第740回・九段会館(旧軍人会館)

IMG_4763_convert_20140224151536.jpg

今回は、昭和11年(1936)2月26日に起こった二・二六事件に関連のある建物を取り上げたい。東京・九段にある旧軍人会館(九段会館)は、江戸東京てもの園に移築保存されている旧高橋是清邸などと同様に二・二六事件との関わりが深く、現存する数少ない建物のひとつである。

IMG_4765_convert_20140224151748.jpg

皇居の濠端、日本武道館と向かい合った位置に建つ旧軍人会館。以前取り上げた遊就館がある靖國神社はすぐ近くに建っている。

IMG_4734_convert_20140224150254.jpg

軍人会館は軍の予備役・後備役の訓練、宿泊を目的に、帝国在郷軍人会の施設として昭和9年(1934)に竣工した。

IMG_4749_convert_20140224150638.jpg

敗戦後は米軍接収を経て、国から日本遺族会に貸与され「九段会館」として宿泊施設及び会議・講演会等の会場として平成23年3月11日まで使われてきた。

IMG_4761_convert_20140224151217.jpg

しかし東日本大震災で大ホールの天井装飾が一部崩落、死傷者を出したことから営業を休止した。(その後廃業)

IMG_4746_convert_20140224150504.jpg

現在は日本遺族会から国に返還され、閉鎖された状態である。

IMG_4755_convert_20140224151029.jpg

洋風の本体に和風の屋根を載せる、所謂「帝冠様式」の建築として知られる。帝冠様式の建築としては、旧軍人会館のほかに愛知県庁舎京都市美術館名古屋市庁舎などが帝冠様式の代表的事例とされている。

IMG_4764_convert_20140224151658.jpg

和風の屋根を強調し、木に竹を継いだような違和感を強く感じさせるものが特に帝冠様式に分類されるようであるが、和風表現がさほど露骨でもない神奈川静岡の両県庁舎や、全体的に巧みな和風表現でまとめ上げられた東京国立博物館本館のような建物も、帝冠様式に分類されることもある。

IMG_4756_convert_20140224151105.jpg

同時期の建物でも、和風の外観を有する旧蒲郡ホテルや、全体の骨格は洋風建築としながらも細部装飾は和風のモチーフで統一した高島屋東京店(旧日本生命館)のような事例もある。

IMG_4741_convert_20140224150437.jpg

旧蒲郡ホテルや旧日本生命館と、旧軍人会館を始めとする帝冠様式の建築を並べて見たとき、それぞれのデザインの巧拙は有るだろうが、いずれも近代和風建築としての表現手法の差異に過ぎず、殊更に特異視すべきものでもないと思う。

IMG_4747_convert_20140224150548.jpg

外壁の大部分が、昭和初期の建築に多く見られる茶褐色のスクラッチタイル貼り仕上げとなっているが、旧軍人会館のように凹凸を付けて貼ったものは珍しい。

IMG_4754_convert_20140224150940.jpg

他の帝冠様式建築と同様、細部装飾も和風意匠が積極的に取り込まれている。

IMG_4758_convert_20140224151145.jpg

鬼面部分を拡大。靖國神社遊就館の玄関脇にある鬼面と比較すると直線的なデザインになっており、1930年代的なアール・デコ調とも取れる。

IMG_4750_convert_20140224150713.jpg

扉の装飾。

IMG_4735_convert_20140224150324.jpg

昭和11年の二・二六事件に際しては、事件2日目の2月27日に戒厳令が施行されたことを受けて、軍人会館に戒厳司令部が置かれた。事件現場、或いは深い関係のある建物で、他に現存するものでは先述の旧高橋是清邸のほか、現在は首相公邸となっている旧首相官邸などがある。

IMG_4748_convert_20140224150615.jpg

また都心以外で唯一、事件現場(牧野伸顕前内大臣襲撃)となった、神奈川県湯河原町の伊藤屋旅館別館「光風荘」は、建物自体は襲撃時の放火により焼失したが、事件後すぐほぼ同じ間取りで再建されたものが現在保存・公開されている。周囲も事件当時とさほど大きく変わっていないので、最も当時の様子を追体験できる場所である。

IMG_4752_convert_20140224150844.jpg

事件現場ではないが関連する建物として、叛乱軍の一部には近衛師団の歩兵第3連隊が加わっていたが、当時の近衛師団の第一師団司令部庁舎は現在、東京国立近代美術館工芸館として現存する。

IMG_0345_convert_20140224150113.jpg

また叛乱軍に投降を呼びかけるラジオ放送は、三階映写室にて行われたという。
これは東日本大震災で惨事の現場となってしまった大ホールに面してあった放送室と思われる。写真は大ホール後方の客席部分を撮ったものである。

IMG_0341_convert_20140224150029.jpg

大ホールの天井には、アールデコ調のステンドグラスが嵌め込まれていた。
それが今は・・・

IMG_0348_convert_20140224150228.jpg

これらの内部写真は、以前仕事で九段会館を訪れた時に撮ったもので、無論震災前の撮影である。

IMG_4751_convert_20140224150751.jpg

二・二六事件の他、満洲国皇帝・溥儀の実弟である愛新覚羅溥傑と嵯峨浩の結婚式(昭和12年)、大政翼賛会結成式(昭和15年)など、数々の昭和史の舞台となった建物である。

IMG_4736_convert_20140224150345.jpg

現在は建物自体の存続も含め、今後の利用の方向は全く定まっていないようである。
スポンサーサイト

第739回・影澤医院

IMG_4853_convert_20140224155029.jpg

前回取り上げた佐野教会と同じ佐野市金物仲町にある、明治44年(1911)竣工の洋館。佐野市中心街に点在する近代洋風建築の中ではもっとも古いものに属すると思われる。

IMG_4859_convert_20140224153748.jpg

街路との境に設けられた、白ペンキ塗りの木の柵がよく似合っている。屋根は当初瓦葺きだったと思われるが、現在は新建材で葺き替えられている。

IMG_4851_convert_20140224154210.jpg

窓の建具も一部はアルミサッシに替えられているが、全体的には古い形をよく残している。現役の建物としては驚くべきことである。

IMG_4852_convert_20140224154852.jpg

建物の規模に対し、やや大ぶりな印象の玄関ポーチ。ポーチの上部はバルコニーになっている。

IMG_4854_convert_20140224152304.jpg

当初は外科医院だったようである。正面玄関上部の切妻部分には「影澤外科院」の文字と、KとSの文字を組み合わせたマークがあしらわれている。

IMG_4849_convert_20140224153836.jpg

今も現役の医院として使われている。

IMG_4850_convert_20140224152716.jpg

外観は茨城県常総市にある旧水海道町役場(現二水会館、大正2年)と少し似ている。

IMG_4844_convert_20140224152623.jpg

手前の平屋建ての棟も、古くからある部分のようである。
※手術室として後年増築された部分との事でした。(2/26追記)

IMG_4845_convert_20140224152757.jpg

1階の基壇部分には、地元特産の大谷石が積み上げられている。

IMG_4846_convert_20140224152546.jpg

裏手から見た医院棟。医院棟の裏には、別棟として建てられた和風の住居棟や土蔵がある。

IMG_4847_convert_20140224154555.jpg

現役の医院であると共に、映画やドラマのロケ地として使われることもあるという。

IMG_4855_convert_20140224154004_convert_20140225000437.jpg

栃木県下で影澤医院と同様、古い木造洋館を今も現役で使っている病院としては、栃木市の栃木医院(大正2年)がある。

第738回・佐野教会

IMG_4839_convert_20140221122624.jpg

栃木県佐野市にある日本基督教団佐野教会は、昭和9年(1934)に建てられた木造の教会堂。設計は地元栃木県出身の建築家で、旧栃木県庁舎や国指定重要文化財の早稲田大学大隈講堂の設計でも知られる佐藤功一による。国登録有形文化財。

IMG_4865_convert_20140221122757.jpg

佐野教会は明治21年(1888)に佐野基督教講義所として開かれた、120年以上の歴史を有する教会である。

IMG_4841_convert_20140221123520.jpg

当地出身の政治家で、足尾銅山鉱毒事件の告発・追及で知られる田中正造(1841~1913)は、何度かこの教会に足を運んだといわれるという。

IMG_4840_convert_20140221123804.jpg

門扉には十字架があしらわれている。

IMG_4842_convert_20140221122901.jpg

佐藤功一の設計作品は、大隈講堂のほか栃木・群馬滋賀の各県庁舎や東京の日比谷公会堂など、タイルやテラコッタなど陶磁器を多用した外観の公共建築が多く、このような木造の教会堂は珍しい。

IMG_4862_convert_20140221122827.jpg

素朴ながらも、窓や入口の尖頭アーチなど佐藤が得意としたゴシック風の造りが見られる。

IMG_4861_convert_20140221122731.jpg

玄関ポーチの屋根は現在片流れの左右非対称になっているが、正面向かって左側は後年の改造で、創建当初は左右対称の形をしていた。

IMG_4866_convert_20140221123057.jpg

平成15年に国の登録有形文化財に認定されている。

IMG_4863_convert_20140221124644.jpg

佐野教会が建つ佐野市金屋仲町は、かつて鋳物師の作業場が多くあった場所である。佐野教会の真向かいには、鉄骨と煉瓦で建てられた鋳物工場跡が残されている。

IMG_4864_convert_20140221124907.jpg

壁面は鉄骨で組まれた骨組みの間に、煉瓦を充填したものになっている。

第737回・栃木県佐野市の洋館付き住宅

IMG_4814_convert_20140220144558.jpg

江戸時代は日光例幣使街道の宿場町として、また近代には佐野縮など織物産業でも栄え、今日では厄除け大師とラーメンで知られる栃木県佐野市に残る、昭和初期の洋館付き商家。

IMG_4833_convert_20140220144904.jpg

正面を江戸街道に向けて建っている。現在は看板で外観が覆われているが、土蔵造の店舗があり、その背後から脇にかけて店舗を包み込む形で、洋館を備えた住宅棟が建っている。

IMG_4826_convert_20140220173211.jpg

糸を扱う商家の店舗付き住宅として大正14年から新築工事を始め、2年後の昭和2年(1927)に完成した。

IMG_4815_convert_20140220145205.jpg

洋館側から見た全景。洋館背後に二階建の和風住宅、土蔵が続く。

IMG_4838_convert_20140220144933.jpg

土蔵の脇には茶室とおぼしき建物も見える。

IMG_4825_convert_20140220173333.jpg

外観は洋館であるが、内部は階下のみ洋室の応接間で、階上は日本座敷になっているという。

IMG_4824_convert_20140220145712.jpg

シュロの木がよく似合う洋館。

IMG_4830_convert_20140220145547.jpg

改修の手も行き届いており、大切にされている様が窺える。

IMG_4818_convert_20140220145936.jpg

側面の切妻部分。モルタル細工の装飾が凝っている。

IMG_4829_convert_20140220173114.jpg

正面の腰折れ屋根の切妻部分。

IMG_4822_convert_20140220145442.jpg

IMG_4831_convert_20140220145021.jpg

IMG_4832_convert_20140220145352.jpg

周辺にも古い商家が点在する。
佐野市中心街には他にも洋館建ての医院や教会などが現存するが、これらは稿を改めて紹介したい。

第736回・旧木村輸出織物工場

IMG_4779_convert_20140218165835.jpg

栃木県足利市にある明治期の織物工場の遺構。洋風建築の旧事務所棟、伝統的な土蔵造に洋式技術を取り入れた造りの旧工場棟の2棟が、隣接して建つ経営者の旧宅と共に足利市助戸公民館の施設の一部として活用されている。

IMG_4780_convert_20140218170242.jpg

旧木村輸出織物工場の全景。手前の建物が明治25年(1892)に建てられた旧工場棟。奥が明治44年(1911)に建てられた旧事務所棟。2棟は栃木県指定有形文化財に指定されているほか、経済産業省の近代化遺産にも認定されている。

IMG_4788_convert_20140218173602.jpg

旧工場棟は一見伝統的な土蔵造の建物であるが、基礎には煉瓦が用いられ、内部の小屋組も洋式構造を取り入れたものになっており、随所に当時の最新技術が使われている。

IMG_47892_convert_20140218173241.jpg

旧事務所棟は木骨石造2階建、外壁はモルタル塗り仕上げ、スレート葺きの寄棟屋根を持つ洋風建築である。

IMG_4810_convert_20140218172912.jpg

現在は足利織物記念館として、木村織物工場を主とした足利の織物に関する資料を展示公開している。
但し公開は平日限定のようである。

IMG_48012_convert_20140218224024.jpg

地方都市の事務所建築としては小規模ながらも、洗練された意匠を持つ本格的な洋風建築であり、当時の足利における織物産業の隆盛が窺える。

IMG_4794_convert_20140218175658.jpg

足利は古くから絹の産地として織物業が発達、明治以降は近隣の桐生と共に東日本有数の織物の産地として繁栄した。

IMG_47922_convert_20140218180233.jpg

現在でも足利市内には、石や煉瓦造の織物工場の遺構がいくつか残されており、旧木村織物と同様、近代化遺産として活用が図られている。

IMG_48032_convert_20140218224234.jpg

工場に加え、質の高い意匠の事務所、また後述のとおり経営者の邸宅も一箇所に揃って現存している点でも、旧木村織物工場は貴重な存在である。

IMG_4793_convert_20140218173749.jpg

木村織物は幕末に始まり、第二次大戦前まで盛業を続け特に明治後期から大正、昭和戦前にかけては輸出用織物の生産で隆盛を極めたという。

IMG_4804_convert_20140218174826.jpg

華麗な洋館の事務所は、まさに木村織物の最盛期を象徴する建物である。

IMG_4781_convert_20140218171550.jpg

旧工場棟に隣接する旧木村邸。木村織物の創業者である初代木村浅七によって建てられた木村家の住居。焦茶色の焼過ぎ煉瓦を積み上げた煉瓦塀で囲われた、重厚な佇まいの和風建築。

IMG_4783_convert_20140218172752.jpg

現在は木村家から足利市に寄贈され、足利市助戸公民館の施設の一部として茶会などの会場として貸し出されているようだ。

IMG_4784_convert_20140218172100.jpg

母屋や正門などは近年になって改装された部分も多いようであるが、煉瓦塀や土蔵は古い佇まいをよく残している。

IMG_4778_convert_20140218225400.jpg

旧工場施設・住宅と併せてこれからも一体的に保存、活用して頂きたいものである。

第735回・旧心斎橋(緑地西橋)

IMG_4055_convert_20140212130145.jpg

前回取り上げた石造の心斎橋(明治42年)は、現在欄干等の一部が残るのみだが、先代に当たる鉄橋の旧心斎橋は、大阪市鶴見区の鶴見緑地内に架かる緑地西橋の一部として今も健在である。明治6年に架けられたドイツ製鉄橋は度重なる移設を経ながらも、当初の規模のままでその姿を残している。

IMG_4067_convert_20140212152222.jpg

旧心斎橋は、当時日本が鉄道用などの鉄橋を多く輸入していたドイツ・ハーコート製の鉄橋である。当時輸入されたハーコート製の鉄橋は旧心斎橋の他、栃木県の足尾銅山にある古河橋(国指定重要文化財)などいくつか現存する。

IMG_4066_convert_20140212151422.jpg

明治6年(1873)3月に竣工した旧心斎橋は、日本では5番目、大阪では高麗橋(明治3年)に続き、2番目に架けられた鉄橋であった。橋梁本体はドイツ製であるが、架橋工事には日本人が従事している。

IMG_4063_convert_20140212145507.jpg

架橋に際しては、日本における活版印刷の創始者であり、造船術や製鉄技術など多才を発揮、日本で最初に鉄橋を架けた人物でもある元江戸幕府通詞の本木昌造(1824~1975)が、高麗橋・心斎橋共に設計を行ったとの説がある。

IMG_4061_convert_20140212145107.jpg

明治維新から間もない当時、大阪でも中心の繁華街に架けられた鉄製の橋は、大阪における文明開化を象徴する名所のひとつとして、大阪では最初期の西洋風建築であった大川沿いの造幣寮(現造幣局)や川口居留地そばの大阪府庁舎と並び、大阪人の評判となった。

IMG_4056_convert_20140212144003.jpg

明治6年の架橋当初から現存する部分は、両側の弓形のトラス桁の部分。橋床や欄干は度重なる移設によって当初のものは現存せず、新しいものに変わっている。心斎橋として使われていた当時は、橋床は木製であったようだ。

IMG_4057_convert_20140212144127.jpg

35年間使われた後、明治41年に石橋心斎橋建設のため撤去され、境川運河(港区と西区の境にあった運河。現在は埋め立てられ地名のみ残る)に移設、境川橋として再利用される。その後昭和3年に西淀川区の大和田川に再移設、新千舟橋の名で昭和46年に大和田川の埋め立てにより撤去されるまで、43年間使われる。

IMG_4059_convert_20140212144648.jpg

昭和48年に現在の鶴見緑地公園内に3度目の移設が行われ、すずかけ橋(篠懸橋)と名付けられるが、平成2年に開催された「大阪・国際花と緑の博覧会」準備のための公園改装工事のため、平成元年に4度目の移設が行われ現在地に落ち着いた。その際に現在の名称「緑地西橋」に改められている。

IMG_4054_convert_20140212134939.jpg

旧心斎橋は、日本に輸入された鉄橋の中では現存する最古のものとされている。なお現存する国産最古の鉄橋は、東京都江東区にある八幡橋(旧弾正橋)で、明治11年(1878)架橋。

IMG_4053_convert_20140212134422.jpg

大阪における、現存する数少ない文明開化期の歴史的遺構として、旧心斎橋は現存する同時期の建造物である旧造幣寮玄関や泉布観と並ぶ貴重な存在である。

第734回・心斎橋

IMG_3204_convert_20140212152459.jpg

大阪を代表する歴史ある高級商店街といえば、以前紹介した大丸心斎橋店三木楽器など大阪の老舗が軒を連ねている心斎橋筋であると思う。通りの名の由来となった心斎橋自体は、架かっていた長堀川の埋め立てによって今は無いが、かつての橋の一部は今も現地に残されている。但しその姿は、無残以外の何者でもないが。

IMG_3222_convert_20140212160627.jpg

現在の心斎橋跡。車道の中間、地下街の天井部分と袂の部分に旧橋の欄干と親柱、照明の一部を配している。かつてここには長堀川があったが、昭和30年代に埋め立てられ長堀通となっている。平成に入り大阪市により地下街(クリスタ長堀)が建設されている。

IMG_3219_convert_20140212160519.jpg

旧橋は明治42年(1909)に架けられた2連アーチの石橋であった。意匠設計は、中之島図書館などを手掛けた野口孫市による。

IMG_3211_convert_20140212155710.jpg

御影石にクローバーの葉のような十字型の透かし彫りを施した欄干が特徴である。

img001_convert_20140217000923.jpg

絵葉書にみるかつての姿。後の建物は大正4年竣工、セセッション様式の石原時計店。
右上の文言には「モトハ鉄ノ橋ダシタガ、六七年前ニ今ノ橋ニ架ケ換ヘ…」とあるが、これは明治6年に架けられた旧心斎橋の事を指している。

IMG_3212_convert_20140212160152.jpg

長堀川の埋め立て後、2連アーチの本体は失われたが、欄干及び照明灯は場所を少し移しながらも旧橋の規模そのままに歩道橋として再生、平成4年に地下街建設により撤去されるまで、往年の名残を残していた。

IMG_3207_convert_20140212154746.jpg

地下街建設後は、かつての橋が架かっていた位置に、親柱と欄干、照明のごく一部だけが置かれている。
正直言って余りにも貧相で、見るに耐えない。

IMG_3205_convert_20140212153302.jpg

現在残されているのは、欄干部分で言えば5分の1程度である。歩道橋に使われていた残りの部分は廃棄されたのだろうか。考えるだけで腹立たしい。

IMG_3198_convert_20140212161003.jpg

「心齋橋」の文字が刻まれた欄干。

IMG_3197_convert_20140212160921.jpg

「志んさいはし」「明治四十二年十月架」の文字が読める。

IMG_3214_convert_20140212161247.jpg

手掛けた石工棟梁の住所姓名と石材卸売商の名が刻まれている。「伊豫國」の文字が読めるので石材は現在の愛媛県から切り出されたことが分かる。

IMG_3199_convert_20140212152903.jpg

歩道橋の頃はまだ規模が変わらないだけましだったが、これだけ切り縮められた姿は悲惨と言う他ない。こんなズタズタに切り刻むのなら本物は他所で復元保存して、現地にはコピーでも置いておく方がよっぽどいい。

IMG_3224_convert_20140212160810.jpg

心斎橋から歩いてすぐ、これもやはり無残な姿に変わり果てた戎橋。
今は安っぽい橋の袂に旧橋の親柱だけが残る。

今回の記事本文中触れた、明治6年に架けられた鉄橋の旧心斎橋は大阪市内に現存している。次回はこれを取り上げる予定。

第733回・旧日光東照宮社務所(日光東照宮美術館)

IMG_44682_convert_20140212231344.jpg

旧日光東照宮社務所「朝陽閣」は、日光東照宮の境内に建つ近代和風建築。昭和3年(1928)に社務所として建てられた。現在は日光東照宮美術館として建物自体の襖絵や板絵、所蔵の掛軸などを公開している。

IMG_4464_convert_20140215102522.jpg

全景。

IMG_44852_convert_20140215103625.jpg

材料は、大正12年の台風で倒れ大量に生じた杉並木の倒木から、質のよいものを厳選しているという。

IMG_44802_convert_20140215101422.jpg

屋根は後年の改装により現在は銅板葺となっているが、元々は瓦葺であった。

IMG_4469_convert_20140215102248.jpg

当時として、とりわけ伝統を尊重する神社の施設としてはきわめて異例と思われるが、メートル法を用いて設計されている。

IMG_4473_convert_20140215101848.jpg

豪壮な唐破風を備えた車寄せは、近代和風建築では同じ日光に建つ旧田母沢御用邸など、邸宅を中心によく見られる。

IMG_44792_convert_20140215102347.jpg

唐破風を備えた玄関は来客や宮司の出入りのために使われ、通常の社務所の玄関はこちらだったものと思われる。

IMG_44702_convert_20140215101545.jpg

社務所が他所に移転した後は、日光東照宮美術館として有料で公開されている。

IMG_4474_convert_20140215103824.jpg

内部は、近代を代表する日本画家である横山大観の他、大観の意を受けた中村岳陵、荒井寛方、堅山南風の3人の日本画家が2か月間滞在して描き上げた障壁画や襖絵、板絵で彩られている。

IMG_4482_convert_20140215101741.jpg

これも同時に建てられたと思われる神札庫。
正面の入口を大きく取っているので、元は自動車用の車庫だろうか。

IMG_4466_convert_20140215102617.jpg

旧田母沢御用邸と並ぶ、栃木県下では屈指の大規模な近代和風建築である。

第732回・日光金谷ホテル

IMG_99682_convert_20140211223633.jpg

現在も営業を続けるリゾートホテルとしては、現存最古の日光金谷ホテル。
建物も明治26年(1893)創建の本館など、これも現存最古級の建物で営業が行われている。

IMG_9964_convert_20140211224808.jpg

日光金谷ホテルの建物は上記本館(写真左手の建物)のほか、明治34年竣工の新館、大正10年にスケートリンクに面して建てられた「竜宮」、昭和10年竣工の別館(写真右手の建物)、以上4棟が国登録有形文化財となっている。

IMG_45032_convert_20140211225626.jpg

ホテル内にある本館の古写真。昭和11年に改装されるまでは2階建であった。
現在別館がある位置から見た姿と思われる。

IMG_9992_convert_20140211224141.jpg

昭和11年に竣工した改装工事は、建物の周辺を掘り下げ、元の一階部分を二階に、地下に新たな一階を造るという大掛かりなものであった。現在の二階部分、大きな硝子窓が連なる部分が、上の古写真のベランダ部分に相当する。

IMG_9969_convert_20140211225037.jpg

元々は地中だった一階部分。
壁には日光金谷ホテルの笹のマークがある。

IMG_9994_convert_20140211224008.jpg

駐車場に建つ土蔵の妻壁にも笹のマークがある。

IMG_99702_convert_20140211225244.jpg

本館改装に先立ち、昭和10年に新築された別館。

IMG_9966_convert_20140211225001.jpg

軽井沢万平ホテル(昭和11年)を手掛けた久米権九郎の設計。

IMG_9971_convert_20140211223840.jpg

古い木製の回転ドアがある玄関。
明治6年(1873)創業の日光金谷ホテルは、昨年創業140年を迎えた。

IMG_9973_convert_20140211224306.jpg

吹き抜けのロビー。

IMG_9974_convert_20140211224629.jpg

随所に日光東照宮に因む社寺仏閣調の装飾が施されている。

IMG_9990_convert_20140211224519.jpg

洋風の中に過剰なまでに日本情緒を感じさせる造形を詰め込むのは、戦前のリゾートホテルでは定番と言える演出。

IMG_99752_convert_20140211225856.jpg

階段親柱の装飾燈の金具には葵の紋。

IMG_9977_convert_20140211224553.jpg

3階客室への階段は純洋風。

IMG_9986_convert_20140211223758.jpg

階段室の天井には円形の天窓。

IMG_99882_convert_20140211225446.jpg

天井画で彩られた格天井が見どころの、ダイニングルーム入口。

IMG_9981_convert_20140211224100.jpg

大谷石でできたダイニングルームの暖炉。ホテル内のバーにはライト風のデザインが施された大谷石の暖炉があり、実際同ホテルに滞在したこともあるライトがデザインしたという説もあるが、真偽は不明。

IMG_9982_convert_20140211224224.jpg

2階客室廊下。

IMG_9989_convert_20140211225523.jpg

鏡や暖炉まわりなど、随所に日光彫の装飾が見られる。

IMG_9978_convert_20140211223925.jpg

上部の鏡飾りに鳥居をあしらっている暖炉。
全体を鳥居の形にした奈良ホテルロビーの暖炉の強烈さに比べると、上品な感じである。

IMG_9979_convert_20140211232256.jpg

喫茶程度では何度か訪れているが、できれば泊まって客室やダイニングルーム、バーなど、内部空間を存分に堪能してみたいクラシックホテルである。

第731回・旧前川國男邸

IMG_4624_convert_20140209133946.jpg

江戸東京たてもの園に移築、保存されている旧前川國男邸は、戦後を代表するモダニズム建築家の一人である前川國男(1901~1986)の自邸として、戦時下の昭和17年(1942)に東京市品川区上大崎に建てられた。戦時体制により諸々の制約を受けつつ建てられた住宅建築であるが、小規模ながらも充実した内部空間を持つ。

IMG_4522_convert_20140209132752.jpg

正面全景。前川國男は東京帝国大学卒業後渡仏、モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジェに師事、帰朝後は自らの設計事務所を開いた。作品として上野駅前の東京文化会館(昭和36年)、上野公園内の東京都美術館(昭和50年)などの設計で知られる。

IMG_4523_convert_20140209132859.jpg

信州や越後の古民家を思わせる切妻の大屋根。前川國男は新潟県出身なので、故郷の古民家を多少なりとも意識したのだろうかとも思う。

IMG_4640_convert_20140209135523.jpg

玄関側からの眺め。この住宅は前川國男の生前、昭和48年に解体され軽井沢の別荘で解体材の状態で保管されていたが、その後前川家から江戸東京たてもの園に寄贈され、平成8年に再建された。

IMG_4616_convert_20140209133102.jpg

目立たない造りの玄関の前には、大谷石の塀を立てる。
昭和14年に延面積100平米以上の住宅の新築は法律で禁じられたため、制約ぎりぎりの広さで建てられている。(その後昭和31年に台所などを増築しており、現状の延面積は100平米を超えている)

IMG_4637_convert_20140209135437.jpg

玄関ブザーの上には、丸に犬のシール(前川國男は愛犬家だったようだ)や、水道の標識など、住宅として使われていた頃の生活感を感じさせるものが残されている。

IMG_4627_convert_20140209134139.jpg

大屋根中央部分の真下に当たる天井の最も高い場所を二層吹き抜けの居間とし、両脇に書斎、女中部屋と寝室、台所、浴室などを配している。

IMG_4617_convert_20140209133305.jpg

居間に配された高窓が、内部に光を十分取り込めるように造られている。

IMG_4632_convert_20140209134848.jpg

居間の上部にロフト風の2階を設け、階段で結んでいる。

IMG_4629_convert_20140209134553.jpg

2階部分。インテリアは建物の改修を行った昭和31年当時の雰囲気を再現しているという。

IMG_4628_convert_20140209134315.jpg

高窓の下部に入れられた障子や壁に配された地袋など、モダニズムの造形の中にも和の要素が見られる。

IMG_4620_convert_20140209133635.jpg

台所は昭和31年の改修時に拡張しているとのことなので、昭和17年の創建当初はもっと狭かったはずである。

IMG_4619_convert_20140209133426.jpg

台所に隣接する浴室。

IMG_4623_convert_20140209133823.jpg

浴室の隣には寝室を配する。

IMG_4634_convert_20140209135239.jpg

寝室とは居間を挟んで反対側に配された書斎。銀座の設計事務所が東京大空襲で罹災消失後は、昭和29年に新しい事務所ができるまで設計事務所としても使われていた。居間に製図台を並べ、書斎を応接及び休憩室に使っていたという。

IMG_4643_convert_20140209135624.jpg

この建物を訪れる見学者の中には、実測を希望する建築関係者や学生なども多いようである。

(参考)江戸東京たてもの園 解説本

第730回・旧光華殿

IMG_46822_convert_20140209110835.jpg

本日2月11日は建国記念の日(旧紀元節)である。今回は関連する歴史的建造物として、江戸東京たてもの園にある旧光華殿を取り上げたい。この建物は元々は、皇紀2600年に当たる昭和15年(1940)に、同年11月に開催された紀元二千六百年記念式典の会場として、宮城前広場(現在の皇居外苑)に建設されたものである。設計は大蔵省営繕局管財部、施工は清水組。

IMG_4512_convert_20140209110112.jpg

現在、旧光華殿は、江戸東京たてもの園ビジターセンターとなっている。同園への入場口して使われると同時に、売店などの施設が入居している。

IMG_45182_convert_20140209110628.jpg

神武天皇即位から2600年に当たるとされる昭和15年は、神武天皇を祭神とする橿原神宮の大規模な整備が行われ、また記念の展覧会など各種の記念行事が全国的に開催された。紀元二千六百年記念式典は11月10日に内閣主催で開催、一連の祝賀行事の中でも最も大規模なものであった。

IMG_45183_convert_20140209110716.jpg

国立公文書館アジア歴史資料センターインターネット特別展で公開されている、当時政府が発行していたグラフ雑誌「写真週報」第145号(昭和15年11月30日)を見ると、記念式典や関連行事など当時の様子が分かる。なお上記古写真2点は、江戸東京たてもの園ビジターセンター内に置かれた旧光華殿解説版より。

IMG_4683_convert_20140209110550.jpg

式典終了後は、仮設の建物である光華殿は解体され、翌昭和16年7月に現在地に移築された。移築後は文部省教学局により教学練成所として使用されるが、戦後は学習院中等科小金井校がこの地に置かれた。

IMG_4510_convert_20140209111053.jpg

当時皇太子であられた今上天皇は、旧光華殿の西隣りに設けられた東宮御仮寓所にて学ばれていた。
(東宮御仮寓所は昭和24年に焼失し役目を終えたが、現在跡地には記念碑が設けられている)

IMG_4508_convert_20140209110013.jpg

その後学習院も移転し、昭和29年から江戸東京たてもの園の前身のひとつである武蔵野郷土館の展示室として使われていた。平成5年に江戸東京たてもの園開園に伴い現在の用途に向けて再び改装、現在に至る。

IMG_4507_convert_20140209105935.jpg

内装は大掛かりな改装が行われ、現代的なものとなっているが、外観はそのまま残されている。

IMG_4513_convert_20140209110333.jpg

美しい曲線を描く屋根。
現在屋根は銅版葺きとなっているが、式典会場として建てられたときは檜皮葺であった。

IMG_4506_convert_20140209105800.jpg

皇室関連の行事会場として建てられた仮設建築が、式典終了後に移築、他の用途に転用された事例は、各地に存在し、現存するものもいくつかある。

IMG_45183.jpg

現存例としては今回紹介の旧光華殿のほか、大阪府河内長野市の観心寺恩賜講堂(昭和天皇即位御大典饗宴場の一部。当ブログ過去記事参照。)や東京都八王子市のJR高尾駅舎(大正天皇の大喪列車の始発駅として新宿御苑に設置された仮設駅舎)などがある。

第729回・旧小西家住宅(旧小西儀助商店)

IMG_2772_convert_20140209085403.jpg

大阪市中央区道修町に建つ旧小西家住宅(旧小西儀助商店)は、この界隈でも現存する最大級の町家建築である。明治36年(1903)の竣工で、近年まで木工用ボンドなどで知られるコニシ(株)の本社屋として使われていた。平成13年、国の重要文化財に指定されている。

IMG_4105_convert_20140209091518.jpg

旧小西家住宅は、これまで紹介した大阪証券取引所高麗橋野村ビル新井ビル生駒時計店など多くの近代建築が現存する堺筋の東側に建っている。写真は堺筋の南西側から見た全景。なお北隣り(写真では背後)には、阪神大震災まで大正6年竣工の三越大阪店が建っていた。

IMG_4098_convert_20140209091040.jpg

小西家の住居であると同時に、コニシ(株)の前身に当たる旧小西儀助商店の社屋でもあった。明治末期より大阪市内の商家では職住分離が進み、主に阪神間(現在の西宮市から神戸市東部一帯)へ住居を移す家が多い中、小西家では第二次大戦後まで店舗兼用のこの住宅に住まわれていたようである。

IMG_2777_convert_20140209085601.jpg

小西家は、幕末に初代小西儀助が京都から大坂道修町に出てきて商売を始め、明治に入ると小西屋を名乗り薬種商を始める。現在の店舗兼住宅は小西屋の二代目・二代儀助によって建てられた。

IMG_4125_convert_20140209092300.jpg

二代目儀助は進取の気風に富んだ人物で、明治末期からは輸入アルコール・工業薬品・洋酒・食料品を販売を開始する。小西屋は合資会社を経て、大正14年には株式会社小西儀助商店に改組、そして現在のコニシ株式会社に至る。なお、同社の最も有名な商品であるボンドの販売は戦後のことである。

IMG_2774_convert_20140209085444.jpg

近年まで同社の本社屋として使われ、入社試験の採用面接もこの建物で行われていたそうである。
現在も関連企業の事務所等に使われているようである。

IMG_4111_convert_20140209091823.jpg

戦争中の空襲に際しては隣家まで焼失、小西家の敷地内にも焼夷弾が落ちたが、消火活動が功を奏しすんでのところで焼失は免れた。また平成7年の阪神大震災では、北隣の三越大阪店が大きな被害を受け、解体を余儀なくされるも、小西家は耐えることができた。

IMG_4110_convert_20140209091645.jpg

平成8年の登録有形文化財精度導入に際しては、大阪府下の登録第一号となった。その5年後、平成13年の重要文化財指定により一部を除き文化財登録は抹消されたが、現在も登録文化財であることを示すプレートはそのまま掲げられている。

IMG_4130_convert_20140209092422.jpg

敷地からはみ出して建っている三階蔵。
この三階蔵のみ重要文化財の指定対象からは外されており、登録文化財のままである。

IMG_4126_convert_20140209092328.jpg

現在も現役の企業施設であるため内部は非公開。写真は建物外壁に掲げられている、内部を写した解説パネル。主人一家を始め使用人、従業員を含めて多いときでは50人程度がこの家で生活し、働いていたという。

IMG_4113_convert_20140209091918.jpg

旧小西家住宅の外壁は、南側正面を白漆喰塗り、堺筋に面した西側は黒漆喰塗りとする。
明治36年の創建当初は堺筋に面した側が小西家が所有する借家が並び、主屋は現在よりも間口が広かった。

IMG_4103_convert_20140209091431.jpg

明治44年、市電開通による堺筋の拡幅のため借家部分は撤去、このとき主屋も一部を切り取られるがそれに合わせて西側の大改造が行われ、北西角には3階建の衣装蔵、また主屋には3階座敷が増築され、現在の黒漆喰塗りの姿が完成する。

IMG_4116_convert_20140209092011.jpg

大正12年の関東大震災に際しては地震に弱いとして3階座敷を撤去、その後外観は今日まで変わることなく現在に至っている。内部は現在まで事務所として使われている関係上、店舗棟を中心に改造が施されているが、居住棟の座敷等は今も旧状をよく残している。

IMG_4102_convert_20140209091337.jpg

写真中央の上部に3階座敷があった。撤去された座敷の部材はその後、小西家が大阪市内の別の場所に建てた二階家の二階部分に転用されている。当該家屋は小西家が重要文化財に指定された平成13年当時はまだ現存していたようだが、今日も現存するかどうかは不明である。

IMG_4099_convert_20140209091250.jpg

敷地北側には、重厚な3階建の衣装蔵を始め、土蔵が3棟並ぶ。かつては隣にも同様の土蔵が並び、火災時には防火帯の役割を果たすように造られていた。

IMG_4124_convert_20140209092224.jpg

主屋と衣装蔵の繋ぎ目、窓の手前の板壁部分は一見分からないが、隠し通路の扉になっている。

IMG_4123_convert_20140209092145.jpg

大阪都心の一等地で、このような大規模な町家が、一私企業によって今日まで維持されてきたのは奇跡的と言ってもよい。今日も企業施設として引き続き維持されているコニシ株式会社には、心より賛辞を贈りたい。

IMG_4121_convert_20140209092108.jpg

(参考)
コニシ株式会社ホームページ
月刊文化財 平成13年5月号
小西家の佇まい コニシ株式会社刊 (非売品)

東京都知事選挙

P1000266_convert_20140208162357.jpg

あす2月9日は東京都知事選挙投票日です。本筋から離れたテーマで恐縮ですが、書いておきたかったので。
いつもとは全く異なる政治ネタで誠に申し訳ありません。

ブログ管理人は東京都民ではありませんが、田母神俊雄候補を応援しております。

弊ブログは日本の近代(明治~昭和戦前)の建造物・土木構造物を紹介するブログですが、ブログ管理人はそれらの建物が建った時代についても興味があり、すぐれた歴史的建造物はその時代背景も含めて、正当に評価され、後世に引き継いでいくべきであると考えておりますので、建築以外の分野に関しても、できる限り幅広く自分なりに調べるようにしております。

その結果、田母神氏が最も共感できる歴史認識を有する候補者であると考え、また掲げた各公約を他候補者と比較しても、田母神候補がもっとも東京都知事にふさわしい人物であると考えます。
近代の歴史遺産の保全という面からは、田母神氏を含め、注目すべき公約を掲げている候補者は残念ながら無さそうですが、それでも田母神氏の公約とする防災の観点からの電線地中化推進は、都市景観の面からも大いに進められるべきと考えます。

(ところで、現在最有力とされている舛添氏ですが、多くのスキャンダルを抱えた状態で、仮に当選しても猪瀬前知事の二の舞になりはしないのでしょうか?)


このブログを御訪問される方で、今回選挙の有権者である方が何人おられるかは分かりませんが、御判断の参考になればと思い本記事を作成した次第です。

(写真)阿佐ヶ谷駅前にて街頭演説を行う田母神俊雄候補。(前回記事の旧大田黒元雄邸見学の帰りに遭遇、撮影)

(2/9追記)
東京都知事選挙は、舛添氏が当選しました。

田母神氏の敗退は本当に残念ですが、今回の選挙戦を機に、今後政界での活躍に乗り出されることを祈念致します。
なお、田母神氏への支援を表明したことで、弊ブログを今後訪問しない旨のコメントを頂戴致しましたが、ブログ管理人は自らの信条に基づき、劣勢にある氏に対し何かしらの一助になればとの思いで、多くの読者の御不興を買うことは覚悟の上で本記事を掲載しましたので、何も悔いる所はありません。今後訪問しないと仰る方に対しては、どうぞ御自由になさって下さい、と申し上げるまでです。

但し、本来の趣旨の記事を楽しみにいつも御訪問頂く方の期待には副わない記事であったと思いますので、この点お詫び申し上げます。

第728回・旧大田黒元雄邸(大田黒記念館)

IMG_4689_convert_20140205225057.jpg

東京都杉並区荻窪にある大田黒公園は、音楽評論家・大田黒元雄(1893~1979)の旧邸を整備して造られた区立の公園である。敷地内には旧邸の面影を残す建物として、昭和8年(1933)に仕事場として建てられた洋館や土蔵が残されている。

IMG_4728_convert_20140205230318.jpg

JR中央線荻窪駅から徒歩10分足らずの場所にある大田黒公園。
銀杏並木が続く正門からの眺め。

IMG_4726_convert_20140205230153.jpg

かつては母屋があったと思われる場所には管理事務所と休憩所、茶室を備えた平屋の和風建築が建つ。そのすぐ近くに洋館は建っている。かつては母屋と渡廊下でつながっていたものと思われる。

IMG_4700_convert_20140205225525.jpg

洋館と共に、旧大田黒邸時代からそのまま残されている建物である土蔵。

IMG_4688_convert_20140205225310.jpg

大田黒元雄は水力発電の先駆者であり、東芝の重役等も務めた実業家・大田黒重五郎(1866~1944)の一人息子として東京に生まれた。

IMG_4693_convert_20140205225453.jpg

裕福な環境に育ち音楽評論のほか、写真や著述にも才能を発揮、生涯を芸術性豊かな自由人として過ごした。

IMG_4690_convert_20140205225411.jpg

昭和8年から54年に死去するまで約半世紀を荻窪で過ごした。

IMG_4687_convert_20140205225219.jpg

死後その遺志により邸宅の敷地の大部分は寄贈され、公園として整備され現在に至る。

IMG_4702_convert_20140205225628.jpg

屋根裏部屋を備えた木造二階建の洋館は、現在は大田黒記念館として無料で公開されている。

IMG_4685_convert_20140205225142.jpg

暖炉の煙突。

IMG_4714_convert_20140205225948.jpg

階下には仕事場として使っていた洋室一間がある。壁紙の色調と模様が珍しい。
屋根裏部屋のほか、便所や洗面所等も備えているものと思われるが洋室以外は非公開。

IMG_4711_convert_20140205225857.jpg

壁には一面に造り付けの大きな書棚が並び、テラスに続く硝子戸からは庭園が見渡せる。置かれているピアノはドイツのスタインウェイ社製で、大田黒元雄が実際に使っていたもの。現在も時々演奏されているようである。

IMG_4715_convert_20140205230652.jpgIMG_4712_convert_20140205230624.jpg

IMG_4708_convert_20140205230553.jpg

室内の照明器具は昭和8年竣工当時のものが残されている。

IMG_4722_convert_20140205230054.jpg

暖炉脇の小窓には、模様入りの摺りガラスを嵌め込む。

IMG_4704_convert_20140205225710.jpg

部屋の造りに加え、家具や調度類などに館の主の豊かな趣味が随所に滲み出た、小さいながらも豊潤な空間である。

第727回・旧西尾家住宅

1_convert_20140122235603.jpg

大阪府吹田市にある旧西尾家住宅は、旧仙洞御料(せんとうごりょう)庄屋も勤めた旧家、旧西尾家の屋敷で現在は吹田市が所有、保存公開している。現在残る屋敷内の建物は、明治中期から大正末期に建てられたものである。近代和風建築の優れた事例として平成21年に国指定重要文化財となっている。

IMG_4228_convert_20140123120813.jpg

主屋内に展示されている模型。奥(写真上部)が主屋と土蔵、茶室、手前(写真下部)が離れと温室、長屋門。
温室が戦時中にガラス張りの部分が空襲の目標になるということで撤去された他は、概ね大正末期に完成された姿のまま今日まで良く残されている。

9_convert_20140123123220.jpg

屋敷の周囲を囲む塀は半分は洋風のコンクリート塀、残り半分は和風の高塀になっている。

IMG_4227_convert_20140123120733.jpg

西尾家では庄屋を勤めたといわれる仙洞御料とは、天皇を譲位した上皇の所領地のことで、ここから皇室や伊勢神宮の新嘗祭(にいなめさい)などに、米や野菜のお供え物の神饌(しんせん)を献上してきた。

2_convert_20140123120208.jpg

門をくぐると現れる主屋。西尾家11代当主の與右衛門義成によって明治28年(1895)に建てられた。

IMG_4230_convert_20140123120856.jpg

主屋の中には煉瓦敷きの土間がある計量部屋がある。献上する米を量るための部屋である。

IMG_4250_convert_20140123121142.jpg

台所。西尾家とは縁の深かった建築家、武田五一がデザインしたとされる調理台や、他では類を見ないと思われる巨大な配電盤が残されているのが特徴。

7_convert_20140123120532.jpg

11代当主・義成は薮内流の茶道を修めていたことから、邸内には随所に茶事が行えるような設えが見られる。

IMG_4236_convert_20140123121032.jpg

南側に面した主座敷。主座敷の反対側に当たる北側の座敷は、音楽家の貴志康一(1909~1937)の生誕に際し産室に充てられた部屋である。(西尾家は貴志康一の母の実家である)

IMG_4237_convert_20140123121101.jpg

旧西尾家住宅の主座敷で珍しいのは、カットガラスを嵌めた硝子戸を縁側の軒先に建て込んで、サンルーム風に設えている点である。西尾家12代当主・與右衛門義雄によって主屋が改修された際、武田五一の指導でこのような改造が行われたと考えられている。

IMG_4254_convert_20140123121244.jpg

上記縁側を外から見る。通常、伝統的な日本家屋は屋根の軒を大きく深く差し出すが、硝子戸を入れたため軒の出が異様に浅いのが分かる。

IMG_4259_convert_20140123121349.jpg

庭園の中に配された四腰掛。明治39年頃の建築とされる。

IMG_4258_convert_20140123121317.jpg

四つの腰掛を卍状に配している。
桂離宮にある卍亭の写しといわれるが、硝子戸を入れているのはこちらのオリジナルのようだ。

IMG_4266_convert_20140123121636.jpg

茶室「積翠庵」
明治26年の建築とされる。

IMG_4265_convert_20140123121613.jpg

京都にある、茶道薮内流家元の茶席・燕庵の写しと、同じく雲脚席の写しと、二つの茶席を組み合わせたものである。

IMG_4263_convert_20140123121433.jpg

燕庵写し内部の手前座方向。

4_convert_20140123120325.jpg

大正15年に武田五一の設計で建てられた離れ内部。長屋門の長屋部分を取り壊し、門に接続する形で建っている。
当初、11代義成の隠居所として計画されたが工事途中で義成が死去したため、12代義雄の居住用に計画を変更して完成したという。

3_convert_20140123120253.jpg

二棟の建物で構成される外観は純然たる和風建築であるが、内部はそれぞれ和室棟(西棟)と洋室棟(東棟)に分かれており、和洋並置式の構成をとる。写真は和室棟の茶室。伝統建築は尺貫法に基づいて設計施工されるのが一般的であった当時としては異例の、メートル法に基づいた設計が為されている。

5_convert_20140123120452.jpg

西棟の廊下は網代張りの船底天井になっている。

6_convert_20140123120511.jpg

西棟と東棟(洋室棟)を繋ぐ渡り廊下。大きく曲がった梁が印象的だが、これは加工して曲げたのではなく、天然の曲がった木を3本用意したのではないか、とのこと。

IMG_4293_convert_20140123121943.jpg

洋室棟の撞球室。置かれているのはかつての雰囲気を出すために寄贈された現代のビリヤード台で当家のものではない。格天井に用いられているのは、当時は珍しかったベニヤ板に白ペンキ塗装を施したもの。

IMG_4277_convert_20140123121751.jpg

東棟のもうひとつの部屋、暖炉やステンドグラスで飾られた洋室には、サンルームと写真現像用の暗室もあり、当主の居間や応接、書斎などとして使われていたものと思われる。

8_convert_20140123123203.jpg

シンプルなデザインの大理石の暖炉。

IMG_4276_convert_20140123121703.jpg

洋室ながらも全体的に和風を基調とする、武田五一の得意とするデザインを見る事ができる。

IMG_4278_convert_20140123122325.jpg

IMG_4274_convert_20140123122532.jpgIMG_4273_convert_20140123122459.jpgIMG_4271_convert_20140123122413.jpgIMG_4272_convert_20140123122441.jpg

草花をモチーフとしたアールヌーボー風のステンドグラス。

IMG_4286_convert_20140123121834.jpg

サンルーム。

b_convert_20140123122756.jpgc_convert_20140123122859.jpgf_convert_20140123122955.jpgd_convert_20140123122917.jpge_convert_20140123122935.jpga_convert_20140123122739.jpg

主屋・離れ共に古い照明器具がよく残されている。

IMG_4288_convert_20140123121914.jpg

結果的には幸いに吹田市が取得・保存公開されることになったが、この屋敷も以前紹介した神戸市の旧乾邸と同様、相続税納付のため西尾家から国に物納され、建物や庭園は撤去される寸前であった。

本来保護すべき立場にある国が文化破壊に手を貸すような愚行が、今日のような税制ではまだまだこれからも各地でいくらでも起こりうると思うと何とも言えない気分になる。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード