第899回・旧大喜多寅之助邸(愛知県議員会館)

IMG_371011_convert_20150712230352.jpg

名古屋市東区東外堀町にある愛知県議員会館は、元々は名古屋市長も務めた弁護士・大喜多寅之助の自邸兼事務所であった。大正9年(1920)に建てられた邸宅は、木造平屋建の洋館と木造二階建の日本家屋、土蔵で構成されており名古屋市の中心街に残る数少ない戦前の邸宅建築である。

P504246822_convert_20150712230649.jpg

正面全景。
東外堀町は旧名古屋控訴院(現名古屋高等裁判所)庁舎に近いため、裁判所が移転した現在も法律事務所が多く存在する。

P5042471_convert_20150712225555.jpg

それらの多くが長屋建ての中で、弁護士事務所を兼ねた洋館と重厚な土蔵を備えた旧大喜多邸はひと際広壮な構えを見せている。

IMG_7293_convert_20150712225403.jpg

正面に洋館と土蔵を配し、奥に二階建ての日本家屋と平屋建ての離れと附属棟が連なる構成。

P5042473_convert_20150712225739.jpg

二階建て部分には名古屋市内の古い邸宅の例に漏れず、茶席があるという。

IMG_3707_convert_20150712230121.jpg

正門越しにまず目につくのが、弁護士事務所と応接間を兼ねた洋館。概ね創建当初からの佇まいを残しているが、近年の改修で建具が木製サッシからアルミサッシに代えられてしまったようだ。

IMG_37112_convert_20150712230910.jpg

洋館の玄関。こちらは古い扉がそのまま(ドアノブは交換されているが)のようだ。

IMG_3708_convert_20150712225852.jpg

洋館の奥にひっそりと配された日本家屋の玄関。
第二次大戦後大喜多家の手を離れ、現在は愛知県議員会館として県議会議員の会合や宿泊等に使われている。

IMG_37052_convert_20150712231256.jpg

大喜多寅之助(1868~1961)は岐阜県の出身で、名古屋弁護士会会長、名古屋市会議長、名古屋市長(在職大正10~11年)、中京法律学校(現中京法律専門学校)校長など名古屋の法曹界・政界・教育界で活躍した人物である。

P5042470_convert_20150712225650.jpg

現役の施設として今も使われているのは喜ばしい限りであるが、重要文化財に指定された愛知県庁舎に匹敵する文化財級の建造物として、今後もひきつづき維持保全されることを望むばかりである。
スポンサーサイト
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード