FC2ブログ

第1156回・旧鈴木信太郎邸(鈴木信太郎記念館)

s_P40800632.jpg

平成30年3月28日に開館した東京都豊島区にある鈴木信太郎記念館は、仏文学者の鈴木信太郎の旧宅を豊島区が取得・整備して公開したものである。昭和3年に建てられ、空襲から蔵書を守った鉄筋コンクリート造の書斎棟と、戦後間もなく再建もしくは移築された2棟の住居棟は共に「旧鈴木家住宅」として豊島区の有形文化財に指定されている。

s_P4080003.jpg

豊島区東池袋5丁目、地下鉄丸ノ内線新大塚駅に近い位置にある鈴木信太郎記念館。石積みの擁壁の一部を切って設けられた石段を登ると、時代の異なる3棟の建物で構成された旧鈴木邸が現れる。

s_P4080004.jpg

昭和3年(1928)に建てられた書斎棟。鉄筋コンクリート造で書斎と蔵を兼ねており、昭和6年には鉄骨造の2階が増築され、子供部屋として使われていた。昭和20年(1945)4月13日の空襲で鈴木邸は焼失するが書斎棟の1階部分は焼け残り、中の蔵書も無事であった。

s_P4080006.jpg

書斎棟に続くホール・茶の間棟。焼失した居住棟の跡地に昭和21年(1946)に再建された。戦後間もない当時、「臨時建築制限令」によって15坪を超える建物の新築・増改築は禁じられていたため、応接空間を兼ねた玄関ホールと茶の間に台所、風呂、便所等の水回りを設けた最低限の間取りでまとめられている。

s_P4080007.jpg

ホール・茶の間棟の奥に建つ座敷棟。昭和23年(1948)に現在の埼玉県春日部市にあった鈴木本家から移築したもの。移築は規制の対象に含まれていなかったため、大地主であった本家の離れ座敷の一部を移築したものである。

s_P4080079.jpg

ホール・茶の間棟と座敷棟の間に設けられた内玄関。この2棟が戦後の鈴木家の居住棟となった。

s_P4080008.jpg

昭和31年(1956)には戦災で焼失した書斎棟2階部分が再建され、鈴木邸の戦災復興が完了したと言える。

s_P4080014.jpg

玄関ホールから玄関を望む。玄関ホールは書斎棟と茶の間をつなぐ板張りの部屋で、応接間を兼ねていた。玄関脇(写真左側)には階段室が設けられており、当初から書斎棟2階部分も再建を予定していたものと思われる。

s_P4080077.jpg

茶の間。出窓を配し、床には掘り炬燵を設けている。
法令上の制約に加え、建設用資材も不足していた時期であったが、材木商であった夫人の実家から材木を調達したという。

s_P40800192.jpg

茶の間には戦前の鈴木邸を再現した模型が展示されている。戦災で焼失した旧居住棟は大正10年(1921)に建てられた木造の二階家で、写真左端の張り出した部分は旧書斎。

s_P4080021.jpg

戦災前の書斎棟はマンサード(中折れ)屋根の2階が載る洋風の外観であった。戦後の再建に際しては焼け残った鉄骨を再利用しているが、屋根の形状は変わっている。

s_P4080026.jpg

明治20年代に建てられたと推測されている座敷棟。鈴木本家にあった屋敷の離れの一部とされる。

s_P4080028.jpg

鈴木家は埼玉県北葛飾郡富多村下吉妻(現在の春日部市)に約100町歩(約30万坪)に及ぶ広大な土地を有し、信太郎の祖父の代からは東京・神田で米穀問屋も営む富裕な家であった。

s_P40800292.jpg

江戸時代以前は武士と一部の階層を除き建てることができなかった書院造の座敷も、明治以降は身分制の崩壊により、富裕な農家や商人などが自由に建てられるようになった。

s_P4080031.jpg

縁側に嵌め込まれた硝子戸も近代の和風建築ならではの特色である。また戦災後に移築によって新たな住居を確保した事例としても珍しい。(規模は異なるが、麻布にあった旧三井八郎右衛門邸と同じと言える)

s_P4080035.jpg

終戦直後の住宅・建築事情を伝える2棟の居住棟も非常に興味深いが、旧鈴木信太郎邸の一番のみどころは戦災から蔵書を守った書斎棟である。書斎棟の入口鉄扉には、火災の熱で歪んだ痕跡が今も残っている。

s_P4080038.jpg

書斎には床から天井まで届く造り付けの書棚がいくつも並び、その一角にL字型の特注の机が据えられている。天井からはシャンデリアが下がり、壁には大きな暖炉、窓の欄間にはステンドグラスを嵌め込む。鉄筋コンクリート構造の採用も含め、全て鈴木信太郎の意向によるものである。

s_P4080064.jpg

壁も窓と暖炉を除き、全て造り付けの書棚で覆われている。

s_P4080074.jpg

瓦斯ストーブが据え付けられたタイル貼りの重厚な暖炉。

s_P4080075.jpg

鈴木信太郎(1895~1970)は大正10年から東京帝大講師として仏文学の講義を担当、戦後は東大の文学部長を務めた。同じく仏文学者として知られる辰野隆(辰野金吾の息子)らと共に日本におけるフランス文学の研究に大きく貢献した人物である。

s_P4080009222.jpg

大正14年には約1年間パリへ私費留学、このとき買い求めた大量の稀覯本が船便で輸送中に船火事のため全て焼失するという事件に遭遇する。これが当時の個人邸としては珍しい、鉄筋コンクリート造、防火設備完備の書斎棟を建てる動機となった。

s_P4080061.jpg

書斎は学究の場であると同時に親しい人との交友を楽しむサロンとなった。かつては窓際に応接用テーブルがあり、そこで将棋や麻雀を楽しむこともあった。また、空襲で罹災後はホール・茶の間棟が再建されるまで、書斎の一角に畳を敷いて生活していたという。

s_P40800502.jpg

s_P40800492.jpg

s_P40800482.jpg

s_P40800462.jpg

s_P40800452.jpg

窓の欄間には鈴木信太郎が自らデザインした5枚組のステンドグラスが嵌め込まれている。5種類の動物がそれぞれペアとなり、中央に広げた書物を掲げるという図柄で、仏語で「世界は一冊の書物に至るために作られている」という文言が入っている。これは研究対象としていた詩人ステファヌ・マラルメの言葉である。

s_P4080044.jpg

最晩年までフランス文学の研究に取り組んだ鈴木信太郎は、昭和45年(1970)3月4日にこの書斎で病を発し急逝、75年の生涯を閉じた。邸宅はその後も遺族によって大切に維持され、平成22年(2010)に豊島区に寄贈された。

s_P4080002.jpg

同じ豊島区にある旧江戸川乱歩邸の土蔵と同様、文化人の書斎を直接見ることができる魅力的な場所である。展示も文学、建築共に大変充実したものとなっている。

(建物の内部撮影は書籍等展示資料の接写以外は基本的に可能)
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

豊島区立鈴木信太郎記念館

傾斜地にあって、見上げなければ家がある事に気づかずに通り過ぎてしまう 東大教授であった鈴木信太郎邸が、記念館としてオープンした オープンほやほやで無料。今なら、ほぼ貸し切り撮り放題 旧朝香宮邸のものより広い書斎 ...

コメントの投稿

非公開コメント

勘違い

全部同じに見えたステンドグラスが、実はデザインが違う事に今知りました。

Re: 勘違い

この建物はステンドグラスについて田辺千代氏と増田彰久氏の著作で紹介されていたので知ってました。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード