第1072回・秩父菊水酒造

s_P9030588.jpg

埼玉県秩父市下吉田にある㈱タイセー秩父菊水酒造所は、「秩父小次郎」銘柄の酒を醸造・販売している酒蔵。明治から昭和期にかけて建てられたと思われる、歴史を感じさせる重厚な店構えが魅力的。

s_P9030578.jpg

秩父菊水酒造がある旧吉田町は、近年秩父市に編入されたが、かつてはこの界隈が秩父の経済・文化の中心であったという。昭和32年(1957)に発生した大火で街道沿いの主な建物が焼失したため、旧吉田町には古い街並みは殆ど残されていない。

s_P9030587.jpg

秩父菊水酒造と、向かい側に少し離れて建つ煉瓦造の旧武毛銀行本店(大正7年竣工)の2棟は、養蚕などによる往年の繁栄を現在に伝える数少ない建物である。

s_P9030591.jpg

正面を当時としてはモダンな白タイル貼り仕上げとした旧武毛銀行本店。この建物については既に紹介済みなので、当ブログ過去記事を御参照頂きたい。

s_P9030579.jpg

秩父菊水酒造の建物は、主屋は明治期、酒蔵は大正から昭和期の建造と思われる。

s_P9030581.jpg

秩父を含め埼玉はかつて「東灘(あずまなだ)」と称され、酒の醸造が盛んな土地であったという。
大消費地である江戸に近く、街道が発達していた地の利を活かして、多くの酒蔵がかつて存在していた。

s_P9030582.jpg

秩父菊水酒造も、この地で酒の醸造を始めたのは寛永2年(1625)まで遡るという由緒を持つ。

s_P9030580.jpg

主屋の脇には、賓客用と思われる堂々とした造りの門を構えている。

s_P9030585.jpg

s_P9030584.jpg

大きな切妻屋根を載せた伝統的な造りの酒蔵と、洋風を加味したモダンな意匠の酒蔵が並ぶ。

s_P9030590.jpg

現在でも店舗として使われているとのことだが、残念ながら店を開いているのは平日のみとのこと。土日に秩父菊水酒造の商品を買う場合は、近くの道の駅へ行くことになる。

s_P9030583.jpg

これからも引き続き、この佇まいが健在であることを願いたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード