第957回・旧中越銀行本店(砺波郷土資料館)

P8012558.jpg

富山県砺波市花園町のチューリップ公園内にある砺波郷土資料館の建物は、明治42年(1909)に建てられた旧中越銀行本店を昭和57年(1982)に移築保存したものである。明治期の銀行建築に多く見られる土蔵造の外観を持ち、内部には華麗な洋風意匠が施されているのが特徴。砺波市指定文化財。

P80126082_convert_20160327171241.jpg

郷土資料館に展示されている古写真。外壁はかつては黒漆喰塗りであったが、昭和13年(1938)に現在のタイル張りに改変された。また、屋根は当初瓦葺であったが、昭和5年(1930)に写真の銅版葺に改造されている。

P80125592_convert_20160327171645.jpg

現在の姿。移築後も、屋根と壁面は昭和初期の改装後の姿がそのまま残された。
なお、古写真に写っていた一階窓の金属製格子は、戦時中の金属供出で失われた。

P8012625_convert_20160327170637.jpg

中越銀行は、砺波地方の地主層によって明治27年(1894)に設立され、現存する本店建物は現在の砺波市本町に明治40年(1907)に着工、2年の工期をかけて完成した。中越銀行はその後、昭和18年(1943)に戦時下の国策により統合、北陸銀行となった。

P8012624_convert_20160327170525.jpg

中越銀行本店の建物は北陸銀行砺波支店になり、昭和53年(1978)まで使用されたが、土地区画整理事業のため一時は取り壊されることになったが、北陸銀行から砺波市に譲渡され、現在地に移築保存されることになった。

P8012626_convert_20160327170424.jpg

明治時代の半ばから末にかけて、伝統的な土蔵造の外観に洋風の内装を持つ銀行建築が全国各地に建てられた。旧中越銀行本店は現存する土蔵造の銀行建築の中でも、とりわけ重厚華麗な建物である。

P8012622_convert_20160327175559.jpg

耐火性や安全性において江戸時代から実績があり、また社会的地位の象徴として認知されていた土蔵造は、信頼性を重視する上で、銀行建築としては恰好の様式であったと考えられる。しかし大正時代に入ると外観も洋風とするのが主流となり、土蔵造で建てられることは無くなった。

P8012619_convert_20160327170803.jpg

ポーチ状に前面に張り出した正面玄関。

P8012621_convert_20160327170607.jpg

正面玄関は貴賓用玄関であり、一般顧客の入口は建物脇に別に設けられていた。
郷土資料館となった現在は正面玄関から入る。

P8012617_convert_20160327170842.jpg

正面玄関の天井には見事な漆喰彫刻が施されている。同じ砺波市内に現存する旧木村組や、旧帝国ホテル(明治23年竣工の初代)や中国大連の旧朝鮮銀行ビルなど多くの洋風建築の装飾を手掛けた竹内源蔵の手になる。

P80126152_convert_20160327181649.jpg

移築に際しては漆喰彫刻をそのまま保存するため、正面玄関部分のみ解体せずに切り離して深夜に運んだ。なお、竹内源蔵については、当ブログ過去記事(第805回・旧小杉町役場(竹内源蔵記念館))も参照頂きたい。

P8012614_convert_20160327172152.jpg

正面玄関風除室の硝子戸。

P8012564_convert_20160327171938.jpg

2層吹き抜けの重厚華麗な営業室。

P8012613_convert_20160327172112.jpg

天井には、当時極めて贅沢な壁紙であった金唐革紙が用いられている。
金唐革紙が用いられていて、かつ現存する建物は、弘前市の旧五十九銀行や神戸市の移情閣など、ごく少ない。

P8012611_convert_20160327172304.jpg

木製のカウンター。

P80126102_convert_20160327171307.jpg

カウンターの上には、かつては金属製の仕切りが設けられていた。
展示されていた古写真より。

P8012607_convert_20160327171731.jpg

かつて正面玄関に掲げられていた、中越銀行本店及び北陸銀行砺波支店の大理石製銘版。

P8012595_convert_20160327174426.jpg

重役や貴賓のための専用と思われる、二階への階段。

P8012589_convert_20160327175256.jpg

吹き抜けを囲む回廊には銀行の行章をあしらった金属製の飾り格子が嵌め込まれていたが、カウンター上部の仕切りと共に戦時中の金属供出で失われた。

P8012567_convert_20160327174536.jpg

金唐革紙は営業室以外の部屋でも用いられている。

P8012575_convert_20160327174712.jpg

旧中越銀行本店内部の大きな見どころである二階会議室。

P8012579_convert_20160327175213.jpg

従前は二階は未公開であったが、平成27年7月以降は、毎月第1土曜日の午前に学芸員の解説を交えて公開されるようになっている。

P8012588_convert_20160327174258.jpg

天井の彫刻は圧巻。旧中越銀行本店の概括設計は東京の技師長岡平三の手によるが、実施設計および工事監督は、地元の宮大工の棟梁で旧富山県農学校(巌浄閣)も手掛けた藤井助之丞による。

P8012581_convert_20160327175132.jpg

砺波地方は南砺市(旧井波町)を中心に、仏壇や欄間などを飾る彫刻が盛んな地域である。
旧中越銀行本店の内部装飾には土地の地方色がよく表れている。

P8012599_convert_20160327172019.jpg

一般行員用と思われる螺旋階段。

P80126292_convert_20160327175529.jpg

伝統的な土蔵造りの重厚な外観と、華麗な室内意匠の対比が面白い建物である。
スポンサーサイト

第956回・富士屋ホテル

PB1435932_convert_20160221235026.jpg

日本を代表するクラシックホテルのひとつが、神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下にある明治11年(1878)創業の富士屋ホテル。明治中期から昭和初期に建てられた一連の施設は、国の登録有形文化財及び経済産業省の近代化産業遺産に認定されている。

11convert_20160221232143.jpg

富士屋ホテルがある箱根町宮ノ下は、同じ箱根町でも以前紹介した福住楼環翠楼函嶺洞門がある塔ノ沢の北に位置する。いずれも国道1号に面して建っている。

44convert_20160221232443.jpg

国道1号線からもよく見えるのが花御殿。昭和11年(1936)に建てられた。鉄筋コンクリート造であるが、屋根や壁面などには木造による和風意匠が施されている。これは3代目社長で、明治から昭和にかけて富士屋ホテルの全盛期を築いた山口正造の構想に基づく。

PB143606_convert_20160221233730.jpg

ペンキ塗りの外壁にベイウインドウ、上げ下げ窓を備えた洋館造りでありながら、正面玄関には和風の唐破風を設けた西洋館2号館。隣接して同一意匠の1号館がある。いずれも明治39年(1906)の建築で、今も現役の客室である。

PB143615_convert_20160221232709.jpg

隣接地には皇室の旧御用邸を利用した「菊華荘」がある。明治28年(1895)竣工の純和風建築で、第二次大戦後払い下げを受け、富士屋ホテル別館となった。現在は食事処として活用されている。

PB143602_convert_20160221233857.jpg

創業者で初代社長の山口仙之助(1851~1915)によって、明治24年(1891)に建てられた本館。回転ドアのある階下正面がかつての正面玄関であったが、昭和10年(1935)に満洲国皇帝・溥儀を迎えるための改装工事により、地下に新たに造られた新玄関に移された。

PB1435992_convert_20160322002251.jpg

本館の地下に設けられた、鉄筋コンクリート造の新玄関。既存建物の地下を掘り返し、新たな玄関を造るという工事は、ほぼ同時期に栃木県日光市の金谷ホテル本館でも行われている。

PB1435982_convert_20160221233330.jpg

ステンドグラスを嵌め込んだ新玄関の照明燈。

PB143587_convert_20160221233640.jpg

本館の旧玄関ホールとロビー。

PB143590_convert_20160221232800.jpg

旧玄関ホールの正面に現れる華麗な階段。

PB143585_convert_20160221233435.jpg

暖炉などに、明治の洋館の造りが随所に見られる。

PB143600_convert_20160221233926.jpg

サンルームの入口にある猿と蛇の彫刻。

PB143592_convert_20160221232606.jpg

大正から昭和初期に改装されたと思われる造りの、本館旧玄関ホール脇にある談話室。
タイル張りの暖炉が置かれている。

PB143586_convert_20160322003346.jpg

池に面した本館ティーラウンジ。

PB143584_convert_20160221232531.jpg

本館から食堂棟へとつづく渡り廊下。

PB1435752_convert_20160221234550.jpg

渡り廊下の先には豪奢な造りの大食堂(メインダイニングルーム)が現れる。

PB143583_convert_20160221235134.jpg

昭和5年(1930)竣工当初の姿をそのまま残しているメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」

PB1435732_convert_20160221234251.jpg

メインダイニングの付け柱の基壇部分には、社長である山口正造の顔をイメージしたとされる鬼面の装飾がある。ところで、山口正造は金谷ホテル創業家の出身で、富士屋ホテル創業家である山口家に婿養子として入った人物である。そのためか2つのホテル建築には玄関を始め、似通った点が散見される。

PB1436132_convert_20160221233008.jpg

食堂棟外観。1階にグリルとバー、2階にメインダイニングを配する。構造は1階が鉄筋コンクリート造、2階は木造である。設計には建築家の木子幸三郎(1874~1941)が関与している。木子幸三郎は以前当ブログで紹介した旧渡邉千秋邸洋館等の設計者で、やはり当ブログで度々取り上げている木子七郎の実兄でもある。

PB143612_convert_20160221232642.jpg

富士屋ホテルの建物は本館をはじめ、主だった建物は全て唐破風を備えている。写真は食堂棟。

IMG_7495_convert_20160221232402.jpg

花御殿。

PB143601_convert_20160322011353.jpg

本館。

PB1436092_convert_20160221235329.jpg

西洋館。

PB1436032_convert_20160322010427.jpg

富士屋ホテルには、本記事で紹介した建物のほか、明治17年竣工で最古の建物であるアイリー、ステンドグラスが美しいカスケードルーム、大正9年に建てられた鉄筋コンクリート造の厨房が、国登録有形文化財もしくは近代化産業遺産の認定を受けている。

第955回・旧第十七師団偕行社(岡山偕行社)

P10939872_convert_20160214211945.jpg

岡山市北区の岡山県総合グラウンド内、総合グラウンドクラブとして使われている洋館は、明治43年(1910)に、旧陸軍第十七師団偕行社(岡山偕行社)として建てられた。現在も各地にいくつかが現存している旧偕行社の遺構のひとつである。国登録有形文化財。

P1093974_convert_20160214214432.jpg

岡山県の総合グラウンド南東部に建っている旧偕行社。この地はかつて第十七師団練兵場であった。
なお、昭和43年(1968)と平成15年(2003)の2度にわたり、敷地内での移築がなされている。

P10939692_convert_20160214212059.jpg

竣工当初の古写真。(建物脇に置かれた解説版より)
当時は窓枠や軒、柱は壁面とは異なる濃い色で塗られていたようだ。

P10939722_convert_20160214212127.jpg

ほぼ同じ角度からみた現在の姿。現在は灰色一色に塗られている。

P10939842_convert_20160214213044.jpg

偕行社は、帝国陸軍の将校准士官の親睦・互助・学術研究組織として設立された。明治10年(1877)に東京・九段に設置されたのを始まりとして、以降、各地の師団司令部所在地に偕行社が設立された。 

P10939862_convert_20160214214316.jpg

現在も、旧陸軍の元将校・将校生徒・軍属高等官および、陸上自衛隊の元幹部の親睦・互助・学術研究組織「公益財団法人偕行社」として活動を続けている。

P1094015_convert_20160214214614.jpg

現存する旧偕行社の会館は各地にいくつかあり、その多くは国の重要文化財、或いは登録文化財となっている。

P1093968_convert_20160214212340.jpg

国の重要文化財となっているものでは、北海道旭川市の旧旭川偕行社(第七師団)、青森県弘前市の旧弘前偕行社(第八師団)、善通寺市の旧善通寺偕行社(第十一師団)があり、いずれも文化施設等として公開・活用されている。

P10939792_convert_20160214212825.jpg

国の登録文化財となっているものでは、今回紹介した旧岡山偕行社のほか、以前紹介した石川県金沢市の旧金沢偕行社(第九師団)がある。

P10939812_convert_20160214214839.jpg

旧岡山偕行社の建物は戦後、内部を改装し岡山労働基準局の庁舎に転用、昭和40年代まで使用された。その後昭和43年に近接地に移築、岡山県スポーツマンクラブとして合宿所などに使用された。

P10939882_convert_20160214220021.jpg

平成15年に再度移築、平成24年(2012)には国登録有形文化財となった。現在は岡山県総合グラウンドのクラブハウス的な存在として公開・利用されている。

P1093990_convert_20160214212502.jpg

一階玄関前の廊下。

P1093991_convert_20160214212426.jpg

建物の両脇に階段室を配している。

P10939922_convert_20160214214048.jpg

階段親柱には旧帝国陸軍の星マークがあしらわれている。

P1093998_convert_20160214213646.jpg

装飾的な親柱や手摺を持つ階段は、館内のみどころのひとつ。

P1093999_convert_20160214213825.jpg

二階は、かつて偕行社として使われていたときは大広間であったが、戦後の改装によると思われる間仕切りが現在もそのままになっている。

P1094003_convert_20160214214356.jpg

二階旧大広間の天井には、金属板をプレスして装飾を打ち出したパネルを張りつめている。

P1093971_convert_20160214212606.jpg

旧偕行社の正門なのか、歴史を感じさせる御影石の門柱が残されている。

P1093967_convert_20160214213128.jpg

岡山市内に残る希少な明治の木造洋風建築である。

第954回・旧三島海雲邸(旧デ・ラランデ邸、旧北尾次郎邸)

IMG_4537_convert_20150214093459.jpg

東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」内で「デ・ラランデ邸」として保存・公開されている洋館は、かつては新宿区信濃町に建っていた。明治半ばに気象学者の北尾次郎が自邸として建て、その後建築家のゲオルク・デ・ラランデや、カルピス創業者の三島海雲などが住んだ。当初は木造平屋建であったが、明治43年(1910)頃にデ・ラランデの設計により、現在の形に増改築がなされたとされている。

IMG_4596_convert_20150214094529.jpg

この館は当初、気象学者で物理学者でもあった北尾次郎(1853~1907)の自邸として明治25年(1892)に建てられたとされる。北尾次郎は絵画や文学のほか、建築にも造詣が深い多才な人物で、この洋館も自らの設計により建てられたとされる。当初は平屋建であった。 

IMG_4528_convert_20150214095033.jpg

明治40年(1907)に北尾次郎が死去した後、広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)の設計者として知られる建築家のヤン・レツル(1880~1925)が一時居住、その後、神戸の旧トーマス邸(風見鶏の館)等で知られるゲオルク・デ・ラランデ(1872~1914)が居住する。このときにデ・ラランデの設計で増改築されたと江戸東京たてもの園ホームページの解説には記載されている。

IMG_45292_convert_20150214094055.jpg

デ・ラランデは朝鮮・京城の朝鮮総督府庁舎を設計中の大正3年(1914)に急逝するまで、家族と共にこの館に住んでいた。デ・ラランデの没後、居住者は再び転変を重ねるが、戦後の昭和31年(1956)、カルピスの開発者としても知られる実業家・三島海雲 (1878~1974)が、自ら設立した三島食品工業(株)の名義で購入、この館を終の棲家とした。

IMG_4530_convert_20150214094424.jpg

三島海雲が昭和49年(1974)に96歳で逝去した後は夫人が引き続き居住、逝去後は三島食品工業の事務所として平成11年(1999)まで使用されていた。同年、他所への移築保存を前提に東京都に寄贈され、しばらく解体材の状態で保管されたのち、平成25年(2013)に現在地への移築復元工事が完了した。

IMG_4533_convert_20150214100056.jpg

移築前は、ベランダに続くテラスの位置(写真の左手前側)に半円形のサンルームがあったが、後年の改造によるものとしてサンルームは復元対象から外されている。

IMG_4599_convert_20150214100259.jpg

背面には建物の雰囲気に全くそぐわない現代的なエレベーター棟が併設されている。その手前には小さな和風の屋根を持つ平屋建ての棟がくっついているが、これは移築に際し復元された旧使用人部屋である。

IMG_46022_convert_20150214095630.jpg

移築・復元に際してはデ・ラランデ居住当時(大正初期)を想定、古写真に基づき特色ある意匠の門や塀、庭門が再現されている。なお、デ・ラランデの足跡やその現存作品である旧トーマス邸についての調査を行い、関連著作もある広瀬毅彦氏(当ブログの旧トーマス邸記事でも紹介)は、デ・ラランデが明治43年頃に増改築の設計を行ったとされる点について、異論を唱えている。

IMG_4531_convert_20150214095142.jpg

最初の所有者である北尾次郎が死去した後、居住者はデ・ラランデをはじめとして度々変わるが、宅地と邸宅は昭和初年まで北尾家の所有であったことが判明している。広瀬毅彦氏は、館の増改築の設計を行ったのは借家人であるデ・ラランデではなく、家主であり、元々の設計者でもある北尾次郎であるという見解を採っている。

IMG_79362_convert_20150214095303.jpg

東京都側か広瀬氏側か、どちらの見解が正しいかどうかの判断は、それぞれの主張に基づく資料や著作をよく読まないと何とも言えないので、当ブログ記事では双方の見解の紹介に止めておく。

IMG_7942_convert_20160213164332.jpg

玄関を入ると、藤森照信氏の著作「建築探偵の冒険」でも紹介されている天井のキューピッド像が見学者を出迎える。

IMG_45942_convert_20160213165732.jpg

旧三島邸時代には彩色が施されていたことが藤森氏の著作で写真付きで紹介されていたが、後年の改造によるものであったのか現在はキューピッド像は真っ白になっている。

IMG_4571_convert_20160213163850.jpg

館内で唯一暖炉のある応接間。

IMG_45732_convert_20160213163146.jpg

焦茶色の焼き過ぎ煉瓦を積み上げた、重厚な造りの暖炉。

IMG_4569_convert_20160213163740.jpg

応接間とはカーテンで仕切られた前室。
仕切り部分の開口部は扁平アーチになっており、上部には金属製の欄間飾りを嵌め込んでいる。

IMG_4545_convert_20160213164000.jpg

館内では最も重厚に造られた食堂。

IMG_4558_convert_20160213164100.jpg

食堂は現在、カフェ「武蔵野茶房」が入居している。

IMG_45562_convert_20160213165610.jpg

食堂は細部に至るまで、濃厚な装飾が施されている。

IMG_45632_convert_20160213165706.jpg

柱の上部には楽器のレリーフ。

IMG_45622_convert_20160213165650.jpg

食堂の上部小壁に嵌め込まれた石膏レリーフ。

IMG_45572_convert_20160213165630.jpg

それぞれ異なるデザインが施されている。

IMG_4589_convert_20160213164200.jpg

階段は明治の西洋館の階段としてはかなり狭い造り。

IMG_4588_convert_20160213164237.jpg

二階は主に寝室で、簡素な造りの洋室が並ぶ。三階は屋根裏部屋となっているが非公開。

IMG_46062_convert_20150214094342.jpg

江戸東京たてもの園内の建物は当ブログではこれまでも度々紹介しており、旧光華殿旧高橋是清邸旧三井八郎右衛門邸旧大川栄邸旧前川國男邸旧西川家別邸旧小出収邸旧常盤台写真場旧子宝湯看板建築群についてそれぞれ記事を公開しているので、ご興味のある方は併せてお読み頂けると幸いである。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード