FC2ブログ

第957回・旧中越銀行本店(砺波郷土資料館)

P8012558.jpg

富山県砺波市花園町のチューリップ公園内にある砺波郷土資料館の建物は、明治42年(1909)に建てられた旧中越銀行本店を昭和57年(1982)に移築保存したものである。明治期の銀行建築に多く見られる土蔵造の外観を持ち、内部には華麗な洋風意匠が施されているのが特徴。砺波市指定文化財。

P80126082_convert_20160327171241.jpg

郷土資料館に展示されている古写真。外壁はかつては黒漆喰塗りであったが、昭和13年(1938)に現在のタイル張りに改変された。また、屋根は当初瓦葺であったが、昭和5年(1930)に写真の銅版葺に改造されている。

P80125592_convert_20160327171645.jpg

現在の姿。移築後も、屋根と壁面は昭和初期の改装後の姿がそのまま残された。
なお、古写真に写っていた一階窓の金属製格子は、戦時中の金属供出で失われた。

P8012625_convert_20160327170637.jpg

中越銀行は、砺波地方の地主層によって明治27年(1894)に設立され、現存する本店建物は現在の砺波市本町に明治40年(1907)に着工、2年の工期をかけて完成した。中越銀行はその後、昭和18年(1943)に戦時下の国策により統合、北陸銀行となった。

P8012624_convert_20160327170525.jpg

中越銀行本店の建物は北陸銀行砺波支店になり、昭和53年(1978)まで使用されたが、土地区画整理事業のため一時は取り壊されることになったが、北陸銀行から砺波市に譲渡され、現在地に移築保存されることになった。

P8012626_convert_20160327170424.jpg

明治時代の半ばから末にかけて、伝統的な土蔵造の外観に洋風の内装を持つ銀行建築が全国各地に建てられた。旧中越銀行本店は現存する土蔵造の銀行建築の中でも、とりわけ重厚華麗な建物である。

P8012622_convert_20160327175559.jpg

耐火性や安全性において江戸時代から実績があり、また社会的地位の象徴として認知されていた土蔵造は、信頼性を重視する上で、銀行建築としては恰好の様式であったと考えられる。しかし大正時代に入ると外観も洋風とするのが主流となり、土蔵造で建てられることは無くなった。

P8012619_convert_20160327170803.jpg

ポーチ状に前面に張り出した正面玄関。

P8012621_convert_20160327170607.jpg

正面玄関は貴賓用玄関であり、一般顧客の入口は建物脇に別に設けられていた。
郷土資料館となった現在は正面玄関から入る。

P8012617_convert_20160327170842.jpg

正面玄関の天井には見事な漆喰彫刻が施されている。同じ砺波市内に現存する旧木村組や、旧帝国ホテル(明治23年竣工の初代)や中国大連の旧朝鮮銀行ビルなど多くの洋風建築の装飾を手掛けた竹内源蔵の手になる。

P80126152_convert_20160327181649.jpg

移築に際しては漆喰彫刻をそのまま保存するため、正面玄関部分のみ解体せずに切り離して深夜に運んだ。なお、竹内源蔵については、当ブログ過去記事(第805回・旧小杉町役場(竹内源蔵記念館))も参照頂きたい。

P8012614_convert_20160327172152.jpg

正面玄関風除室の硝子戸。

P8012564_convert_20160327171938.jpg

2層吹き抜けの重厚華麗な営業室。

P8012613_convert_20160327172112.jpg

天井には、当時極めて贅沢な壁紙であった金唐革紙が用いられている。
金唐革紙が用いられていて、かつ現存する建物は、弘前市の旧五十九銀行や神戸市の移情閣など、ごく少ない。

P8012611_convert_20160327172304.jpg

木製のカウンター。

P80126102_convert_20160327171307.jpg

カウンターの上には、かつては金属製の仕切りが設けられていた。
展示されていた古写真より。

P8012607_convert_20160327171731.jpg

かつて正面玄関に掲げられていた、中越銀行本店及び北陸銀行砺波支店の大理石製銘版。

P8012595_convert_20160327174426.jpg

重役や貴賓のための専用と思われる、二階への階段。

P8012589_convert_20160327175256.jpg

吹き抜けを囲む回廊には銀行の行章をあしらった金属製の飾り格子が嵌め込まれていたが、カウンター上部の仕切りと共に戦時中の金属供出で失われた。

P8012567_convert_20160327174536.jpg

金唐革紙は営業室以外の部屋でも用いられている。

P8012575_convert_20160327174712.jpg

旧中越銀行本店内部の大きな見どころである二階会議室。

P8012579_convert_20160327175213.jpg

従前は二階は未公開であったが、平成27年7月以降は、毎月第1土曜日の午前に学芸員の解説を交えて公開されるようになっている。

P8012588_convert_20160327174258.jpg

天井の彫刻は圧巻。旧中越銀行本店の概括設計は東京の技師長岡平三の手によるが、実施設計および工事監督は、地元の宮大工の棟梁で旧富山県農学校(巌浄閣)も手掛けた藤井助之丞による。

P8012581_convert_20160327175132.jpg

砺波地方は南砺市(旧井波町)を中心に、仏壇や欄間などを飾る彫刻が盛んな地域である。
旧中越銀行本店の内部装飾には土地の地方色がよく表れている。

P8012599_convert_20160327172019.jpg

一般行員用と思われる螺旋階段。

P80126292_convert_20160327175529.jpg

伝統的な土蔵造りの重厚な外観と、華麗な室内意匠の対比が面白い建物である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。通りすがりのものです。
この建物の金庫室の扉は、私のご先祖の二上松太郎が作ったそうです。
ですが、銀行竣工前に50代の若さで亡くなったそうです。
この建物の建築に先祖が携わっており、それが今も残っている事を嬉しく思います。

Re: No title

コメントを頂きましてありがとうございます。
金庫室は非公開でしたが再訪の機会があれば拝見したいものです。
御先祖様が携わられた建物が文化財として残されているのは有難い事ですね。

No title

お返事ありがとうございます。
私の家系は、松太郎の長男の栄太郎系の、その長男の英和雄の代に分家した家で、分家としては3代目になります。
松太郎は10男、11女の子沢山でしたので、親戚は知らないだけで沢山いるかもしれません。
二上家は、越中国二上山の麓に住んでいて、菩提寺である正覚寺が、二上村から高岡の町に移転する際に、一緒に付いていったという伝承があります。
先祖代々、二上屋源右衛門と名乗り、鍛冶屋を営んでいたらしいです。
この金庫扉を鋳造した二上鉄工所の方は、残念ながら廃業してしまいましたが、今もこうして文化財として残っている事を嬉しく思います。

Re: No title

再度のコメント、ありがとうございました。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード