第1111回・出雲大社前駅(旧大社神門駅)

s_P81803672017.jpg

島根県出雲市の出雲大社の参道沿いにある一畑電鉄出雲大社前駅は、昭和5年(1930)開業当初の駅舎が現在も使用されており、特異な外観から地元でも親しまれている。国登録有形文化財。

s_P8180445.jpg

神門通りに面して建つ出雲大社前駅は、出雲大社の最寄駅に当たる。開業当初の名称は「大社神門駅」で、昭和45年(1970)に現在の駅名になった。

s_P8180372.jpg

鉄筋コンクリート造平屋建てで、曲面を持つ屋根を青緑色の釉薬をかけた瓦で葺く。

s_P81803692.jpg

近年の改修で屋根瓦は大部分が葺き替えられたが、色調はもとの色合いに近いものとなっている。但し、切妻屋根の臨時改札口の瓦は創建当初からのものと思われる。

s_P8180443.jpg

現在、臨時改札口跡には窓ガラスを入れ増築部分と一体化させて、店舗となっている。

s_P8180366.jpg

その特徴的な姿から、駅の利用者のみならず出雲大社への参拝客も多く立ち寄る。

s_P8180386.jpg

待合室。屋根の形がそのまま天井の形状に反映されている。

s_P8180385.jpg

ヴォールト天井の梁はよく見ると幾何学的意匠の紋様が刻まれている。窓の色ガラスは、近年の改修に際して入れられたもののようだ。

s_P8180375.jpg

半円形に張り出した出札口。
仕切りの金属製格子は幾何学的意匠で仕上げられ、天井梁の装飾と対応したものとなっている。

s_P8180380.jpg

駅舎とは思えない不思議な印象の内部空間。

s_P8180391.jpg

外観、内装共に、戦前に建てられた駅舎の中ではとりわけ個性的な意匠の建物である。

s_P8180382.jpg

扉などの建具類も創建当初からのものと思われる。

s_P8180378.jpg

開口部上の長押にも幾何学状の装飾が施されている。

s_P8180389.jpg

改札口からホームを望む。

s_P8180394.jpg

ホームの一角には駅舎竣工とほぼ同時期に製造され、平成21年(2009)まで現役で使用されていた現存する日本最古級の車両であるデハ二50形電車が展示されている。

s_P8180399.jpg

ホームから駅舎を望む。ホーム上屋も駅舎と同様、開業当初の姿を概ね残しているようだ。

s_P8180390.jpg

s_P8180368.jpg

島根県に残る近代建築では代表的なもののひとつであり、平成8年(1996)の国登録有形文化財制度の導入に際しては、島根県における認定第1号となった。また経済産業省の近代化産業遺産にも認定されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード