第1079回・旧木下家別邸(大磯迎賓館)

s_P42301432.jpg

神奈川県中郡大磯町大磯にある旧木下家別邸は、大正元年(1912)に建てられた洋風住宅。ツーバイフォー(2×4)工法の住宅としては現存する日本最古のものとされている。国登録有形文化財。

s_P4230147.jpg

JR大磯駅から海岸側に向かってすぐの位置にある旧木下家別邸。敷地が三角形であることから、地元では「三角屋敷」の名で親しまれていたという。

s_P4230144.jpg

正面、門越しに望む旧木下家別邸。大正元年(1912)に貿易商であった木下健平氏が、米国帰りの建築家である小笹三郎氏に設計し建てられたと推察されている。

s_P4230138.jpg

その後、大正7年(1918)に、木下家とは親戚関係にあり自動車業等を営む二代目山口勝蔵氏に所有が移るが、引き続き別荘として使用されていた。

s_P4230136.jpg

主屋の脇にある小屋。使用人の居室等附属棟として主屋と同時に建てられたものかも知れない。

s_P4230139.jpg

現在は建物及び敷地は大磯町が所有しており、民間事業者に貸与する形で利活用されている。

s_P4230131.jpg

現在は「大磯迎賓館」の名前でイタリアンレストランとして利用されている。旧木下家別邸の洋館のほか、背後に新築された別館で営業を行っている。

s_P4230133.jpg

玄関ポーチの両脇に張り出したベイウインドウ。

s_P4230135.jpg

六角形の格子が特徴的な上げ下げ窓。

s_P4230137.jpg

附属家の窓に嵌め込まれたステンドグラス。主屋にも同様の意匠のステンドグラスがある。(創建当初からのものかどうかは不明)

s_P4230129.jpg

柱や梁ではなく壁で建物を支えるツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)は、明治末期に米国から輸入され、大正期には簡便な洋風住宅として流行した。

s_P4230123.jpg

旧木下家別邸は国内に現存するものでは最古のツーバイフォー工法住宅とされている。

s_P4230122.jpg

規格化された木材を用いて建てられることから、内外装共に簡素な造りとなっている。

s_P4230120.jpg

大正期にアメリカ式洋風住宅を多く建てた「あめりか屋」が軽井沢に建てた旧水戸徳川家別荘(旧田中角栄別荘)旧近衛文麿別荘(旧市村家別荘)と類似性が見られる。

s_P4230132.jpg

明治以降、日本初の海水浴場が設けられ多くの貴顕や富裕層が別邸を構えた大磯でも、洋館建の別邸で現存するものは少ない。とりわけ関東大震災にも耐えた旧木下家別邸は極めて貴重な存在と言える。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旧木下家別邸 大磯迎賓館

大磯へ行くのは初めてで駅前にこんな立派な洋館があるなんて キレイに改修してイタリアンレストランとして今月オープンしたばかり 外観撮影していると、どうぞ中も見学してくださいと予期せぬお言葉 洋館内の1階です レストランは増築された建物でナポリから取り寄せた薪窯がありました 客が入っ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード