FC2ブログ

第1255回・亀屋旅館

PC291807.jpg

亀屋旅館は、和歌山県の川湯温泉にある温泉旅館。本館の建物は昭和3年(1928)に建てられた木造2階建で、国の登録有形文化財になっている。平成30年(2018)8月の台風20号による豪雨で被災、休業したが、現在は復旧、営業を再開している。

PC291805.jpg

和歌山県田辺市本宮町にある川湯温泉は、奈良県との県境に近い位置にある山間の温泉である。熊野本宮大社にも近く、江戸時代より利用されていた歴史のある温泉地である。

PC291806.jpg

熊野川の支流である大塔川の川原を掘ると温泉が湧くのが特徴で、川の流量が減る冬場には、川を堰き止めて「仙人風呂」と称される巨大な露天風呂(湯気が立っている場所)が開かれることでも知られている。

PC291804.jpg

旅館や共同浴場は大塔川の左岸に並んでいるが、亀屋旅館はその中でも、戦前からの建物で営業を続けている旅館としては唯一と思われる。写真の奥に映っているのは戦後に増築された別館である。

PC291803.jpg

木造二階建の本館は、入母屋造の瓦屋根に一階には銅板葺の庇を深く張り出し、二階には全面に欄干を巡らせた外観が特徴である。

PC291800.jpg

本館には帳場と食事処などが置かれており、宿泊客用の客室は隣接の別館に設けられている。本館は平成20年(2008)には国の登録有形文化財に選定されている。

PC291811.jpg

平成30年(2018)8月の台風20号による豪雨では大塔川が氾濫し、川湯温泉は甚大な被害を被った。亀屋旅館も一階が天井近くまで浸水したという。

PC291799.jpg

一時は存続の危機に陥ったものの、クラウドファンディングによる復旧資金集めなどにより半年後には営業を再開、現在に至っている。写真は宿泊時(令和元年12月)の本館一階座敷。食事処として使われている部屋である。

PC291796.jpg

宿の方には聞きそびれたが、床脇の天袋、地袋に襖が無いのは浸水による被害の痕跡かも知れない。

PC291795.jpg

欄間には月を背景にコウモリが飛び交う意匠の彫刻が施されている。

PC291792.jpg

コウモリは、中国や朝鮮、或いは国内の一部では縁起の良い動物とされていることから、このような欄間飾りなどの意匠に取り入れられている例がたまに見られる。(埼玉県秩父市の「京亭」でも、板戸にコウモリの透かし彫りがある)

PC291789.jpg

一階座敷の縁側には足湯の設えがあった。

PC291801.jpg

近年は特に台風、地震など自然災害が頻発しており、歴史的な建物を取り巻く環境は極めて厳しい状況にあると言わざるを得ないが、亀屋旅館のような幸運な事例が多くあって欲しいものである。

亀屋旅館ホームページ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード