FC2ブログ

第1251回・御花(旧立花寛治伯爵邸)

s_PC1500802.jpg

福岡県柳川市新外町にある「御花」は、かつての柳川藩主・立花家の邸宅で、現在は立花家が経営する料理旅館として知られている。現在残る建物と庭園は、明治末期に14代当主である立花寛治伯爵によって造営されたもので、庭園を始め邸宅の敷地全体が国の名勝に指定されている。

s_PC150081.jpg

旧立花伯爵邸は正面に門衛所を備えた正門と白亜の西洋館を構え、その背後に広大な日本家屋と庭園が広がる構成になっている。小さなドーム屋根が載る門衛所は神戸の兵庫県公館のものとよく似ている。

PC140043.jpg

明治43年(1910)に建てられた洋館の設計は今はない旧福岡県庁舎や、国指定重要文化財の旧福岡県公会堂貴賓館などを手掛けた福岡県庁技師の三條栄三郎と、同じく技師として務めていたとされる亀田共次郎の両者が手掛けたと推測されている。

s_PC1501722.jpg

側面から見た洋館。車寄せのある正面玄関は来客用で、伯爵家では通常は側面の玄関(写真の左奥)もしくは日本家屋から出入りしていたようである。手前に張り出した平屋建は便所棟。

s_PC150095.jpg

洋館の背後及び脇には広大な日本家屋が建つ。邸宅は一部が撤去、改築されたものの、洋館のほか接客用の大広間棟と伯爵家の日常生活の場である居住棟、伯爵家の事務を司る「家政局」など、主要な建物は残されている。かつては能舞台や茶室、撞球場などもあったという。

s_PC1501062.jpg

戦国武将・立花宗茂(1567~1643)が豊臣秀吉の取り立てにより柳川城主となって以来、立花家は一時期を除いて現在まで四百年以上にわたり柳川に本拠を構え、明治維新で華族となった際も、特別の許可を得て東京から国許へ戻った極めて数少ない大名家である。

s_PC1500962.jpg

庭園側から見た全景。庭園に面して大広間棟と平屋建の居住棟が並立する。正面に洋館を配し、奥の庭園に面して大小の和風建築を連ねる構成は舞子浜の旧日下部久太郎邸(舞子ホテル)を連想させる。

s_PC1500692.jpg

大広間棟の脇に建つ平屋建ての居住棟。かつてはより大規模な和風建築であったが、現存するのは14代当主の立花寛治(1857~1929)夫妻や子息で15代当主の鑑徳(1884~1957)の居室などとして使われていた7室の座敷で、現在は料亭の個室として利用されている。

s_PC1500673.jpg

国の名勝にも指定されている庭園「松濤園」から望む大広間と居住棟。松濤園は邸宅と同様に、立花寛治伯爵によって造営されたもので、黒松に囲まれた池の中には二つの島と多数の岩を配し、冬場には野鴨が飛来することで知られる。

s_PC150155.jpg

洋館の正面玄関の先には一本の材木から削り出された円柱のある3連アーチを備えたホールがある。邸宅は明治天皇が陸軍の演習に隣席するため訪問されたときの御座所となることも想定して建てられたというが、御座所として使われることはなかった。

s_PC150160.jpg

玄関ホールの奥には暖炉のある洋室がある。
食堂としても使われていたため、配膳用の小窓や食器棚が置かれている。

s_PC1501292.jpg

重厚で力強い彫刻が施された階段親柱や手摺りなど、館内の随所に明治の西洋館らしい造形を見ることができる。

s_PC150128.jpg

階段室から2階の階段ホール天井を望む。
この洋館では明治43年の創建当初より電燈が用いられていた。

s_PC150136.jpg

2階の広間はこの洋館の中では最も格式の高い部屋である。かつての柳川藩主、殿様である立花伯爵に旧家臣などが謁見するための部屋としても使われていた。

s_PC1501452.jpg

館内に飾られていた2階広間の古写真。

s_PC150142.jpg

白大理石と漆喰彫刻で飾られた、広間正面の暖炉飾り。

s_PC1501502.jpg

扉の周りも重厚な彫刻で飾られている。

s_PC15016233.jpgs_PC150139233.jpg

洋館のシャンデリアは創建当初からのものと思われる。

s_PC15015823.jpgs_PC15012323.jpgs_PC15014923.jpgs_PC15015923.jpg

伯爵家で使われていたと思われる家具も随所に置かれていた。

s_PC150151.jpg

戦後、立花家は爵位と共に農地改革や財産税によって多くの財産も失うが、16代当主・立花和雄(1907~1994)と妻の立花文子(1910~2010)は、生活のために残った邸宅を用いて昭和25年に料亭「御花」を開業、その後間もなく旅館業も始めた。

s_PC150103.jpg

立花和雄・文子夫妻がそれぞれ残している書籍(売店で販売されている)では、明治以降の立花伯爵家の歴史、料亭開業の経緯や当初の厳しい経営状況なども詳しく記されており、興味深い内容である。

s_PC150100.jpg

当初は試行錯誤の殿様商売であった「御花」は、現在では柳川を代表する観光名所となっている。

s_PC150115.jpg

近年改修工事が行われた大広間棟の内部。

s_PC1501192.jpg

庭園に面した障子には斜め格子模様が入った硝子が嵌め込まれ、外の風景を望むことができる。

s_PC150111.jpg

大広間に2つあった床の間のうち、ひとつは料亭旅館となった後に舞台に改造されていたが、改修工事に際し復原された。

s_PC150110.jpg

大名家の本邸にふさわしい格調高い大広間。結婚披露宴の会場などに使われている。

s_PC150107.jpg

大広間棟から居住棟へ続く吹きさらしの渡り廊下。先に触れた旧日下部邸の瀟洒な数寄屋造りと比較すれば、この館が武家の住まいらしい剛直なものであることがより分かる。

s_PC140043.jpg

居住棟座敷の夜の姿。
「御花」は食事や宿泊以外でも、庭園や西洋館、敷地内の史料館は有料で見学できる。

s_PC140057.jpg

西洋館と日本家屋、庭園まで一体で残る近代の大規模な邸宅は、同じ福岡県の旧松本家住宅(西日本工業倶楽部)など、全国的に見てもごく僅かしか残されていない(大概はいずれかが失われている)。その中でも「御花」は用途こそ変わったものの、現在も立花家の本拠として使われている数少ない邸宅である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード