FC2ブログ

第692回・観心寺恩賜講堂

IMG_3339_convert_20131202160942.jpg

昭和3年(1928)に京都御苑内で行われた昭和天皇即位の御大典のため、建てられた饗宴場の一部が現在、大阪府河内長野市にある高野山真言宗の寺院・観心寺に恩賜講堂の名で保存されている。国登録有形文化財。

IMG_3285_convert_20131202130413.jpg

観心寺は奈良時代に役小角が修行の道場として開き、雲心寺と称したことに始まるという歴史を有する寺院。平安時代初頭に弘法大師(空海)によって現在の寺号に改められた。

IMG_3288_convert_20131202130630.jpg

国宝に指定されている本堂。室町時代初期の創建と伝わる。
観心寺は南朝及び楠木正成ゆかりの寺院としても知られる。後醍醐天皇は建武新政後、金堂造営の詔を出され、楠木正成が奉行として金堂の造営に当たったと言われる。

IMG_3290_convert_20131202130805.jpg

楠木正成の発願によって三重塔が造営されるはずだったのが、湊川の戦いで楠木正成が討死したため未完に終わり、一層目だけが現在に伝わる建掛塔。正成の首塚も同寺境内にある。

IMG_3348_convert_20131202131049.jpg

境内の北西奥にひっそりと建つ恩賜講堂。通常は非公開であるが、河内長野市の催事で特別公開があることを知り今回訪れたものである。

IMG_3330_convert_20131202113339.jpg

今回の公開に際し展示されていた、観心寺移築当初の古写真。
筆者の手とカメラが写り込んでしまっているのはどうか御容赦頂きたい。

IMG_3291_convert_20131202130741.jpg

宮内省から下賜された饗宴場の移築工事は、昭和4年11月から翌5年5月にかけて行われ、京都から河内長野駅まで鉄道で運ばれた解体部材は、駅からは牛車と人力で観心寺境内まで運ばれたという。

IMG_3295_convert_20131202130828.jpg

饗宴場の建物は観心寺のほか、大阪北郊の関西大学と奈良の橿原神宮にも下賜、それぞれ移築・再利用されていたが、橿原神宮に移築されたものは平成10年の台風で屋根が吹き飛び大破、取り壊され現存しない。

IMG_3347_convert_20131202131648.jpg

関西大学のものは戦後昭和28年に再移築、千里寺本堂となって現存する。恩賜講堂と同じく国登録文化財となっている。(参考)文化遺産オンライン 千里寺本堂

IMG_3300_convert_20131202131146.jpg

当初は鮮やかな丹塗りであったと思われるが、現在はすっかり剥げ落ち、色褪せてしまっている。

IMG_3342_convert_20131202133334.jpg

設計は宮内省内匠寮。
現在地への移築設計は、大阪府技師から転じて建築事務所を開業、岸和田城天守の再建など戦前から戦後にかけて大阪府下を中心に設計活動を行った池田谷久吉による。

IMG_3298_convert_20131202130901.jpg

近代以前の社寺仏閣とは異なる雰囲気を感じさせる、外壁に取り付けられた洋風の照明器具。

IMG_3299_convert_20131202133110.jpg

仮設の建物とはいえ、堂々たるものであるが、内部に入ると更にその思いを強くする。

IMG_3336_convert_20131202135155.jpg

かつて皇居にあり、戦災で失われた明治宮殿を思わせるような内装が広がっている。

IMG_3305_convert_20131202132518.jpg

二条城御殿など、限られた建物でしか見る事のできない二重折り上げ格天井。

IMG_3304_convert_20131202161056.jpg

現在は老朽が進み、通常は使用・公開はしていないとのことだが修復が望まれる。

IMG_3332_convert_20131202113511.jpg

先述の外観写真と同じく、展示されていた移築当初の古写真で、内部を写したもの。

IMG_3311_convert_20131202132928.jpg

戦前、戦後を通じて講演会や演奏会、武道の競技会場などに使われてきた。戦時中は疎開学童の受け入れにも使われていたという。

IMG_3313_convert_20131202133433.jpg

壁に取り付けた照明器具やカーテンボックスにも装飾が施されている。壁布なども饗宴会場で使われていたものをそのまま再利用したのが現存していると思われる。

IMG_3319_convert_20131202131907.jpg

長押の飾り金物には正成に因む菊水の紋。移築に際しての創作か、当初からのものかは不明。

IMG_3321_convert_20131202132245.jpg

美しい彩色が施された折り上げ格天井と共に、華麗さを演出しているシャンデリア。

IMG_3328_convert_20131202132324.jpg

真珠のようだ。

IMG_3317_convert_20131202132547.jpg

IMG_3318_convert_20131202132410.jpg

IMG_3316_convert_20131202132817.jpg

IMG_3309_convert_20131202133258.jpg

壮麗の一語に尽きる。

IMG_3349_convert_20131202131028.jpg

今回の特別公開の情報は、以前弊ブログの記事にコメントを頂戴したquatrefoil-window様のブログ「光の射すほうへ」から得たものである。貴重な情報を御自身のブログで発信されて居られるquatrefoil-window様に、心より御礼申し上げます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

syoukou様

いつも楽しみに拝見させていただいています。
そんな中、名前を見て驚きました。お礼を言っていただくなんて、恐縮です。
こちらこそ、拙いブログでも見ていただいていること、お礼を申し上げます。

情報集めは好きなのですが、アラートは使っていないので、
分かる範囲内でのものです。それでも少しでもお役に立てれたら
いいなぁと思っています。

観心寺恩賜講堂、私は行けなかったので、syoukou様の歴史や経緯を押さえた詳細な説明と
素晴らしい写真を見せていただけて、よかったです。
折り上げ格天井、本当に素晴らしいですね。紅葉のよい時期だったようで、何よりです。
私もいつの日か西條合資会社とセットで見に行けたらいいなぁと思います。


Re: No title

コメント頂きありがとうございます。こちらこそ恐れ入ります。
quatrefoil-window様のブログにおける催事等の公開情報は、いつも利用させて頂いております。
今回以外にも、肥後橋の大同生命館メモリアルホール公開も貴ブログで知り、お盆休みの帰省の折に行くことができました。大変参考にさせて頂いております。
もしお差し支え無ければ、貴ブログのリンクを張らせて頂きたいと思いますが如何でしょうか?

No title

おはようございます。

加島屋さんの展示もご覧になられてたんですね。
私も、見に行きましたが記事にする機会を逸してしまってました。
今回、ふと思い返して、大同生命のHPを確認しましたら、
イブニングロビーコンサートが12月13日にあり、特別展示も見ることができるとの
こと。おかげで情報を得ることができました。ありがとうございます。
さっそくブログで紹介します。

リンクでしたら、貼っていただいて構わないので、どうぞお使いください。
差支えなければ、私も貴ブログのリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。

Re: No title

お役に立てたようで何よりです。
大同生命館については建物も展示も興味深いものばかりでしたので、今度のコンサートは御都合がつくようであれば是非どうぞ。

リンクの件、ありがとうございます。早速リンクを張らせて頂きました。
当方のブログにつきましてはリンクはフリーですので、よろしければどうぞ。

これからもよろしくお願い申し上げます。

No title

おはようございます。

さっそくリンクさせていただきました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

Re: No title

quatrefoil-window様

リンクありがとうございます。
御返事が遅れ失礼致しました。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード