第390回・旧遠山元一邸(遠山記念館)

IMG_3676_convert_20110911145639.jpg

日興証券初代会長の遠山元一(1890~1972)が、没落した生家の再興と、実母への孝養を尽くすために故郷の埼玉県に建てた屋敷。現在邸宅と庭園は財団法人遠山記念館として一般公開されている。埼玉県下でもトップクラスの近代和風建築である。国登録有形文化財。

IMG_3844_convert_20120503211732.jpg

埼玉県比企郡川島町、広大な関東平野の田園風景の中に、広壮な屋敷が現れる。
遠山家は代々この地における屈指の豪農であったが、遠山元一の父の代で放蕩のため急激に没落、元一は高等小学校卒業後、明治38年に東京・兜町に丁稚奉公することになる。

IMG_3834_convert_20120504135149.jpg

敷地の周囲は濠を巡らす。
遠山元一は丁稚奉公から12年後の大正7年に、川島屋商店を立ち上げ独立、その後は急成長を遂げ第二次大戦下の国策により日興証券の初代会長となり、戦後は長く業界の重鎮として君臨した人物である。

IMG_3654_convert_20120504093347.jpg

堂々たる正門。
事業が成功し産を成した遠山元一は、丁稚奉公以来忘れることのなかった生家の再興に着手する。また同時に、生家没落と一家離散で辛苦を嘗め尽くした母親の安住の場を作る目的があった。
このとき工事の総指揮は元一の弟・遠山芳雄(1896~1945)が行っている。昭和8年から3年がかりで工事を進め、昭和11年(1936)竣工。

IMG_3832_convert_20110911152551.jpg

当時雑木林と畑地と化して、面影も無かった生家の跡地を綿密に測量、広大な敷地跡を割り出し所有者から買い戻した。遠山元一本人の意向とは裏腹に、地元や周囲の人々によって構想は壮大となり、建築の規模は当初予定より10倍近くになったという。かつて「梅屋敷」と称された豪家・遠山家の再興は、地元にとっても喜びであったもの思われる。

IMG_3674_convert_20120503222313.jpg

正面玄関のある東棟。
旧遠山邸の最大の特色は、生家の再興を象徴すべく、この地方における豪農の館を再現したことである。
遠山芳雄は印刷業などを営む実業家であったが、幼少より手先が器用で建築にも造詣が深く、当時既に技法が廃れかけて居た茅の葺き方に職人が困惑していると、自ら屋根に上がり仕上げてしまったという挿話も残る。

IMG_3765_convert_20120503221533.jpg

中棟。東京風の二階家で貴賓の接待空間として建てられたものと思われる。
生家再興の総指揮は遠山芳雄が行い、元一は芳雄が求めるがまま資金を出した。そして邸宅の設計を行ったのが東京帝大卒の建築家・室岡惣七である。同じ埼玉は入間市に建つ、旧石川組西洋館の設計者である。

IMG_3826_convert_20120503222159.jpg

西棟。京都風の数寄屋造平屋建。背後に土蔵が建つ。遠山元一の母・美以の居住空間として造られた。
基本は弟に任せっきりであった元一も、母の居室については色々と注文を付けたようである。

IMG_3830_convert_20110911152933.jpg

庭園に建つ茶室。
遠山元一邸は、東棟の存在を除けば典型的な近代和風建築の邸宅と言える。

IMG_3677_convert_20120504135009.jpg

東棟の玄関。武家屋敷を思わせる堂々としたもの。

IMG_3695_convert_20110911153702.jpg

東棟は玄関の他、囲炉裏のある居室がある。
母・美以は京都風の西棟よりもこの囲炉裏端を好み、昭和23年に82歳で長逝するまでこの家で晩年を過ごした。

IMG_3682_convert_20110911153929.jpg

建設当初、天井は古民家の造りに従い骨組みをむき出しにしていたが、その後寒さ対策で網代を張っている。

IMG_3679_convert_20110911154021.jpg

側面に設けられた家族用の内玄関。床の人造研ぎ出し石の磨き上げ具合が半端ではない。
規模が大きいだけではなく、材料・仕事共に最高のものを追求して造られた邸宅である。

IMG_3696_convert_20120503221948.jpg

中棟の廊下。天井は船底天井。

IMG_3699_convert_20120503213547.jpg

中棟の主座敷。首相在任中の吉田茂が訪れたときはこの座敷に通されている。

IMG_3698_convert_20120504135351.jpg

主座敷からの眺め。広大な庭園が広がる。
大きな一枚ものの硝子は米国からの輸入品。

IMG_3703_convert_20120503214110.jpg

中棟一階の縁側。

IMG_3732_convert_20120503221216.jpg

中棟の二階は宿泊する貴賓のための空間と思われる。ソファを備えた客間と書斎、寝室が一続きの洋間としてある他、座敷と洗面所・便所がある。
二階は通常非公開だが、年に一時期だけ公開しているようである。

IMG_3710_convert_20120503221057.jpg

寝室。ソファやベッドなどの家具は当時からのものと思われる。
朝香宮鳩彦王が戦前、ここで宿泊されたそうである。

IMG_3708_convert_20120504141538.jpgIMG_3750_convert_20120504141845.jpgIMG_3752_convert_20120504141318.jpgIMG_3738_convert_20120504140859.jpg

二階に施された造作の数々。
(上左)床の寄木細工(上右)寝室小窓の建具
(下左)洗面所扉のステンドグラス(下右)洋間入口の扉に施された彫刻と象牙細工

IMG_3758_convert_20120504140540.jpg

再び中棟一階に戻る。
数寄屋風の優雅な化粧室。隣の浴室に続く。

IMG_3787_convert_20120503222450.jpg

中棟から西棟への渡廊下。片面を角柱、もう片面を面皮柱とする。

IMG_3798_convert_20120504135237.jpg

西棟、母の居室。
残月床を備える。母・美以の死後は客室として使用されたようである。

IMG_3806_convert_20120504135829.jpg

京風の優美な造りの座敷で構成される。

IMG_3811_convert_20120503221647.jpg

ところで、母のために心を尽くしてこの屋敷を作り上げた遠山芳雄は、不幸な最期を遂げている。
昭和14年に中国大陸で馬賊に囚われ各地を引き回された挙句、敗戦後間もなく、帰国も叶わず現地で病死した。

IMG_3799_convert_20120503222725.jpg

仏間。
遠山元一は晩年の昭和43年に、財団法人遠山記念館を設立して邸宅を一般に開放した。
弟・芳雄の「生涯から残されたたったひとつの事業」「なにごとも忘れて打ち込むことができた芸術品」(遠山元一の言)を永久に残そうとしたのかも知れない。

IMG_3697_convert_20120504130016.jpgIMG_3817_convert_20120504144017.jpgIMG_3735_convert_20120504131222.jpgIMG_3816_convert_20120504131323.jpg

近代和風建築の見どころは細部にある。建具に施された装飾の数々。
(上左)中棟一階主座敷の飾り小窓(上右)東棟囲炉裏の間の小窓
(下左)中棟二階洋間の窓のオパールグラス(下右)中棟一階主座敷の書院飾りの彫刻

IMG_3658_convert_20120504131941.jpgIMG_3700_convert_20120504132030.jpgIMG_3734_convert_20120504132111.jpgIMG_3807_convert_20120504132534.jpgIMG_3804_convert_20120504132228.jpgIMG_3773_convert_20120504142210.jpg

照明器具も見どころ豊か。
(上左)正門(上右)中棟一階主座敷
(中左)中棟二階洋間(中右)西棟座敷
(下左)西棟縁側(下右)西棟軒下の釣り行燈

IMG_3847_convert_20120504144650.jpg

(参考資料)牧野武夫「遠山元一」昭和39年刊
現在は販売しているかどうか不明だが、以前は遠山記念館で販売していた伝記本。
遠山元一が綴った、自らの半生を顧みる文章も多数収録されているがすぐれた名文である。生家再建のいきさつも詳しい。

遠山記念館ホームページ
http://www.e-kinenkan.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード