FC2ブログ

第1218回・旧百三十九銀行本店(旧第四銀行高田支店)

s_P42000662.jpg

新潟県上越市(旧高田市)本町3丁目にある旧百三十九銀行本店は、昭和6年(1931)に建てられた鉄筋コンクリート造の銀行建築である。戦時中に第四銀行と合併した後は同行の高田支店として平成21年(2009)まで使われていた。現在は上越市の施設「高田まちかど交流館」として公開、活用されている。前回紹介した旧直江津銀行と共に、上越市の指定文化財となっている。

s_P4200077.jpg

高田藩の城下町として栄えた旧高田市の中心街にある旧百三十九銀行本店。この建物がある場所は当地の出身で、日本銀行の本支店を始め、明治から昭和初期にかけて多くの銀行建築を手掛けた建築家、長野宇平治(1867~1931)の生家があった場所とされる。

s_P4200074.jpg

明治12年(1879)設立の百三十九銀行は、明治初期に国立銀行条例に基づいて全国各地に設立された国立銀行のひとつで、昭和初期にかけて新潟県内の有力銀行であり、上越の高田地域を代表する銀行であった。

s_P4200065.jpg

昭和18年(1943)、戦時下の国策(一県一行主義)に基づき、百三十九銀行は新潟市に本店を置く第四銀行に買収される形で合併、統合された。合併後は同行の高田支店として使用されたが、平成21年(2009)に店舗の統廃合により役目を終えた。

s_P4200062.jpg

その後、第四銀行から上越市に寄贈され、暫定的な活用を経て、貸館施設として諸法規に適合するよう改修工事が施され、平成30年(2018)より「高田まちかど交流館」として開館した。また、平成31年(2019)3月には直江津の旧直江津銀行と共に、上越市の指定文化財となった。

s_P4200070.jpg

外観は昭和初期の銀行建築の殆どで用いられていた古典様式を基調にしており、付柱や基壇、窓周りなどを石造とする他は、全面的にオレンジ色の煉瓦タイルを貼りめぐらせている。銀行建築を多く手掛けた長野宇平治の生家跡とされるだけに、氏を顕彰する施設としてもこの建物を活用できないものだろうか。

s_P4200063.jpg

国内有数の豪雪地帯である高田では古くから、町家の軒先に雁木(がんぎ)と称される雪よけ屋根を設けていた。百三十九銀行でも玄関ポーチとアーケードを1階の前面に設け、雁木と同様の機能を果たしていた。 

s_P42000712.jpg

他の地域の銀行建築では見られない珍しいものであったが、周囲のアーケードに統一するために撤去されてしまったのは非常に惜しまれる。軒は現在黒い金属板で覆われているが、元々は歯飾りが施された石造の軒蛇腹 (コーニス) が巡らされていた。

s_P4300001.jpg

高田まちかど交流館のパンフレットに載っていた昭和6年創建当初の写真。現在は覆い隠されている軒周りと、現存しないポーチとアーケードが写っているのが分かる。昭和初期に建てられた銀行建築は比較的多く現存するが、このような地方性が顕著な建物は珍しい。指定文化財として、いつか復元される日が来るとよいのだが。

s_P4300002.jpg

貸館利用がない時は無料で館内見学、休憩ができるが、訪問時は貸館利用中で見学出来なかったのでパンフレットの内部写真を掲載させて頂く。また改めて訪問の機会を設け、本記事はいつか更新もしくは再訪記事を掲載させて頂きたいと思う。

s_P4200067.jpg

昭和から平成にかけて約90年にわたる歴史を刻んだ建物は、来たる令和の時代に引き継がれる。
スポンサーサイト



第1217回・旧直江津銀行

s_P4200006.jpg

新潟県上越市(旧直江津市)中央3丁目にある旧直江津銀行は、明治末期に建てられた土蔵造の銀行建築で、大正期に移設改修され回漕店の事務所として長く使われていた。その後上越市に寄贈され、整備改修の上、一般公開されるようになった。上越市指定文化財。

s_P42000222.jpg

直江津銀行は明治28年(1895)に「直江津積塵銀行」の名称で発足、経営破綻により大正4年(1915)に解散するまで存在した銀行である。現在の店舗は明治40年(1907)に建てられたもので、前年の大火によって旧店舗が焼失したことから漆喰塗の外壁や玄関や窓に取り付けられた鉄扉など、耐火性を重視した造りとなった。

s_P42000212.jpg

直江津銀行が解散した後は直江津で海運業を営む高橋達太が建物を取得、海岸に近い現在地に曳家で移設し、増改築を施し回漕店の社屋として使用した。このときに移設した本館に隣接して別館が増築され、玄関前にはライオン像が置かれるなど、現在残る姿になった。なお、これらの古写真は館内展示の解説パネルにあったものである。

s_P4200043.jpg

石炭の荷揚・貯炭等を行っていた高橋回漕店は第二次大戦中の戦時統制により実質的に解体され、戦後は船舶代理店の事務所などに使用されていた。漆喰塗りの外壁がタイル貼りに改装されるなどの改変はあったが、内部は概ね旧直江津銀行時代からの造りが残されていた建物は、平成21年(2009)に保存を目的として土地建物が上越市に寄贈された。

s_P4200002.jpg

上越市によって補強改修工事が行われ、平成31年(2019)4月より「ライオン像のある館」として一般公開されるようになった。なお、一般公開に先立つ平成31年3月には、本館部分が旧高田市にある昭和初期の銀行建築である旧第四銀行高田支店と共に、上越市の指定文化財となっている。

s_P4200059.jpg

改修に際しては、タイル貼りになっていた外壁を漆喰壁にするなど、高橋回漕店として移設改修された当時の姿に近づけられている。なお、かつては当地で多い大火に備えて増設された煉瓦塀が囲んでいたが、平成16年の中越地震で一部が倒壊するなど老朽が進んでいたため、一部を残して撤去されている。

s_P4200045.jpg

本館脇に残る、白い化粧煉瓦(タイル)で覆われた煉瓦塀の名残。

s_P42000472.jpg

直江津銀行、高橋回漕店時代を通して外観を特徴づけていた巨大な鬼瓦は現存しないが、軒先には丸にTの文字をあしらった高橋回漕店時代の瓦が残されている。

s_P4200007.jpg

この建物を最も印象付けているライオン像は、高橋達太が旧直江津銀行の建物を買い取り、改修する際に鬼門除けに据え付けたもので、柏崎市の彫刻師である小川由廣に注文、製作させた。台座は花崗岩と大理石でできている。

s_P4200008.jpg

東京日本橋の三越本店のライオン像とも、上海の香港上海銀行のライオン像を模したとも言われているが、なぜ鬼門除けにライオンを選んだのか詳細は明らかではない。

s_P4200036.jpg

本館の玄関は別館との間の通路に面する形で屋内に取り込まれている。

s_P4200038.jpg

鉄扉を備えた洋風のアーチ型玄関は、旧直江津銀行時代は角にあったものを移設改修に際し、石段や鉄扉、建具等は再利用してそのまま側面側に移したものと思われる。

s_P4200027.jpg

館内では古くから北前船の寄港地として栄えた直江津の歴史や、直江津銀行、高橋回漕店についての展示がなされている。

s_P4200026.jpg

銀行時代からのものと思われる木製のカウンター。

s_P4200028.jpg

旧直江津銀行本館は1室のホールとして催事用に貸し出しも行っている。

s_P420001433.jpgs_P420001933.jpgs_P420001633.jpgs_P420002333.jpg

高橋回漕店時代に設けられたと思われる、天井のドイツ製電気扇や電話室、特注品の壁時計や戸棚、直江津の港湾人夫の木像などの家具調度品もよく残されている。

s_P420000222.jpgs_P420005233.jpgs_P420001233.jpgs_P4200015.jpg

本館営業室の壁に据え付けられた時計と、現在は別館2階に展示されている帽子・外套掛けには、本館の屋根瓦にも見られる丸にTの文字が見られる。いずれも高橋回漕店時代の特注品と思われる。

s_P4200032.jpg

本館背面の出入り口は洋風に造られた来客用の玄関とは異なり、伝統的な土蔵の扉になっている。

s_P4200005.jpg

別館も2階部分は内部を見学できるようになっており、煉瓦塀の補強を兼ねて新設された鉄骨製階段を使って入る。別館は旧直江津銀行当時のものではなく高橋回漕店の一部として増築されたものであり、指定文化財の対象には含まれていない。

s_P4200055.jpg

別館は1階を事務室、2階は一般見学のほか、本館を催事等に使用するときの控室として使用できるようになっている。

s_P4200053.jpg

別館2階の天井は珍しい造りになっており、入口のある隅から放射状に天井板を貼っている。そのため入口側から見ると。上の写真のように天井が上に広がっているような錯覚を起こさせる。
 
s_P4200050.jpg

特注品の帽子・外套掛け。元々は本館営業室にあった。

s_P4200003.jpg

明治期の擬洋風建築として直江津では最古の建物である。
また、擬洋風の銀行建築としても、全国的に見て現存する数少ない希少な建物である。

過去記事の更新について

いつも弊ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
以前の記事1件について再訪時の内部写真を追加し、記事も書き直しました。よろしければ御覧頂けると幸いです。

第766回・旧山形県会議事堂
s_P82401892.jpg

過去記事の更新について

いつも弊ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
初期の記事1件について全面的に書き直し、写真の大部分を再訪時のものに差し替えました。
もしよろしければ御覧頂けると幸いです。

第126回・大阪倶楽部
s_IMG_62412.jpg

過去記事の更新+新記事投稿について

いつも弊ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
初期の記事1件について全面的に書き直し、写真を再訪時のものに差し替えました。
もしよろしければ御覧頂けると幸いです。
また関連する建物についての新記事を併せてアップしましたので、併せて御覧頂けるとなお幸いです。

第97回・旧石川組製糸西洋館
s_P32402612.jpg

第1216回・旧関根平蔵邸
s_P32404272.jpg

第1216回・旧関根平蔵邸

s_P32404272.jpg

埼玉県川越市中原町に、入間市の旧石川組西洋館を建てた宮大工の関根平蔵の自邸が残されている。石川組西洋館の余った建材を貰い受けて大正14年(1925)に建てたとされる煉瓦タイル貼りの洋館は、石川組西洋館を縮小したような外観が特徴で川越市の都市景観重要建築物に指定されている。

s_P3240415.jpg

関根平蔵は祖父・八五郎の代より三代に亘る大工で、父・松五郎は時の鐘(川越市指定文化財)の再建を請け負った棟梁として知られる。平蔵も神社、町家、洋館から川越まつりの山車まで幅広く手掛ける優秀な棟梁で、「丸鉢(丸八)」の屋号で建築請負業を営む傍ら、市会議員なども務める川越の名士であったようだ。

s_P3240421.jpgs_P3240285.jpg

旧関根平蔵邸(上)と石川組西洋館(下)と比較すると、小豆色の煉瓦タイルを貼った外壁、平屋建の別館を備えた構成や屋根の形状など、多くの共通点を見つけられる。

s_P324041421.jpgs_P3240394.jpg

角の隅石や窓台などには白い化粧煉瓦(タイル)が用いられているが、石川組西洋館(右)でも玄関やベランダなどに同じような化粧煉瓦が使われており、これも石川組西洋館の建材を用いたものと思われる。

s_P32404112.jpg

銅板葺2階建の本館の奥には、土蔵造も取り入れた瓦葺の座敷棟と、煉瓦造と思われる蔵がある。

s_P3240424.jpg

瓦葺の別館は格子戸のある玄関を備えており、居住棟として建てられたものと思われる。

s_P3240425.jpg

玄関の間口を広く取った本館は店舗として使われていたものと思われる。なお、父の関根松五郎が住居兼店舗としていた土蔵造の建物も大正浪漫通りに面して現存しており、こちらも川越市の都市景観重要建築物に指定されている。

s_P3240417.jpg

色ムラの多い煉瓦タイル貼りの外壁は、深みのある色調と相まって風格を醸し出している。川越におけるタイル(化粧煉瓦)貼りの洋風建築としては旧八十五銀行本店と並んで双璧と言える。

s_P32404322.jpg

軒や柱の一部は銅板で包み込み、軒裏には装飾を打ち出した金属板を貼っている。石川組西洋館でも同様の金属板が玄関ホールなど室内の天井に用いられているが、同一品ではなく異なる意匠であった。

s_P32404193.jpg

大正期の建築らしい直線を基調とした装飾を備える持ち送りは、石川組西洋館でも同様のものを見ることができる。

s_P32404102.jpg

別館に僅かに残されている、創建当初からのものと思われる木製の窓枠は、石川組西洋館と同様にペンキを塗らない白木のままの仕上げとなっている。

s_P32404402.jpgs_P32404092.jpg

鬼瓦には丸に鉢の文字がある。
関根平蔵が建築請負業の屋号としていた「丸鉢」に因むものと思われる。

s_P32404362.jpg

街路からは敷地奥に建つ蔵が見える。
蔦が絡んでおり分かりにくいが、主屋とは異なる薄茶色の化粧煉瓦が貼られている。

s_P324043623.jpg

蔵の壁はよく見ると、背面のみ主屋及び蔵で用いられている3色の化粧煉瓦(タイル)をモザイク状に貼っているようだ。棟梁が自邸ならではの遊びとして試みたと思われ、興味深い。

s_P3240438.jpg

推測だが、石川組西洋館の建材を関根棟梁が譲り受けたのは、施主である石川幾太郎が関根棟梁の仕事を高く評価した証であり、関根棟梁自身にとっても会心の仕事であったからこそ、自邸兼店舗としてこの洋風建築を建てたのはないだろうか。川越を代表する棟梁の自邸が石川組西洋館と共に後世に引き継がれることを祈念する。

(参考資料)
川越市 景観重要建造物・都市景観重要建築物パンフレット
入間市ホームページ 旧石川組製糸西洋館の世界
入間市博物館紀要第9号 平成23年3月 入間市博物館刊行
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード