第1090回・吉川英治記念館

s_IMG_0090.jpg

東京都青梅市柚木町にある吉川英治記念館には、昭和時代を代表する大衆作家のひとりである吉川英治(1892~1962)が戦中戦後の約10年間にわたって過ごした旧宅が保存、公開されている。明治時代に建てられたとされる現地の養蚕農家の家屋を買い取って一部増改築を施された家屋は、作家の住まいとしても興味深いが、書斎として使われていた離れの洋館など建物自体も見どころに富んでいる。

s_IMG_0081222.jpg

街路から望む全景。手前の現在駐車場になっている場所は、かつては梅林であったという。

s_IMG_00792.jpg

敷地内に建つ母屋と離れの洋館、土蔵、長屋門は当地で養蚕業を営む野村氏の屋敷として、江戸時代後期から明治半ばにかけて建てられたという。現在はそれらに加え、記念館の展示室が建っている。

s_IMG_0130.jpg

細い路地に面して建つ長屋門が記念館の入口になっている。吉川英治はここの袖部屋を納戸と書庫として使っていた。

s_IMG_0129.jpg

戦時中は防空壕もあったという。現在防空壕は残されていないが、門の脇にある防火用水のコンクリート製水槽が当時を偲ばせる。戦時中の防火水槽で現存するものではここ以外に横浜の旧柳下家住宅がある。

s_IMG_0112.jpg

正面から望む母屋。明治初期の創建と考えられている。
屋根は元々は板葺きであったが、記念館とする際に銅版葺に改められている。

s_IMG_0101.jpg

吉川英治は昭和16年(1941)にこの家を買い取り、3年後の昭和19年3月に転居、昭和28年8月までの約10年間この家で暮らした。所謂引っ越し魔で、生涯に約30回転居を重ねた中で最も長く住み続けた家であり、戦後の大作「新・平家物語」(昭和25年連載開始)などがここで執筆された。

s_IMG_0082.jpg

離れの洋館。明治の半ばに奥多摩の一角にこのような洋館が建てられていること自体が驚きである。
吉川英治は当初はここを書斎として使っていた。

s_IMG_0107.jpg

江戸時代末期の弘化4年(1848)の創建とされる土蔵。手前にあるのは吉川英治が随筆にて名水と記したという井戸。

s_IMG_0109.jpg

玄関。入って右側は元々は五右衛門風呂のある浴室などがあったが、戦後間もなく数寄屋風の座敷に改装されている。応接間として使われた他、東京から来る編集者の待機場所に充てられていたという。

s_IMG_0127.jpg

旧宅の内部は通常は外から覗きこむ形でしか見学は出来ないが、吉川英治の命日に当たる9月7日(英治忌)と見学会(平成29年は6月に4日間実施、既に終了。)実施時のみ見学できる。

s_IMG_0128.jpg

見学会は学芸員による説明に加え、記念館館長の吉川英明氏(吉川英治の長男)による居住当時の思い出話が聞ける大変興味深いものであった。

s_IMG_0100.jpg

奥の床の間のある座敷が吉川夫妻の寝室で、手前の次の間が書斎として使われていた。

s_IMG_0117.jpg

精緻な組子細工が施された座敷の欄間。

s_IMG_0119.jpg

戦後の昭和22年頃に玄関脇の浴室を応接間に改築するなどの増改築が行われ、母屋の裏に新たな浴室などが作られた。

s_IMG_0095.jpg

離れ洋館の内部。書斎として使われていた当時の設えを再現している。
ただし、吉川英明氏によると専ら書斎として使っていたのは先述の座敷であり、洋館の離れはあまり使っていなかったのでは、とのことであった。

s_IMG_0089.jpg

洋館のテラス。

s_IMG_0121.jpg

洋館から母屋を望む。
洋館テラスの角柱が真ん中にふくらみのあるエンタシスとなっているのは珍しい。

s_IMG_0094.jpg

テラスの床に敷き詰められているのは瀬戸焼の「本業タイル」である。

s_IMG_0092.jpg

洋館内部の天井照明台座。

s_IMG_0096.jpg

s_IMG_0086.jpg

洋館の室内やテラスの天井に施された漆喰細工は非常に精緻なもので、明治中期としてはかなり本格的な造りの洋館であったことが窺える。

s_IMG_0083.jpg

弊ブログでは作家の住まいまたは生家として他に、谷崎潤一郎志賀直哉、太宰治(生家及び疎開先)、山本有三里見弴江戸川乱歩の家をそれぞれ既に紹介しているので、興味のある方はそれぞれ御覧頂けると幸いである。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉川英治記念館#02

前回は梅の季節でしたが今回は紫陽花が見頃でした 今回はガラス越しではなく中に入れる♪ 中からでないと見えなかった部分 大黒柱が太すぎて畳に切り欠きが入ってます 勝手口ですが普通の家の玄関並みです ってか玄関が立派過ぎるんですよね ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード