第530回・旧神谷傳兵衛稲毛別荘

IMG_6006+convert_20130211154229.jpg

実業家で国産ワイン製造の先駆者としても知られ、以前弊ブログにて取り上げた茨城県牛久の牛久シャトーと、東京浅草の神谷バーを建てた初代神谷傳兵衛(1856~1922)が、千葉・稲毛海岸の別荘内に建てた迎賓用の洋館。大正7年(1918)の竣工。国登録有形文化財。

IMG_5839_convert_20130211154825.jpg

現在の千葉市稲毛区、旧稲毛海岸周辺はかつて海浜別荘地として栄えていた。現在もかつての海浜別荘地の面影を残す松林や別荘建築が点在している。写真は案内版に付された創建当時の古写真。

IMG_5840_convert_20130211154914.jpg

現在の姿。洋館の佇まいは古写真と全く変わっていないことが分かる。
昭和36年から開始された埋め立てで稲毛海岸の環境は一変し、現在は首都圏の住宅地として集合住宅や商業施設が立ち並んでいる。なお先日紹介した、旧日本勧業銀行本店(千葉トヨペット)は目と鼻の先にある。

IMG_6027_convert_20130211191904.jpg

現在は千葉市の所有となり、「千葉市民ギャラリー・いなげ」(写真左手の建物)に付属する形で保存・公開されている。ギャラリーの建物がある場所にはかつて神谷傳兵衛が日常生活に使っていた日本家屋が存在していた。
現在も庭木や庭石、石灯籠が洋館と共に別荘時代の名残を残している。

IMG_6021_convert_20130211192143.jpg

構造は当時としては最新技術で非常に珍しかった鉄筋コンクリート造。千葉県下では現存最古の鉄筋コンクリート建築である。

IMG_6009_convert_20130211160206.jpg

鉄筋コンクリートの壁体の上に、大正初期の洋館建築で多く用いられた白色タイルを貼る。
写真では後年の補修で貼りかえられた部分と色合いが異なるのがお分かり頂けると思う。

IMG_5846_convert_20130211171221.jpg

同じ神谷傳兵衛が建てた牛久シャトーや神谷バーと異なり、稲毛別荘の洋館は設計・施工共に不詳であるという。当時流行のセセッション風を採り入れた外観はあか抜けたモダンなデザインなので、相当腕のある建築家が手掛けていると思われるのだが。

IMG_5920_convert_20130211192010.jpg

洋館ベランダの前にある松の老木も、別荘時代からのものと思われる。

IMG_5850+convert_20130211160050.jpg

庭園に面した一階正面にはベランダを配している。

IMG_5847_convert_20130211165847.jpg

洋館二階の半円形に張り出したアルコーブ。

IMG_5834_convert_20130211155145.jpg

背面から見た洋館。屋根は片方を切妻、もう片方を寄棟造りとして左右非対称とする。
この屋根形式は、現在明治村に保存されている旧芝川又右衛門別邸(武田五一設計、明治44年)でも同じものが見られる。

IMG_6019_convert_20130211170739.jpg

白いタイル貼りの洋館は、青空によく映える。
逆に言えば、好天時以外は写真を撮るのが難しい。煉瓦やその他の色のタイルを貼った建物に比べて、白タイルは今一つ映えないといつも感じているので、今回撮影途中で晴れたのは非常に有難かった。

IMG_6011_convert_20130211170227.jpg

洋館へのエントランスを兼ねたベランダの石段。

IMG_5863_convert_20130211163416.jpg

市松模様の床タイルが美しいベランダ内部。

IMG_5860_convert_20130211165351.jpgIMG_5861_convert_20130211165431.jpg

床タイル詳細。

IMG_5876_convert_20130211155620.jpg

玄関内部。シャンデリアは当初のものではない。

IMG_5870_convert_20130211160256.jpg

一階洋室。天井は後年に改装で装飾が取り払われたのか、のっぺりしている。
家具や床の寄木細工、壁の暖炉は当初からのものが残されている。

IMG_5867_convert_20130211155258.jpg

一階洋室の暖炉。焚口の両脇には明治末期から大量に輸入され、同時期の建物でも散見されるアールヌーボーの模様付きタイルが貼られている。暖炉の意匠はモダンな外観に比べて、当時としてもやや古風なもの。

IMG_5873_convert_20130211155722.jpg

一階は上記の洋間一室と、玄関及び階段ホール、洗面所で構成される。
ワイン貯蔵用と思われる地下室もあるが非公開。

IMG_5897_convert_20130211161141.jpg

階段は曲線を持つ廻り階段。

IMG_5914_convert_20130211162906.jpg

階段を上がると一変して、日本座敷が現れる。
二階は日本座敷二間と洋室の小部屋、及び納戸で構成されている。

IMG_5893_convert_20130211161529.jpg

主座敷には、野生と思われるブドウの巨木を据えた、座敷の広さには些か不釣り合いな堂々たる床の間を備えている。

IMG_5911_convert_20130211191504.jpg

主座敷横の、茶の間風の小座敷。

IMG_5883_convert_20130211161402.jpg

主座敷縁側。障子を建てて和と洋を仕切るが、突き当たりのアルコーブは和風にできなかった。

IMG_5907_convert_20130211161642.jpg

外観からは想像できない二階内部。

IMG_5889_convert_20130211155454.jpg

木瓜窓は横に渡した二本の桟を除き、巨大な一枚板をくり抜いて造った贅沢なもの。
他、館内には生涯をワイン製造に費やした神谷傳兵衛の別邸にふさわしい、ブドウの装飾がある。

IMG_5872_convert_20130211164159.jpgIMG_5904_convert_20130211164229.jpg

茨城の牛久シャトーではブドウ柄のステンドグラスがあったが、稲毛の別邸にもブドウの装飾が存在する。
(左)一階玄関天井、照明台座の漆喰飾り(右)主座敷、付け書院欄間の彫刻

IMG_5895_convert_20130211164454.jpg

ブドウ棚に見立てたと思われる、煤竹を格子状に組んだ主座敷の天井。

IMG_6030convert_20130211155033.jpg

神谷傳兵衛の事績と、稲毛海岸の別荘地としての歴史を今に伝えている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード