旧川喜田久太夫(半泥子)邸 復元計画の現状

以前弊ブログ記事で、復元が計画されていることについて紹介した三重県津市の旧川喜田久太夫(半泥子)邸ですが、下記の日本経済新聞報道によると計画は現在、暗礁に乗り上げているようです。

旧川喜田邸について取り上げた弊ブログ記事(第258回・千歳文庫)
http://kenchiku228.blog85.fc2.com/blog-entry-263.html

旧川喜田久太夫(半泥子)邸洋館(石水博物館の展示パネルより)

IMG_2931_convert_20110530185909.jpg

写真の二階建洋館と、平屋建日本家屋が現在、解体材の状態で保管されており、津市によって復元が検討されていた。
IMG_2928_convert_20110530190215.jpg

日本経済新聞 平成26年4月23日付記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG22057_T20C14A4CR0000/

(以下、記事引用)

「半泥子の山荘、復元計画が頓挫 専門家「重文級の価値」

「東の魯山人、西の半泥子」と称された陶芸家、川喜田半泥子(本名・久太夫、1878~1963年)が暮らした津市の山荘が2度の移築を経て解体された後、部材が奈良県内の倉庫に30年近く眠っている。津市は一時、復元に前向きな姿勢を見せたが、数億円の費用がかかることもあって計画は頓挫。専門家は「重要文化財級の価値があり、市が部材を引き取るべきだ」と訴えている。

 半泥子は伊勢商人の末裔(まつえい)として生まれ、百五銀行(津市)の頭取や、津市議、三重県議も務めた資産家。

 山荘は1915年、津市を一望する千歳山に建てられた。「イングリッシュコテージ式」と銘打たれ、木造2階建ての洋館と木造平屋の和館を併設。千歳山の土が陶芸に適しており、半泥子は窯を開いて作陶を始めた。

 津市を訪れる皇族や文化人の迎賓館の役割も担ったが、43年に三重県鈴鹿市の海軍工廠(こうしょう)に寄付されて以降、所有者を変えて2度移築され、85年に奈良県内の民間団体が解体し、復元目的で部材を引き取った。しかし、復元のめどは立たず、団体の倉庫に放置されたままになっていた。

 2008年、川喜田家が千歳山の土地を津市に寄贈。市や、有識者でつくる「津市千歳山を考える会」は、山荘を復元し公園として整備する計画を練り、11年には部材の調査を決定。山荘を公園の新しいシンボルにすべく動き始めた。

 しかし昨年11月に市議会に提出された千歳山の整備案に復元は盛り込まれなかった。津市政策課の倉田浩伸課長は「復元しても費用に見合う集客力や利用法があるか疑問。今の財政状況で、市民の理解を得るのは難しい」と漏らす。

 三重大大学院の菅原洋一教授(日本建築史)は「復元すれば重文指定も目指せる。部材の倉庫は保管に適しているとは言えず、団体が部材を保管し続ける保証もない」と指摘している。〔共同〕」

(以上、記事引用)

上記記事では言及されていませんので「重要文化財級の価値がある」点につき、ブログ管理人より私見の補足を。
旧川喜田久太夫邸には、大正期を代表する2人の建築家が設計に関わっています。そして両者の設計作品には、国指定重要文化財が既に何件か存在しています。

**********************************

当初設計者の大江新太郎(1876~1935)は、明治神宮造営や伊勢神宮式年遷宮、日光東照宮修理などに携わり、寺社建築に造詣が深い建築家。大正10年竣工の明治神宮宝物殿は国指定重要文化財。

大江新太郎設計の明治神宮宝物殿

IMG_2477_convert_20110530201443.jpg

大正8年に行われた、洋館部分の玄関・ホールまわりの改装を手掛けた田辺淳吉(1879~1926)は、工芸性の高い作品を多く残した建築家で現在3件(誠之堂晩香廬青淵文庫)が国指定重要文化財。

田辺淳吉設計の晩香廬

IMG_1587_convert_20120929100526.jpg

施主の川喜田半泥子(1878~1963)は、百五銀行頭取を長年務めた実業家であると同時に、陶芸家としても知られるが建築にも関心が強く、自ら大工道具を振るって建てた茶席(山里茶席)が現存、公開されている。なお上記記事中、「東の魯山人、西の半泥子」と紹介されている北大路魯山人(1883~1959)の旧邸は現在、旧所在地の鎌倉から茨城県笠間市に移築、「春風萬里荘」の名で保存・公開されている。

**********************************

川喜田家は平成20年(2008)、津市の郊外にあり、川喜田邸敷地及び周辺の広大な自然林から構成される千歳山の土地を、敷地内の建物を含めて津市に寄贈しました。津市では千歳山の整備に当たり、現在は解体材の状態で奈良県内に保管されている旧川喜田邸の復元も検討に入れ、整備に着手していたところです。

個人的な話で恐縮ですが、ブログ管理人は10年程前に下記「大宝天社絵馬」様のホームページ(※)で初めて旧川喜田邸の存在を知り、特に洋館の美しい外観に魅せられました。また施主の川喜田半泥子についても、偶々見た作品展を通じその人物像に魅せられました。この度の津市の動きには多大なる期待を寄せておりましただけに、計画が頓挫しているという現状は残念でなりません。

※ホームページ「大宝天社絵馬」様の「今は昔の物語」にある「鈴鹿荘」の記事
(鈴鹿市に移築され「鈴鹿荘」と称されていた頃の旧川喜田邸について、こちらのホームページで詳細に紹介されておられます)

(参考:三重県内で既に修復・公開されている近代の邸宅)

桑名市が「六華苑」として整備・公開している旧諸戸清六(二代目)邸

IMG_5859_convert_20100925164523.jpg

上記「六華苑」に隣接、諸戸家関係の財団が公開している旧諸戸清六(初代)邸

convert_20100926105841.jpg

三重県に現存する近代の大規模な邸宅では上記二つの諸戸邸の他、擬洋風建築の洋館がある土井本家(尾鷲市・非公開)などがありますが、旧川喜田邸は三重県における近代の貴重な歴史遺産として、これらに匹敵する価値があると思います。桑名の旧諸戸邸は観光名所としても定着しつつあり、同様に旧川喜田邸を巨額の費用に見合うだけの集客力を有する文化施設にする事も決して不可能ではないと思います。

津市におかれましては、財政面から難しい点は容易に想像できる所ではありますが、津市民のみならず三重県民、日本国民の財産として旧川喜田邸が後世に引き継がれるよう、復元実現に向けて千歳山の整備を進めて頂くことを願うものであります。
スポンサーサイト

第769回・JR門司港駅(旧門司駅)他

1_convert_20140419151922.jpg

前回紹介した旧門司三井倶楽部と共に観光名所となっている、JR門司港駅など門司港レトロ地区の近代建築群。
本来ならば個別に記事を作成したい魅力的な建物群であるが、ブログ作成を始める前の訪問でお見せできるような写真が少ない。今回はいつかは更新する前提で、簡単な紹介記事とさせて頂く。

4_convert_20140419152025.jpg

門司港レトロ地区のシンボルにしてかつての九州の玄関、JR門司港駅。
大正3年(1914)に門司駅舎として建てられ、昭和17年の関門トンネル開通により現在の門司港駅に改称されるまで、九州の鉄道の起点駅であった。また関門連絡船との連絡中継駅としての機能も有していた。

3_convert_20140419152010.jpg

当時の博多駅舎を模したとも言われる外観。昭和63年に駅舎としては初の国指定重要文化財となる。

6_convert_20140419152104.jpg

駅本屋だけでなくホームも歴史を感じさせる。

5_convert_20140419152044.jpg

平成24年から大規模な解体修理工事に入っており、工事完了まであと4年かかる予定である。(写真は平成19年撮影)

7_convert_20140419152124.jpg

旧門司税関。明治45年(1912)竣工。長らく倉庫として使用され、荒廃が進んでいたが門司港レトロ地区の主要建築物として北九州市により修復、活用されている。

8_convert_20140419152146.jpg

旧大阪商船門司支店。大正6年(1917)竣工。設計は神戸の村山龍平邸洋館(明治42年、国指定重要文化財)の設計者でもある河合幾次。現在は北九州市が所有・公開。

9_convert_20140419152203.jpg

大阪商船とは対照的にシンプルな外観の旧日本郵船門司支店。昭和2年(1927)竣工。

12_convert_20140419152313.jpg

外観は簡素であるが、内部は古い造りをよく残している。玄関の風除室壁面には美しい緑色のタイルが貼られている。

11_convert_20140419152253.jpg

モザイクタイル貼りの床を持つ玄関ホール。このほか古風なエレベーターなども見どころである。

10_convert_20140419152232.jpg

現在は一階の外壁が改修され、旧状に近い形に変えられているようである。

13_convert_20140419152425.jpg

旧門司三井倶楽部の向かいにある旧三井物産門司支店ビルは、昭和12年竣工の装飾を省いたモダンな外観を有する事務所ビルであるが、正面玄関上部には写真のような黒大理石のレリーフが飾られている。

14_convert_20140419152441.jpg

山口銀行門司支店の建物は、昭和9年(1934)竣工の旧横浜正金銀行門司支店。

15_convert_20140419152504.jpg

設計は同行の神戸支店も手掛けた桜井小太郎。

2_convert_20140419151954.jpg

今回はその場しのぎの記事となり申し訳ありません。門司は対岸の下関と共に近代建築の宝庫です。これらの建物はいつか必ず再訪して詳細記事にしたいと思います。

第768回・旧門司三井倶楽部

4_convert_20140419110311.jpg

旧門司三井倶楽部は、大正10年(1921)に三井物産門司支店の社交クラブとして現在の北九州市門司区に建てられた洋風建築である。戦後は財閥解体により国鉄の所有となるが、現在は北九州市が所有・公開している。国指定重要文化財。

2_convert_20140419110241.jpg

本来は現在のような市街地の真ん中ではなく、緑豊かな山麓の一角に建てられていた。元々は山手の谷町にあった三井物産の社宅群の中にあったが保存に至る経緯上、門司港に近い現在地に移築されている。

1_convert_20140419110217.jpg

門司港は明治以降、石炭の積み出し港として発展したが、門司三井倶楽部が建てられた大正中期は欧州航路を始め、台湾や大連、上海行航路の船舶の寄港地となり、港町として繁栄の絶頂期を迎えている頃であった。

15_convert_20140419110601.jpg

敗戦後は財閥解体により三井物産は門司から撤退する。旧三井倶楽部は戦後新たに発足したばかりの国鉄に売却され、「門鉄会館」の名で国鉄の宿泊施設となった。その後国鉄の分割民営化に伴い、門鉄会館は処分対象資産となり存続の危機に立つ。

5_convert_20140419110326.jpg

門司港界隈の歴史的建築群を、観光資源として整備する「門司港レトロ」事業を進めていた北九州市が、移築を前提に国鉄清算事業団より無償譲渡、国の重要文化財に指定の上で現在地への移築復元を実現させた。現在は建物自体を一般公開するほか、飲食店なども入居している。

3_convert_20140419110256.jpg

貿易商社の社交クラブにふさわしく、玄関の欄間には船のステンドグラスが嵌め込まれている。

12_convert_20140419110527.jpg

館内は、かつての財閥系商社の社交クラブであり迎賓館でもあった面影が、部屋毎に異なる暖炉や重厚な天井装飾などによく残されている。

11_convert_20140419110508.jpg

設計は門司に設計事務所を開いていた松田昌平(1876~1989)による。

13_convert_20140419110546.jpg

竣工後間もない大正11年には、来日したアインシュタイン博士の宿所にも充てられた。

10_convert_20140419110448.jpg

2階にある宿泊用の居室は当時の家具が一式復元、展示されている。

9_convert_20140419110430.jpg

8_convert_20140419110414.jpg

7_convert_20140419110359.jpg

部屋毎に異なる天井の造り。

6_convert_20140419110344.jpg

財閥解体、国鉄民営化など、時代の動きにその都度翻弄されてきたものの、現在は門司港レトロ地区の中でも門司港駅舎などと共にシンボル的な存在として、多くの観光客を迎え入れている。

第767回・旧山口県会議事堂

2_convert_20140414195140.jpg

旧山形県庁舎再訪による記事更新、県会議事堂の記事作成と合わせ、同じ大正5年竣工の旧山口県庁舎についても同様に記事を更新してみた。更新前の記事では、県会議事堂は外観写真を1枚だけだったので、今回は独立した記事で改めて紹介させて頂く次第である。(もっともこちらは再訪した訳ではないので、画質の悪い古い写真で恐縮ですが・・・)

3_convert_20140414195201.jpg

旧県庁舎と同じく大正5年(1916)竣工。設計も武田五一・大熊喜邦のコンビ。昭和49年(1974)に新しい県議会棟に役目を譲るまで約60年使われていた。昭和59年に旧県庁舎と共に国重要文化財に指定される。

4_convert_20140414195219.jpg

平成10年から16年にかけて、旧県会議事堂は大掛かりな補強、修復工事が行われ、併せて後年の改造部分を創建当初の形に復する復元工事が行われている。なお旧県庁舎は、同様の修復・復元工事はまだ施されていない。

13_convert_20140414233217.jpg

正面中央に小さな塔を設けている。

5_convert_20140414195237.jpg

山形と異なり、県庁舎と県会議事堂の意匠・外壁仕上げは統一されている。玄関ポーチなどのデザインは県庁舎の縮小版といった感じである。

7_convert_20140414195315.jpg

玄関ホール。玄関扉の幾何学的意匠が当時としては非常に斬新なものである。

10_convert_20140414195416.jpg

議場内部。照明器具なども資料に基づき創建当初の形に復元されている。

8_convert_20140414195335.jpg

議員席から正面演壇及び県会議長席を望む。

9_convert_20140414195354.jpg

天井は県庁舎正庁と同じくドーム状になっているが、木部は重厚な焦茶色に塗られ、パステルカラーの華やかな色調の正庁とは対照的な仕上げとなっている。

11_convert_20140414195434.jpg

傍聴席から演壇を望む。

12_convert_20140414195454.jpg

極めて平面的な装飾に武田五一の作風がよく現れている。

6_convert_20140414195255.jpg

戦前の道府県庁舎のうち、議事堂が別棟になっており現在も両者が揃って現存するのは山形・山口のほか、山梨県庁舎・県会議事堂(昭和3~5年)がある。

第766回・旧山形県会議事堂

7_convert_20140413111216.jpg

以前紹介した旧山形県庁舎に隣接して建つ旧山形県会議事堂。県庁舎と同じく、山形大火で焼失した旧議事堂に代わって大正5年(1916)に竣工。設計も同じく中條精一郎が顧問で、田原新之助の設計。国指定重要文化財。

IMG_5648_convert_20140413111837.jpg

県庁舎の正面向かって左手に建つ県会議事堂。県庁舎とは別に、専用の門が設けられている。

4_convert_20140413112723.jpg

県庁舎が構造は煉瓦造、中庭を除き外壁は全面花崗岩貼りとしているのに対し、県会議事堂は赤煉瓦の壁面に付柱等一部を花崗岩貼りとしている。庁舎と合わせたかったものの工費の制約上、止むを得ないものであったようである。

IMG_5646_convert_20140413112639.jpg

中庭の外壁が構造体の赤煉瓦がむき出しになっている点を除けば、県庁舎は内外装ともに全面的に重厚華麗に仕上げられているのに対し、県会議事堂の外観は正面だけを立派に仕上げるのが精一杯であったような感がある。しかしその内部は、県庁舎に劣らないすばらしい空間である。

6_convert_20140413112427.jpg

県庁舎とは渡り廊下で結ばれている。
なおこの建物は公会堂兼用であったため、県会が開かれていないときは山形市民のための公会堂として使われていた。

IMG_5414_convert_20140413112259.jpg

側面から見た外観。正面のみ2階建として1階に議員控室、2階に来賓室及び正副議長室を配している。奥は平屋建ての議場ホールとなっている。

IMG_5409_convert_20140413112834.jpg

議場ホールの上部には換気塔と思われる小塔を設けている。

IMG_5398_convert_20140413112109.jpg

背面からみた旧県会議事堂。

IMG_5401_convert_20140413115828.jpg

裏手、県庁舎と県会議事堂の間には何か別の建物が建っていたのか、立派な石畳と石段があり、石段の両脇には装飾を施した石柱が一対建っている。

IMG_53992_convert_20140413120043.jpg

現存する旧県会議事堂(2代目)は議事堂としては短命で、竣工から僅か14年後の昭和5年(1930)には3代目議事堂が竣工、移転している。3代目議事堂の跡かとも考えられたが、古い絵葉書などを見ると2代目議事堂の前面に新築されたようなので、議事堂跡ではないと思われる。

IMG_54002_convert_20140413120334.jpg

石柱の頂部には凝った装飾が施されている。

IMG_5645_convert_20140413113156.jpg

昭和5年に議事堂兼公会堂の役割を終えた後は、県庁舎別館として旧議場ホールなど内部を改装、昭和59年に庁舎としての役割を終えるまで執務室の一部として使われていた。

IMG_56432_convert_20140413113009.jpg

昭和61年から始まった修復工事により内装が全面的に復原され、約半世紀ぶりにカマボコ型のヴォールト天井を備えた旧議場ホールなどが復活した。

IMG_56442_convert_20140413111508.jpg

正面玄関。
なお、先述の3代目県会議事堂は2代目議事堂の正面鼻先に建っていたようであるが、現存しない。

IMG_5411_convert_20140413111647.jpg

玄関内部。欄間にシンプルな意匠のステンドグラスを嵌め込んでいる。

IMG_5410_convert_20140413111556.jpg

県会議事堂の階段親柱や手摺りは、重厚な県庁舎と異なりセセッション風のモダンな意匠となっている。

img001_convert_20140413121515.jpg

旧議場ホール内部。写真は文翔館パンフレットからの転載。今回2度目の訪問であったが、催事準備のためまたもや立入禁止であった。盛んに利用されているのは建物にとって大変喜ばしいことなのだが・・・

convert_20100307214332.jpg

また山形訪問の機会を得たときは、今度こそ旧議場ホールを直接見たいものである。

convert_20100306163639.jpg

なお旧県庁舎については、本記事作成に合わせ写真の大幅な差替・追加等、記事内容の全面的な更新を行ったので、併せて御覧頂けると幸いである。

第765回・旧大庄村役場(尼崎市立大庄公民館)

IMG_5012_convert_20140406230506.jpg

兵庫県尼崎市にある大庄公民館は、昭和12年(1937)に大庄村役場として建てられた。昭和戦前から戦後にかけて活躍したモダニズムの建築家・村野藤吾(1891~1984)の比較的初期の設計作品。国登録有形文化財。

IMG_5004_convert_20140406232106.jpg

正面。
鉄筋コンクリート造地上3階建て、地階、塔屋付の庁舎は、昭和12年の竣工当時「日本一の村役場」と称されたという。

IMG_5006_convert_20140406230405.jpg

村野藤吾は大正7年に渡辺節の事務所に入所、渡辺の下で神戸の商船三井ビルや、大阪の綿業会館などの設計に携わる。昭和4年に独立した後は、今は無い大阪心斎橋のそごう百貨店(現在存続が不安視されている大丸百貨店の隣にあった)などを手掛ける。

IMG_5022_convert_20140406231813.jpg

背面。立方体を不規則に積み重ねたような大胆な造形が特徴である。

IMG_5027_convert_20140406232651.jpg

外壁に貼られた小豆色のタイル。同様の色調をもつタイルが、戦前の大作である東京日本橋の森五商店(昭和6年、現近三ビル 東京都選定歴史的建造物)、山口県宇部の渡辺翁記念会館(昭和12年、国指定重要文化財)でも用いられている。

IMG_5009_convert_20140406231557.jpg

村野の作風は従来の様式建築を否定しモダニズムを基調としながらも、装飾を一切廃した機能主義には与せず、内外装の仕上材や細部意匠には独特の趣向を凝らすものだった。

IMG_5014_convert_20140406232541.jpg

村野の創意に加え、渡辺節の下で叩き込まれた様式建築の手法が活かされており、細部意匠を豊かなものにしていると言える。晩年には様式建築の意匠を自在に使いこなせる建築家として赤坂離宮迎賓館(旧東宮御所)の改修設計も引き受けている。

IMG_5028_convert_20140406232759.jpg

村野藤吾の設計作品は現在、先述の渡辺翁記念会館の他、戦後の建築では初指定となった広島市の世界平和記念聖堂(昭和29年)、高島屋東京店増築(昭和29~40年、高橋貞太郎設計の当初部分と併せて指定)の3棟が国指定重要文化財となっている。

IMG_5008_convert_20140406231901.jpg

また、国登録有形文化財となっているものでは旧大庄村役場の他、大阪府吹田市の関西大学簡文館(昭和30年)がある。

IMG_5013_convert_20140406232324.jpg

長く伸びた玄関ポーチや玄関まわりは、直接の関係は全くないが、師である渡辺節設計の旧乾新兵衛邸(昭和11年)を連想させられる佇まいであった。

IMG_5011_convert_20140406230852.jpg

一階の玄関脇の壁面に飾られたグリフォンのレリーフ。

IMG_5018_convert_20140406231014.jpg

これらの動物装飾を見ると、渡辺節の下で旧大阪ビルディング本館同ビル東京分館の装飾を手掛けた経験が活かされているのかと思えてくる。

IMG_5019_convert_20140406230924.jpg

塔屋に施されたオリーブのレリーフ。

IMG_5031_convert_20140406233029.jpg

昭和17年(1937)に大庄村は尼崎市に編入、庁舎は尼崎市役所大庄出張所となる。その後大庄支所となり昭和44年に現在の用途である公民館となる。昭和61年には改修工事が施され、平成15年に国登録有形文化財となり現在に至る。

大丸百貨店心斎橋店が建て替え?

4月9日付記事で気になるコメントを頂戴したので調べると、大阪・心斎橋にある大丸百貨店心斎橋店(参照:過去の紹介記事)が建て替えられる、と朝日新聞(デジタル版)が報じています。

IMG_5607_convert_20130114105635.jpg

記事を見ると・・・(以下引用、但し本文のみ)

4月11日付朝日新聞デジタル版

「完成から81年たつ大丸心斎橋店本館(大阪市中央区)が、建て替えられる見通しになった。近代の大阪を代表する歴史的建造物のひとつだが、老朽化に加え、周辺の百貨店が次々と増床・改装しており、対抗が必要になった。

 1933年に完成した本館は、米国出身の建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの代表作のひとつ。アールデコやネオ・ゴシック様式を織り交ぜた「大正モダン建築」で知られる。大理石を多用し、玄関ホールの天井にはイスラム様式の幾何学模様アラベスクもみられる。45年の大阪大空襲で上層階を焼失したが、その後、雰囲気を保ったまま修復・増築された。
 ただ、最近は古さが目立っていた。そこで大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJフロントリテイリングは、10日発表の中期経営計画に「心斎橋地区再開発計画の具体化」を盛り込んだ。

 大丸松坂屋の好本達也社長は「本館建て替えを含め、前向きに検討している」と話す。南館、2009年にそごうから買いとった北館の改装とともに、16年度までに一体的な活性化策を固める。(内藤尚志)」

本記事で言及の心斎橋地区再開発計画については以下、「建設通信新聞」より。

4月11日付建設通信新聞記事

「J・フロントリテイリング(JFR)は、東京・銀座六丁目10地区再開発計画、松坂屋上野店南館建て替え事業に続き、大阪心斎橋地区の再開発計画に着手する。「大型商業施設のオーバーストア化で競合が激化する大阪地区の競争力を抜本的に強化する」(同社)ため、大丸心斎橋店(本館、北館、南館)を中心に周辺の不動産、商業施設活用を含めた心斎橋地区再開発計画の具体化を推し進めるという。10日、同社が発表した今期を初年度とする3カ年の中期経営計画(-2017年2月)の中で明らかにした。3年間で1300億円以上の営業キャッシュフローを創出し、うち1100億円を主に大型設備投資と成長投資に投入する。
 中計は、16年11月に銀座六丁目10地区再開発計画の開業を予定しているほか、17年秋に松坂屋上野店南館建て替えのオープンを予定している。
 17年以降の飛躍を見据え、新百貨店モデルの確立に向けた取り組みをさらに推し進めるとともに、パルコやスタイリングライフ・ホールディングス(SLH)、フォーレストを加えたマルチリテイラーとして取り組みを強化することで顧客の幅広いニーズに応え、グループの競争力、収益力を抜本的に強化するという。
 パルコは16年春の開業を目標に仙台地区2店舗目となる仙台新館(仮称)の開発を進めるほか、名古屋(14年秋)や札幌(16年春)など7物件以上の開発を目指すとともに、売り場面積の約15%規模を毎年リニューアルする。
 海外は、上海新世界大丸百貨店(中国)、JFRプラザ(台湾)を通じ、今後の事業展開や他のアジア諸国出店につなげる。」

(以上、記事引用終わり)

「大丸心斎橋店本館の建て替えも選択肢に入れた再開発計画が具体化に向け動き出した」とは言えますが、朝日の「建て替えられる見通しになった」はちょっと飛躍し過ぎと思いますが?

朝日新聞は昭和6年竣工の近代建築として知られた旧朝日ビルディングを取壊し、高層ビルに建て替える再開発事業を現在やってる最中ですから、大丸も同じような事をやるぞ、とでも言いたいのでしょうかね?
・・などと下衆な勘繰りもしたくなる記事です。

それはさておき、歴史的建築が簡単に姿を消すことが珍しくない大阪の土地柄を考えると、本館の建て替えが有力な選択肢に挙がっているのは事実と思います。

隣りの南館や北館(旧そごう百貨店本店)の増改築で本館は修復改修、という選択肢もあって然るべきでしょう。
大丸は再開発するなら三越や高島屋を見習ってやって頂きたいものです。

IMG_2083_convert_20140412104106.jpg

日本橋三越本店(大正3年竣工、昭和2・10年改装 東京都選定歴史的建造物))→過去の紹介記事
旧館に隣接して高層の新館を増築。旧館は耐震改修を施し、吹付塗装で塗り込められていた白タイル貼りの外壁も近年の改修で復元されている。

IMG_2085_convert_20101001232202.jpg

高島屋東京店(昭和8年竣工、同29、40年増築 国指定重要文化財)→過去の紹介記事
戦後の増築部分も含まれる重要文化財の本館は保存しつつ、隣接の別館を高層化する再開発計画が進行中。

IMG_7626_convert_20100720220909.jpg

高島屋本店(南海ビルディング)(昭和7年 国登録有形文化財))→過去の紹介記事
戦後の増築部分のみ建て替えて、売り場面積の増床に対応。本館は改修後、国の登録文化財に認定されている。

第764回・山形六日町教会

IMG_5386_convert_20140405151308.jpg

山形市旅篭町にある日本基督教団山形六日町教会は、明治20年(1887)に伝道活動を始めたという山形市内でも最も古いキリスト教会のひとつである。

IMG_5384_convert_20140405151526.jpg

現在の会堂は大正3年(1914)の竣工。

IMG_5389_convert_20140405152329.jpg

国指定重要文化財である旧山形県庁舎のすぐ裏手に建つ山形六日町教会。

IMG_5383_convert_20140405152522.jpg

木造下見板張りの簡素な造り。

IMG_5393_convert_20140405151807.jpg

もとは別の場所に会堂があったが、明治44年の山形大火で焼失、現在地に移転した。

IMG_5385_convert_20140405152115.jpg

尖頭アーチを持つゴシック様式の窓。

IMG_5388_convert_20140405152611.jpg

近年改修されたようであるが、創建当初の形態は概ね変えられてはいないようである。

IMG_5390_convert_20140405151645.jpg

煉瓦積みの煙突はかつては屋根より上に伸びていたものと思われるが、現在は壁面部分のみ残されている。

IMG_5391_convert_20140405151904.jpg

きれいに外壁のペンキを塗り替えた外観は、一見古さをあまり感じさせないが、煙突跡の古びた煉瓦積は建てられてから100年に亘る歴史を感じさせる。

IMG_5405_convert_20140405152027.jpg

重厚な石造風の旧県庁舎とは対照的な外観を見せている。

第763回・旧開明尋常小学校舎(尼崎市役所開明庁舎)

IMG_4974_convert_20140405163049.jpg

今回は市役所の分庁舎として再利用されている戦前の小学校校舎。現在尼崎市役所の開明庁舎おして使われている建物は昭和12年(1937)に開明尋常小学校の校舎として建てられた。国登録有形文化財。

IMG_4948_convert_20140405163943.jpg

前回の旧山形市立第一小学校と比較すると、現在の小学校校舎でも見られるような外観で、一見すると戦前の建物には見えない。

IMG_49492_convert_20140405164246.jpg

しかし時計塔まわりに目をやると、戦前建築ならではの造形が見られる。

IMG_4979_convert_20140405163706.jpg

太い円柱がそそり立つ時計塔や半円形に張り出した階段室、四半円平面の玄関ホールなど、戦後の小学校校舎では滅多に見られない凝ったデザインが施されている。

IMG_4980_convert_20140405163802.jpg

京阪神地方ほか関西に甚大な被害をもたらした、昭和9年の室戸台風の災害復興事業として、既存の木造校舎を建て替える形で建てられた。

IMG_4973_convert_20140405163511.jpg

平成16年(2003)、開明小学校は他校との統合により校舎は移転、60年以上に亘る校舎としての役割を終えた。

IMG_4975_convert_20140405164024.jpg

内部の旧校長室には、以前大阪の旧浪速高等学校本館の記事でも触れた、旧奉安庫の跡がそのまま残されているという。

IMG_4978_convert_20140405163345.jpg

小学校としての役割を終え、尼崎市役所開明庁舎として再利用されているが、整備に際しては後年の増築により当初の姿が失われていた玄関まわりがもとの形に復元されている。

IMG_4945_convert_20140405163252.jpg

大東亜戦争末期の米軍機による、機銃掃射の痕跡が残る塀も保存されている。

IMG_4947_convert_20140405163435.jpg

かつての校庭は現在、公園となっている。

第762回・旧山形市立第一小学校校舎

IMG_5596_convert_20140405164520.jpg

昭和2年(1927)竣工の旧山形市立第一小学校校舎は、現存する中でもかなり古い部類に属する鉄筋コンクリート造の小学校校舎である。現在は小学校校舎としての役割は終え、山形市の文化施設として公開・活用されている。

IMG_5595_convert_20140405172122.jpg

山形市の中心街、本町1丁目にある旧第一小学校校舎。これまでに紹介した吉池医院や旧西村写真館、旧丁子屋商店などと共に山形市中心街に残る戦前建築である。

IMG_5617_convert_20140405171948.jpg

国登録有形文化財であると同時に、経済産業省の近代化産業遺産にも認定されている。

IMG_5620_convert_20140405164430.jpg

左右対称で両端の外壁を少し前に張り出し、やや権威性が強い、官公庁舎を思わせる構成の外観。

IMG_56002_convert_20140405173054.jpg

全体的に装飾を配した簡素な外観であるが、中央と両端に配されたアーチ窓などに様式建築的な造形が見られる。

IMG_56032_convert_20140405173139.jpg

現在は山形市の施設「観光文化交流センター 山形まなび館」として観光案内所やカフェ、イベントスペースなどに使われている。

IMG_5608_convert_20140405172425.jpg

正面玄関を入るとすぐ階段が現れる構成も、戦前の官公庁舎によく見られる。
人造石研ぎ出しの階段親柱には、幾何学的で簡素な意匠の装飾が施されている。

IMG_5610_convert_20140405172308.jpg

鉄筋コンクリート造の小学校校舎は、大正後期から建てられ始める。大正12年の関東大震災を機にその数は増え、東京など大都市を中心に普及し始める。

IMG_5613_convert_20140405172209.jpg

しかし地方都市で、関東大震災から4年しか経たない昭和2年の竣工というのは極めて早く、東北では山形市立第一小学校が鉄筋コンクリート造の最初の小学校となった。

IMG_5611_convert_20140405172038.jpg

裏面から見た旧校舎。
現在も第一小学校は同一敷地内にて存続しており、旧校舎の背後に建てられた新校舎に移転している。

IMG_5604_convert_20140405171912.jpg

戦前の鉄筋コンクリート造の小学校校舎を新たな用途で再利用している例は増えており、京都の旧明倫小学校や、滋賀県の旧豊郷小学校などが、旧第一小学校と同様に国の登録有形文化財として保存・再利用されている。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード