第1074回・旧生方家住宅

s_PC100140.jpg

群馬県沼田市西倉内町、沼田公園内にある旧生方(うぶかた)家住宅は、切妻造、妻入、板葺屋根の大型町家である。江戸時代中期(17世紀末)の創建と考えられており、東日本では最古の町家とされる。以前取り上げた旧土岐家住宅洋館と隣接する位置に移築、保存されている。国指定重要文化財。

s_PC100121.jpg

元々は沼田市中心街の上之町にあったが、昭和45年(1970)に国指定重要文化財となった後、沼田市が生方家から寄贈を受け現在地に移築された。移築に際しては建築当初の形態への復原が図られ、昭和48年(1973)に移築復原工事が完成した。

s_PC1001222.jpg

移築前の姿。生方家は「かどふぢ(角藤)」の屋号で代々薬屋を営み、1階は移築前まで薬局の店舗として使われていた。右側の一部はアーチ窓が連なり洋風に改装されていたことが分かる。江戸中期から明治、大正を経て、昭和40年代半ばに至るまで、300年近く使われていたことになる。

s_PC1001262.jpg

生方家は、江戸時代には沼田藩御用達の薬種商として沼田でも指折りの豪商であったという。写真は大正時代頃の生方家。まだ一階部分は洋風に改装されていないが、「PHARMACY(薬局)」と大書された横文字の看板が時代を感じさせる。

s_PC1001382.jpg

戦時中の防空訓練の模様を写した珍しい写真。背後には生方家住宅(かどふぢ薬局)が写っている。一階の一部は洋風に改装されており、移築直前の姿とほぼ同じ形になっていることが分かる。

s_PC100120.jpg

沼田は群馬県と長野県の県境に近いためか、正面に大きな切妻を見せ、屋根の先端には雀おどしと呼ばれる棟飾りを置いた姿など、長野県下で多く見られる本棟造の民家に似ている。(軽井沢万平ホテルはこの本棟造を基調としている)

s_PC100127.jpg

正面には店舗として使われていた上店、下店の二間が並ぶ。

s_PC100134.jpg

下店に置かれている薬棚は移築直前の昭和40年代まで使われていたもので、棚のラベルには現在でも売られている市販薬の名前がいくつも記されていた。

s_PC100125.jpg

店の奥が炉を切った居住空間となっており、その横を敷地背後まで貫く形で「通り庭」と称される土間の通路が通っている。二階は使用人が寝起きするための空間で、梯子を使って出入りするようになっている。

s_PC1001242.jpg

移築直前の内部。上記写真とほぼ同じ位置と思われる。旧宅を沼田市に寄贈した生方家は、当主の生方誠(せい 1894~1978)は、家業の薬局を営むほか、国家公安委員や沼田町長も務めた町の名士でかつ、芸術に造詣の深い文化人でもあった。また妻の生方たつゑ(1905~2000)も歌人として著名な人物である。

s_PC1001392.jpg

それぞれ海外留学もしくは都会生活の経験を持つ生方夫妻は、新婚当初はこの古い家ではなく、沼田市内に建てた洋館の新居で生活していたようである。

s_PC100123.jpg

旧生方家住宅に併設された生方記念資料館では、生方夫妻の足跡や生活を知ることができるが、東京からの来客に洋菓子や洋食を振る舞うなど戦前の地方都市としては驚くほどハイカラな生活をしていたようだ。移築前は一部が洋風に改装されていたのもそのためかも知れない。

s_PC100136.jpg

移築に際しては江戸時代の創建当初の姿に戻されたため、その後の増改築が施された部分は失われているが、一部の装飾や建具などが土間や室内に保存展示されている。

s_PC100135.jpg

天井の小屋組み。

s_PC100128.jpg

二の間。

s_PC100129.jpg

床の間がある三の間。仏間として使われていたようだ。

s_PC100130.jpg

四の間。

s_PC100131.jpg

五の間。最も奥の部屋である。

s_PC100132.jpg

寒さの厳しい土地であるため窓は殆ど設けられていないが、閉鎖的な造りはそれだけではなく、嫁や使用人の逃亡防止のためでもあったとか。展示の説明文で「牢獄」と表現されていたのもむべなるかな、である。

s_PC100077.jpg

旧生方家住宅に隣接する旧土岐家住宅洋館は中心街に再移築されることになったが、旧生方家住宅は引き続き現地で保存されるのか、場所を移して保存されるのかは今のところ不明である。いずれにせよ生方記念資料館共々、沼田市の宝として有効に活かして頂きたいものである。

なお、本記事の古写真はいずれも、生方家住宅の館内もしくは併設の生方記念資料館の展示品であることをお断りしておく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード