第241回・古勢起屋別館

convert_20110228224111.jpg

前回に引き続き山形県は銀山温泉の旅館建築。
古勢起屋別館は木造四階建て、正面に大きな切妻を見せた外観が特徴的。

convert_20110228223945.jpg

館内に飾られている古写真。建設時期は不詳だが銀山温泉は大正初期に水害で大被害を受け、その後復興に際し建てられた能登屋旅館を始めとする旅館群が現在の温泉街を形成しているので、この建物も大正期ごろの建築かと思われる。

convert_20110228224018.jpg

客室の古写真。

convert_20110228224217.jpg

現在の客室の一例。

convert_20110228224044.jpg

街路に面した縁側。窓硝子の向こうに能登屋旅館の看板が写っている。

convert_20110228224243.jpg

床脇の違い棚と書院窓。

convert_20110228224306.jpg

違い棚を支える束柱は内部が空洞になっており、中には木製の球が入っていた。建設を手掛けた職人の遊びだろうか。

convert_20110228224410.jpg

書院窓。

convert_20110228224459.jpg

次の間との仕切りに嵌めこまれた書院。真新しいテレビとの対比が妙。

convert_20110228224343.jpg

欄間。精緻な組み物細工が見事。

convert_20110228224152.jpg

温泉街と外観全景。先程の古写真と比較すると玄関右手の浴室外観が改造されている他は殆ど変わっていないことが分かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

米沢を旅行して上杉邸を見学していたとき、
中條精一郎・伊藤忠太と戦前の名建築家が2人出てることに傍と気が付きました。
やはりかの地の武士の教養というものが二人の建築工学士を生んだのではと感じいりました。
また中條設計の大磯の池田邸の主人三井の総裁池田成彬も米沢出身者、
武家の系譜と家対家の横のつながりが緊結されていたことが思い浮かんだ次第です。

Re: No title

頂いたコメントにて仰せの大磯の旧池田成彬邸は、隣接の旧伊藤博文邸などと共に一体的に大磯町の観光資源として保存・活用する構想があるようです。池田邸は同じく中條精一郎設計による岩崎家熱海別邸の小型版といってもよい英国風の豪邸、これはぜひ実現の上、地域活性化としても成功するとよいのですが。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード