第1063回・島居邸洋館

s_PB020081.jpg

広島県尾道市東土堂町にある旧島居邸は、昭和初期に建てられたスパニッシュ風の木造洋館である。現在は外観をそのまま残しつつ内部を改装、1棟貸し切りで滞在ができる施設「せとうち湊のやど 尾道島居邸洋館」として利用されている。

s_PB020079.jpg

昭和6年(1931)に建てられたという島居邸洋館は、JR山陽本線の北側、尾道を代表する観光地のひとつである千光寺に続く坂道沿いにある。

s_1478050691417.jpg

尾道の街と瀬戸内海を一望できる眺望の良い場所に建っている。地元の豪商・島居氏が明治期に所有していた土地の一角に建てられたことから、地元では長らく「島居邸」の名称で親しまれてきたという。

s_PB020076.jpg

広島県下随一の商業都市として繁栄した尾道では、以前当ブログで紹介した旧和泉家別邸のように、市内の商家の主によって高台に多くの別邸が建てられた。その多くは和風もしくは小規模な洋館を併設したタイプのもので、島居邸のように洋館造のものは珍しい。

1478050684757.jpg 1478050686080.jpg

外回りを黄褐色のスクラッチタイルを貼った塀で囲み、外壁はクリーム色のモルタル塗仕上げとし、屋根には赤いスペイン瓦を載せている。

s_PB020077.jpg

現在この建物は、家具や家電製品、調理器具等が完備された短期滞在ができる貸別荘として利用されている。滞在用の空間は洋館の主屋と、その西側にある蔵に分かれているが、一体で利用することも可能となっている。(参考:せとうち湊のやどホームページ

s_PB020082.jpg

s_1478050687255.jpg

内装は和風を基調とした現代的な内装に一新されているが、外観は玄関扉や窓のサッシなどの建具に至るまで昭和初期の洋館の佇まいを損なうことなく残している。 

s_PB020078.jpg

玄関脇に穿たれたアールデコ風の円形窓。

1478050688757.jpg 1478050687976.jpg

(左)土蔵の西隣には、白壁に囲まれた茶室付きの日本家屋が建っているが、こちらも「せとうち湊のやど」によって運営されている「尾道 出雲屋敷」。(右)主屋と同様、赤いスペイン瓦葺きの島居邸土蔵。

s_PB020080.jpg

古民家や洋館を改装して、短期利用型の貸別荘として営業する事例は、島居邸洋館の他にも各地で増えてきているようである。個人的には神戸の塩屋にある旧後藤家住宅(当ブログ過去記事参照)など、眺望の良い立地や建物の規模など島居邸と共通するものがあり、このような利活用にはうってつけの建物ではないかと思ってしまう。
スポンサーサイト

第1062回・旧東北帝国大学金属材料研究所本多記念館

s_P31720222.jpg

仙台市青葉区片平にある旧東北帝国大学金属材料研究所本多記念館は、同大学第6代総長も務めた物理学者・冶金学者である本多光太郎の在職25年を記念して、昭和16年(1941)に建てられた。現在も東北大学金属材料研究所本多記念館として公開されている。

s_P3172016.jpg

東北大学片平キャンパスには明治から昭和戦前の建物がいくつか残されているが、昭和16年竣工の本多記念館は戦前建築としては最も新しい時期の建物である。

s_P31720242.jpg

東北大学本館など、片平キャンパス内に現存する昭和初期建設の施設と同様、外壁は茶褐色のスクラッチタイルで仕上げられ、重厚な印象を与える。

s_P3172021.jpg

デザインは無装飾のモダニズムスタイルとも取れるが、正面は東京の第一生命館や同じ片平キャンパス内の旧理学部科学教室(現・本部棟)のような列柱を強調した新古典主義的な造形も見られる。

s_P3172018.jpg

本多光太郎(1870~1954)は、鉄鋼及び金属に関する冶金学・材料物性学の研究を世界に先駆けて創始、鉄鋼の世界的権威者となった。昭和12年(1937)の第1回文化勲章授与に際しては、最初の受章者の一人に選ばれている。

s_P3172019.jpg

昭和6年(1931)から3期9年に亘り東北帝国大学総長を務めている。その間、昭和7年(1932)には日本人では初となるノーベル賞(物理学賞)受賞候補にも挙げられたが、受賞は逸している。

s_P3172020.jpg

平成6年(1994)に、壁面の補強や内装等の改修工事が行われた。また金属材料研究所(大正5年(1916)設立)の設立百周年記念事業として、平成28年(2016)にも改修工事が行われている。

s_P3172017.jpg

改修を受けているが、外観は創建当初の形をほぼそのまま残している。また、内部にある本多記念室には大理石の暖炉やシャンデリアを備えた重厚な内装が残されている。

s_P3172022.jpg

東北大学片平キャンパス内の旧東北帝国大学の施設については、これまでも弊ブログでその大半は紹介済みなので併せて御覧頂けると幸いである。(→「宮城県」カテゴリ参照)

第1061回・月桂冠旧本店

s_P81300382.jpg

京都市伏見区南浜町に、日本最大の酒造メーカーである月桂冠㈱の旧本社屋がある。大正8年(1919)に建てられ、洋風の作りも取り入れた土蔵造の重厚な外観が特徴。隣接する大倉家本宅や月桂冠大倉記念館などの建造物群とともに、伏見界隈でも歴史的な街並みを構成している。

s_P8130002.jpg

鍵の手に曲がった街路に沿って、月桂冠旧本店と大倉家本宅が並んで建っている。平成5年(1993)に現在の本社屋が完成するまで、月桂冠本店として現役で使われていた。

s_P8130009.jpg

外観は伝統的な町家の作りとなっているが、内部は洋風の事務室が中心となっており、1階に事務所、2階に応接室、会議室、印刷室などを配している。

s_P8130021.jpg

側面から望む。主屋と土蔵の間に建つ平屋建ての棟は社長室で、ステンドグラスのある出窓を備えるなど、洋風の造りになっているという。

s_P8130037.jpg

宇治川の氾濫による水害を防ぐため、1階は石囲いを築いて床を高く作っている。
建ちの高い外観は黒い外壁と相まって、白壁の酒蔵や軒の低い町家が並ぶ伏見の酒蔵界隈でも目立つ存在である。

s_P8130008.jpg

現在は1階の一部を開放して喫茶、土産販売、観光案内所として活用されている。

s_P8130033.jpg

明治から大正にかけて、黒漆喰仕上げの外壁を有する土蔵造の銀行店舗が各地に建てられた。(当ブログでは土蔵造の銀行建築として、現在は黒漆喰塗ではないが、富山県礪波市の旧中越銀行本店を取り上げている)

s_P81300252.jpg

旧月桂冠本店も、それらの銀行建築から何かしらの影響を受けているものと考えられている。

s_P8130023.jpg

現在は1階の旧事務室部分だけが公開、利用できるようになっているが、旧社長室や2階なども見てみたい建物である。

s_P81300042.jpg

旧本店に隣接する大倉家本宅(非公開)。文政11年(1828)に建てられ、京都市内では最大規模の町家とされる。

s_P8130036.jpg

慶応4年(1868)の鳥羽伏見の戦いでは、周囲の町家や船宿が戦乱に巻き込まれ焼失した中、大倉家は罹災を免れたという。

s_P8130029.jpg

大倉家本宅と月桂冠旧本店を比較すると、同じ伝統的な町家と言ってもかなり趣が異なることがお分かり頂けるのではないだろうか。

s_P8130042.jpg

大倉家本宅の裏に続く酒蔵。明治39~42年(1906~09)にかけて建てられた酒蔵が並び、現在は月桂冠大倉記念館として保存、公開されている。

s_P8130043.jpg

酒蔵に続く、月桂冠大倉記念館の玄関。

s_P8130014.jpg

江戸時代の建造である大倉家本宅を除き、これらの明治以降の建物や酒造りの道具類は、経済産業省の近代化産業遺産に認定されている。

s_P8130015.jpg

こことは別にある北蔵の施設も近代化産業遺産に認定されていたが、近年の再開発によって失われてしまった。

s_P8130018.jpg

酒蔵及び月桂冠大倉記念館の背後にまわると、濠川に面して酒蔵が並ぶ景色を見ることができる。

s_P81300162.jpg

s_P8130019.jpg

酒どころ伏見を代表する景色のひとつとなっている。

s_P8130046.jpg

月桂冠旧本店から少し北側に位置し、大倉家本宅に劣らぬ重厚な佇まいを見せる山本本家。月桂冠と同様に古い歴史を有する酒蔵で、延宝5年(1677)の創業である。

s_P8130048.jpg

鳥羽伏見の戦いでは大倉家本宅とは異なり全焼の憂き目をみたが、直ちに再建されたのが現在残る建物であるという。

s_P81300532.jpg

高塀を巡らせた部分は大正時代の増築で、茶室や応接間を備えた近代和風建築である。

第1060回・関西学院大学

s_P50222113.jpg

兵庫県西宮市上ヶ原にある関西(かんせい)学院大学の上ヶ原キャンパスは、米国人建築家・ヴォーリズの設計により昭和4年(1929)に造成された。スパニッシュ・ミッションスタイルで統一された一連の建築群は、増改築を経た現在も当初の雰囲気を損なうことなく受け継がれている。

s_P5022210.jpg

旧図書館前の芝生広場から望む上ヶ原キャンパスの眺め。時計台のある旧図書館を中心に、各学部の教室棟や講堂が芝生広場を囲む形で建ち並んでいる。そのうち旧図書館は国の登録有形文化財となっている。

s_P50222472.jpg

関西学院は、明治22年(1889)に米国南メソジスト監督教会から派遣された宣教師 W. R. ランバスによって開設された神学校併設の旧制中学校に始まる。開学当初の敷地は、当時神戸の郊外であった原田村(現在の神戸市立王子動物園の敷地)にあり、約40年に亘って使用された。写真は昭和4年竣工当時の図書館。

s_P50222112.jpg

現在の旧図書館全景。昭和30年(1955)に両翼が増築され、現在の姿となった。屋根が二重に見えるのは、背後に新図書館が建てられたためである。

s_P50222252.jpg

旧図書館の前には、正面向かって右側に文学部棟、左側には経済学部棟が建っている。
写真の建物は文学部棟。

s_P5022233.jpg

文学部棟玄関。

s_P5022227.jpg

反対側に建っている経済学部棟の玄関。
経済学部棟も文学部とほぼ同一規模、意匠であるが、玄関周りにはそれぞれ異なる造形が施されている。

s_P50222262.jpg

文学部に隣接して建つ神学部棟。文学部や経済学部棟に比べると小規模で、同じヴォーリズ設計による京都の旧駒井家住宅などを思わせる住宅風の佇まい。

s_P5022217.jpg

神学部玄関。
芝生広場を取り巻くこれらの一連の建物は、昭和4~9年頃にかけて整備された。

s_P50222612.jpg

正門の近く、芝生広場からは少し離れた位置に建っている学院本館。各学部棟と異なり、玄関ポーチを大きく前に張り出した外観が特徴。昭和11年(1936)竣工。

s_P5022257.jpg

学院本館の向かい側に建つランバス記念礼拝堂。昭和34年(1959)に創立70周年を記念して建てられた。(設計:日建設計)戦後の建物であるが、周囲の環境に調和した様式建築である。

s_P5022260.jpg

礼拝堂入口。
入口周りの装飾はスパニッシュミッションというよりはロマネスク調に見える。

s_P50222162.jpg

建て替えられたものの、旧建築の意匠をある程度踏襲してキャンパスの雰囲気を壊さないよう配慮した建物もある。芝生広場に面して建っている中央講堂は、創立125周年を記念して平成26年(2014)に竣工した。正面玄関周りは昭和4年竣工の旧中央講堂の意匠がほぼ忠実に再現されている。

s_P5022229.jpg

平成9年(1997)、旧図書館は背面に新築された新図書館の竣工により、その役目を終えた。現在は内部を改修して関西学院大学博物館として一般に公開されている。

s_P5022223.jpg

モザイクタイル貼りの小ドームを戴く時計台の尖塔の上には、同学院のシンボルである三日月を冠した十字架がある。

s_P50222312.jpg

旧図書館玄関。

s_P5022252.jpg

玄関ポーチの天井には、ヴォーリズ建築でよく見られるアラベスク文様が施されている。

s_P5022239.jpg

1階玄関ホール。床のモザイクタイルや石造りの階段など、昭和4年竣工当初からの内装を見ることができる。

s_P5022243.jpg

受付の小窓。

s_P5022241.jpg

階段側から玄関を望む。

s_P5022240.jpg

階段を登って2階の展示室に向かう。

s_P5022245.jpg

1階よりも天井がずっと高い2階。
なお、本記事のはじめに紹介した創建当初の旧図書館の写真は、展示物の一部を撮ったものであることを申し添えておく。

s_P50222372.jpg

二度目の務めとなった現在も時計台のある建物として、旧図書館は関西学院のシンボル的存在となっている。

s_P5022218.jpg

(弊ブログ内関連記事)
神戸文学館(旧原田キャンパス時代の礼拝堂)

第1059回・淡翁荘(旧鎌田勝太郎邸)

s_PB0304482.jpg

前回記事で紹介した、香川県坂出市の旧鎌田醤油本店に隣接して建っている淡翁荘は、元社長・鎌田勝太郎の邸宅として昭和11年(1936)に建てられた洋館。「淡翁荘」の名は鎌田勝太郎の号に因む。現在は「四谷シモン人形館 淡翁荘」として公開されている。国登録有形文化財。

s_PB030410.jpg

淡翁荘は旧鎌田醤油本店に隣接して建っており、本通り商店街に面し黒門と称する薬医門形式の正門と、瓦を載せた鉄筋コンクリート造の塀を構える。この門と塀も国の登録有形文化財となっている。

s_PB0304612.jpg

背面(庭園側)から望む淡翁荘。鉄筋コンクリート造二階建、設計施工は合資会社清水組(現・清水建設㈱)大阪支店による。陸屋根で外壁の一部はタイル張り、箱型のシンプルな形状の洋館である。

s_PB030466.jpg

以前は木造の和風住居もあったとのことだが、改修に際し撤去されている。なお、当該建物が現存する洋館部分とどのように接続されていたのかは不明である。

s_PB030460.jpg

改修に際し平屋建の管理スペースと、写真の見学者用玄関が新たに設けられており、入館はこちらから入る。

s_PB030457.jpg

淡翁荘は現在、人形作家で俳優の四谷シモンの作品を展示する施設として利用されている。一階ホールに置かれている老人像は、昭和45年(1970)に開催された大阪万国博覧会のために製作された「ルネ・マグリットの男」。

s_PB030422.jpg

1階応接室。モダニズム風の無装飾の外観とは裏腹に、内部は本格的な洋室と和室で構成されている。

s_PB030454.jpg

鎌田醤油の現社長が四谷シモン氏の熱心なファンであったため、この施設が誕生したとのことである。東京生まれの氏と坂出の地に特段の縁があった訳ではない。

s_PB030414.jpg

1階は応接室と、次の間・縁側付きの座敷、金庫室などで構成されている。

s_PB030415.jpg

座敷は格式高い書院造でまとめられている。

s_PB030418.jpg

縁側から臨む座敷。次の間の先に玄関の引き戸が見える。
元々の玄関はこちらと思われる。

s_PB030458.jpg

金庫室の扉。

s_PB030459.jpg

現在は展示スペースの一部となっている金庫室内部。
内部にも金庫がある。

s_PB030455.jpg

1階ホールから階段を望む。

s_PB030449.jpg

2階階段室。階段まわりは外観と同様、無装飾のモダニズムスタイルとなっている。

s_PB030435.jpg

2階トイレ。仕切りは大理石が用いられている。
ここも展示スペースの一部。

s_PB030444.jpg

トイレの窓から隣の旧鎌田醤油本店を望む。商店街側からは見えない、反りのある入母屋造の屋根が見える。手前の張り出した部分は淡翁荘1階の応接間部分で、上は2階のバルコニーとなっている。

s_PB030447.jpg

外観からは想像できない重厚華麗な造りの洋室。2階は全て洋室で、うち続き間になっている写真の部屋は共に暖炉を備えている。写真奥の天井は僅かに曲面を持つヴォールト天井となっている。

s_PB030443.jpg

主室と思われる広い方の洋室にある暖炉。

s_PB030442.jpg

暖炉の向かい側に配された棚。

s_PB030432.jpg

続き間の洋室の暖炉上に掲げられている肖像の人物が、この館の主であった淡翁・鎌田勝太郎(1864~1942)。香川県の有力実業家であると共に、政治家としては貴族院議員を30年近く務め、貴族院の重鎮として君臨した。

s_PB030427.jpg

また社会事業家として、私財を投じ鎌田共済会を設立、育英事業や図書館、博物館(鎌田共済会郷土博物館)などの運営を行い、教育文化の発展にも寄与した。

s_PB030428.jpg

続き間の暖炉に貼られた、複雑な色ムラがあるタイルは、同じ清水組の施工による大阪の綿業會館(昭和6年竣工、設計は渡辺節)の談話室壁面に貼られている泰山タイルと色合いが似ており、淡翁荘の暖炉タイルも泰山タイルの一種かも知れない。

s_PB0304162.jpgs_PB0304172.jpg
s_PB0304212.jpgs_PB0304232.jpgs_PB0304312.jpgs_PB0304342.jpg

淡翁荘の照明器具。

s_PB030439.jpg

香川県内に現存する洋風住宅としては、淡翁荘は多度津町の合田邸洋館などと並ぶ質の高いもののひとつと思われる。

第1058回・讃岐醤油絵画資料館(旧鎌田醤油本店)

s_PB030465.jpg

前回記事で紹介した鎌田共済会郷土博物館と香風園のすぐ近くに、鎌田醤油の旧本店が建っている。正面外壁を黒漆喰壁仕上げとする重厚な造りの商家で、現在は讃岐醤油絵画資料館として公開されている。国登録有形文化財。

s_PB030411.jpg

香川県坂出市本町の本通り商店街に面して建っている旧鎌田醤油本店。幕末頃の建築とされている。

s_PB030409.jpg

鎌田醤油は江戸時代後期に当たる寛政元年(1789)の創業で、讃岐うどんのうどんつゆなどの製造・販売でも知られている。

s_PB030407.jpg

商店街のアーケードに覆われて正面からは見ることができないが、屋根は反りのある本瓦葺きの入母屋造りで、黒漆喰壁の正面外壁と同様、重厚な造りとなっている。

s_PB0304082.jpg

平成16年(2004)に改修されているが、正面外観は伝統的な商家の佇まいを残しており、内部も接客用に設けられた二階座敷などは古い造りを残しているという。

s_PB030405.jpg

旧本店の裏手には、幕末頃の建設とされる旧大門が、旧本店と共に同社の歴史を伝える建物として移築保存されている。この建物も国の登録有形文化財である。

s_PB030464.jpg

鎌田共済会郷土博物館から旧鎌田醤油本店にかけての一画は、現在も鎌田醤油関係の施設で占められており、両者の間には近代的な設備を備えた現在の鎌田醤油㈱本社と工場、製品直売所が置かれている。

s_PB030412.jpg

背面から望む旧鎌田醤油本店。背面は改修に際し、旧建物の一部が撤去改装されている。
讃岐醤油絵画資料館への入口はこちら側にある。

s_PB030413.jpg

旧本店に隣接して建っているのが、明治から昭和初期にかけて社長を務めた鎌田勝太郎の旧宅「淡翁荘」で、これも国の登録有形文化財。外観はシンプルなモダニズムスタイルの洋館であるが、内部は本格的な書院座敷と洋室を備えた邸宅である。この建物については、次回記事にて室内を中心に紹介したい。

第1057回・鎌田共済会郷土博物館(旧鎌田共済会図書館)

s_PB030479.jpg

香川県坂出市本町1丁目にある鎌田共済会郷土博物館は、坂出の実業家・鎌田勝太郎が育英奨学と社会教育を目的に設立した鎌田共済会の図書館として、大正11年(1922)に建てられた。香川県内に現存する最初期の鉄筋コンクリート造の建造物である。国登録有形文化財。

s_PB030473.jpg

鎌田共済会郷土資料館は、JR予讃線坂出駅からすぐ近くの位置にある。元々、博物館は線路に近い図書館の南側にあったが、平成4年(1992)に予讃線の高架化事業により解体されたため、以後、旧図書館の建物が博物館として使われることになった。

s_PB030470.jpg

今日でも讃岐うどんのつゆで知られる鎌田醤油㈱など各種の事業を営み、政治家、社会事業家として知られた鎌田勝太郎(1864~1942)によって大正7年(1918)に鎌田共済会が設立され、大正11年(1922)に図書館、大正14年(1925)に郷土博物館がそれぞれ設置された。

s_PB030476.jpg

図書館の建物は、香川県技師の富士精一の監修の下、竹中工務店の設計施工によって建てられた。大正中期の地方都市においては、鉄筋コンクリート造の建造物はまだ珍しい存在であった。

s_PB030471.jpg

平成10年(1998)に国の登録有形文化財となり、その後間もなく建物の保存改修工事が行われた。

s_PB030468.jpg

現在も「公益財団法人鎌田共済会郷土博物館」として、香川県の古文書、絵図、化石資料等の郷土資料を収蔵・公開している。

s_PB030472.jpg

外観は木製のサッシなど、建具に至るまで旧い形をよく残している。訪問時は休館日で内部見学はできなかったが、内装も大正時代の造りをよく残しているようである。

s_PB030474.jpg

今はない旧博物館はどのような建物であったのかが気になるところである。

s_PB030481.jpg

郷土博物館に隣接して、鎌田家の別邸として明治41~43年(1908~10)に造営され、現在は坂出市が所有・管理している「香風園」がある。

s_PB030484.jpg

昭和30年(1955)に鎌田家から坂出市が買い取り、公園として一般に開放された。その後JR予讃線の高架化事業を機に、平成11~13年(1999~2001)に築庭当時の姿に復元するための整備改修が行われた。

s_PB030482.jpg

池に面して建つ茅葺きの茶亭「時雨亭」。

s_PB030486.jpg

明治43年(1910)に建てられた木造二階建の主屋「翠松閣」。現在、庭園は無料で一般公開されており、建物は催事等の会場として貸し出されている。

s_PB030483.jpg

築庭当時は、庭園は南側にある飯野山(讃岐富士)を借景としていたというが、JR予讃線が高架化された現在は見ることはできないという。

第1056回・河野美術館(旧河野医院)

s_P1104153.jpg

岡山県津山市勝間田町にある河野美術館は、洋画家の故・河野磐氏(1920~2011)が生家を改装して開いた私設美術館。幕末に建てられた町家と、医院として大正時代に増築された洋館とで構成されている。

s_P1104157.jpg

旧出雲街道に面し、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている、城東町並み保存地区の一角にある河野美術館。

s_P1104156.jpg

町家部分は慶応3年(1867)、洋館部分は大正7年(1918)、当時河野家は医院を開いていたことから、診察棟として建てられた。

s_P1104154.jpg

平成14年(2002)、河野磐氏によって河野美術館が開かれた。主屋と洋館は往時の姿を残し、その奥にあった離れと蔵の跡地を展示室として利用していた。 

s_P1104155.jpg

その後主屋と洋館の老朽化が進み一時は解体も検討されたが、幸いにして保存改修されることとなり、平成22年(2010)に改修工事が完成した。現在は主屋と洋館の内部も展示室として公開されている。

s_P1104152.jpg

平成23年(2011)に河野磐氏は逝去されたが、美術館は引き継がれており毎週土・日に公開されている。

********************************

s_P1104169.jpg

平成25年(2013)に「津山市城東」として国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定された城東町並み保存地区。河野美術館のほか、これまで当ブログで紹介した建物も点在する。写真中央に写るのは「城東むかし町家」として公開されている旧梶村家住宅

s_P110416722.jpg

河野医院洋館と同時期の建設で、仏閣風の外観を持つ特異な銀行建築である旧妹尾銀行(旧津山洋学資料館)。外観のみならず技巧を凝らした内部は是非見学したいところだが、未だ内部非公開。

convert_20170109165756.jpg

平成28年(2016)に国指定重要文化財となった旧苅田家住宅。
江戸時代中期の建物で、造り酒屋としての建物群が完全な形で残されている。

第1055回・旧和歌山水力電気高津尾発電所(関西電力高津尾制御所)

s_PC2901482222.jpg

旧高津尾発電所は、和歌山県日高郡日高川町高津尾尾曽谷にあった関西電力所轄の発電所。写真の赤煉瓦の建物は、大正7年(1918)に和歌山水力電気高津尾発電所として建てられた。発電所としては平成9年(1997)に役目を終えたが、現在は隣接する新高津尾発電所の制御所として使用されている。

s_PC2901512.jpg

日高川沿いに美しい佇まいを見せる旧高津尾発電所。右手の建物が平成11年(1999)から稼働している新高津尾発電所。

s_PC290145.jpg

和歌山水力電気は明治38年(1905)に設立された会社であり、和歌山における電燈供給事業のほか、和歌山市内の路面電車の運行も行っていた。大正7年(1918)に、日高川の上流にある高津尾に水力発電所が建設され、稼働を開始した。

s_PC2901522.jpg

大正11年(1922)、和歌山水力電気は京阪電鉄と合併する。その後、発電所の運営は京阪電鉄→合同電気→東邦電力→関西配電→関西電力と変遷を重ねた。昭和25年(1950)に関西電力の所有となり、現在に至っている。

s_PC290138.jpg

平成9年(1997)に隣接地に新高津尾発電所が建設されることに伴い高津尾発電所は廃止、79年の歴史に幕を下ろした。

s_PC290132.jpg

現在は平成11年(1999)より稼働を開始した新高津尾発電所の制御所として、第二の務めを果たしている。

s_PC2901462.jpg

設計・施工は、当時和歌山市に本社を置いていた西本組(現・三井住友建設)による。

s_PC290136.jpg

煉瓦は英国からの輸入品で、神戸港から海路と陸路を経て運ばれてきたという。

s_PC290143.jpg

南側のパラペット(手摺)には、和歌山水力の社章が現在も残されている。

s_PC290150.jpg

反対側には関西電力の社章が掲げられている。

s_PC2901532.jpg

和歌山県内で現存する近代の煉瓦造建造物としては、大規模でかつ質の高いもののひとつである。

第1054回・舘野家住宅

s_P52906452.jpg

国の重要伝統的建造物群保存地区の一部である栃木県栃木市泉町にある舘野家住宅は、幕末より肥料・履物を扱っていた商家である。昭和7年(1932)に建てられた和洋折衷の外観を有する写真の店舗棟と、その背後にある主屋及び蔵3棟が国の登録有形文化財となっている。

s_P5290642.jpg

舘野家住宅がある泉町は、「栃木市嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区」の一部であり、以前紹介した岡田記念館翁島別邸も同地区内にある。

s_P52906502.jpg

背後に続く主屋と土蔵、味噌蔵、鼻緒蔵が平成16年(2004)にそれぞれ国の登録有形文化財となっている。店舗棟と主屋は昭和7年、蔵3棟は明治時代中~後期の竣工とされる。

s_P5290643.jpg

旧例幣使街道に面して建つ店舗棟は、洋風の外観とする。但し内部は土間と12畳の帳場から構成される伝統的な商家の造りとなっている。

s_P5290648.jpg

店舗棟の1階正面右手には、元々はショーウインドウがあったと思われる。

s_P5290649.jpg

2階中央にはベランダを設ける。
外壁の列柱やベランダの手摺などは石造風に仕上げているが、木造である。

s_P52906422.jpg

2階の南側(正面向かって左側)のみ洋室を設け、それ以外は全て和室になっているという。

s_P52906432.jpg

2階正面ベランダの奥には和風の硝子戸が建てこまれている。建具は摺り硝子と透明硝子の組み合わせで、意匠も凝っている。

s_P5290644.jpg

伝統的な造りをベースにしながらも、洋風意匠を取り入れた近代の商家の事例として興味深い建物である。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード