第991回・旧上九一色郵便局

s_P8060829.jpg

山梨県甲府市古関町(旧西八代郡上九一色村大字古関)にある、明治45年(1912)竣工の郵便局舎。周囲の建物の殆どが草葺きの屋根であった当時、瓦葺であり、かつ洋風のこの建物は、ひときわ人目を引く存在だったという。国登録有形文化財。

s_P8060841.jpg

鄙びた山里といった趣を残す古関地区の一角にひっそりと佇む旧上九一色郵便局。昭和40年(1965)に国道139号線沿いに新築移転するまで、約半世紀にわたり使われていた。

s_P8060837.jpg

この建物が建っている場所は、甲斐国(山梨県)と駿河国(静岡県)を結ぶ街道のひとつである中道往還(なかみちおうかん)沿いに当たる。かつては街道沿いのこの界隈が古関地区の中心地であった。

s_P8060827.jpg

平成初めの一連のオウム真理教事件によって、全国的にその名が知られることになってしまった上九一色村は、現在は北部地域が甲府市に編入され、南部地域は富士河口湖町に編入された。旧上九一色郵便局がある古関地区は北部地域に含まれるため、甲府市に編入されている。

s_P8060834.jpg

明治4年(1871)に郵便制度が発足、山梨県でも同年暮れには甲府に郵便取扱所が置かれた。明治7年(1874)には県内各地にも郵便取扱所が設置され、上九一色郵便局の前身に当たる「古関郵便取扱所」が、土橋助右衛門宅に開設された。

s_P8060833.jpg

明治45年(1912)に現在地に移転新築した。設計は第四代局長の土屋喜一氏が自ら手掛け、自家の山林から良材を選んで頑丈に建てたため、大正12年の関東大震災の際も、ひび一つ入らなかったという。

s_P8060830.jpg

玄関軒下の破風板や軒下飾りには「〒」のマークが彫られ、銅版製鬼瓦にも「〒」のマークを入れるなど、ユニークな意匠を見ることができる。また、屋根の鬼瓦にも「〒」のマークが見られる。

s_P8060835.jpg

昭和に入ると定員や事務量の増加に伴い、局舎は狭隘化が進むと共に局舎自体も次第に旧式となり、また、道路交通等の地理的変革や村の中心が他所に移転したため、郵便局だけが取り残される形となった。そのため昭和40年に現在の局舎に移転、旧局舎は役割を終えた。

s_P8060839.jpg

現在は静かに余生を送っている様子の旧局舎だが、登録文化財制度の導入に際しては山梨県内でも最初に認定されるなど、地域の宝として大切にされているようだ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旧上九一色郵便局

アクセスに県道を選択してしまったので山奥感が増して到着 竣工明治45(1912)年 郵便局としての役割を終えた現在でも保存状態は良い 何か用途があればいいのだが使われてる感じはしない 周囲はのどかな田園風景 おそらく藁葺きだったであろう家が多く、向井潤...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例の事件から上九一色の名は改名され、始めから無かったように消されてましたが残ってるんですね
郵便マークの鬼瓦は他でも見てますが軒下飾りにまで刻まれてるのは見た事がありません
中の様子も気になりまが、この外観だけでも一見の価値がありそうです

Re: No title

コメントありがとうございます。
同じ村といっても、例の事件の現場からはかなり離れています。
分かりにくい場所にあるので探すのに苦労しましたw
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード