FC2ブログ

第1155回・旧木子七郎邸

s_P91911032.jpg

大正初期より大阪で設計事務所を開いていた建築家・木子七郎(1884~1954)の旧邸宅兼事務所が大阪市内に現存する。大正年間に竣工したと思われるスパニッシュスタイルの洋館で、商家や長屋が多い旧大阪市街の一角で異彩を放っている。

s_P9191102.jpg

大阪市中央区(旧東区)の一角にある旧木子七郎邸。昭和20年(1945)に戦災により和室部分が焼失しているというので、元々は和洋併置式の邸宅であったものと思われる。

s_P91911082.jpg

現存する洋館は正門や塀、門衛所などの附属屋も含めよく旧態を止めている。正門脇に建つ写真の建物は門衛所と思われる附属屋。

s_P3100048.jpg

附属屋には門に面した位置に楕円形の小窓が開かれており、来客を確認するためのものと思われる。

s_P91911012.jpg

2階正面の横長の窓の部分が周囲の雰囲気とは異なるが、ここは本来はベランダかサンルームで現在の姿は後年の改造と思われる。

IMG_1317_convert_20121230232355.jpg

敷地の北側には3階建の建物があるが、旧木子七郎邸の一部か後年の増築かどうかは不明である。

IMG_1312_convert_20121230232121.jpg

木子七郎は宮内省内匠寮技師であった木子清敬(1845~1907)の四男として東京に生まれた。木子家は先祖代々宮中出入りの棟梁の家柄であり、兄には父と同じく宮内省内匠寮技師を務めた木子幸三郎(1874~1941)がいる。

s_P9191107.jpg

明治44年(1911)、東京帝国大学を卒業した木子七郎は大阪に本店を置く大林組に入社するが、新田帯革製造所(現・ニッタ(株))の工場設計を担当したことから社主である新田長次郎(1857~1936)の知遇を得る。新田長次郎は工業用ベルトの製造で産を成した実業家で、当時大阪でも有数の資産家でもあった。

s_P91911052.jpg

大正2年(1913)には木子七郎は大林組を退職、新田皮革製造所の建築顧問となる。また、新田長次郎の長女と結婚し公私共に新田家とのつながりを深めた。この年に自邸兼事務所を建てたとされるが、現在の建物はおそらく当初からのものではなく、その後改装されたものと思われるが、大正年間には現在の姿になったようである。

s_P31000442.jpg

設計事務所を開いた後は昭和10年代にかけて大阪を拠点に活動を行い、新田家や関西財界に関連する事務所や工場、邸宅の設計を多く手掛けたほか、愛媛・新潟の両県庁舎などの官公庁舎や、大阪赤十字病院や日赤大阪支部など日本赤十字社関係の施設も多く設計した。

<s_P91911042.jpg

現在も残る木子七郎の設計による建築では、旧新田長次郎別邸(大正4)、旧久松定謨別邸旧稲畑二郎邸(大正11)、旧山口萬吉邸(昭和2)、旧新田利國邸(昭和3)・愛媛県庁舎(昭和4)、旧関西日仏学館(昭和11)などがある。

convert_20121230232526.jpg

旧木子七郎邸が建っている場所は、現在も長屋や小規模な商家が周囲に残る古くからの商人町であり、赤い屋根のスペイン風洋館は相当目立ったと思われるが、このような自邸を建てた木子七郎の人となりが窺える文章がある。

IMG_1315_convert_20121230232238.jpg

新田利國(新田長次郎の孫)夫人は、木子七郎について「・・・たいへんな美男子でハイカラで、昔気質の長次郎は結婚した後でも、七郎のオシャレぶりを目にするとご機嫌がななめでした」と語っている。(藤森照信著・講談社刊「歴史遺産日本の洋館 第五巻昭和編Ⅰ」「新田長次郎邸」より)

s_P31000462.jpg

現存するかどうかは不明だが、この邸宅のベランダにはベルギーから贈られた小便小僧の像が据え付けられていたという。設置に際して木子は「招健康像」と題する記念の小冊子を作って関係者に贈呈している。藤田嗣治(レオナール・フジタ)などの芸術家とも交友があったという。

convert_20121230232438.jpg

華やかな戦前までの活動とは対照的に、戦後の消息は乏しく、昭和20年(1945)に自邸が空襲で被災した後間もなく熱海に転居、昭和29年(1954)に同地で70歳で没している。

s_IMG_1316_convert_20121230232321.jpg

自邸被災とほぼ同時期と推測される昭和20年3月に木子七郎は自らタイプを打ち、設計活動の業績をまとめた履歴書を残している。敗戦が近いことを見越して戦後の活動に備えてのものだったのか、建築家としての活動の終わりを意識して自らの経歴を書き残そうとしたのか、その心持はわからない。

s_P9191109.jpg

大阪の一角に残る珠玉の洋館。これからも健在であり続けることを願って止まない。


※本記事の作成については、本文でも引用の藤森照信氏の著作「歴史遺産日本の洋館 第五巻昭和編Ⅰ」及び山形政昭氏による「独自に生きた様式建築家 木子七郎」(INAX REPORT 特集記事)を参考にさせて頂いた。
スポンサーサイト



第1154回・旧荒井八郎商店(彩々亭)

s_P2160003.jpg

埼玉県行田市佐間1丁目にある和牛懐石料理店「彩々亭」は、行田の地場産業であった足袋製造で財を成した荒井八郎氏の事務所兼邸宅を料理店に活用したものである。「足袋御殿」とも称された邸宅は現在も市内に数多く残る足袋蔵や工場跡と共に、往年の足袋製造業の隆盛を今日に伝えている。国登録有形文化財。

s_P2160092.jpg

邸宅全景。大正15年(昭和元年 1926)に建てられた事務所兼住宅と、昭和7年(1932)に建てられた大広間棟、昭和10年(1935)に建てられた3階建の洋館の3棟が雁行型に並ぶ構成となっている。

s_P21600022.jpg

事務所兼住宅及び迎賓館として建てられた洋館はいずれも、クリーム色の外壁に緑色の洋瓦葺の屋根を載せた瀟洒な洋風建築であり、2棟の間に和風の大広間棟が挟まる構成となっている。

s_P2160088.jpg

荒井八郎氏は「穂国足袋(ほこくたび)」などの商標で知られた荒井八郎商店を創業し、一代で財を成した人物である。行田足袋被服工業組合理事長や全日本足袋工業組合連合会理事など足袋業界の要職を歴任する当地の名士であった。

s_P2160019.jpg

第二次大戦後は廃止された貴族院に代わり設置された参議院の第1回通常選挙に全国区で当選、昭和25年(1950)に在任中に死去するまで参議院議員を務めるなど政治家としても活動した。

s_P2160012.jpg

「足袋御殿」とも称され、事実上行田の迎賓館とも言える存在であった荒井邸は、戦後の国内巡幸に際し訪問された昭和天皇をはじめ戦前から戦後にかけて多くの賓客を出迎えている。

s_P2160006.jpg

富士の溶岩石で造られた大きな築山が目を引く庭園には、「成趣園」と刻まれた石碑がある。戦前を代表する言論人である徳富蘇峰(1863~1957)の揮毫によるもので、皇紀2600年(昭和15年 1940)に建立されたものである。

s_P2160015.jpg

大広間棟。
邸内では唯一の純和風建築。

s_P21600222.jpg

事務所兼住宅の玄関。
1階の外壁は黄褐色のスクラッチタイルで仕上げられている。

s_P21600792.jpg

玄関ホール内部。
事務所兼用であるため、受付の窓が設けられている。

s_P21600292.jpg

事務室として使われていたと思われる、受付のある洋室。
窓の外にはアールデコ調の意匠を持つ鉄格子が嵌め込まれている。

s_P2160080.jpg

二階への階段。
事務所兼住宅の内部はシンプルな洋風の造りで、居住用の和室が数室設けられている。

s_P2160074.jpg

二階、荒井八郎氏の居室であったという、玄関の真上に位置する和室。

s_P2160072.jpg

和室からは玄関ポーチの上部に設けられたバルコニーに出られる。

s_P2160026.jpg

大広間棟内部。庭園を望む南側に10畳間が2室、北側に4畳間を2室配するが、仕切りを外して1室の大広間としても使えるようになっている。床の間や落掛には黒柿などの高級材が用いられている。

s_P2160025.jpg

大広間棟の北側4畳に設けられた金庫。

s_P2160033.jpg

大広間棟の奥にある離れの洋館は昭和10年にゲストハウスとして建てられた。1階は2室あり、そのうち1室は暖炉を備えた洋室となっている。

s_P2160062.jpg

洋館1階の洋室内部。タイル貼りの暖炉が設けられている。天井は装飾を型押しした金属板に塗装を施したもの。廊下も同様の仕上げになっている。

s_P2160036.jpg

階段室につながる洋館の廊下は庭園側に面しており、明るく温かいサンルーム的な空間にもなっている。

s_P2160044.jpg

洋館の2階は次の間付きの座敷となっており、来客の宿泊用に使われていたものと思われる。

s_P21600472.jpg

繊細な意匠を凝らした建具が書院窓や欄間に嵌め込まれている。

s_P2160054.jpg

3階は四方に窓を開く望楼となっており、行田市街を一望できる。簡素な洋室と寄せ木張りの床を持つ廊下で構成されている。

s_P2160055.jpg

3階洋室の内部。

s_P2160057.jpg

3階から大広間棟及び事務所兼住宅を望む。洋館と事務所兼住宅に使われている緑色の屋根瓦はフランス瓦と称される洋瓦である。

s_P21600783.jpgs_P21600733.jpgs_P216006933.jpg

事務所兼住宅の天井や軒下に開けられた換気口は場所によってそれぞれ意匠が異なる。

s_s_P2160005.jpg s_s_P21600682.jpg

離れの洋館外壁のタイル飾りと1階洋室のタイルで仕上げられた暖炉。

s_P21600352.jpg

洋館1階廊下の天井。洋室と同じく装飾を型押しした金属板に塗装を施したもの。

s_P21600482.jpg

洋館2階座敷の書院窓。漁網を広げた様を現した網干の図柄に船、千鳥、波と海に因んだ意匠である。

s_P216008422.jpg s_P21600832.jpg

大広間棟軒下の釣り燈籠と、その真下に置かれた家型の石燈籠と狸型の金属製置き燈籠。

s_P21600852.jpg

旧荒井八郎商店は戦前の行田を代表する木造洋風建築であると共に、鋳物業の繁栄を伝える川口市の旧鍋平別邸や製糸業が盛んであった入間市の旧石川組製糸西洋館などと同様、埼玉県における過去の地場産業の繁栄を今日に伝える邸宅である。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード