第931回・旧川本家住宅

P8162954_convert_20151230225055.jpg

奈良県大和郡山市洞泉寺町にある旧川本家住宅は、大正13年(1924)に建てられた旧遊郭の妓楼。
現在は大和郡山市が所有、管理している。国登録有形文化財。

P8162958_convert_20151230230102.jpg

郡山城の城下町の一角に当たる洞泉寺町には遊郭が置かれ、昭和33年(1958)の売春防止法施行までは、奈良県内でも屈指の歓楽街であったという。

P8162951_convert_20151230230029.jpg

現在もかつての妓楼のいくつかは、民家に転用されて現存している。
写真の道路の突き当りにある旧川本家住宅も、そのひとつである。

P8162954_convert_20151230225434.jpg

木造三階建の豪壮な妓楼。
特に凝った意匠はないが、各階の軒下に電燈を配するのは遊郭ならでは。

P8162969_convert_20151230225208.jpg

正面に3階建ての本館、その奥に中庭を挟んで座敷棟、納屋、土蔵を配する。いずれも国登録有形文化財。

P8162967_convert_20151230225229.jpg

側面より座敷棟を望む。

P81629612_convert_20151230225936.jpg

解体が検討されたことを機に、平成11年(1999)に大和郡山市が取得、以降、同市が管理しているが、現在のところ催事等を除き一般公開は行われていない。

P8162970_convert_20151230225310.jpg

P8162955_convert_20151230225354.jpg

玄関や1階だけを見ると、通常の町家と変わらない。

P8162963_convert_20151230225543.jpg

連子の意匠は各戸毎に異なり、周辺の旧妓楼と比較すると様々な意匠があることが分かる。

P8162972_convert_20151230230138.jpg

今後の活用に期待したい。
スポンサーサイト

第930回・旧盛岡貯蓄銀行本店(盛岡信用金庫本店)

P90533852_convert_20151229230403.jpg

岩手県盛岡市中ノ橋通にある盛岡信用金庫の本店店舗は、昭和2年(1927)に盛岡貯蓄銀行本店として建設された。
同じ中ノ橋通に面して建つ旧九十銀行本店・旧盛岡銀行本店と並ぶ戦前の銀行建築である。

P9053438_convert_20151229230803.jpg

盛岡貯蓄銀行は大正10年(1921)に設立され、6年後に本店店舗を完成させるが、その後岩手殖産銀行に統合された。現在の盛岡信用金庫本店となるのは戦後の昭和33年(1958)。

P9053386_convert_20151229230736.jpg

設計は辰野金吾の片腕として盛岡銀行本店の設計にも携わった葛西萬司。
旧盛岡貯蓄銀行本店は辰野の没後、独立して設計を手掛けたものである。

P9053383_convert_20151229230545.jpg

鉄筋コンクリート造であるが、一部は煉瓦も用いられているという。

P9053392_convert_20151229232205.jpg

背面、通用口側から望む。

P9053391_convert_20151229230834.jpg

通用口の門。

P9053390_convert_20151229231027.jpg

外観のデザインは古典様式であるが、内装はステンドグラスなどに当時最先端のアールデコの意匠が取り入れられている。

P90533842_convert_20151229231319.jpg

赤煉瓦の旧盛岡銀行、タイル貼りのモダンな旧九十銀行に比較すると、最も重厚で堅実な印象の建物である。

P9053396_convert_20151229230956.jpg

現在も現役の金融機関店舗である。

P90533892_convert_20151229230918.jpg

社章周りの装飾は創建当初からのものと思われる。

P9053387_convert_20151229231102.jpg

盛岡市の保存建築物に指定されている。

第929回・山手111番舘(旧ラフィン邸)

PB3011742_convert_20151216201311.jpg

山手111番舘は、横浜の山手に大正末期~昭和初期にかけて建てられた洋館群のひとつ。
関東大震災後の復興期である大正15年(1926)に米国人の住居として建てられた。現在は横浜市が所有、公開している。

PB301166_convert_20151216221740.jpg

外観は赤い瓦屋根に白く粗いスタッコ壁の組み合わせで、この時期流行したスパニッシュ・スタイルの洋館。

PB301169_convert_20151216221420.jpg

傾斜地に建っており、南側からみると3階建てに見える。
地階に面した手前のテラスは創建当初からあったものではなく、横浜市が取得、整備した際に付加されたものである。

PB301168_convert_20151216222105.jpg

地階にはかつてはガレージ、使用人部屋、洗濯室、ボイラー室が置かれていた。
写真左下の扉は、旧ガレージへの入口。

PB3011752_convert_20151216222636.jpg

設計は、横浜山手の洋館の代表格であるべーリック・ホール(旧ベリック邸)も設計した在日米国人建築家、J.H.モーガンによる。

PB301177_convert_20151216221609.jpg

3連アーチを備えた正面玄関はパーゴラになっている。

PB301178_convert_20151216222137.jpg

玄関を入ると吹き抜けのホールが現れる。
この規模の邸宅で吹き抜けを備える例は珍しい。

PB301187_convert_20151216221818.jpg

ホールの暖炉。

PB301185_convert_20151216221906.jpg

ホールの暖炉の裏側には、食堂の暖炉が煙突を共用する形で設けられている。

PB301182_convert_20151216221649.jpg

食堂は木部を強調した重厚な造りで、西洋館としては定石どおりの造り。

PB301181_convert_20151216221512.jpg

食堂の南側に面した窓は中央を一枚ガラスにして、横浜港への眺望を確保している。

PB301191_convert_20151216201543.jpg

食堂と厨房の間には配膳室が設けられている。

PB3011902_convert_20151216223748.jpg

洗面所。

PB3011732_convert_20151216222340.jpg

現在は横浜市の所有となり、過去当ブログで紹介した旧ベリック邸や旧エリスマン邸山手234番館などと共に公開されている。

第928回・旧緯度観測所本館(奥州宇宙遊学館)

P9063525_convert_20151103175537.jpg

岩手県奥州市水沢区星ガ丘町にある旧緯度観測所本館は、大正10年(1921)に建てられた木造二階建ての洋風建築。現在は奥州市が所有、奥州宇宙遊学館として公開されている。国登録有形文化財。

P90635402_convert_20151103180230.jpg

明治31年(1898)に開催された国際測地学協会総会で、世界共同の緯度観測所を北緯39度8分の線上に6ヶ所設置することとなり、日本では岩手県の水沢が選ばれ、翌明治32年より「臨時緯度観測所」が設置、緯度観測が行われることとなった。

P9063545_convert_20151103175840.jpg

以降水沢は日本及びアジアにおける国際測地学研究の拠点となり、今日でも測地学に関連する研究及び測定が行われている。

P90635332_convert_20151103180553.jpg

観測所構内に建つ旧緯度観測所庁舎。
緯度観測所はその後国立天文台に統合され、現在の名称は「国立天文台水沢VLBI観測所 」である。
(VLBI=超長基線電波干渉法)

P9063539_convert_20151103175754.jpg

庁舎としての用途を終えた後は取り壊される予定であったが、奥州市に譲渡、曳家・改修の上、宇宙科学を学べる科学館として活用されることとなった。

P9063542_convert_20151103175956.jpg

屋上に設けられた塔屋。
大正期の洋風建築に多く見られる、直線を基調とした簡素な意匠。

P9063543_convert_20151103180055.jpg

緯度観測所は宮澤賢治が度々訪れ、作品の着想を得た場としても知られており、賢治と観測所の関わりは奥州宇宙遊学館の展示内容にも反映されている。

P9063535_convert_20151103175636.jpg

玄関燈と玄関周りの装飾。

P9063527_convert_20151103180323.jpg

旧緯度観測所本館の斜め向かいに建つ平屋建ての洋風建築は、初代所長であった木村榮(1870~1943)の業績を紹介する記念館である。

P9063529_convert_20151103180417.jpg

木村榮記念館の建物は明治33年(1900)に建てられた臨時緯度観測所創立時の庁舎であり、奥州宇宙遊学館の建物は緯度観測所の二代目庁舎ということになる。

P9063526_convert_20151103175933.jpg

奥州宇宙遊学館・木村榮記念館は共に無料で公開されている。

第927回・旧富山県農学校(巌浄閣)

P8012688_convert_20151103181621.jpg

富山県立福野高等学校の敷地内に建つ「巌浄閣」は、同校の前身に当たる富山県立農学校本館として明治36年(1903)に建てられた。富山県内に現存する明治時代の洋風建築の代表格である。国指定重要文化財。

P80126802_convert_20151103182123.jpg

福野高等学校は富山県南砺市苗島、JR城端線福野駅から近い位置にある。

P8012679_convert_20151103182229.jpg

平日であれば学校の事務室に断れば内部も見学できるとのことであるが、外観は常時見学自由である。

P8012664_convert_20151103181903.jpg

校舎としての役割を終えた後、昭和43年(1968)に敷地内で移築、修復がなされた。
このとき、当時の富山県知事であった吉田実氏によって「巌浄閣」(がんじょうかく)と名付けられた。

P8012682_convert_20151103182612.jpg

「巌浄閣」の由来は、私財を提供して農学校設立の先覚者とされる島巌の名に因む。

P8012672_convert_20151103221104.jpg

明治42年(1909)には、県立農学校は富山を行啓された皇太子(のちの大正天皇)の御座所に充てられた。

P80126762_convert_20151103182427.jpg

正面屋根上部のゲーブル。

P80126682_convert_20151103220451.jpg

設計施工は地元の宮大工の棟梁である藤井助之丞が手掛けた。

IMG_5066222_convert_20151103220958.jpg

南砺市は今日でも仏壇や欄間などを飾る彫刻が地場工芸として盛んであるが、巌浄閣の正面玄関扉にも凝った透かし彫りの装飾がみられる。

P8012685_convert_20151103181758.jpg

旧県立農学校校舎は富山のほか、茨城にも現存する。

P80126732_convert_20151103220253.jpg

巌浄閣は平成9年(1997)、国の重要文化財に指定された。

第926回・旧松城家住宅

PB153676.jpg

静岡県沼津市戸田にある旧松城家住宅は、江戸後期から主に廻船業を営んでいた松城家の居宅として明治6年(1873)に建てられた擬洋風の住宅建築。国指定重要文化財。

PB153697_convert_20151130000148.jpg

戸田(へだ)は西伊豆の良港として知られる。戸田港に近い屋敷はかつて水路で戸田港と結ばれていた。現在、水路は埋め立てられている。

PB1536982_convert_20151130001523.jpg

伊豆石の塀越しに見る姿は、石造の洋館風。

PB153696_convert_20151130000320.jpg

玄関まわりは普通の古民家といった佇まい。

PB153679_convert_20151129235937.jpg

廻船業を営んでいた松城家は江戸の深川に出店を持っていた。
玄関先に置かれた鋳物の手水鉢は船で江戸から運ばれてきたもの。

PB153678_convert_20151129235821.jpg

玄関天井のランプ台座に施された漆喰鏝絵。伊豆で活躍した左官の入江長八とその一門の手になる漆喰鏝絵が建物の随所に施されており、建物の大きな見どころになっている。

PB153684_convert_20151130000907.jpg

玄関脇にはアーチ状の伊豆石の門があり、くぐると特別な来客を通す時のみ使われていた本玄関が現れる。

PB153686_convert_20151130001043.jpg

式台を備えた本玄関。

PB153685_convert_20151130000249.jpg

洋風を意識した造りは主に二階に施されている。

PB1536822_convert_20151130001750.jpg

2階ベランダ。かつては金属製の手摺が設けられていた。
円柱などは洋館風に造ろうしたものと思われる。

PB1536892_convert_20151130000807.jpg

側面に3つ並ぶ窓は、右端のみが本物で、残り2つは漆喰細工の偽物。

PB153690_convert_20151130001004.jpg

窓のようで、実はただの壁。

PB153692_convert_20151130000055.jpg

現在は沼津市が所有、月に2回(第1、第3日曜日)無料で一般公開が行われている。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード