第147回・吉池医院

convert_20100801232804.jpg

山形市の中心街、旧山形県庁舎(現山形市郷土館・文翔館)前の通りに面して建つ洋館造りの医院。
大正元年(1912)の建築で、設計は同県出身の建築家・中條精一郎(1868~1936)と伝えられる。

convert_20100801232917.jpg

街路に面した門柱の先、敷地の奥に引っ込んだ所に建っている。現在駐車場になっている場所には、以前居住用と思われる平屋建の日本家屋があったように思うが、今はない。

convert_20100801233341.jpg

中條精一郎は、現在の山形県米沢市出身の建築家で、先述の旧山形県庁舎建設に際しては顧問として設計に関与している


convert_20100801233113.jpg

戦前の日本における最大の建築設計事務所であった曽禰中條建築事務所を、建築界の大先輩に当たる曽禰達蔵(1852~1937)と共に率いた人物。

convert_20100801233607.jpg

小規模だがしっかりしたデザインの洋館である。

convert_20100801233154.jpg

現在も現役の医院である。

convert_20100801233632.jpg

旧山形県庁舎と並ぶ、山形の大正建築の代表格。今後も健在であり続けることを願う。


IMG_5527_convert_20140324232210.jpg

以上、本記事の写真は平成17年撮影であるが、平成26年3月に再訪した際の写真を追加する。

IMG_5531_convert_20140324232428.jpg

現在も変わりなく、現役の医院として健在だった。

IMG_5533_convert_20140324232311.jpg

背面からの姿。隣接して建っていたビルが撤去され、跡地は駐車場になっていたので側面及び背面からも見ることができた。

(平成26年3月25日 写真追加・記事本文修正)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード