FC2ブログ

第743回・芦屋仏教会館

IMG_4925_convert_20140305223400.jpg

芦屋仏教会館は、関西屈指の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市に建つ昭和初期の洋風建築。公益財団法人芦屋仏教会館が運営する文化施設として、現在も設立当初から変わらない用途で使われ続けている。

IMG_4922_convert_20140305223750.jpg

芦屋川の土手西側に建つ芦屋仏教会館。芦屋市は平成7年の阪神大震災で被害の大きかった地域で、会館周辺でも多くの建物が破損倒壊したが、同会館の被害は軽微であった。なお震災復興に伴う区画整理事業のため、当初位置よりやや西側に曳家で移されている。

IMG_49282_convert_20140305223712.jpg

会館は昭和2年(1927)の竣工で、設計は片岡安が所長を務める片岡建築事務所。同事務所はかつて辰野金吾との共同運営(辰野片岡建築事務所)で、片岡は辰野の片腕として、大阪府堺市の浜寺公園駅舎や北九州市の旧松本家住宅の設計にも携わった建築家である。

IMG_4929_convert_20140305224504.jpg

また旧大阪市庁舎(大正10年、現存せず)や鹿児島市公会堂(昭和2年、現・鹿児島市中央公民館)の設計者としても知られる。

IMG_49372_convert_20140305225109.jpg

芦屋仏教会館では側面窓のアーチ部分や正面上部の妻壁などに、先端を尖らせたイスラム風の造形が見られるが、旧鹿児島市公会堂でも似たようなデザインが見られる。

IMG_4938_convert_20140305224718.jpg

芦屋仏教会館は、総合商社・丸紅の前身に当たる丸紅商店の初代社長を務めた実業家・七代目伊藤長兵衛の出資で設立された崇信会の会館として建設され、仏教講座や各種講演会などの会場に使われた。

IMG_4931_convert_20140305224906.jpg

内部は、1~2階に聖徳太子像を正面に安置した二層吹き抜けのホールを配し、地階と3階を有する。地階には戦前、フランス料理店が入居していたという。敗戦直後は一時期、甲南高等女学校の仮校舎として使われた。

IMG_4934_convert_20140305224238.jpg

また昭和24年から29年にかけて、芦屋市立図書館として使われたこともある。(その後図書館は打出小槌町にある旧松山邸内の石造洋館に移転。この建物も芦屋市立図書館打出分室として現存しており、国登録有形文化財となっている。)

IMG_49402_convert_20140305223955.jpg

崇信会はその後財団法人(現在は公益財団法人)芦屋仏教会館に引き継がれて活動を継続しており、会館も当初からの用途で引き続き使用されている他、各種文化活動の場として利用されている。

IMG_49412_convert_20140305224348.jpg

正面玄関上部には、ハスの花をモチーフとした図柄のステンドグラスの小窓を配する。

IMG_49352_convert_20140305225253.jpg

先述の芦屋市立図書館や旧芦屋警察署玄関旧芦屋郵便局電話事務室旧山邑家住宅と共に、芦屋市内に現存する数少ない近代洋風建築である。

(参考)公益財団法人芦屋仏教会館ホームページ(建物内部の画像もある)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード