第670回・旅館花屋

IMG_7560_convert_20131026103450.jpg

信州の鎌倉とも呼ばれる、長野県上田市の別所温泉にある大正時代創業の温泉旅館。創業当初から昭和中期までにかけて建てられた施設群は国の登録有形文化財となっている。

IMG_7564_convert_20131026102424.jpg

花屋の創業は大正6年(1917)で、この手の温泉旅館としては比較的新しいが、温泉旅館が並ぶ別所温泉でも別格の規模を誇る。花屋旅館のホームページによると、地元有志の共同出資で建てられたという。なお正式な登録名称は「旅館」ではなく「株式会社 花屋ホテル」である。

IMG_7558_convert_20131026103638.jpg

簡素で落ちついた印象の建物が並ぶ中で目を引く、城郭風の「お城棟」。中には客室と大広間が入る。

IMG_7553_convert_20131026102840.jpg

大正初期から昭和中期にかけて作り上げられた木造の施設群は、今もほぼそのまま使われている。

IMG_7606_convert_20131026112648.jpg

玄関。

IMG_7580_convert_20131026102611.jpg

本館の先には広い中庭を囲む形で浴室棟や客室棟が点在し、それらを渡廊下で繋ぐ構成を取る。

IMG_7549_convert_20131026104744.jpg

広い中庭を走る吹き放しの渡り廊下は、複雑に折れ曲がっているので様々な庭の眺めを楽しめる。

IMG_7517_convert_20131026104839.jpg

庭園との調和を考えたのか、渡り廊下はいずれも柱が細く目立たないように造られている。

IMG_7551_convert_20131026104923.jpg

訪れたときは早春で早かったが、中庭は季節によって桜や躑躅など、名前の通り様々な花で埋められるという。

IMG_7543_convert_20131026102220.jpg

中庭の一角に設けられた水車棟。これも登録文化財。

IMG_7586_convert_20131026101433.jpg

客室の造営に際しては、社寺が多い土地柄、地元の宮大工が腕を振るったという。また創業当初からの客室棟は他所からの移築もあり、写真の21番客室は新潟県高田市にあった遊郭の座敷を移築したものである。

IMG_7588_convert_20131026101546.jpg

IMG_7590_convert_20131026102029.jpg

華やかな意匠の欄間や天井画などに遊郭時代の名残が窺える。

IMG_7585_convert_20131026101739.jpg

書院窓の建具も見事な細工。

IMG_7601_convert_20131026101922.jpg

この部屋は床柱や書院窓に遊び心が見られる。

IMG_75942_convert_20131026111044.jpg

凝った意匠の建具を嵌めた書院窓。

IMG_7595_convert_20131026101835.jpg

カタツムリが這う床柱。

IMG_7574_convert_20131026102724.jpg

今回利用させて頂いた客室。

IMG_7507_convert_20131026105101.jpg

IMG_7508_convert_20131026105141.jpg

IMG_7514_convert_20131026105340.jpg

IMG_7509_convert_20131026105231.jpg

建具がすばらしい。

IMG_7484_convert_20131026105533.jpg

大正時代創業の宿にふさわしく、ハイカラな洋風の空間もある。
大理石とステンドグラスで飾り立てた浴室棟も登録文化財である。

IMG_7503_convert_20131026105710.jpg

浴室間仕切り上部のステンドグラスはアールデコ風。

IMG_74672_convert_20131026110257.jpg

IMG_74682_convert_20131026110519.jpg

IMG_75332_convert_20131026110813.jpg

脱衣場のステンドグラスは、草花をモチーフにしたアールヌーボー風のものもあった。

IMG_7567_convert_20131026112541.jpg

希望すればそのとき可能な範囲内で、上記21番客室など建物の案内もしてもらえる。

IMG_7561_convert_20131026112753.jpg

なお、別所温泉のすぐ近くには、以前紹介した建物が花屋旅館と同じく国登録文化財であるますや旅館のある田沢温泉もある。
スポンサーサイト

第669回・明治生命館

IMG_6973_convert_20131021220809.jpg

東京丸の内にある明治生命館は、建築家・岡田信一郎の代表作にして我が国における様式建築の到達点とされる建物である。また意匠のみならず構造・設備面からも戦前におけるオフィスビルの最高峰に位置づけられる。昭和期の建造物としては初めて、国の重要文化財に指定されている。

IMG_3154_convert_20131021222038.jpg

昭和9年(1934)に竣工。岡田信一郎設計、竹中工務店施工。
工事途中に岡田信一郎は死去したため、実弟で同じく建築家の岡田捷五郎が設計監督を引き継ぎ完成させている。なお岡田捷五郎は、大津の旧琵琶湖ホテルの実質的な設計者とされている。

IMG_9092_convert_20131021224553.jpg

現在の明治生命館は二代目で、初代明治生命館は明治28年(1895)に竣工した旧三菱二号館(設計はJ・コンドルと曽禰達蔵)である。これを昭和5年に取り壊して、その跡地及び隣接地に建てられたのが現在の明治生命館である。写真の模型は、明治生命館のロビーに展示されている。

1_convert_20131021220528.jpg

当初旧二号館は残し、隣接地に新館を建設する予定であったとされる。明治生命の建築顧問であった曽禰達蔵(1853~1937)に設計を依頼されたが、曽禰は自ら推薦した8名の建築家による指名コンペ(設計競技)を提案、その結果、岡田の案が採用された。しかし実施設計に際し岡田は、新旧の敷地をひとつとした大建築こそ望ましいとして、結局曽禰の許しを得た上で旧二号館は取り壊されることになった。

2_convert_20131021220637.jpg

このとき先述の模型が作成されるとともに、外壁の装飾の一部が僅かな記念として残されることになった。取壊し工事中は、曽禰はその様子を涙を浮かべながら見つめていたという。このとき保存された部材のうち、玄関脇の石柱は現在明治村で見ることができる。

IMG_69743_convert_20131021223052.jpg

建築界の大先輩というべき曽禰達蔵が設計した建物に代わる建物として、岡田は設計に心血を注ぐが着工後間もない昭和7年に50歳で病死、後を岡田捷五郎が引き継ぎ完成させた。なお曽禰達蔵は新しい明治生命館の竣工を見届けてから3年後の昭和12年に世を去っている。

IMG_9021_convert_20131021221035.jpg

竣工から63年後の平成9年に、昭和期の建造物として初めて国指定重要文化財となった。
平成13年から本館の改修工事が行われると同時に、背後に超高層の明治安田生命ビルが建てられ、現在も明治安田生命の本社屋の一部として現役で使われている。

IMG_9016_convert_20131021221129.jpg

華麗なブロンズ製の格子や照明などは戦時中の金属供出で失われたため、戦後復旧されたものである。

IMG_91182_convert_20131021224329.jpg

軒の上部には獅子型のガーゴイルが見られる。

IMG_91112_convert_20131026003934.jpg

明治生命館は、現在土日限定で無料一般公開されている。営業室他、1・2階の主要室が見学できる。

IMG_9109_convert_20131024231551.jpg

1階日比谷通り側、玄関内壁のレリーフ。

IMG_9027_convert_20131024225230.jpg

やや簡素な趣の1階、現在ラウンジとなっている部分。

IMG_9079_convert_20131024231925.jpg

上記ラウンジとは反対側にある営業室。イタリア産大理石を用いた華麗な空間が広がる。

IMG_9098_convert_20131024231409.jpg

IMG_90342_convert_20131024231114.jpg

営業室の天井装飾。

IMG_9087_convert_20131024231259.jpg

馬場先通り側玄関を内側から望む。

IMG_9088_convert_20131021230439.jpg

IMG_9075_convert_20131024225928.jpg

記帳台も大理石製で緻密な装飾が施されている。

IMG_9074_convert_20131024230642.jpg

営業室から二階へ通じる階段。

IMG_9039_convert_20131021230111.jpg

2階会議室。明治生命館は敗戦後、昭和31年まで11年間米軍に接収され米国極東空軍司令部として使用されていた。その間米・英・中華民国・ソ連の4ヶ国代表で構成される対日理事会が設置され、講和条約が発効する昭和27年まで、同理事会の会議が主にこの会議室にて行われていたという。

IMG_9038_convert_20131021225911.jpg

明治生命館は第一生命館(旧GHQ本部)と共に、敗戦後の占領時代の生き証人でもある。

IMG_9047_convert_20131021230026.jpg

その歴史のためか、重苦しささえ感じる重厚な会議室とは異なり、アーチ型の梁が軽快な印象を与える食堂。

IMG_9046_convert_20131026003815.jpg

梁にはブドウの装飾が施されている。

IMG_9059_convert_20131024232324.jpg

1階営業室の吹き抜けを囲むように、重役用の執務室や応接室が並ぶ。

IMG_9062_convert_20131024225354.jpg

いずれの部屋も重厚な家具が置かれ、部屋の趣もそれぞれ異なる。

IMG_9066_convert_20131024225704.jpg

明治生命館は創建当時作られた質の高い家具も多数残されているのが特徴である。
大正から昭和戦前に活躍した家具デザイナー・梶田恵(1890~1948)の作品である。岡田信一郎が教鞭を執っていた東京美術学校(現東京藝術大学)出身で、旧鳩山一郎邸など他の岡田作品の家具も手掛けている。

IMG_9048_convert_20131021225202.jpgIMG_9061_convert_20131021225515.jpgIMG_9053_convert_20131021225319.jpgIMG_9064_convert_20131021225611.jpg

各部屋の暖炉。

IMG_9113_convert_20131021230834.jpg

日比谷の濠端では昭和13年竣工の第一生命館と共に、戦前の大建築として今も変わらない威容を見せる。

第668回・旧郡山橋本銀行会津支店

IMG_2610_convert_20131021233355.jpg

先日紹介した会津若松市の白木屋漆器店に隣接して建つ昭和初期の銀行建築。
様式建築の鬼才と言われた岡田信一郎の設計で、正面に6本並ぶイオニア式列柱が特徴の建物である。

IMG_2615_convert_20131021233306.jpg

昭和2年(1927)に建てられたとされるが、昭和4年の竣工とする情報もある。金融恐慌で郡山橋本銀行は他行と合併したことから同行の支店として使われることは無く、新潟に本店を置く第四銀行の支店として昭和10年から55年まで使われていた。現在は滝谷建設工業(株)の会津若松支店として使われている。

IMG_2601_convert_20131021233610.jpg

「銀行変遷史データベース」によれば、郡山橋本銀行は大正7年に、長野にあった海瀬銀行が福島に本店を移転、改称した銀行であるという。金融恐慌後の昭和3年に郡山銀行と合併し郡山合同銀行となるが、同行は昭和11年に廃業・消滅している。

IMG_2609_convert_20131021233208.jpg

白木屋漆器店と共に七日町通りの代表的な洋風建築であり、いずれも会津若松市の歴史的景観指定建造物に指定されている。

IMG_2602_convert_20131021233128.jpg

側面は非常に簡素。デザインは建物正面に集約させた印象を受ける。

IMG_2603_convert_20131021233822.jpg

IMG_2606_convert_20131021233025.jpg

これだけ柱を強調した建物も珍しいと思う。

IMG_2629_convert_20131021233653.jpg

岡田信一郎(1883~1932)は東京の歌舞伎座や明治生命館、大阪の中之島公会堂などの設計で知られる建築家である。

IMG_2613_convert_20131021233745.jpg

本ブログでは岡田が設計或いは改修に携わった建物として、旧鳩山一郎邸黒田記念館ニコライ堂を紹介している。

IMG_2608_convert_20131021234148.jpg

次回は、岡田信一郎の代表作である東京の明治生命館を紹介予定。

第667回(記事削除)

本記事は内容に問題がありましたため、削除致します。
関係者の方々に対しましては、御迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます。

第666回・山崎家住宅

IMG_22672_convert_20131014134841.jpg

川越の蔵造り商家の中でも、とりわけ重厚さが際立つもののひとつ。
天明年間創業の和菓子の老舗「亀屋」の当主・五代目山崎嘉七によって、明治26年の川越大火後間もなく建てられた。川越市指定文化財。

IMG_22622_convert_20131014134949.jpg

後述するが、以前紹介した山崎家別邸の本宅に当たる。

IMG_2264_convert_20131014135200.jpg

街路に面して店蔵と袖蔵を構える。また屋敷地内にはこれらの建物以外に、かつて菓子工場として使われ現在は山崎美術館として使われている土蔵や、接客用の客座敷の建物がある。

IMG_22682_convert_20131014134916.jpg

山崎家出入りの大工棟梁・関谷重蔵が建設したものである。

IMG_22643_convert_20131016000840.jpg

山崎家は、初代嘉七が天明3年(1783)に、修業していた川越の亀屋清右衛門から亀屋の暖簾を許され、創業したと伝わる。後には川越藩の御用を勤め、明治維新後は四代目嘉七が国立第八十五銀行の創立に関わるなど、川越の有力商人として重きを為した家である。

IMG_2270_convert_20131014135106.jpg

山崎美術館の入口となっている側面の門と土蔵。山崎美術館では山崎家が所蔵する川越出身の日本画家・橋本雅邦の作品を公開している。

IMG_2144_convert_20131014135030.jpg

門の奥、美術館入口の反対側にある玄関。客座敷用の玄関だろうか。

IMG_2285_convert_20131016000945.jpg

すぐ近くに建つ山崎家の分家。茶を商っていることから菓子を扱う本家が「もち亀屋」と呼ばれるのに対し分家は「お茶亀屋」と呼ばれている。建物は本家より後、明治38年に全ての建物が竣工している。本家と同じく川越市指定文化財。

IMG_2189_convert_20131016001147.jpg

五代目嘉七が晩年に当たる大正14年(1925)に、隠居所として建てた別邸。
本宅のある表通りから少し離れた場所に建っている。これも近年川越市指定文化財となった。

IMG_2193_convert_20131016001650.jpg

本宅とは対照的な、外観・内装ともに明るく軽快な造りの住宅。建築家・保岡勝也の設計。

IMG_2210_convert_20131016001407.jpg

この山崎家別邸と、同じ建築家の設計による第八十五銀行本店については、いずれも本ブログにて紹介済であるが今回、写真の差替・追加など記事のリニューアルを行ったので、本記事と併せて御覧頂けると幸いである。

旧第八十五銀行本店(埼玉りそな銀行川越支店)
旧山崎家別邸

第665回・白木屋漆器店

IMG_26322_convert_20131019232000.jpg

福島県の会津若松市は、戦災を免れたこともあり街中にも古い建物が多く残されている。
中でも七日町通りに面して建っている白木屋漆器店は、堂々とした洋風の外観が特徴。

IMG_2623_convert_20131020095302.jpg

白木屋漆器店は、当地の伝統産業である会津塗の漆器の製造・販売を行っている。白木屋の創業は慶安年間、漆器の取扱いは享保年間からという、会津若松でも指折りの老舗である。

IMG_26202_convert_20131020095818.jpg

現在の店舗は大正3年(1914)に竣工したもの。当地の伝統的な土蔵造りの技法を活かした3階建で、内外に洋風の意匠を凝らしている。屋根は会津地方で多く見られる赤瓦葺き。

IMG_2618_convert_20131020095131.jpg

釉薬や塩を使って赤く焼き上げられた瓦は、凍害に強いことから雪の多い寒冷地で普及した。若松城(鶴ヶ城、会津若松城)の屋根にも用いられている。

IMG_26312_convert_20131019232458.jpg

重厚な店舗は、古い洋風・和風の建物が多く残されている七日町通り界隈でもとりわけ目立つものである。なお右奥の建物は、昭和初期に竣工した旧郡山橋本銀行若松支店である。また稿を改めて紹介予定。

IMG_2614_convert_20131019232314.jpg

創建当初、洋風の本館の両脇に土蔵を構える構成であったが、土蔵は昭和40年代に撤去したため、今は片方のみ現存。写真の手前側にもかつては土蔵があった。

IMG_2605_convert_20131019232150.jpg

本館部分を背面から見る。

IMG_2604_convert_20131019232701.jpg

背面には土蔵など和風の建物が建っており、洋風部分は店蔵として建てられたことが分かる。

IMG_2600_convert_20131019232234.jpg

ショーウインドウのある店舗入口。

IMG_26242_convert_20131020095739.jpg

二階の陳列室へ続く玄関。

IMG_2595_convert_20131019232627.jpg

二階の陳列室内部も、木枠のついた陳列棚など大正時代の雰囲気を良く残している。

IMG_2592_convert_20131020095009.jpg

白木屋漆器店のホームページでも店舗建物について詳細に紹介されている。

白木屋漆器店ホームページ 建物の話

第664回・川越基督教会

IMG_2130_convert_20131017225314.jpg

洋風建築も多く残る埼玉の川越には、赤煉瓦の教会もある。
川越基督教会は日本聖公会の教会堂で、大正10年(1921)の竣工。国登録有形文化財。

IMG_22862_convert_20131017225719.jpg

以前取り上げた大阪の川口基督教会と同じ米国人の宣教師建築家・ウィリアム・ウィルソンの設計による。
施工は清水組(現清水建設)。

IMG_2129_convert_20131017225136.jpg

川越基督教会の礼拝堂は、現在のものは二代目に当たる。

IMG_2131_convert_20131017225554.jpg

川越への宣教は明治11年(1878)にさかのぼり、明治22年(1889)に最初の礼拝堂が建てられた。

IMG_2132_convert_20131017225400.jpg

しかし4年後、明治26年の川越大火で焼失、その後再建されるのは、約四半世紀後のことになる。

IMG_21332_convert_20131017230250.jpg

ゴシック様式の尖塔アーチを持つ窓。

IMG_2134_convert_20131017225806.jpg

塔屋の尖塔アーチ窓。

IMG_2135_convert_20131017225517.jpg

煉瓦の壁にツタはよく合う。

IMG_2138_convert_20131017225649.jpg

礼拝堂入口。

IMG_2136_convert_20131017225901.jpg

重厚な商家の目立つ川越において、素朴ながらも美しい赤煉瓦の姿を見せている。

第663回・旧杉山家住宅

IMG_20232_convert_20131012203754.jpg

旧杉山家住宅は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている大阪府富田林市の旧寺内町の中でも最古とされている民家。狩野派の障壁画が残る座敷や、明治期に増築されたアールヌーボー調の手摺を持つ螺旋階段もある。国指定重要文化財。

IMG_2112_convert_20131012204006.jpg

杉山家は富田林寺内町の創建にも関わったとされており、明治の半ばまで造り酒屋を営んでいたという旧家であり、与謝野晶子などと共に明治後半に活躍した女流歌人・石上露子(本名・杉山孝)(1882~1959)の生家でもある。

IMG_21092_convert_20131014133246.jpg

屋根の上に見えるのは、台所の真上に設けられる煙出し。

IMG_2023_convert_20131012203841.jpg

主屋は江戸時代中期の創建とされ、当初は土間とその周りだけであったのが、後年現在の規模にまで拡張されたものと考えられている。酒造業を営んでいた最盛期には周囲に酒蔵もあったというが、これは現存しない。

IMG_2106_convert_20131014131810.jpg

寺院を思わせる重厚な本瓦葺きの屋根。

IMG_2024_convert_20131014131700.jpg

昭和58年に国の重要文化財に指定。現在は富田林市が所有・管理しており、一般公開されている。

IMG_2088_convert_20131014132037.jpg

太い梁が印象的な土間。南河内地域の伝統的な農家の間取りに、後年の増築による書院座敷や茶室が付加される構成をとる。

IMG_2084_convert_20131012204131.jpg

梁の太さに注目。

IMG_2083_convert_20131014134247.jpg

格子の間。街路に面した部屋である。
明治期に杉山家を訪れた山岡鉄舟の書が扁額に残されている。

IMG_2032_convert_20131014133544.jpg

土間と土間に面した座敷が創建当初からの部分で、奥は後年増築された部分である。

IMG_2029_convert_20131014133911.jpg

大床の間。
狩野派絵師、狩野杏山守明の筆になる障壁画 「老松図」がある。

IMG_2039_convert_20131012204052.jpg

座敷にも狩野杏山守明が描いたという山水画が残る。壁に直接絵を描いた障壁画のある書院座敷は近代以前の大名屋敷や豪商、豪農の邸宅ではよく見られるが、近代以降の伝統建築ではあまり見られない。

IMG_2037_convert_20131014134449.jpg

明治維新による旧幕府時代の身分秩序の崩壊と新興富裕層の台頭や、西洋技術の導入や国内における大工棟梁の移動交流の活発化などによって、伝統的和風建築は明治以降大きな発展を遂げ、優れた書院造の座敷を有する邸宅も多数建てられたが、襖絵や板戸など建具はあれども、壁面に障壁画を描いた建物はなぜか非常に少ない。

IMG_2056_convert_20131014133425.jpg

近代以降の和風建築に障壁画が非常に少ないのは、明治維新後に日本画が一時非常に衰退したことと関連があるのかも知れない。

IMG_2036_convert_20131014134137.jpg

本ブログの趣旨とは外れる建物の紹介であるが、江戸時代のすぐれた書院座敷を存分に鑑賞できる建物である。

IMG_2038_convert_20131014131608.jpg

奥座敷。
左から違い棚、床の間、書院窓がひとつの壁面に一列に並ぶ、珍しい構成の座敷。

IMG_2045_convert_20131014132612.jpg

奥座敷の欄間は、江戸時代中期の大坂を代表する狩野派の絵師・大岡春卜が原図を描いたといわれるもの。
菊の花と筧を組み合わせた、大胆で斬新な構図の欄間。

IMG_2040_convert_20131014133717.jpg

奥座敷から縁側の先にある茶席を望む。

IMG_2097_convert_20131014132942.jpg

庭からみた茶席。

IMG_2092_convert_20131014132743.jpg

奥座敷の棟を外から見る。

IMG_2107_convert_20131014134642.jpg

庭に向かって一室だけ角のように突き出していることから角屋(つのや)と呼ばれている部屋。

IMG_2059_convert_20131012203934.jpg

明治期の改築で造られた洋風の螺旋階段。手摺がアールヌーボー調の曲線を描く。

IMG_2063_convert_20131014132656.jpg

明治末期から大正初期の洋館で部分的にアールヌーボー風の装飾を施す例は多い(例:旧中埜半六邸の神棚の方杖、旧伊庭貞剛邸の暖炉飾り、旧武藤山治邸のステンドグラス等)が、このような旧家の建物では珍しい。

IMG_2071_convert_20131014134354.jpg

二階部分も洋風の手摺を付ける。

IMG_2069_convert_20131014134547.jpg

二階には居室はなく、物置用の屋根裏部屋(つし)になっている。
現在は建物の歴史などについての展示室に使われている。

IMG_2091_convert_20131014133024.jpg

今回は近世の古民家を紹介させて頂いたが、このような建築も造られていた江戸時代までの建築文化の蓄積が、明治以降の多くの優れた洋風・和風建築が生み出されて行くことに繋がっていると筆者は考えている。

旧ジョネス邸 現地保存ならず

神戸市垂水区塩屋の旧ジョネス邸は、現地保存は不可能となったようです。

以下、一般社団法人 旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会より引用。

「旧ジョネス邸の現地保存は残念ながら絶望的となりました

これまで皆様方の多大なご支援を受け、旧ジョネス邸を現地保存するべく活動してまいりましたが、力及ばずご期待に応えることは叶わなくなりました。

9月末より買い取り交渉に入っていた再生可能エネルギー企業は、持続可能な社会を目指す社の理念と旧ジョネス邸の保存継承・塩屋の街としてのあり方に共通する価値観を高く評価し、最後まで共に保存への道を探ってくださいましたが、価格面や、研究調査のための許認可その他の条件を満たすことができず、購入を断念せざるを得ませんでした。
あなぶき興産に対しては、垂水区役所と共に3億6千万円の売却価格・わずか2週間という契約期限の見直しを打診しましたが、社としての決定だということで、残念ながら一切の譲歩は得られませんでした。
ただし、あなぶき興産からは、旧ジョネス邸の部材・備品については全て譲ってもよいとの約束をいただいていますので、限られた時間の中で可能な限り部材を保存し、将来何らかの形で移築再生等が可能になるよう、全力を尽くしたいと思います。

最後になりましたが、これまでご支援・ご協力いただいた皆様方には、心よりお礼を申し上げます。
また、現地保存は叶いませんでしたが、前述のように何らかの形で旧ジョネス邸を次の世代へ継承するための活動は続けてまいりますので、引き続きご支援・ご助力いただけましたら幸いです。

なお、現在いただいているご寄付につきましては、塩屋地区近辺の歴史的建築物保存のために大切に使わせていただきます。

また塩屋百年舎への出資お申し込みにつきましては、現地保存という本来の目的が果たせなかったため、一旦ご入金を辞退させていただき、今後の活動の具体的な方針が決定しましたら、改めて皆様方のご意向を伺いたいと思います。」

(以上、引用終了)

決して簡単に実現するような話ではないと思ってはいましたが、本当に残念です。

ただ建物の部材・備品については譲渡を認めるとのことなので、移築保存の可能性が残されている点ではまだ保存に向けた活動は決して終わった訳ではないと思います。
もし移築が実現するにしても、舞子の旧武藤山治邸のように、せめて塩屋の近隣(須磨・垂水・舞子界隈)で、海を望む場所への移築復元が実現されれば非常によいのですが。

保存に向けてご尽力されてきた関係者の皆様におかれましては、どうか引き続き頑張って頂きたいと思います。
弊ブログでは引き続き旧ジョネス邸の保存活動を応援させて頂くと共に、今後の動きもご紹介させて頂く所存です。


塩屋の海岸からは姿を消すことになった旧ジョネス邸。2度目の移築が実現される事を期待します。
IMG_6300_convert_20100618215752.jpg

上記本文で触れた旧武藤山治邸。旧所在地の近隣に移築保存された。
(神戸市垂水区東舞子町 → 同町舞子公園内)一度全く異なる場所に移築されたが、2度目の移築により、旧所在地と似た条件の場所に保存されている。
IMG_0029_convert_20131014232620.jpg

第662回・旧武州銀行川越支店(川越商工会議所)

IMG_22722_convert_20131014005714.jpg

前回に引き続き、埼玉県の銀行建築。
蔵造りの商家が並び、小江戸とも称される川越には、これまで取り上げた旧八十五銀行旧山吉デパートなど質の高い洋風建築も多く残されている。今回取り上げる旧武州銀行川越支店もそのひとつ。国登録有形文化財。

IMG_22762_convert_20131014010907.jpg

武州銀行は大正7年(1918)に、埼玉出身で日本の近代資本主義の生みの親でもある澁澤榮一も関与して設立、翌年より開業した銀行。浦和町(現在のさいたま市)に本店を置き、資本金500万円で当時県下最大の銀行であった。なお武州とは武蔵国(現在の東京都、埼玉県、神奈川県の一部)の別称。

IMG_2275_convert_20131014005120.jpg

これまで取り上げてきた地方銀行の例に漏れず、武州銀行も戦時下の国策(一県一行)によって昭和18年に八十五銀行他県下2行と合併、埼玉銀行となる。(現在は埼玉りそな銀行)

IMG_2273_convert_20131014005312.jpg

川越支店の店舗は大正15年に着工、翌昭和2年(1927)に竣工した。昭和45年に川越商工会議所が購入、現在も同所の事務所として使われている。

IMG_22742_convert_20131014010016.jpg

玄関上部のメダリオンには武州銀行の社章が今も残されている。

IMG_21422_convert_20131014010455.jpg

澁澤榮一の遠戚にもあたる作家・仏文学者の澁澤龍彦(1928~1987)の父親は、この建物で支店長として在勤していたことがあるという。

IMG_2143_convert_20131014010131.jpg

大振りなドリス式列柱を強調したような外観は、京都の旧村井銀行七条支店(大正3年)と似ている。

IMG_2279_convert_20131014005833.jpg

設計は前田健二郎(1892~1975)。東京銀座の資生堂本店や、現存する建物では京都の京都市美術館(昭和8年)や三重県津市の千歳文庫(昭和5年)などを設計した建築家である。

IMG_2281_convert_20131014010217.jpg

この建物がある場所はかつて川越銀座と呼ばれた市内有数の商店街で、昭和30年頃には県内でも早い時期に当時としては新しい試みであったアーケードを取り付けていたが、平成7年に旧武州銀行などの古い建物の外観を活かすためにこれを撤去している。英断と言うべきである。

IMG_2277_convert_20131014010252.jpg

川越の洋風建築の中でも重厚さでは随一で、蔵造りの商家と好対照を為している。

第661回・旧中井銀行岩槻支店(東玉大正館)

IMG_2354_convert_20131013232815.jpg

さいたま市岩槻区(旧岩槻市)にある旧中井銀行岩槻支店は大正時代後期に建てられたとされる建物。
国登録有形文化財。

IMG_2352_convert_20131013231519.jpg

旧中井銀行岩槻支店は東武野田線岩槻駅から程近い場所に建っている。
同時期の建築である茨城県の旧報徳銀行水海道支店を思わせる、焦茶色のタイル貼りに直線を基調としたデザインが特徴。

IMG_2348_convert_20131013232639.jpg

旧岩槻市は江戸時代は岩槻城の城下町であり、日光御成街道の宿場町として栄えた町である。
街道沿いには今も古い商家などの建物も点在するが、近代の洋風建築は珍しい。

IMG_2345_convert_20131013232450.jpg

構造は煉瓦造の二階建で、近くからは見えないが屋根は日本瓦葺き。

IMG_2341_convert_20131013231855.jpg

中井銀行は大正9年に設立されたが、創立8年後の昭和3年に昭和銀行に買収され、昭和銀行も戦時下の同19年に安田銀行と合併された銀行である。(「銀行変遷史データベース」より)

IMG_2342_convert_20131013233327.jpg

昭和2年に起こった金融恐慌では、全国各地で中小の銀行の数多くが、経営が危うくなった事によって買収・合併が行われたが、中井銀行もそのひとつと思われる。

IMG_2343_convert_20131013232240.jpg

右書きで「株式会社 ・・銀行 岩槻支店」と思われる文字がうっすらと残る。
中井銀行か、その後身の昭和銀行かは、判然としない。

IMG_2350_convert_20131013231805.jpg

直線を基調とした外観において、銀行名が記された玄関上部の半円飾りが外観のアクセントになっているように思える。

IMG_2357_convert_20131013231958.jpg

現在は、日本人形の製造を行う東玉が「東玉大正館」の名で使用している。
岩槻は古くより日本人形の生産地として知られている。

IMG_2347_convert_20131013233446.jpg

川越市の旧八十五銀行本店や秩父の旧武毛銀行本店と並ぶ、埼玉県下に現存する大正期の銀行建築である。

第660回・旧植田家住宅

IMG_29182_convert_20131012103850.jpg

大阪府八尾市にある旧植田家住宅は、江戸時代に行われた大和川の付け替え工事に伴い開発された安中新田の会所屋敷跡を継承したものと考えられている古民家である。主屋及び土蔵などの付属建物は江戸末期から大正期にかけて建てられた。

IMG_2956_convert_20131012105550.jpg

旧植田家住宅は八尾市の南部、JR大和路線八尾駅の近くに建っている。

IMG_2955_convert_20131012105630.jpg

街路に面した表門は明治中期に建てられたものと考えられている。

IMG_2954_convert_20131012105709.jpg

表門をくぐると主屋が現れる。主屋と二棟ある土蔵のひとつは江戸時代末期(文政年間)の建築と考えられている。残る一つの土蔵は大正時代のものであるという。

IMG_2951_convert_20131012111406.jpg

主屋は創建以降増改築を重ねており、創建当初から残る部分と考えられている土間部分は新田会所として建てられたものを引き継いでいる可能性もあるという。

IMG_2950_convert_20131012111510.jpg

新田会所とは、新田開発及び経営の前線基地であると同時に、代官等の接待所としての機能も持つ建物のことである。

IMG_2946_convert_20131012111909.jpg

大阪府下には現存する新田会所の建物として、東大阪市の鴻池新田会所(国指定需要文化財)、大阪市の加賀屋新田会所(大阪市指定史跡・指定文化財)がある。

IMG_2942_convert_20131012112056.jpg

旧植田家住宅は現在、八尾市の所有で一般公開されており、「安中新田会所跡旧植田家住宅」として八尾市指定文化財となっている。

IMG_2918_convert_20131012104900.jpg

華やかな金襖のある座敷。

IMG_29292_convert_20131012110955.jpgIMG_29282_convert_20131012110758.jpg

茶碗、茶釜などの茶道具をあしらった座敷欄間。

IMG_2916_convert_20131012105000.jpg

IMG_2917_convert_20131012105158.jpg

現在残る床の間のある座敷は、明治以降の増改築で新たに設けられたものと考えられている。

IMG_2919_convert_20131012111802.jpg

座敷の書院窓。

IMG_2931_convert_20131012111947.jpg

吹き放しの廊下。

IMG_2930_convert_20131012105903.jpg

くり抜いた大理石の一枚板を乗せた洗面台。明治以降のものであろう。

IMG_2926_convert_20131012110904.jpg

「つし」と呼ばれる二階の物置部分。

IMG_2920_convert_20131012105035.jpg

二階にも、明治末期の改装で新たに設けられた床の間付きの居室がある。

IMG_2922_convert_20131012111124.jpg

古い生活道具を用いて寝室の模様を再現した二階の部屋。

IMG_2921_convert_20131012105515.jpg

二階の虫籠窓から外をみる。

IMG_2948_convert_20131012115447.jpg

旧植田家住宅は、江戸時代における当地の集落の成立過程が分かる、地域の歴史の証人であるとともに、歴史的な家並みが今も残る周辺地域の景観の構成要素となっている。

第659回・旧大蔵省庁舎(財務省庁舎)

IMG_2053_convert_20131007003247.jpg

前回の旧文部省庁舎に続き、昭和戦前に建てられた霞が関の中央省庁庁舎。
今回は昭和15年(1940)に仮竣工した大蔵省(現・財務省)庁舎。文部省庁舎と同じく大蔵省営繕管財局の設計であるが、戦争の影響で工事を一時中止した経緯もあり、極めて地味な外観となっている。

IMG_2008_convert_20131007001944.jpg

霞が関に移転する前は、大蔵省は大手町にあった明治7年(1874)に竣工した内務省と合同の木造二階建の庁舎に入っていたが、大正12年(1923)の関東大震災で焼失した。なお、大手町の庁舎敷地内には平将門の首塚があったが震災後、首塚は仮庁舎を建てるため調査の後取り壊された。

IMG_2015_convert_20131007002708.jpg

その後、当時大蔵大臣であった早速整爾(1868~1926)や、当時建設中であった帝国議会議事堂の責任者であった管財局工務部長の矢橋賢吉(1869~1927)が相次いで急逝したことから祟りの噂が立ち、昭和2年に鎮魂碑が建てられている。(現在、将門の首塚とされているのはこのときの鎮魂碑と思われる)

IMG_2020_convert_20131007002117.jpg

またこのとき建てられた仮庁舎は、昭和15年に落雷による火災で焼失している。
この将門の首塚と、大蔵省関係者の相次ぐ急死や仮庁舎焼失にまつわる話は有名であるが、財務省の外局である国税庁のホームページでも取り上げられている。

IMG_20102_convert_20131007002417.jpg

さて霞が関の新庁舎建設は、一連の霞が関への中央省庁の移転新築では最後の建物として昭和9年に工事に着手したが、12年の支那事変勃発の影響を受け工事は一時中断される。しかし昭和15年に大手町の仮庁舎が落雷で焼失したため霞が関の庁舎を仮竣工として移転、入居後も昭和18年まで内装などの工事が続けられたという。

IMG_2055_convert_20131007002227.jpg

敗戦後は米軍将校宿舎として昭和30年まで接収されている。接収解除後に内外装の改修及び外壁タイルの工事が行われ、昭和38年にようやく完全竣工を迎えている。庁舎外壁のタイルはこのときの工事で初めて貼られたものであり、それまではコンクリート剥き出しの外壁であった。(参考)国土交通省官庁営繕ホームページ

IMG_2049_convert_20131007002904.jpg

陰気で地味な印象の建物であるが、正面玄関の石の3連アーチは堂々としたものである。
当初設計ではもっと装飾的なものになっていたが、実施設計では重厚ながらも簡素なものになっている。また正面中央の付け柱の頂部にも装飾が施される予定であったが、これも省略されている。

IMG_20522_convert_20131007002622.jpg

大蔵省庁舎が他の官公庁舎と比べて珍しいのは平面で、正面の3連アーチは玄関ではなく、中庭へ通じる門になっている。従って正面玄関は街路に面しては置かず、中庭の奥に配されており、このような防御的な構成をとる建物は他に知る限り、日本銀行本店ぐらいである。

IMG_20542_convert_20131007003632.jpg

この建物の今後であるが、平成19年に政府がまとめた「国有財産の有効活用に関する報告書」によると、財務省庁舎は将来、高層の合同庁舎への改築が予定されている。

IMG_2048_convert_20131007003440.jpg

ただし同報告書では、歴史的建造物として同庁舎を位置づけているので、特徴ある玄関部分など何らかの形で部分的に保存が図られる可能性はある。

(参考資料)
 上記、国税庁及び国土交通省官庁営繕ホームページ
「図面でみる都市建築の昭和」(鈴木博之・初田亨編 平成10年柏書房刊)当初設計図が掲載されている。
「権力の館を歩く」(御厨貴著 平成22年毎日新聞社刊)竣工に至るまでの経緯が記されている。

第658回・旧文部省庁舎

IMG_20222_convert_20131006170522.jpg

霞が関の中央省庁で、現在も戦前に建てられた庁舎が残っているのは旧司法省(法務省)、旧文部省(文部科学省)、旧大蔵省(財務省)の3省のみである。赤煉瓦の明治建築である旧司法省庁舎は以前本ブログにて記事にしたが、今回は昭和初期の建築である旧文部省庁舎。昭和7年(1932)の竣工で国登録有形文化財。

IMG_2016_convert_20131006163145.jpg

文部科学省の主要な部署は現在、背後に写る高層建築である中央合同庁舎第7号館(平成19年竣工)に移っている。

IMG_2039_convert_20131006163735.jpg

旧庁舎には現在、文化庁と文部科学省の一部の部局が入居している。

IMG_20332_convert_20131006163656.jpg

中央合同庁舎第7号館は、旧文部省庁舎の一部と背後に隣接していた旧会計検査院庁舎を解体撤去した跡地に建てられたものである。旧会計検査院庁舎は一部の装飾部材を残して完全に取り壊されたが、旧文部省庁舎は正面から側面にかけての大部分が残されている。

IMG_2026_convert_20131006163943.jpg

中央合同庁舎第7号館の建設と同時に旧庁舎は保存改修工事が行われ、7号館竣工と同じ平成19年に登録有形文化財となった。

IMG_20182_convert_20131006165539.jpg

関東大震災による大火で、多くの中央省庁の庁舎が焼失したため、多くの庁舎が復興事業として昭和初期に建設された。またその際には、それまで各地に分散していた省庁を霞が関へ集中させている。

IMG_2043_convert_20131006164131.jpg

このとき竣工した中央省庁の庁舎には、警視庁(現在第一生命館が建っている場所から移転)、内務省、大蔵省、会計検査院(いずれも大手町から移転)、文部省(竹平町(現在の一ツ橋)から移転)などがある。

IMG_2036_convert_20131006165312.jpg

現在も残るのは旧文部省と、旧文部省に隣接する財務省(旧大蔵省)のみである。

IMG_20282_convert_20131006164925.jpg

旧文部省庁舎は昭和初期の建物によく見られるスクラッチタイル貼りの外壁を持ち、全体は簡素ながらも、玄関まわりには装飾を施したレリーフを配するなど装飾的要素が見られる。

IMG_20272_convert_20131006165225.jpg

大蔵省営繕管財局の設計で、施工は大林組。

IMG_20302_convert_20131006164642.jpg

次回は隣接する旧大蔵省、現在の財務省庁舎と取り上げる予定。

第657回・旧群馬県衛生所(桐生明治館)

IMG_1982_convert_20131006103725.jpg

群馬県桐生市にある桐生明治館は、明治11年(1878)に群馬県衛生所兼医学校として前橋市に建てられた。現在は桐生市の資料館及び会議・展示会場として保存・活用されている。

IMG_19672_convert_20131006103934.jpg

正面全景。
現在の桐生明治館として公開・活用するために行われた半解体修理(昭和61年竣工)で、前橋に建っていた創建当初の姿が復元されている。

IMG_19662_convert_20131006104456.jpg

門や柵も古写真に基づき復元されている。桐生市のホームページでは、創建当初の古写真及び修理前の写真が見られる。 また建物の沿革も詳細に紹介されているので本記事の参考とさせて頂いた。 
「明治館について」

IMG_1963_convert_20131006103612.jpg

明治11年に群馬県の衛生所兼医学校として前橋市に建てられたが、両者共間もなく廃止・廃校となり、その後昭和初期までに県立女学校、師範学校付属小学校、県物産陳列館、県農会事務所と用途を転々とした。

IMG_1985_convert_20131006103405.jpg

昭和3年に相生村(現・桐生市相生町)が村役場庁舎として使用するため、県に申請して建物の払下げを受ける。なお旧衛生所を撤去した跡地には、昭和天皇即位の御大典事業として群馬会館(昭和5年竣工、国登録有形文化財)が建てられている。

IMG_1973_convert_20131006104610.jpg

払下げを受け、相生村は直ちに移築工事に着手、翌昭和4年に現在地への移築改造工事が完成した。その後桐生市との合併後は桐生市役所相生出張所となり昭和57年まで使用されていた。

IMG_19812_convert_20131006104803.jpg

正面入母屋の切妻部分には菊の御紋がある。

IMG_19802_convert_20131006104157.jpg

鋳鉄製の飾り格子を嵌めた二階欄干。

IMG_19782_convert_20131006105426.jpg

柱頭の牡丹の彫刻など、明治初期の擬洋風建築ならではの独特の装飾が随所に見られる。

convert_20131006105710.jpg

これまで取り上げた明治村の旧三重県庁舎旧東山梨郡役所など、明治初期の官公庁舎など公共建築ではよくみられるベランダ。

IMG_1975_convert_20131006105843.jpg

一階は相生村役場として移築されたときには全て壁で塞がれ、室内に取り込まれていたが、修復工事に際しもとのベランダが復元された。

IMG_1970_convert_20131006105928.jpg

地方に現存する明治初期の擬洋風建築として、昭和51年に国の重要文化財に指定されている。

第656回・日本橋野村ビルディング(野村證券本社)

IMG_7871_convert_20131006022029.jpg

東京・日本橋にある日本橋野村ビルディングは、大阪に拠点を置く野村財閥の東京進出の拠点として、昭和5年(1930)に竣工した。現在は野村證券本社となっている。

IMG_2088_convert_20131006021901.jpg

野村財閥は、以前「野村塵外荘」の記事でも取り上げた二代野村徳七(1878~1945)によって築かれた財閥である。野村銀行(現在のりそな銀行)、野村證券など金融を中心とする財閥として戦前における15大財閥のひとつであった。

IMG_78802_convert_20131006021950.jpg

日本橋野村ビルディングはその野村財閥の東京進出の拠点として建てられた。当初、1・2階を野村銀行支店など自社用、3階より上階を貸室としていた。

IMG_20882_convert_20131006022105.jpg

設計は大阪瓦斯ビル大阪倶楽部などの設計で知られる安井武雄(1884~1955)。安井は野村徳七の信頼が厚かったことから野村財閥関係の建物も大阪瓦斯ビルや高麗橋野村ビルなど数多く手掛けている。

IMG_7866_convert_20131006023523.jpg

3年前に完成した高麗橋野村ビルとは、軒蛇腹に巡らせた褐色のテラコッタ飾りなど共通する装飾も見られるが、全体の印象は全く異なる。なお2~5階の外壁は現在は平坦なものになっているが、当初は上階と同様テラコッタの軒蛇腹飾りがあった。

IMG_20782_convert_20131006022825.jpg

営業室玄関周りも創建当初とは若干改造されている。

IMG_2079_convert_20131006022206.jpg

南側に続く新館は、安井武雄の最晩年に当たる昭和29年に増築が計画され、没後の昭和34年に竣工した。

IMG_20862_convert_20131006022524.jpg

増築された新館は旧館とほぼ同じくらいの規模で、その後の増築もあり現在では極めて長大な建物となっている。

IMG_2093_convert_20131006022306.jpg

ただし奥行きが分からないように真正面から見ると、また印象が異なってくる。

IMG_20912_convert_20131006023432.jpg

首都高速の高架で些か存在感は減殺された感はあるが、現在も日本橋のほとりに威容を誇っている。

第655回・日本水準原点標庫

IMG_20613_convert_20131005231132.jpg

東京永田町の国会議事堂から近い場所にある小さな石造の西洋建築は、日本全国の統一された標高を決定するための基準となる日本水準原点が納められている建物。明治24年(1891)竣工。

IMG_2069_convert_20131005230111.jpg

日本水準原点標庫は国会前庭、憲政記念館構内に建っている。ここはかつて参謀本部陸地測量部(現在の国交省国土地理院の前身のひとつ)が置かれていた場所である。現在は国土地理院が管理する。

IMG_2073_convert_20131005230529.jpg

設計は工部大学校(現在の東大工学部)第一期生の佐立七次郎(1857~1922)。
辰野金吾などと共に、日本人としては最初に本格的な西洋建築を習得した建築家の一人。

IMG_2056_convert_20131005225711.jpg

石造平屋建で、建築面積は約15平米と小規模な建築物である。

IMG_20592_convert_20131005231931.jpg

佐立七次郎の設計作品で現存するのは、日本水準原点標庫と旧日本郵船小樽支店(明治39年、国指定重要文化財)のみ。

IMG_2058_convert_20131005231717.jpg

現在も現役の機能を有する公的建造物としては最古の部類に入るものと思われる。

IMG_20612_convert_20131005230713.jpg

「大日本帝國」の表記が残る現役の公的建造物としても極めて希少と思われる。

IMG_2064_convert_20131005225807.jpg

菊の御紋を打ち出した扉の内側に日本水準原点が納められている。
なお、扉の上の文字は「水準原点」。

IMG_20682_convert_20131005230022.jpg

日本水準原点は明治24年(1891)に定められた後、地殻変動を理由に2度修正されている。1度目が大正12年(1923)の関東大震災、2度目が平成23年(2011)の東日本大震災である。

IMG_2071_convert_20131005225922.jpg

明治期の近代洋風建築としての価値が評価され、平成8年に東京都指定有形文化財に指定されている。

第654回・旧帝国図書館(国立国会図書館国際子ども図書館)

IMG_11082_convert_20130930235014.jpg

東京・上野公園に残る明治の図書館建築。
帝国図書館として明治39年(1906)に部分的に完成したものの、結局当初予定されていたうち約3分の1の完成に終わった未完の建物。現在は国立国会図書館国際子ども図書館として使われている。
東京都選定歴史的建造物。

IMG_10912_convert_20131003230857.jpg

館内の案内版より。
当初の計画では、ロの字型の平面を持つ壮大な図書館となる予定だったが、明治39年・昭和4年の二度にわたる工事で実現したのは片方の側面のみだった。

IMG_1083_convert_20130930234035.jpg

現在の国立国会図書館国際子ども図書館になったのは平成14年のことであるが、現在背面に新館の増築工事が進められており、最終的には模型のような形になる。

IMG_1058_convert_20130930233652.jpg

本来は側面となる筈だった部分が正面となっている。
文部省営繕の技官であった久留正道・真水英夫らの設計による。東洋一の図書館を目指した当初の計画は、当時日露戦争終結直後で予算上の問題もあり、ついに実現には至らなかった。

IMG_1054_convert_20130930235110.jpg

石と白い化粧煉瓦で外装を施した鉄骨煉瓦造。(昭和期の部分は鉄筋コンクリート造)

IMG_1056_convert_20130930233929.jpg

本来は背面に当たる書庫部分。横の閲覧室などに比べ各層の天井が非常に低くなっているのが分かる。

IMG_1065_convert_20131003230444.jpg

2階と3階の窓の間はブロンズ製パネルで飾る。

IMG_1067_convert_20131003230228.jpg

付柱上部のメダリオン。

IMG_1107_convert_20130930234632.jpg

現代風のガラス張りに改築された玄関を入るとすぐに階段室がある。

IMG_1073_convert_20131003230654.jpg

現在は室内の一部として取り込まれているが、本来は中庭となる予定であった部分の外壁は釉薬をかけた白タイル貼りになっている。

IMG_1071_convert_20131003231608.jpg

白タイル部分を拡大。

IMG_1103_convert_20131003231314.jpg

アーチ型天井の廊下。

IMG_1095_convert_20131003230616.jpg

階段室も本来脇階段として造られたものだが、それでもこのとおり重厚なものである。

IMG_1077_convert_20131004191824.jpg

ガラスの柵は現用途への改修に際し、新設されたものである。

IMG_1100_convert_20131003231123.jpg

ゆがみのある古い硝子が残された中庭側の窓。

IMG_1097_convert_20131003230937.jpg

現在は名前のとおり子供のための図書館として(子供だけでなく大人も入れるが)、国内外の児童書を所蔵する児童書専門図書館となっている。

IMG_1088_convert_20131003230812.jpg

白タイルと黒っぽい石で飾られた中庭側は、正面側とは異なったイメージ。

IMG_1057_convert_20131003231405.jpg

これで当初計画のごく一部に過ぎないのだから、全体が完成していたらさぞ壮麗なものだったと思う。

旧ジョネス邸の近況

9月末で買い取り期限を迎えた、神戸市垂水区塩屋の旧ジョネス邸の近況です。
現在、当邸の買い取りを検討されている企業が1社あり、現在交渉が行われていると共に、今後購入判断のための調査が行われる予定とのことです。

以下、一般社団法人 旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会より引用。

「[追記10/3]9月末現在の状況について

現在、再生可能エネルギー企業から買い取りの打診をいただいており、その交渉に入っています。
旧ジョネス邸及び塩屋の街を大変気に入ってくださっており、数週間の期限内に必要な調査を行う予定となっています。
現在交渉中の企業と協力して保存が実現できる可能性が出てきたため、10月1日より合同会社塩屋百年舎の出資第3次募集を行います。
これまで同様、まずご出資のお申し込みのみを行っていただく形になります。
今回の募集では、予め締め切りは設けず、保存の可否が判明した段階で改めて締め切り・入金手続き等の取り扱いを決定し、お知らせします。
第1次・2次募集期間内にご出資のお申し込みをいただいた方には、数日中に個別にご案内いたします。
9月末現在で、ご寄付・ご出資申込合わせて57,083,529円のご支援をいただいています(内ご寄付3,183,529円・ご出資申込53,900,000円)。
皆様に心より感謝申し上げます。」

(以上、引用終了)

ブログ管理人も極く些少ながらも寄付させて頂きましたが、保存が実現されることを願うばかりです。

保存のための寄付・出資申し込み受付は現在も続いているようなので、ご関心を持たれた方はぜひ上記「旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会」ホームページ及び合同会社塩屋百年舎を御覧下さいますようお願い申し上げます。

IMG_6300_convert_20100618215752.jpg
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード