お見舞い

この度の熊本震災で亡くなられた方の御冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された全ての方に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い災害の収束と、早期の復旧・復興が実現されることををお祈り申し上げます。

IMG_1895_convert_20160417225754.jpg

平成21年(2009年)6月 熊本城訪問時の写真。

熊本城を始め多くの歴史的遺産も被災・損壊したとのことですが、災害収束後はいつか修復、復旧される日が来ることを祈ります。
スポンサーサイト

第958回・靖國神社高燈籠

P20643382_convert_20160313224521.jpg

東京都千代田区九段南にある高燈籠は、明治4年(1871)に靖國神社(当時の名称は東京招魂社)の常夜灯として建てられた。神社の常夜灯であるが、灯台としての役割も果たしていた。

P2064344_convert_20160313223747.jpg

かつては靖國神社の前にあったが、道路改修のため現在の場所に移転している。写真の右手に道路を挟んで靖國神社が見える。また、反対側には日本武道館が建っている。

P20643402_convert_20160313223614.jpg

かつては、東京湾はもちろん房総半島まで見え、品川沖に出入りする船の良い目印になっていたという。

P2064338_convert_20160313223653.jpg

上層に洋風の造りがみられる。

P2064339_convert_20160313223722.jpg

下層は反りをもたせた石垣。

P2064341_convert_20160313223906.jpg

同時期の洋風意匠を取り入れた神社の施設として、石川県金沢市の尾山神社神門(明治8年、国指定重要文化財)がある。

P20643432_convert_20160313224114.jpg

頂部には風見鶏ならぬ風見矢が乗っかり、方位盤も見られる。

P2064342_convert_20160313223822.jpg

明治初期の擬洋風建築のひとつである。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード