第1093回・旧四谷見附橋(長池見附橋)

s_P12802942.jpg

JR四ツ谷駅を跨ぐ跨線橋である四谷見附橋は、大正2年(1913)に架けられた鋼製アーチ橋で赤坂離宮(現・迎賓館)に近接する橋として華麗な意匠の欄干や照明燈で飾られていた。道路拡幅のため平成3年(1991)に現在の橋に架け替えられたが、旧橋の本体は多摩ニュータウンに移設、長池見附橋として再生され、親柱と欄干は現在の四谷見附橋に再利用されている。

s_P1280300.jpg

長池見附橋がある長池公園は、東京都八王子市別所2丁目にある多摩ニュータウンの地区公園である。長池見附橋は公園内を横切る市道の橋として現役で使用されている。

s_P1280280.jpg

四谷から移設されたのは鋼製アーチの主構部で、親柱、欄干、照明燈、煉瓦と石で仕上げられた橋台は移設に際して新しく作られたものだが、いずれも旧橋の意匠を忠実に復元したものとなっている。

s_P12802962.jpg

四谷にあった当時は外堀と中央線を跨ぎ、新宿通りを通していた。近接する赤坂離宮(現在の迎賓館)の外門的に位置づけられたことから、ネオ・バロック様式の装飾を取り入れた華麗な意匠が施された。

s_P1280279.jpg

設計は東京市技師の華島正義が構造設計を行い、福田重義が装飾設計を担当した。福田重義は日比谷公園内に現存する旧公園事務所の設計者であり、横浜市開港記念会館の現設計者としても知られる。

s_P1280283.jpg

旧四谷見附橋は幅員が約22メートルであったのに対し、長池見附橋の幅員は約17メートルとされていたため、移設に際しては約5メートル分狭められている。長さは移設前と変わっていない。

s_P1280284.jpg

同じ時期に架けられた装飾的な鋼製アーチ橋で現在も当時の面影をよく残しているものに、名古屋の納屋橋(大正2年)、大阪の難波橋(大正4年)本町橋(大正2年、大阪市指定文化財)があるが、このうち橋梁本体も架橋当初のものが現存するのは本町橋だけである。

s_P1280298.jpg

旧四谷見附橋と本町橋は、国内で現存する最古の鋼製アーチ橋と思われる。

s_P1280288.jpg

昭和末期に新宿通りの拡幅工事が決定し、四谷見附橋は架け替えられることとなり旧橋は解体撤去される予定であったが、昭和47年には彫刻工芸部門の文化財にも指定されていた旧橋の保存を求める声が地元住民や土木学会から起こった。 

s_P1280286.jpg

調査の結果、旧橋は架橋から70年以上超えていたが現役の道路橋として引き続き使用するには十分な強度を有することが判明した。検討が重ねられた結果、当時東京都住宅・都市整備公団によって整備中であった多摩ニュータウンに旧橋の本体部分を移設、市道の道路橋として再利用されることになった。

s_P12802872.jpg

一方、親柱や欄干、照明燈は地元の要望に配慮して現地で保存、新しい四谷見附橋に取り付けられることになったため、移設される本体部分には複製が取り付けられた。

s_P1280292.jpg

このような経緯から、旧四谷見附橋は八王子と四谷の2ヶ所に別れて保存・再利用されている。
それでは長池見附橋に対し、現在の四谷見附橋はどのようになっているのかを見てみたい。

s_PB060140.jpg

JR四ツ谷駅中央線ホームから見た現在の四谷見附橋。
欄干及び石の親柱、その上に載る照明燈、煉瓦と石で仕上げられた橋台は長池見附橋と同じ形のものが見える。

s_PB060136.jpg

橋の主構は形態こそアーチ状であるが、旧橋とは全く異なる現代の橋梁である。
幅は旧橋に比べて大幅に広げられており、全長と全幅はほぼ同じとなっている。

s_PB060142.jpg

旧橋のものが再利用されていると思われる欄干。

s_PB060138.jpg

本記事5枚目の写真と比較すると、旧橋の面影がかなり踏襲されているのがお分かり頂けると思う。

s_P5030080222.jpg

橋の上から欄干、親柱、照明燈を望む。

s_P5030076.jpg

四谷見附橋では橋銘を親柱ではなく、欄干の中央部に設けられた橋銘版に記している。

s_P5030079.jpg

親柱や欄干の御影石で造られた部分は黄色味を帯びており、青みを帯びている長池見附橋のものと色調が異なる。これは石に含まれる鉄分が錆びたことによるもので、年数を経ている証拠である。即ち四谷の方に旧橋の部材が再利用されていることが分かる。

s_P5030081.jpg

用途を終えながらも引き続き使用に耐える橋梁を他所に移設・再利用した事例は、大阪の旧心斎橋(現・緑地西橋)等戦前より多く存在するが、旧四谷見附橋(長池見附橋)のように歴史的・文化財的側面から移設・再利用が図られた事例は珍しい。

(参考)一般社団法人 建設コンサルタンツ協会ホームページ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旧四谷見附橋

1913年(大正2年)に竣工した上路式鋼製アーチ橋 東宮御所(現赤坂迎賓館)と皇居を最短距離で結ぶ橋だった 交通量の増加に伴い1987年(昭和62年)に現在の橋に架け替えられました 架け替えに伴って一時は解体が予定されていましたが その資材の一部を利用して長池見附橋として移築復元されている 公園のランドマークとして、また現役の橋として使用されてい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード