FC2ブログ

第750回・旧網干銀行本店

IMG_5146_convert_20140309143638.jpg

旧網干銀行本店は先日紹介した山本家住宅ダイセル異人館と同様、姫路市網干区に残る近代建造物で、大正10年(1921)頃に建てられたと伝わる煉瓦造の洋風建築。姫路市都市景観重要建築物。

IMG_5153_convert_20140309143924.jpg

廃れてしまった観のある商店街の一角に建つ旧網干銀行本店。とりわけ前のアーケードは老朽が甚だしいので、いずれは撤去できるとよいのだが。

IMG_51542_convert_20140309144348.jpg

西洋風ともインド風とも付かない不思議な形状の塔屋ドーム。京都の西本願寺伝道院(旧真宗信徒生命保険)のドームを扁平にしたような形である。

IMG_5152_convert_20140309143832.jpg

網干銀行は明治27年設立の小規模な地方銀行で、昭和5年に三十八銀行に買収され消滅している。なお三十八銀行はその後神戸銀行→太陽神戸銀行→太陽神戸三井銀行→さくら銀行→現在の三井住友銀行に至る。
「銀行変遷史データベース」より)

IMG_5150_convert_20140309144211.jpg

先述の山本家住宅の当主が頭取を務めていた銀行でもある。

IMG_51552_convert_20140309144119.jpg

現在は洋品店の店舗となっているが、旧状をよく残している。

IMG_51482_convert_20140309145106.jpg

外壁のモルタル仕上げの部分にはセセッション風の幾何学的な装飾が施されている。建具も創建当初からのものと思われる、白く塗られた木製サッシがよく残る。

IMG_5147_convert_20140309144558.jpg

一階の腰壁は御影石積み。

IMG_5149_convert_20140309144442.jpg

由緒ある寺社仏閣や古い商家など、歴史ある街並みがよく残されている網干では、これらの歴史的遺産を活かそうとする取り組みもあるようだ。

IMG_51582_convert_20140309145134.jpg

山本家住宅や旧網干銀行は、網干の歴史的町並みのシンボルになりうる建物なので、将来有効な利活用がなされることを願うばかりである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード