_6199_convert_20130220005030.jpg

裏門の向かいにある蔵。大谷藤豊は地元の子供達のために、蔵に児童書を揃えて子供文庫として開放したり、自ら読書会を開いたりしていた。

IMG_6212_convert_20130220011258.jpg

「ゆとりのある者は人に尽くせ」が口癖であったという。

IMG_6197_convert_20130220011018.jpg

大谷藤豊の遺産は大谷家の建物以外にもある。
大谷邸から程近い場所にある埼玉県立深谷商業高校は、大谷藤豊が私財を投じて大正11年(1922)に設立した深谷商業学校が前身である。当初の校舎は記念館として保存され、現在大がかりな修復工事が進められている。

IMG_6198_convert_20130220010937.jpg

修復工事はもうすぐ終わるようなので、完成したら訪れてここに紹介したいと思う。

第534回・台湾の日本統治時代建築(台中その他編)

convert_2013021111.jpgconvert_20130211130011.jpg_convert_20130211130039.jpg

前回に続き、台湾に残る日本統治時代の建物紹介。
今回は台北以外の地で撮影した建物を紹介させて頂くが、前回に比べて数が少ないのはご容赦頂きたい。
実際には、ブログ管理人が訪れた地以外にも多くの建物が残されている。それらは是非台湾を訪れて直接訪ねて頂きたい。前回記事も含めここに紹介する建物は、ごく一部に過ぎないのである。

convert_20130210113604.jpg

大正2年(1913)に竣工した新竹駅舎。台湾から台中へ南下する列車の車中から撮ったもの。
台湾には弊ブログで過去紹介した台中駅舎やこの新竹駅舎など、美しい洋風建築の駅舎も多く残されている。
設計は台北の旧西門市場の設計にも携わった松ヶ崎萬長。省定古蹟。

convert_20130210113529.jpg

阿里山の森の中に建つ貴賓館。大正9年(1920)竣工。
隣接する玉山(日本統治時代は新高山)と共に、日本統治時代は国立公園に指定されていた阿里山を訪れた皇族や政府高官の休憩・宿泊用に建てられた洋館。戦後は蒋介石が3回宿泊している。現在は歴史遺産として一般公開している。(訪問時は補修工事中だったためか、開いていなかった)

convert_20130210230412.jpg

台中に本店を持つ、台湾を代表する大手銀行・彰化銀行(日本での名称は彰化商業銀行)の本店ビルは、昭和13年(1938)竣工。彰化銀行は明治38年(1905)創立の歴史ある金融機関である。

convert_20130210114516.jpg

明治44年(1911)竣工の旧台中市庁舎。戦後は1986年まで国民党の施設として使われていた。現在は修復工事を経て、市政資料館として使用されている。

convert_20130210114558.jpg

小規模な建物だが、角地に面してドーム屋根を戴く古典様式の堂々たる玄関を構える。

convert_20130210114637.jpg

2002年に「歴史建築」に登録されているとのことだが、「歴史建築」というのは、日本の登録文化財制度のようなものだろうか。

convert_20130210114740.jpg

構造は煉瓦、木造、鉄筋コンクリート、鉄骨の混合構造。

convert_20130210225418.jpg

旧台中市役所と道路を隔てて向かい合うのが、旧台中州庁舎。
大正2年(1913)に台中庁庁舎として竣工、大正9年に台中庁を廃し台中州が設置されたことにより以後台中州庁舎として使われる。現在も台中市政府として使われている現役の庁舎である。

convert_20130210225752.jpg

設計は台湾の官公庁舎を数多く手掛けた森山松之助。旧台中市役所と同様、角地に玄関を配する構成。このような構成は内地の官公庁舎ではあまり見られない。

convert_20130210225941.jpg

大正後期と昭和初期に増築工事が行われている。歴史建築登録を経て現在は市定古蹟。

convert_20130210225612.jpg

台湾では新しい建築もどんどん建てる一方で、既存の歴史的建築は積極的に保存・活用を図っている。それも日本で多い、開発と保存の折衷的な一部保存などは殆ど見られず、原型をそのまま残している事例が多いように思えた。この違いは何に起因するのかは何とも言えないが、日本が見習うべきものが台湾にはあるのは確かである。

台湾の日本統治時代建築 おわり

(参考文献)
「図説 台湾都市物語」後藤治監修、王惠君・二村悟著 河出書房新社 平成22年
「台湾 日本統治時代の歴史遺産を歩く」片倉佳史著 戎光祥出版 平成16年

第533回・台湾の日本統治時代建築(台北編)

台湾は気候風土に恵まれた魅力ある国である。
弊ブログでは以前、台湾に残る日本統治時代の建物として、旧台湾総督府庁舎旧台湾総督府博物館などを紹介しているが、まだ紹介していない建物について、ごく一部に過ぎないが、自ら写真に撮った限りのものをここに紹介したい。

convert_20130211131623.jpgconvert_20130211131725.jpgconvert_20130211131528.jpgconvert_20130211131646.jpg

日本人がかつてこの地に残した建築物を、台湾の人々は歴史遺産として評価し、積極的に保存・活用している。東日本大震災の折には、巨額の義捐金を集めて贈ってくれた屈指の親日国でもある台湾の魅力の一端を、建築を通じて少しでも伝えられたらと思う次第である。
なお、本記事の写真は全て平成17年11月に台湾を訪問したときの写真である。現状とは異なる建物もあるかも知れないので、この点予めお断りさせて頂く。

convert_20130210113023.jpg

まずは日本統治時代の建物ではないが、台北府城北門。
日本統治前、清朝時代の1882年(明治15年)創建。台北府城で唯一残る清朝時代創建の門。

convert_20130210113042.jpg

日清戦争下の明治28年(1895)、北白川宮殿下が近衛師団を率いてこの門から入城された。
同年、下関条約により台湾は日本領土となり、50年に亘る日本統治時代が始まる。

convert_20130210110840.jpg

現在は「台北賓館」として国賓などを迎えるための迎賓館となっているのが旧台湾総督官邸。
明治34年(1901)に建てられた木造の官邸が、白蟻による被害が甚だしいため大正2年(1913)に、煉瓦・石、一部鉄筋コンクリートの混構造で改築されたものである。

convert_20130210110820.jpg

国定古蹟の指定を受けており、近年大規模な修復工事が行われた。
総統府(旧台湾総督府)に近い位置に建っており、総統府と同様内部公開も定期的に行っている。

convert_20130210225303.jpg

旧総督府の正面向かって左側に建つ、旧台北地方法院庁舎。昭和9年(1934)竣工で設計は台湾総督府官房営繕課。旧総督府周辺には、日本統治時代からの官庁建築が多く残されている。

convert_20130210224626.jpg

当初鉄筋コンクリート造3階建であったが、戦後国民党政権時代に4階部分が増築されている。
現在は役目を終え、博物館などへの転用が検討されているらしいが、現状は不詳である。

convert_20130210224916.jpg

建物の見栄えから言えば、改修に際しては、できれば増築部分は撤去してもらえるとありがたいのだが。
4階部分を取り払えば、塔屋が見違えるほど引き立つ筈である。

convert_20130210224534.jpg

緑色のタイルを貼った壁面は同時期の日本内地の官公庁舎では見られない独特のものであるが、創建当初からのものか、それとも国民党政府時代の改修かは分からない。

convert_20130210110918.jpg

明治41年(1908)竣工の旧西門市場。三級古蹟の指定を受けている。設計は台湾総督府に在籍した近藤十郎と松ヶ崎萬長。松ヶ崎は栃木県那須の旧青木家別邸(国指定重要文化財)の設計者としても知られる。

convert_20130210111522.jpg

大正5年(1916)竣工の旧台北医院(のち台北帝国大学附属病院)は市定古蹟。煉瓦造の本館の背後に後から増改築された病棟が連なる構成になっている。総督府は統治に際して現地の衛生面の改善に力を入れ、台北医院は台湾最大の医療施設であった。現在も台湾大学付属医院として現役である。

convert_20130210105949.jpg

台北府城北門近くに建つ、旧台湾総督府鉄道部庁舎。大正8年(1919)竣工で三級古蹟。
1980年代まで台湾省鉄路管理局として使用されていた。

convert_20130210112731.jpg

煉瓦と木造の混構造でハーフチンバー風の外観が特徴。

convert_20130211133431.jpg

撮影当時は老朽化が激しく、特に二階から上部の痛みがひどかったが、現在は大規模な修復工事が進められているようだ。

convert_20130210112553.jpg

鉄道部庁舎と斜め向かいに位置するのが、昭和5年(1930)竣工の旧台北郵便局。鉄道部庁舎と同じく三級古蹟指定。現在も郵便局として現役である。

convert_20130210110104.jpg

建物前面を残して高層ビルに改築された東京中央郵便局と竣工年は1年しか違わないが、東京中央郵便局が装飾を持たないモダニズム建築であるのに対し、台北郵便局は装飾豊かな様式建築として建てられた。

convert_20130210110038.jpg

この建物も写真では老朽化した印象は否めないが、こちらも現在改修工事中のようだ。

convert_20130210111435.jpg

重厚華麗でかつ古典的な様式建築ばかりではなく、昭和戦前のモダニズム建築もある。
昭和12年(1937)竣工の旧台北電信局。市定古蹟。
戦後4階が増築されるなどの改装を受けている。

convert_20130210111457.jpg

旧台北公園(現・二二八和平紀念公園)内にある放送亭。
公園利用者がラジオ放送を聴けるように昭和9年(1934)に設置された。
背後のドームを持つ建物は、以前取り上げた旧台湾総督府博物館。

convert_20130210110454.jpg

昭和13年(1938)竣工の台湾銀行本店。市定古蹟。
国策に基づいて明治32年に設立された紙幣発行権も有する特殊銀行・台湾銀行の本店ビル。現在残る建物は当初の木造洋館を建て替えた二代目。

convert_20130210110326.jpg

設計は大正から昭和にかけて第一銀行本支店を多く手掛けた西村好時。

convert_20130210110305.jpg

現在は同じ名称で、中華民国政府全額出資の国営銀行となっている。

convert_20130210111543.jpg

旧帝国生命台北支店。昭和5~15年(1930年代)頃の建物と推測されている。
上記の台湾銀行が現在使用している。市定古蹟。

convert_20130210112443.jpg

昭和2年(1927)頃の建築と考えられている旧台北信用金庫。現在は合作金庫銀行。市定古蹟。
アーケードを設けているのは暑い気候を考慮した台湾ならではの特色。

convert_20130210112127.jpg

撮影当時は外壁補修中であったが、旧台北市公会堂。昭和11年(1936)竣工で二級古蹟。
昭和天皇即位御大典の記念事業として建てられた。

convert_20130210112153.jpg

設計は台湾総督府官房営繕課、台北市土木課並びに営繕課。

convert_20130210112105.jpg

外壁のタイルは台北郊外の北投(台湾でも指折りの温泉地としても知られる)の窯で焼かれたものが用いられている。

convert_20130210112019.jpg

昭和20年、敗戦により日本は台湾の施政権を中華民国に移譲することになる。10月25日にこの建物で台湾地区降伏式が執り行われ、ここに半世紀に亘る日本の台湾統治は実質的に終了した。

台湾の日本統治時代建築(台北編)おわり

次回も、台中など台北以外の地に残る日本統治時代の建物を紹介させて頂く予定。

第532回・日本郵船横浜支店(横浜郵船ビル)

IMG_5707_convert_20130213195522.jpg

昭和初期に建てられた横浜郵船ビルは、戦前から世界有数の船会社として知られた日本郵船の横浜支店として今も現役の事務所ビル。また現在は、1階の旧営業室に日本郵船歴史博物館が入っており、横浜の観光スポットのひとつにもなっている。

IMG_5709_convert_20130213195823.jpg

横浜港とは目と鼻の先、海岸通3丁目に建っている。なお同じ海岸通に面して、以前紹介した昭和9年竣工の横浜税関が建っている。

IMG_1988_convert_20130213194422.jpg

明治21年(1888)竣工の赤煉瓦の旧支店ビルは関東大震災で崩壊したため、同じ場所に昭和11年(1936)に建てられたのが現在の建物である。

IMG_2035_convert_20130213194524.jpg

設計は和田順顕(1889~1977)。東京美術学校(現東京藝術大学)を首席卒業し建築事務所を開いた建築家。
旧日本医師会館などを手掛けているが、設計した建物の大半は失われており今も現存する建物は極めて少ないようである。

IMG_5706_convert_20130213195244.jpg

かつては屋上の軒には石飾りを連ね、正面中央には大きなメダリオンを配していた。
それらの装飾が全て取り払われたことで屋上のスカイラインが単調になり、本来持っていた古典的な重厚さが損なわれているのが惜しまれる。

IMG_2034_convert_20130213194654.jpg

正面外壁を飾る16本のコリント式オーダー。

IMG_9669_convert_20130213194807.jpg

側面。

IMG_5714_convert_20130213195434.jpg

全体としてはシンプルな建物であるが、柱頭部分は精緻な彫刻を施している。

IMG_5711_convert_20130213195147.jpg

柱頭部分を拡大。

IMG_5717_convert_20130213195622.jpg

戦前に建てられた日本郵船の支店ビルは、明治39年竣工の小樽、大正7年竣工の神戸、昭和11年竣工の横浜と、明治・大正・昭和戦前の建物がそれぞれ現存している。

IMG_5716_convert_20130213194945.jpg

小樽神戸の両支店ビルは共に、既に弊ブログにて紹介済なので御覧頂きたい。(但し神戸支店は戦災で大破、改修されており当初の姿をそのまま残してはいない)

IMG_9673_convert_20130213195749.jpg

船の総舵輪を思わせる装飾が施された玄関扉。

IMG_5719_convert_20130213195030.jpg

風除室。現在は日本郵船歴史博物館となっている旧営業室内部も大理石貼りの柱や漆喰彫刻の施された天井など見どころが多い。博物館も戦前の豪華客船の歴史など、興味深い展示が盛り沢山である。

IMG_9671_convert_20130213194852.jpg

見学されるときは、やはり弊ブログにて既に紹介させて頂いた氷川丸とセットで御覧になることを是非お勧めしたい。同じ日本郵船の運営なので、共通券で見学できる。

第531回・新井旅館

IMG_2535_convert_20130208002541.jpg

伊豆・修善寺温泉にある明治5年(1872)創業の老舗旅館。
明治から昭和初期に建てられた、合計15棟の建物が国の登録有形文化財となっている。

IMG_2520_convert_20130208002002.jpg

明治5年に初代館主・相原平右衛門によって「養気館新井」の名で開業。

IMG_2523_convert_20130208002115.jpg

明治から昭和初期にかけて館主であった三代目・相原沐芳は、文人墨客との交友が深かった。

IMG_2518_convert_20130208001918.jpg

そのため多くの文人墨客が滞在している。とりわけこの館と縁が深かったのが日本画家の安田靫彦で、大浴場の設計も手掛けている。この浴場は「天平風呂」の名で現存し、今もこの旅館の名物のひとつである。

IMG_2527_convert_20130208002219.jpg

他館主と親交があり長期滞在した文化人では、画家では横山大観、作家では岡本綺堂、芥川龍之介などが居る。岡本綺堂は当地にて材を得た戯曲「修善寺物語」をこの館で執筆、執筆部屋も現存する。

IMG_2531_convert_20130208002301.jpg

新井旅館の建物は決して豪華絢爛ではないが、簡素で上品な造りの建物が池と中庭を囲むように建っている。

IMG_2516_convert_20130208001837.jpg

僅かに太鼓橋状に反りのある渡り廊下。

IMG_2533_convert_20130208002340.jpg

水に臨むように配された客室が多いのも特徴である。

IMG_2534_convert_20130208002426.jpg

平成16年には台風による増水で大被害を受けたが、その後無事復旧した。

IMG_2541_convert_20130208002616.jpg

客室の一室。数寄屋風に全ての部材が細く、繊細な印象を受ける床の間。

IMG_2542_convert_20130208002656.jpg

花。

IMG_2522_convert_20130208002035.jpg

文化財としての特性を活かして、地域の文化振興に寄与することを目的とした各種文化事業も行っている。

新井旅館ホームページ
http://arairyokan.net/
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード