第1009回・旧山一林組製糸事務所(岡谷絹工房)

s_P9100693.jpg

長野県岡谷市は、明治から昭和にかけて生糸の生産で繁栄していた街である。現在でも市内の随所にかつての生糸の都の面影をみることができる。JR岡谷駅に近い中央町にある旧山一林組製糸事務所もそのひとつで、大正10年(1921)に建てられた。敷地内に現存する旧守衛所とともに国の登録有形文化財となっている。

s_P9100650.jpg

山一林組製糸は明治12年(1879)創業で、岡谷でも五本の指に入る大製糸工場であったとされる。戦後は現在の岡谷市の基幹産業となっている精密業に転換したが、昭和47年(1972)に閉業した。

s_P9100648.jpg

広大な工場の敷地は現在駐車場となっており、かつての製糸工場の面影を残しているのは旧事務所と旧守衛所だけである。

s_P9100658.jpg

正門越しから望む事務所全景。左手前の建物が旧守衛所。
正面玄関上部の切妻と両脇の屋根窓が外観を引き立てている。

s_P9100686.jpg

国の登録文化財であると同時に、全盛期の製糸業を伝える建物として経済産業省より近代化産業遺産にも認定されている。

s_P9100695.jpg

現在は岡谷市が所有しており、旧事務所の建物は絹織物についての研修や製作体験ができる「岡谷絹工房」として活用されている。

s_P9100688.jpg

一見煉瓦造に見えるが木造で、外壁は当時流行した焦げ茶色の煉瓦タイルと擬石で仕上げられている。なお、同時期に建てられた製糸家の邸宅である、埼玉県入間市の旧石川組製糸西洋館でも同様のタイルが用いられている。

s_P9100690.jpg

縦長窓が整然と並ぶ端正な外観。
昭和2年(1927)には山一林組製糸を舞台とする大規模な労働争議があり、事務所は労使交渉の場となった。

s_P9100684.jpg

珍しいのは玄関ポーチの柱で、上半分を擬木風に仕上げている。こういうデザインは他で見たことがない。

s_P9100694.jpg

正面の切妻破風と軒飾り。
軒には電燈が付く。

s_P9100665.jpg

玄関扉の右上には経済産業省認定の近代化産業遺産であることを示すプレートが掲げられている。また、表札の下には国登録有形文化財のプレートが見える。

s_P9100666.jpg

玄関を入ると土間があり、その先にある事務室とを仕切る、木製のカウンターと硝子窓の仕切りが現れる。

s_P9100680.jpg

土間の先には応接室への扉がある。
外観、内装ともに創建当初の造りを非常によく残している。

s_P9100668.jpg

階段室。

s_P9100670.jpg

二階階段の親柱。

s_P9100675.jpg

階段の親柱や手摺には、大正期の建物に多く見られる直線を基調とした簡素な装飾が施されている。

s_P9100671.jpg

二階中廊下。二階には大広間と貴賓室、書院座敷などが配されているという。
付きあたりの半円アーチの欄間がある扉が、大広間への入口。

s_P9100673.jpg

車輪のような意匠の大広間入口欄間。

s_P9100689.jpg

岡谷市には同様の製糸業者の事務所建築として、旧片倉組の本社事務所が現存しており、旧山一林組製糸と同様、国の登録有形文化財となっている。この建物は現在、旧片倉組の流れを汲む中央印刷の本社事務所として活用されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード