FC2ブログ

第1248回・上田市旧宣教師館

s_P92916712.jpg

長野県上田市下之郷にある旧宣教師館は、同市大手にある新参町教会の婦人宣教師のための住宅として、明治37年(1904)に建てられた木造2階建の洋館。平成5年(1993)に上田市の所有となり、現在地に移築、一般公開されている。上田市の指定文化財。

s_P92916262.jpg

現地の案内解説版にあった古写真。元々は上田城跡に近い丸堀(現・上田市大手)に建っていた。隣接する梅花幼稚園の建物は現存しており、現在も同園の施設として使用されている。

s_P929166022.jpg

現在は上田市の郊外に移築されている旧宣教師館。カナダ・メソジスト派のプロテスタント教会である新参町教会の婦人宣教師用住宅として建てられた。なお、新参町教会の建物は、昭和10年(1935)に建てられた礼拝堂が現在も使用されている。

s_P9291629.jpg

宣教師は新参町教会での布教とともに、宣教師館に隣接する梅花幼稚園を運営し、保母の養成も行っていた。宣教師館は宣教師の生活の場であると同時に、保母教育の場としても使用されていた。

s_P9291672.jpg

国際関係の悪化に伴い昭和15年(1940)に宣教師が帰国した後、宣教師館は医師の三吉敬蔵氏の所有となり、その後は住宅兼医院として長い間使われていた。

s_P9291666.jpg

改築のため取り壊される予定であったが、平成5年(1993)に上田市が取得、市の文化財に指定され、翌年に現在地へ移築された。

s_P9291678.jpg

外観は立方体に近い形状に日本瓦葺の寄棟屋根が載っており、外壁はペンキ塗り下見板張り仕上げ、南面には四角いベイウインドウが2つ並んでいる。

s_P9291635.jpg

アーリー・アメリカン様式もしくはアメリカン・コロニアル様式と称される、開拓期のアメリカにおける簡素な造りの木造住宅の様式を取り入れているが、瓦屋根や二階ベランダ脇の戸袋など日本的な造りも見られる。

s_P9291665.jpg

正面右側の角は、2階はベランダ、その下が玄関ポーチになっている。

s_P9291641.jpg

玄関及び階段ホール。
玄関脇にはこの洋館で一ヶ所しかないアーチ窓が設けられている。

s_P9291633.jpg

引き戸で仕切られた1階の部屋。奥が食堂と思われる。

s_P9291639.jpg

宣教師館らしく、どの部屋も簡素な実用重視の造りの洋室である。

s_P92916402.jpg

作り付けの飾り棚。
食器棚として使われていたのだろうか。

s_P9291643.jpg

玄関ホールから階段を見る。
階段の親柱や手すりも直線を基調にしたごく簡素なものとなっている。

s_P9291647.jpg

2階階段室。
菱形の飾り窓が目を引く。

s_P9291654.jpg

2階の洋室。

s_P9291649.jpg

玄関ポーチの真上に位置するベランダ兼サンルーム。
天井や壁面は玄関ポーチと同じ造りになっており、半屋外的な空間である。

s_P9291655.jpg

使用人用の和室が設けられている。
写真は大小2室あるうち、大きい方の部屋。

s_P9291657.jpg

キリスト教宣教師の住居として明治以降建てられた洋館は、東京の旧マッケレーブ邸や静岡市の旧エンバーソン住宅など全国各地に現存する。長野県内では同種の施設として松本市の旧司祭館があり、上田市旧宣教師館と同様に市によって移築保存され、一般公開されている。

s_P929166222.jpg

上田市街を見渡せる位置にある旧宣教師館。訪問したのは9月の末だったが、約2週間後には台風19号のため上田市も大きな被害を受けた。心よりお見舞い申し上げると共に、一時も早い復旧を祈りたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード