FC2ブログ

第1153回・荒川家(荒為)住宅

s_P2100033.jpg

茨城県筑西市(旧下館市)甲にある荒川家住宅は、明治中期に建てられた商家である。「荒為」の屋号で肥料・荒物・雑貨などを扱う商都下館を代表する卸問屋であった。建物は明治から昭和戦前に増改築を重ね、家具調度類などに往年の繁栄が偲ばれる洋風の応接間なども残されている。国登録有形文化財。

s_P2100057.jpg

正面から見た荒川家住宅。
明治41年(1908)頃に建てられた土蔵造二階建の店蔵と、隣接する三階建の袖蔵が国道50号線に面して建っている。袖蔵は昭和8年(1933)に道路拡幅により店蔵を曳家で後方に移設した際に増築された。

s_P2100052.jpg

国道を挟んで、以前紹介した荒川家住宅が荒為の荒川家住宅と向かい合って建っている。こちらも明治末期に建てられた店蔵と昭和8年に増築された三階建という組み合わせ。三階建の増築部分の一方は土蔵で、もう一方は洋館である。

s_P2100062.jpg

店蔵は現在内部を改装し、建築設計事務所として使われている。

s_P2100046.jpg

店蔵の脇にはアーチ型の石門が設けられ、背後の主屋へ続いている。

s_P2100047.jpg

アーチ上部の要石に施された装飾。

s_P2100068.jpg

石畳の通路には、かつて主屋の奥の土蔵へつながっていたトロッコのレールが一部残されている。

s_P2100042.jpg

店蔵の背後に建つ主屋は敷地内で最も古い建物で、江戸時代末期に建てられた。当初は平屋建であったが明治21年(1888)に荒川家が買い取り、卸問屋を開業した。明治25年に2階が増築され、その後大正から昭和にかけて客座敷と洋風の応接間が増築された。

s_P2100043.jpg

主屋とは小さな植え込みを挟んで建つ土蔵。店蔵とほぼ同時期に建てられ、かつては10棟の蔵があったが、現存するのはこの1棟のみである。

s_P2100037.jpg

主屋は現在、かつての屋号に因んだ店名を付けた日本料理店「食の蔵 荒為」として活用されている。玄関先にあるのはかつて当家で使われていたと思われる電話室。

s_P2100039.jpg

電話室の中には古い壁掛け式の電話機と黒電話が残されている。仕切りの硝子には、明治期の建物で多く見られる絵入り砂摺り硝子が用いられている他、戦前の建物に多く見られる結霜硝子も見ることができる。

s_P21000052.jpg

囲炉裏のある一階の一室。古民家に見られる根太天井となっており、主屋内でも最も古い部分と思われる。

s_P2100002.jpg

庭越しに土蔵を望む。

s_P2100004.jpg

この家がかつては商家であったことが分かる大きな金庫。

s_P21000072.jpg

主屋一階便所の飾り窓。

s_P2100035.jpg

洋風に造られた階段室の照明とステンドグラスは、昭和初期の増築時のものか、もしくは近年に改装によって取り付けられた後補品かも知れない。

s_P2100017.jpg

家具調度類に至るまで戦前の商家の雰囲気をよく残しているのが主屋二階の応接間で、商談や顧客の接待用の部屋と思われる。洋室のほかに床の間を備えた書院造の座敷も設けられており、用途に応じて使い分けられていたものと思われる。

s_P2100029.jpg

椅子の脇に置かれている火鉢は手あぶり用の火鉢で、床に置かず椅子の高さに合わせている。奥の観音開きの硝子戸はバルコニーに続いている。

s_P21000122.jpg

バルコニーは床をタイル貼りとし、開口部周りにはモルタルによる重厚な装飾が施されている。奥に見えるのは主屋奥の土蔵。

s_P2100027.jpg

淡いピンク色のタイルで仕上げられた暖炉。
中に瓦斯ストーブを嵌め込んで使用する形式のもの。

s_P21000102.jpg

天井の照明台座に施された漆喰飾り。

s_P2100024.jpg

暖炉脇に置かれた、昭和初期のものと思われるモダンなデザインの飾り棚。

s_P2100064.jpg

それぞれ異なる特色を備えた2つの荒川家住宅が向かい合う姿は、商都下館の歴史的景観を代表するもののひとつと言え、貴重である。
スポンサーサイト



第1152回・神宮農業館

s_P61601342.jpg

三重県伊勢市神田久志本町にある神宮農業館は、以前紹介した神宮徴古館と同じく、神苑会(伊勢神宮域内の整備事業を行うため明治時代に存在した崇敬団体)によって明治24年(1891)に創設された日本で最初の産業博物館である。現在の建物は明治38年(1905)に徴古館の設計者である片山東熊の設計で建てられた。国登録有形文化財。

s_P6160147.jpg

神宮徴古館の北西、ほぼ隣接する位置に建っている神宮農業館。かつては道路を隔てて反対側にある式年遷宮記念神宮美術館の位置に建っていたが、同館建設のため平成8年(1996)に現在地に移築された。なお、移築前はロの字型の平面であったが移築に際し背面を縮小したため、現在は凹字形になっている。

s_P6160133.jpg

正面全景。平等院鳳凰堂をイメージした和洋折衷の木造建築である。片山東熊の設計作品は徴古館や迎賓館赤坂離宮表慶館奈良国立博物館などの石、煉瓦造の洋風建築のほか、木造では鳥取市の仁風閣などがあるが、木造で和洋折衷の農業館は珍しい存在である。

s_P61601442.jpg

明治19年に結成された神苑会は当初、倉田山に動物園・植物園・図書館を併設する総合博物館の開設することを計画していたが、大規模過ぎたところに恐慌や日清戦争を控えていた時勢の影響もあり、規模を縮小して農業館を先行して創設することになった。

s_P6160139.jpg

幕末から明治期に博物学者や農学者として活躍し、「博物館」の名称を作ったことでも知られる田中芳男(1838~1916)を設立責任者として開かれた農業館は、「自然の物産がいかに役に立つか」をテーマに、農業を主として林業・水産業などの資料が展示された。

s_P6160136.jpg

当初は伊勢神宮外宮前にあったが、明治38年(1905)に現在の建物が倉田山に新築されたため移転した。移転後は徴古館とともに神苑会から伊勢神宮に奉納され、殖産興業の資料を陳列・保存し、観覧に供することを目的とする施設とされた。

IMG_0179_convert_200911182304282222.jpg

昭和20年の宇治山田空襲では被災を免れたが、昭和末期には老朽化が進み、また敷地が先述の美術館建設予定地となったことから平成元年(1989)に一旦閉館した。閉館後、建物は一時解体され、平成8年(1996)に現在地に規模を縮小して再建された。

IMG_0180_convert_200911182305422222.jpg

移築に際し規模が縮小されたが、正面側は創建当初の規模を保っている。また戦災による改修で内装が一変した徴古館と違い、内部も洋風小屋組を露出した天井など、明治期の造作がよく残されている。

s_P6160135.jpg

全体において和風を基調としているが、二層になっている正面部分には軒飾りなどに洋風の装飾が施されている。切り紙細工のような装飾は当時の米国の木造住宅で流行した意匠(カーペンターゴシック)に由来するものと思われる。

s_P616013722.jpg

片山東熊の設計による木造洋風建築で、明治村にある旧赤十字病院病棟でも同様の軒飾りが見られる。また、片山が在籍していた宮内省内匠寮が明治29年に建てた新宿御苑旧洋館御休所でも、同様の装飾を見ることができる。

s_P6160138.jpg

神宮農業館は平成10年(1998)に、徴古館と共に国の登録有形文化財となった。
現在は伊勢神宮の神事で供えられる神饌(しんせん)についての資料や明治期の内国勧業博覧会の出品資料、自然科学関連の資料などが展示、公開されている。

過去記事の更新

いつも弊ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
下記記事について再訪時の写真に全て差し替え、本文も書き改めました。また、当記事にあった神宮農業館については新規記事として別途投稿します。→(30.2.12 第1152回記事 投稿)

第39回・神宮徴古館

s_P6160092.jpg

過去記事の更新

いつも弊ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
下記記事について写真の追加・差替を行うなど全面的に書き改めました。

第49回・旧陸軍第十三師団長官舎

s_IMG_43682222.jpg

過去記事の更新

いつも弊ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
前回に続き、下記記事について写真の追加・差替を行うなど全面的に書き改めました。
こちらもご覧頂けると幸いです。

第5回・旧近衛師団司令部庁舎(東京国立近代美術館工芸館)

s_IMG_35842222.jpg

過去記事の更新

いつも弊ブログを御訪問頂き、ありがとうございます。
初期の記事のうち、下記記事について写真の追加・差替を行うなど、全面的に書き改めました。
もしよろしければご覧頂けると幸いです。

第74回・旧第四銀行住吉町支店

s_P61210532.jpg

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード