第1066回・旧エンバーソン住宅

s_P2120391.jpg

静岡市駿河区池田にある旧エンバーソン住宅は、明治37年(1904)に宣教師館として現在の静岡市葵区西草深に建てられた。静岡市内に現存する数少ない明治時代の西洋館である。静岡市指定有形文化財。

s_P2120393.jpg

現在は静岡市立日本平動物園に隣接した地に移築されており、動物園には入園せずに見学できる(駐車場はないため日本平動物園の有料駐車場を利用)が、案内等が少なく分かりにくいのが難点である。

s_P2120394.jpg

カナダからキリスト教伝道のため日本に派遣された宣教師であるロバート・エンバーソン師の自邸として建てられた。

s_P2120420.jpg

エンバーソン師の帰国後も、代々の宣教師や牧師の住まいとして80年以上にわたってその役目を果たしてきた。

s_P2120398.jpg

しかし老朽化が進み、所有者であった日本基督教団静岡教会によって新たな施設の建設のため、一時は解体されることになっていた。

s_P2120401.jpg

昭和61年(1986)、教会から建物の寄贈を受けた静岡市によって移築保存が図られることになった。翌昭和62年(1987)に現在地への移築工事が完了、同年より一般公開され、現在に至っている。

s_P2120403.jpg

国の登録有形文化財を経て、平成21年(2009)に静岡市指定有形文化財となっている。

s_P2120404.jpg

移築前の昭和33年(1958)に附属の厨房及び和室が撤去されている。写真中央は今はない厨房につながっていた配膳口。したがってこの部屋は元々は食堂として使われていたと思われる。

s_P2120407.jpg

上記、一部分の撤去と改修が行われた点を除くと、明治期の洋風住宅の造りをよく残している。

s_P2120405.jpg

アーチ型の欄間とその下に立てこまれた和風の引き戸という和洋の取り合わせが珍しい。

s_P2120409.jpg

木製の便座が置かれた便所は創建当初の形式を復元している。

s_P2120410.jpg

玄関ホールを兼ねた階段室。

s_P2120417.jpg

二階から望む階段。
付きあたりの扉は玄関ポーチ上部のバルコニーに出られるようになっている。

s_P2120415.jpg

静岡市の中心部は昭和15年(1940)の大火で大半が焼失し、その後間もなく戦災にも遭ったことで、昭和初期以前の古い建造物は県庁所在地にも関わらず、静岡市庁舎静岡県庁舎静岡銀行本店などを一部を除き、現存するものは多くない。

s_P2120389.jpg

旧エンバーソン住宅は、静岡市内に現存する数少ない明治時代の西洋館であると同時に、静岡県内に残る唯一の外国人宣教師住宅でもある。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旧エンバーソン邸#01

静岡の日本平動物園にある洋館 春に訪問したものの渋滞により断念したままでした 改修工事が3月に終えて建物としていい状態です つづく

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード