第1073回・鈴木家住宅

s_P30500252.jpg

千葉県館山市沼にある鈴木家住宅は、関東大震災から間もない大正13年(1924)に建てられた。横浜在住の建築家による設計とされる和洋折衷の住宅で、主屋及び同時に竣工した蔵と表門が国の登録文化財となっている。

s_P3050020.jpg

鈴木家は、江戸時代には港町であった当地において「南部屋」の屋号で旅籠業を営み、盛岡藩の常宿となっていたが明治21年(1888)に廃業し医院を開いた。赤く塗られた石の門柱から「赤門」の名で親しまれており、現在も続く医院の名称にも引き継がれている。医院の建物は近年改築されたが、赤い門柱は古いまま残されている。

s_P3050029.jpg

赤門のすぐ近くに、玉石を積み上げた鈴木家の重厚な門が建っており、その奥には灰色の洋館が見える。なお、手前のバス停の名前は「赤門前」となっている。

s_P3050015.jpg

かつては金属製の門扉があったが、戦時中の金属供出で取り外され現在はない。ところで、戦時下のエピソードとして、昭和20年の終戦間際には、近くにあった館山海軍航空隊の将校の社交場として鈴木家が使われたこともあるという。

s_P3050027.jpg

門の奥に続く砂利道の先に建つ主屋。大正13年9月に竣工したというが、関東大震災から丁度1年後に当たる。館山周辺は関東大震災に際しては千葉県下でも最も被害が激しく、殆どの家屋が倒壊したという。震災の余波もさめやらぬ時期に、このような本格的な洋館が建てられたことは驚きである。

s_P3050014.jpg

横浜在住の建築家が設計したという。玄関ポーチの柱や軒まわりなど、細部まで本格的な洋風意匠が施されている。

s_P3050010.jpg

玄関ポーチから1階にかけての外壁は人造石塗りで目地を切り、石造風に仕上げている。2階はモルタル壁で一部をハーフチンバー風に仕上げ、妻壁には縦長のメダリオンを飾っている。

s_P30500182.jpg

屋根は2階部分を天然スレート葺とし、平屋建部分は鉄板葺としている。

s_P30500042.jpg

玄関扉の欄間を見ると、ステンドグラスを嵌め込んでいるのが分かる。

s_P3050006.jpg

2階の屋根には細長い煙突が2本立っており、内部に暖炉が設けられていることを示している。外観、内装ともに相当本格的な造りの洋館であることが分かる。

s_P3050023.jpg

主屋の両側に平屋建の棟を伸ばす構成になっており、そのうち片方に蔵が設けられている。主屋の内部は、1階は和室と洋室で構成されており、2階は全て洋室であるという。

s_P30500312.jpg

主屋に繋がる蔵は伝統的な土蔵の形態を取っているが、外壁は主屋と同様、人造石塗に目地を切った洋風の仕上げとなっている。

s_P3050024.jpg

鈴木家住宅は、千葉市の旧神谷別邸、市川市の旧木内別邸などと共に、千葉県下に残る数少ない大正期の本格的な洋風住宅であると言える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード