第556回・旧鏡岩水源池ポンプ室・エンジン室

IMG_6966_convert_20130331095507.jpg

昭和9年(1934)に竣工した岐阜市の水道施設の一部で、現在は水の資料館として活用されている。旧ポンプ室と旧エンジン室の二棟が国登録有形文化財となっている。

IMG_6955_convert_20130331094531.jpg

岐阜市は清流で知られる長良川沿いにおいて発展してきた街で、良質の地下水も豊富で飲料水には困らなかったが、大正期には工場排水や家庭排水による井戸水の質の悪化が問題になった。そこで昭和3年には長良川左岸に浅井戸を造り、伏流水を水源とした水道によって岐阜市内へ給水が開始された。

IMG_6952_convert_20130331130027.jpg

現在保存されている旧ポンプ室と旧エンジン室は昭和47年頃まで使用されていたという。
隣接して、現在の鏡岩水源地の施設が稼働している。

IMG_6960_convert_20130331095233.jpg

鏡岩水源地は、長良川と金華山に挟まれた場所にある。山の麓という立地条件であるせいか、旧ポンプ室と旧エンジン室の外観は西欧の山小屋風に仕上げられている。

IMG_6987_convert_20130331100146.jpg

旧ポンプ室と旧エンジン室は規模、意匠共に酷似するが、よく見ると細部は異なる。
こちらは旧ポンプ室正面。

IMG_6961_convert_20130331100026.jpg

旧エンジン室正面。

IMG_6963_convert_20130331101901.jpg

IMG_6994+convert_20130331131602.jpg

旧ポンプ室側面。

IMG_6956_convert_20130331102619.jpg

IMG_6977_convert_20130331102416.jpg

旧エンジン室側面。

IMG_6986_convert_20130331130612.jpg

2つの建物はいずれも鉄骨転勤コンクリート造の構造体に木製の屋根を架ける。

IMG_6957_convert_20130331230937.jpg

IMG_6969_convert_20130331130330.jpg

外壁は長良川の玉石張りで仕上げる。

IMG_7008_convert_20130331101445.jpg

旧ポンプ室全景。

IMG_6947_convert_20130331100426.jpg

水道設備の機械を納めるだけの建物に、このようなデザインを施すのは戦前建築ならではと言える。

IMG_6980_convert_20130331100936.jpg

旧ポンプ室内部。旧ポンプ室と共に、岐阜市の水道事業の紹介・展示施設として活用されている。

IMG_6982_convert_20130331100828.jpg

鉄骨は創建当初からのものが残されている。

IMG_6985_convert_20130331130836.jpg

旧エンジン室全景。

IMG_6950_convert_20130331102844.jpg

IMG_6958_convert_20130331095027.jpg

旧ポンプ室とは窓の形状が異なる他、壁面を支える鉄骨が外部に出ている点で異なる。

IMG_6971_convert_20130331094810.jpg

旧エンジン室内部。

IMG_6973_convert_20130331094932.jpg

内側から見た窓。

IMG_6962_convert_20130331231834.jpg

様々な意匠が施されているものが存在する戦前の水道施設の中でも、山小屋風の佇まいが特徴的な異色の存在である。
スポンサーサイト

第555回・東京都復興記念館

IMG_6545_convert_20130310230242.jpg

前回取り上げた東京都慰霊堂のある東京都墨田区の横網町公園には、昭和6年(1931)に建てられた東京都復興記念館の建物がある。東京都慰霊堂と同じく東京都選定歴史的建造物。

IMG_6576_convert_20130328224036.jpg

慰霊堂の前から望む復興記念館。両者の建物からは東京スカイツリーが見える。
復興記念館は、関東大震災の惨禍を永く後世に伝えると同時に、昭和5年に完成をみた帝都復興事業を永久に記念するため、震災記念堂の付帯施設として建てられた。

IMG_6555_convert_20130310230401.jpg

内部には、多数の震災被害資料が陳列されているほか、復興事業関連の模型や図面などが陳列されている。また慰霊堂の記事でも記したが、震災記念堂は戦後東京都慰霊堂となり、東京大空襲の犠牲者も祀られることになったため、2階には戦災関係資料も展示されている。

IMG_6558_convert_20130310231144.jpg

設計は慰霊堂と同じく伊東忠太。軒周りに和風意匠が見られる。

IMG_6547_convert_20130310231516.jpg

野外展示の震災被害資料もある。写真に写っているのは震災で破損した水道管、大火で溶解した印刷所の輪転機などである。なお、これらの展示物はすべて防錆処理は施されていると思われる。

IMG_6549_convert_20130330083112.jpg

京橋で現在も営業している明治屋が、当時使用していたトラックの残骸。明治屋は当時キリンビールの販売元であったが、明治42年にスコットランド製トラックのシャシーにビール瓶の形をしたボディを架装、宣伝カーとして震災当日まで使用していた。なお、被災前の姿は明治屋ストアー及び こちらのサイトにて見られる。

IMG_655_convert_20130328224310.jpg

関東大震災は大火による死者が圧倒的に多いが、建物の倒壊で多数の圧死者を出した例もある。
丸の内のお濠端、現在の郵船ビルの隣で当時建築中であった内外ビルは8割方完成していたが震災で倒壊、工事に従事していた作業員多数が圧死する惨事となった。ここに保存されているのはその瓦礫の一部で、玄関の柱の一部と言われている。

IMG_7194+_convert_20130330082744.jpg

倒壊した内外ビル。東京市内でも指折りの大惨事の現場として、被服廠跡等と共に当時盛んに報道されたようである。写真は過去弊ブログの三越本店の記事でも引用した、大日本雄弁会講談社(現講談社)刊行の「大正大震災大火災」より。

IMG_6570_convert_20130310230457.jpg

復興記念館でも慰霊堂と同様に、伊東忠太らしい怪獣装飾を見ることができる。
正面付け柱の上に4体の怪獣像がある。

IMG_6563_convert_20130310230755.jpg

目が飛び出した獅子とも何ともつかない得体の知れない姿。
ただいずれの像も風化が激しく、写真のものが欠損が一番少ない。

IMG_6564_convert_20130310230546.jpg

館内は無料で見学可能。展示物の中でも強い印象を受けたのは、被服廠跡の犠牲者が身に着けていた、眼鏡、万年筆、ベルト、懐中時計などの所持品の数々であった。時計はいずれも3~4時頃で止まっており、吉村昭の著作「関東大震災」などで推測されている被服廠跡の火災発生から鎮火までの時刻と一致する。

IMG_6565_convert_20130310231030.jpg

懐中時計は2階の東京大空襲犠牲者の遺品にもあった。遺体は黒焦げになっても時計だけは原型を止めていたのであろう、こちらはいずれも未明を示す時刻で針が止まっていた。
3月10日午前0時過ぎから約2時間半続いた空襲による大火は、完全に鎮火したのは同日の夜であったという。たった一晩で約10万人という、広島・長崎の原爆や沖縄戦に匹敵する人命が奪われた事実は、もっとよく認識されるべきである。

IMG_6542_convert_20130310230157.jpg

一部人災の側面はあるにせよ、天災である関東大震災の犠牲者を追悼し、復興を記念するために建てられた施設に、米国による大虐殺である東京大空襲の犠牲者が、今もなお組み入れられていることには違和感を禁じ得ない。その米国が勝者の論理で作った「憲法」を今もなお押し戴き、米国に安全保障を委ねて自らは経済発展に専念してきた、我が国の戦後体制のいびつな姿がここにはあると思う。例え現在は重要な同盟国・友好国であっても、その残虐行為の犠牲者は然るべき形で追悼されなければならない。

第554回・東京都慰霊堂(旧震災記念堂)

IMG_6541convert_20130328201431.jpg

東京都慰霊堂は東京都墨田区の横網町公園内にある慰霊施設で、昭和5年(1930)年に竣工した。
大正12年9月1日の関東大震災と、昭和20年3月10日の東京大空襲の犠牲者が祀られている。東京都選定歴史的建造物。

IMG_6592_convert_20130328222937.jpg

この建物が建つ場所は大正12年当時、陸軍被服廠跡の広大な空き地が存在していた。9月1日の大震災とそれに伴って発生した大火に際しては、格好の避難所として多くの市民が避難するが、周囲の火災が激しくなると避難者が持ち込んだ夥しい家財道具に引火、約3万8千人が焼死するという関東大震災最大の惨事となった。

IMG_6575_convert_20130328202456.jpg

鎮火後、被服廠跡は死体収容所として周辺の犠牲者の遺体も集められた結果、約5万8千体の遺体がこの地に集められたが、火災と暑熱による腐敗で身元の判別も付けられない遺体は直ちに火葬処理された。

IMG_6572_convert_20130328202301.jpg

そのような惨事の現場となったこの地に、遺骨を納め犠牲者を慰霊し、この惨事を後世に伝えるための慰霊施設が建てられることとなり、東京震災記念事業協会によって広く官民から浄財を集め、伊東忠太の設計により「震災記念堂」として昭和5年に完成した。

IMG_6590_convert_20130328223350.jpg

震災から22年後の昭和20年3月10日、米軍による無差別爆撃である東京大空襲で周囲は再び火の海となり、一晩で約10万人の東京都民が殺戮された。夥しい数の遺体は仮埋葬を経て、最終的に震災慰霊堂に合祀されることとなった。

IMG_6583_convert_20130328202044.jpg

天災である震災の犠牲者慰霊施設に戦災犠牲者を一緒にすることについては異論も強くあったが、昭和26年に現在の名称である「東京都慰霊堂」に改称された。

IMG_6585_convert_20130328202216.jpg

祭壇を備えた講堂。
毎年3月10日に春季大法要、9月1日に秋季大法要が営まれている。

IMG_6581_convert_20130328201915.jpg

講堂の回廊には、関東大震災の惨状を描いた絵画と東京大空襲の記録写真が掲げられている。

IMG_6587_convert_20130328223600.jpg

講堂入口上部の、珠を咥えた怪獣に見立てた照明飾り。伊東忠太ならではの特異な動物や怪獣装飾が、この建物でも随所に見られる。

IMG_6606_convert_20130328223228.jpg

三重塔頂部。中国風ともインド風ともつかない伊東忠太特有のデザイン。

IMG_6597_convert_20130328202002.jpg

屋根の鳥を象った装飾。

IMG_6593_convert_20130328201703.jpg

講堂の背後にある三重塔は、基壇部分が納骨堂となっており、約16万3千体の遺骨が安置されている。

IMG_6540_convert_20130328201606.jpg

震災と戦災でそれぞれ悲惨な最期を遂げられた、全ての犠牲者に対し哀悼の意を捧げたい。
合掌。

第553回・進々堂

IMG_7117_convert_20130321214346.jpg

京都大学北門に向かい合って建っている進々堂は、ベーカリーを併設した喫茶店。
戦前からの店がいくつか残る京都の喫茶店でも草分け的な存在である。

IMG_7119_convert_20130321214751.jpg

京大側から望む正面。正面向かって右側が喫茶部、切妻を正面に向けた左手がパン部。
パン部が昭和5年(1930)に竣工、翌昭和6年に喫茶部が竣工している。

IMG_7124_convert_20130323174001.jpg

設計は、日本で最初に本格的なフランスパンの製造販売を始めた人物である、店主の続木斉(つづき ひとし 1881~1934)の自家設計。

IMG_7116_convert_20130321215518.jpg

パリで修業時代に見た学生街(カルチェラタン)のカフェを京都で再現すべく開いた店である。

IMG_7112_convert_20130321220607.jpg

なお、現在京都市内にあるパンの製造販売を行っている「進々堂」は、同じ続木斉の創業になる店であるが現在はそれぞれ別個の店であり、関係はないようだ。

IMG_7114_convert_20130321214638.jpg

店の内外を飾る煉瓦や硝子はフランスから帰朝する際に持ち帰ってきたものであるという。

IMG_7122_convert_20130321215231.jpg

二階の窓にはステンドグラスを嵌め込んでいる。

IMG_7115_convert_20130321215046.jpg

これもフランス土産と思われるモザイクタイル。

IMG_7111_convert_20130321220713.jpg

木工家で漆芸家の黒田辰秋(1904~1982)設計による椅子とテーブルが、現在も使われていることでも知られている。

IMG_7107_convert_20130321214915.jpg

奥には小さな裏庭がある。なお、店舗内部は写真撮影禁止。

IMG_7120_convert_20130321215325.jpg

現在も京大生のみならず地元住民、観光客などに広く親しまれている。

第552回・名和昆虫博物館・昆虫記念館

IMG_6911_convert_20130324154256.jpgIMG_6905_convert_20130324154159.jpg

岐阜公園には前回紹介した伊藤忠太設計の三重塔の他、著名建築家の手になる近代の建造物として、名和昆虫博物館・昆虫記念館がある。二件とも京都帝国大学教授であった武田五一の設計になる煉瓦造の西洋館である。

IMG_6945_convert_20130324161250.jpg

明治40年(1907)竣工の昆虫記念館。岐阜市重要文化財。

IMG_6897_convert_20130324163030.jpg

ギフチョウの再発見者であり、名付け親としても知られる昆虫学者・名和靖(1857~1926)は、昆虫の形態・生態を研究し、害虫防除・益虫の保護の方法を研究して、昆虫学の発展ならびに農作物の増殖をはかり国家経済に寄与することを目的として明治29年、岐阜市内に独力で名和昆虫研究所を設立する。

IMG_6893_convert_20130324162129.jpg

明治37年には岐阜市の要請により岐阜公園内に移転する。当時の岐阜公園は整備が本格化する前で、現在よりも自然環境が多く残された場所であったようである。

IMG_6915_convert_20130324162642.jpg

昆虫記念館の建物は、当初研究所の特別標本室として建てられた。
名和靖の志に理解を示した大阪朝日新聞(現・朝日新聞)の土屋大夢の計らいで、紙上で建設寄付金を募った結果集まった寄付金を基に建てられた。

IMG_6894_convert_20130324162451.jpg

設計者の武田五一は当時、欧州留学から帰朝して間もない新進建築家であったが、少年時代の一時期を岐阜で過ごしており、名和靖が教鞭を執っていた学校に通っていたという。

IMG_6922_convert_20130324163141.jpg

武田五一設計による初期の建築作品としては、外壁の正面部分のみ保存されている京都府立図書館(明治42)、犬山市の明治村に移築保存されている旧芝川又右衛門別邸(明治44)があるが、昆虫記念館は建設当初の場所で、原型を損なわれることなく残されている点で貴重な存在と言える。

IMG_6881_convert_20130324161859.jpg

特別標本室として建てられたが、現在の昆虫博物館の建物ができるまでは展示室としても使われていた。
なお標本の収蔵施設という性格上、床を高く造っている。

IMG_6917_convert_20130324162819.jpg

煉瓦造の壁体に木造の屋根を掛ける。

IMG_6882_convert_20130324154511.jpg

切妻部分のてっぺんにはチョウがいる。

IMG_6879_convert_20130324162328.jpg

公園内に佇むクリーム色の壁に赤い屋根の洋館は、長年岐阜市民に親しまれてきたと思われる。

IMG_6884_convert_20130324163355.jpg

親しまれ過ぎたのか、壁の煉瓦には落書きが。

IMG_6884_convert_20130324163706.jpg

「昭和十六年四月廿七日」
落書きのひとつは、大東亜戦争に突入した年のものだった。今から72年前である。

IMG_6891_convert_20130324154624.jpg

昆蟲碑。名和靖の還暦を記念して大正6年に建てられた。
害虫として駆除してきた虫の供養塔である。

IMG_6887_convert_20130324161607.jpg

昆蟲碑も武田五一設計。背面には「意匠 正五位勲四等工學博士 武田五一」

IMG_6892_convert_20130324161744.jpg

大正8年(1919)に同じく武田設計で、現在も使われている、煉瓦造の白タイル貼り二階建の名和昆虫博物館の建物が完成している。なお、名和昆虫研究所は現在もこの建物のすぐ傍にあり、研究を続けている。

IMG_6901_convert_20130324155031.jpg

平成8年の国による登録有形文化財制度の導入に際しては、岐阜県下の登録第一号となった。

IMG_6900_convert_20130324161111.jpg

装飾を控えたシンプルな外観の建物は、当時としては非常に斬新なものに写ったにちがいない。

IMG_6904_convert_20130324161354.jpg

玄関周りは石を多用し、少し重厚に仕上げている。

IMG_6895_convert_20130324164238.jpg

外壁を白いタイルで覆うのは、大正初~中期の洋館に多く見られる。弊ブログで紹介済のものでは、千葉の神谷傳兵衛別荘、埼玉の旧八十五銀行本店(共に大正7)神戸の旧西尾類蔵邸(大正8)、秋田の池田氏庭園洋館(大正11)、などがある。

IMG_6886_convert_20130324154348.jpg

内部にはシロアリ被害を受けた唐招提寺の古材が柱として使われている。解体修理の際に取り換えられたものを入手して用いたものである。

IMG_6909_convert_20130324161700.jpg

金華山を背に向かい合う昆虫記念館と昆虫博物館。

(参考)名和昆虫博物館ホームページ

第551回・岐阜公園三重塔

IMG_6942_convert_20130325010158.jpg

岐阜市の金華山山麓にある岐阜公園は、明治15年に開園した歴史ある都市公園である。
その中で、公園の整備が本格的に行われ始めた大正初期に建てられた朱塗りの三重塔が、金華山の緑に包まれ美しい姿を見せている。

IMG_7031_convert_20130325010640.jpg

大正天皇即位の御大典事業として、また五穀豊穣と岐阜市の繁栄を祈念する塔として、岐阜市により大正5年(1916)に建てられた。

IMG_6938_convert_20130325005719.jpg

公園のどこからでも見える三重塔。平成17年には国登録有形文化財になっている。

IMG_6935_convert_20130325005307.jpg

公園内にある織田信長居館跡から望む三重塔。

IMG_6934_convert_20130325004726.jpg

設計は伊藤忠太。弊ブログでも以前紹介した一橋大学兼松講堂や京都の西本願寺伝道院のような洋風建築の他に、平安神宮や明治神宮など、各地の社寺も多く設計している。

IMG_6932_convert_20130325004510.jpg

建設費用は当時の金額で5,500円。建築部材として、明治24年の濃尾地震で被災倒壊した旧長良橋の材木が使用されているという。

IMG_6930_convert_20130325003725.jpg

三重塔の建立場所は、日本画家の川合玉堂(1873~1957)が風水によりこの地を選定したという。
なお川合玉堂は岐阜に近い愛知県一宮市の出身で、少年時代は岐阜市に住んでいたそうである。

IMG_6931_convert_20130325004211.jpg

内部には弘法大師像などが祀られているという。

IMG_6936_convert_20130325005559.jpg

山麓に建つ鮮やかな朱塗りの塔は、新緑や紅葉の時期は見ものと思われる。

IMG_7033_convert_20130325010735.jpg

岐阜市民のために建てられた三重塔は、現在も市民に親しまれている。

第550回・旧報徳銀行水海道支店

IMG_6631_convert_20130321195408.jpg

茨城県常総市に残る大正時代の銀行建築。
大正7~12年(1918~23)頃に建てられたものと推測されている。現在は常総市が所有・管理している。

IMG_6615_convert_20130321211416.jpg

常時利用するには耐震補強が必要とされているとのことで、この建物は現在、内部は非公開である。
また東日本大震災でも損傷があったようである。

IMG_6617_convert_20130321195501.jpg

報徳銀行の店舗として建てられた建物はこの旧水海道支店のほか、大正11年竣工の旧大阪支店の建物が現存する。現在は「新井ビル」として現存しており、弊ブログでも既に紹介しているのでご参照頂きたい。
旧報徳銀行大阪支店(新井ビル)(弊ブログ第124回)

IMG_6627_convert_20130321211213.jpg

タイルの色調は大阪支店と似ているが、旧水海道支店の設計者等詳細は不詳のようである。

IMG_6614_convert_20130321212729.jpg

報徳銀行については来歴等よくわからない点が多い。大正13年には合併により東明銀行と名を変えているが、その後間もない昭和初期の金融恐慌の影響か、昭和4年には倒産したようである。
(参考)銀行変遷史データベース

IMG_6621_convert_20130321213303.jpg

水海道支店の設置は大正元年と伝えられているが、現在残る建物の正確な建築年は不明である。

IMG_6633_convert_20130321195600.jpg

様々な名前の銀行の看板を掛けてきたが、最後は関東つくば銀行水海道支店となり、平成18年まで使用されていた。

IMG_6620_convert_20130321211635.jpg

平成18年、関東つくば銀行から常総市に譲渡、同年市指定文化財となっている。

IMG_6629_convert_20130321195754.jpg

茨城県下でも数少ない大正期の銀行建築。

IMG_6637_convert_20130321211044.jpg

補強改修と再活用が待たれる建物である。

第549回・京都大学工学部土木工学教室本館

P1000127_convert_20130321193208.jpg

前回に引き続き、京都大学構内の近代建築。
文学部陳列館とほぼ同時期である大正6年(1917)竣工の工学部土木工学教室本館は、赤煉瓦の美しい外観が特徴。

IMG_7140_convert_20130321193311.jpg

正面全景。かつて京大では本部本館(現在の時計台)を始めとする主要な建物は、このような赤煉瓦の建物であったが、現在も残るものは多くない。

P1000136_convert_20130321193552.jpg

設計は文学部陳列館と同じく、山本治兵衛・永瀬狂三。

P1000125_convert_20130321193646.jpg

現在も現役で使用されている貴重な煉瓦造の学校建築である。

IMG_7141_convert_20130321193518.jpg

この建物も近年改修工事が行われたらしく、外壁がきれいになっている。

P1000131_convert_20130321193747.jpg

窓の建具ももとの姿を損なわないよう、同じ色・形状のアルミサッシが入れられている。

P1000130_convert_20130321193126.jpg

正面見上げ。

P1000129_convert_20130321193341.jpg

玄関。

IMG_7142_convert_20130321193046.jpg

玄関の天井は、装飾を打ち出して白く塗装された金属板を全面に貼っている。

P1000126_convert_20130321193424.jpg

京大構内に現在残る赤煉瓦建築の中では、規模・美しさ共に随一と言える建物。

第548回・京都大学文学部陳列館

IMG_7139_convert_20130321185853.jpg

明治から昭和10年代にかけて、東京・京都・東北・北海道・九州・京城・台北・大阪・名古屋の9ヶ所に設立された旧帝国大学のキャンパス内には、今もすぐれた近代建築が多く残されている所が多い。京都大学も戦前に建てられた施設の多くが現存する。今回紹介する文学部陳列館もそのひとつ。国登録有形文化財。

IMG_7138_convert_20130321191109.jpg

京大のシンボルである時計台が建っている、京大吉田キャンパスの本部構内の一角、教育学部本館の背後に文学部陳列館はひっそりと建っている。

IMG_7137_convert_20130321190018.jpg

大正3年(1914)に当時京都帝国大学建築部に在職していた山本治兵衛(1854~1919)と永瀬狂三(1877~1955)の設計で建てられた。山本治兵衛は弊ブログで以前取り上げた旧奈良女子高等師範学校、永瀬狂三は福井県敦賀市の旧大和田銀行本店の設計者でもある。

IMG_7127_convert_20130321190942.jpg

文学部が収集した各種資料を保存・陳列するための施設であったことから、学校建築としては異例の記念性の強い華やかなデザインが施されている。

IMG_7129_convert_20130321190434.jpg

煉瓦造の外壁にモルタルを塗り石造風に仕上げている。屋根は和風の桟瓦葺。

IMG_7130_convert_20130321191014.jpg

なお文学部陳列館は、昭和末年に総合博物館が建設される際に背面側が半分程度撤去されている。残された部分は文化財に登録後、改修工事が施され現在はきれいに整備されている。窓のアルミサッシも、古いサッシの形や色調が引き継がれており、建物の雰囲気を壊さないようにしている。

IMG_7126_convert_20130321190234.jpg

繊細な鋳鉄製の装飾が施された玄関ポーチ。

IMG_7135_convert_20130321190541.jpg

装飾部分を拡大。

IMG_7132_convert_20130322234701.jpg

玄関ポーチ天井の照明台座は、金属板をプレスして装飾を打ち出したものと思われる。

IMG_7136_convert_20130321190354.jpg

玄関の左手には国登録有形文化財のプレートが掲げられている。

IMG_7128_convert_20130321190116.jpg

文学部陳列館は、京都大学構内の近代建築の中でも目立たないが非常に美しい建物だと思う。

第547回・旧岐阜県庁舎(旧岐阜総合庁舎)

IMG_6704_convert_20130320131146.jpg

大正13年(1924)に竣工した旧岐阜県庁舎は、昭和41年の庁舎移転以来、岐阜総合庁舎として使われていたが、老朽化等により平成25年(2013)3月31日で閉庁、建物の側面及び背面の大半は取り壊された。ただし建物の正面部分は今後も保存・再利用される予定である。

IMG_6799_convert_20130320131632.jpg

当初の完成予想図。正面中央には高塔を戴せている。設計は矢橋賢吉・佐野利器を顧問、実施設計及び監督は県主任技師の清水正喜とされている。施工は大阪の銭高組。旧岐阜県庁舎は旧石川県庁舎と並び、最初期の鉄筋コンクリート造の県庁舎である。(竣工は石川が大正13年6月、岐阜が同年10月)なお顧問の矢橋賢吉は、旧石川県庁舎の設計にも関与している。

IMG_6864_convert_20130320131817.jpg

実際に完成した建物は図と異なり、塔がない。着工から間もない大正12年9月1日に、関東大震災が発生したことから耐震を強く意識した設計変更が為されたものと思われ、その結果、高塔の建設が取りやめられたものと思われる。

IMG_6787_convert_20130320180838.jpg

庁舎はE字形平面で、中央背部に県会議事堂を配する構成。戦後、背面及び隣接地に新議事堂及び庁舎増築が行われるが、岐阜市藪田南に現在の庁舎が竣工した事に伴い、岐阜県庁の本庁舎としての役目は終わったが、その後は岐阜総合庁舎として外郭団体や出先機関が入居、引き続き行政機関の庁舎として使用されてきた。

IMG_6696_convert_20130320131426.jpg

平成25年3月末を以て約90年近い行政庁舎としての役目に終止符を打ち、その後、写真の側面右側3分の1程度を残して側面・背面の大部分は取り壊された。残る正面側の全面と側面の一部については、新たな用途は未定だが、旧石川県庁舎と同様に保存される予定である。

IMG_6698_convert_20130320181706.jpg

閉庁後、岐阜県では旧県庁舎の文化財的価値について調査を行い、報告書が岐阜県庁のホームページに掲載・公開されている。当ブログ記事も同報告書に基づき、記事の加筆修正を行った。
「旧岐阜県庁舎建築文化財調査報告書」

IMG_6707_convert_20130320131950.jpg

同時期の府県庁舎で現存するものとしては、旧石川県庁舎の他、中央部分のみ県政資料館として保存されている旧鹿児島県庁舎(大正14年)、現在もなお現役最古の庁舎である大阪府庁舎(大正15年)がある。石川・大阪の両府県庁舎は既に弊ブログでは紹介済なので、外観や内部意匠等を比較して頂きたい。

IMG_6855_convert_20130320132228.jpg

簡素ながらも重厚な外観が特徴の旧岐阜県庁舎であるが、映画やドラマの撮影ロケ地としても多く利用されてきたこの建物の一般公開が平成25年3月16~17日に行われた。写真は全てそのときのものである。

IMG_6723_convert_20130320132546.jpg

一般公開には地元の人や県庁OBの人など、多くの人が訪れていた。

IMG_6847_convert_20130320132455.jpg

玄関を入ると目の前に現れる大理石貼りの重厚な階段。階段を始め庁舎内部には岐阜県産の大理石がふんだんに用いられている。これらの大理石は、岐阜県大垣市にある日本有数の大理石加工業者・矢橋大理石商店(現・矢橋大理石(株))が工事を手掛けている。

IMG_6711_convert_20130320134139.jpgIMG_6709_convert_20130320134028.jpgIMG_6713_convert_20130320134303.jpgIMG_6712_convert_20130320134234.jpgIMG_6717_convert_20130320134524.jpgIMG_6716_convert_20130320134454.jpg

階段を上がって振り返ると目に入る、飛騨アルプスの山並みと高山植物をあしらった六面の美しいステンドグラス。大阪でステンドグラス製作を行っていた木内真太郎(1880~1968)の作品。重要文化財となった松山の萬翠荘や、大阪中之島公会堂のステンドグラスの制作者としても知られる。

IMG_6727_convert_20130320141401.jpg

旧岐阜県庁舎の大きな見どころは、ステンドグラスや大理石をふんだんに用いた内部意匠にある。特に二層吹き抜けの豪壮な階段広間は映画のロケでも多く使用されている見事なもので、これほどの空間が現存する類例としては大阪府庁舎ぐらいであると思われる。なお、今は無いが大理石貼りの角柱の柱頭には、金属製の装飾が取り付けられていた。

IMG_7186_convert_20130321232131.jpg

今回の催しで無料配布されていたポストカードの写真。この空間の魅力を見事に捉えているので転載させて頂く。ところで、この階段の手摺子の間には、かつては金属製の飾り格子が嵌め込まれており(溝が入っているところに注目頂きたい)、先述の柱頭飾りと共に、戦時下の金属供出で取り外されたものと思われる。

IMG_6724_convert_20130320225101.jpg

天井はトップライトの天窓になっているので、非常に明るい。以前紹介した旧山梨県庁舎の階段室もトップライトになっているが、旧岐阜県庁舎は大理石貼りの回廊を周囲に巡らせる点で異なる。また、かつてはステンドグラスも嵌め込まれていた。(岐阜県の調査報告書には創建当時の階段ホールの写真が載っている)

IMG_6828_convert_20130320142533.jpg

階段ホールのステンドグラスは天窓のほか、左右二箇所の窓にも嵌め込まれていた。(写真左上の窓がその一つである)養老の滝と長良川の鵜飼が描かれた二面のステンドグラスは現在、現岐阜県庁舎の議会棟に移設されている。なお、天窓のものは現存しない。

IMG_6732+convert_20130320175907.jpg

階段踊り場の上部に据え付けられた、創建当初からのものと思われる電気時計。

IMG_6735_convert_20130320180001.jpg

階段室付近の床は、六角形と正方形の美しいモザイクタイル貼り。

IMG_6811_convert_20130320143844.jpg

天井周りに施された幾何学文様の漆喰装飾。

IMG_6747_convert_20130320174724.jpg

三階、階段広間の前にある正廰(庁)。戦前の各府県庁舎には必ずある部屋である。
これまで紹介してきた各府県庁舎と同様、最も格式高い内装が施されている。

IMG_6754_convert_20130320180358.jpg

正面中央には、天皇皇后両陛下の御真影を掲げるための場が設けられていた。正廰は重要な式典を行うための場であり、岐阜県庁の場合は戦前、この部屋が使用されるのは元旦、紀元節(建国記念の日)、天長節(天皇誕生日)の3日間のみであったという。

IMG_6753_convert_20130320181145.jpg

装飾が施された重厚な造りの正廰の扉。

IMG_6750_convert_20130320133954.jpg

幾何学文様が描かれた正廰のステンドグラス。今はない階段ホール天窓のステンドグラスも同様の意匠、色調であったものと推測されている。

IMG_6745_convert_20130320174956.jpg

公開時には入居していた各種団体・機関の事務所も、閉庁を前に殆ど移転を終えていた。硝子戸になった両開き扉など、建具も昔からのものと思われ、いい雰囲気である。これらの建具もできれば再利用されるとよいのだが。(内部写真を掲載している部分は保存が予定されている部分である。取り壊し予定の部分は非公開だった。)

IMG_6780_convert_20130320143523.jpg

庁舎正面両端に設けられた階段室。階段ホールと同様、天窓にはステンドグラスが嵌め込まれていたという。壁面の明り取り用小窓の両側には、簡素な装飾を持つレリーフがある。

IMG_6761_convert_20130320143136.jpg

旧岐阜県庁舎には、矢橋大理石商店の寄贈による大理石製暖炉飾りが6基、知事を始めとする幹部職員の部屋に設けられている。今回公開されていたのはそのうち2基で、写真は3階旧高等官食堂の暖炉。

IMG_6806_convert_20130320143223.jpg

旧知事室の暖炉。庁舎内の大理石は暖炉を始め、岐阜県産の大理石が用いられているが、知事室のみイタリア産と岐阜県産の組み合わせになっている。黒い菱形の部分が岐阜県産。

IMG_6804_convert_20130320143416.jpg

旧知事室の天井にも精緻な漆喰装飾が施されている。
なお、本記事の冒頭で紹介した完成予想図と模型は、この部屋に展示されていたものである。

IMG_6794_convert_20130320145148.jpg

旧知事室天井装飾を拡大。

IMG_6862_convert_20130320131232.jpg

大正時代の官公庁舎としても、岐阜の近代建築としても貴重な存在というべき旧岐阜県庁舎であるが、今後、有意義な保存活用の途が見いだされることを願うばかりである。特に内部階段ホールは、移設された二面のステンドグラスをもとの位置に戻し、失われた天窓ステンドグラスや金属装飾も復活させれば、現状の豪壮さに華麗さが加わり雰囲気が一変する筈である。

(平成25年3月27日追記)頂いたコメントをもとに記事本文を一部加筆修正しました。
(平成26年11月9日追記)「旧岐阜県庁舎建築文化財調査報告書」に基づき、記事本文を加筆修正しました。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード