第1073回・鈴木家住宅

s_P30500252.jpg

千葉県館山市沼にある鈴木家住宅は、関東大震災から間もない大正13年(1924)に建てられた。横浜在住の建築家による設計とされる和洋折衷の住宅で、主屋及び同時に竣工した蔵と表門が国の登録文化財となっている。

s_P3050020.jpg

鈴木家は、江戸時代には港町であった当地において「南部屋」の屋号で旅籠業を営み、盛岡藩の常宿となっていたが明治21年(1888)に廃業し医院を開いた。赤く塗られた石の門柱から「赤門」の名で親しまれており、現在も続く医院の名称にも引き継がれている。医院の建物は近年改築されたが、赤い門柱は古いまま残されている。

s_P3050029.jpg

赤門のすぐ近くに、玉石を積み上げた鈴木家の重厚な門が建っており、その奥には灰色の洋館が見える。なお、手前のバス停の名前は「赤門前」となっている。

s_P3050015.jpg

かつては金属製の門扉があったが、戦時中の金属供出で取り外され現在はない。ところで、戦時下のエピソードとして、昭和20年の終戦間際には、近くにあった館山海軍航空隊の将校の社交場として鈴木家が使われたこともあるという。

s_P3050027.jpg

門の奥に続く砂利道の先に建つ主屋。大正13年9月に竣工したというが、関東大震災から丁度1年後に当たる。館山周辺は関東大震災に際しては千葉県下でも最も被害が激しく、殆どの家屋が倒壊したという。震災の余波もさめやらぬ時期に、このような本格的な洋館が建てられたことは驚きである。

s_P3050014.jpg

横浜在住の建築家が設計したという。玄関ポーチの柱や軒まわりなど、細部まで本格的な洋風意匠が施されている。

s_P3050010.jpg

玄関ポーチから1階にかけての外壁は人造石塗りで目地を切り、石造風に仕上げている。2階はモルタル壁で一部をハーフチンバー風に仕上げ、妻壁には縦長のメダリオンを飾っている。

s_P30500182.jpg

屋根は2階部分を天然スレート葺とし、平屋建部分は鉄板葺としている。

s_P30500042.jpg

玄関扉の欄間を見ると、ステンドグラスを嵌め込んでいるのが分かる。

s_P3050006.jpg

2階の屋根には細長い煙突が2本立っており、内部に暖炉が設けられていることを示している。外観、内装ともに相当本格的な造りの洋館であることが分かる。

s_P3050023.jpg

主屋の両側に平屋建の棟を伸ばす構成になっており、そのうち片方に蔵が設けられている。主屋の内部は、1階は和室と洋室で構成されており、2階は全て洋室であるという。

s_P30500312.jpg

主屋に繋がる蔵は伝統的な土蔵の形態を取っているが、外壁は主屋と同様、人造石塗に目地を切った洋風の仕上げとなっている。

s_P3050024.jpg

鈴木家住宅は、千葉市の旧神谷別邸、市川市の旧木内別邸などと共に、千葉県下に残る数少ない大正期の本格的な洋風住宅であると言える。

第1072回・秩父菊水酒造

s_P9030588.jpg

埼玉県秩父市下吉田にある㈱タイセー秩父菊水酒造所は、「秩父小次郎」銘柄の酒を醸造・販売している酒蔵。明治から昭和期にかけて建てられたと思われる、歴史を感じさせる重厚な店構えが魅力的。

s_P9030578.jpg

秩父菊水酒造がある旧吉田町は、近年秩父市に編入されたが、かつてはこの界隈が秩父の経済・文化の中心であったという。昭和32年(1957)に発生した大火で街道沿いの主な建物が焼失したため、旧吉田町には古い街並みは殆ど残されていない。

s_P9030587.jpg

秩父菊水酒造と、向かい側に少し離れて建つ煉瓦造の旧武毛銀行本店(大正7年竣工)の2棟は、養蚕などによる往年の繁栄を現在に伝える数少ない建物である。

s_P9030591.jpg

正面を当時としてはモダンな白タイル貼り仕上げとした旧武毛銀行本店。この建物については既に紹介済みなので、当ブログ過去記事を御参照頂きたい。

s_P9030579.jpg

秩父菊水酒造の建物は、主屋は明治期、酒蔵は大正から昭和期の建造と思われる。

s_P9030581.jpg

秩父を含め埼玉はかつて「東灘(あずまなだ)」と称され、酒の醸造が盛んな土地であったという。
大消費地である江戸に近く、街道が発達していた地の利を活かして、多くの酒蔵がかつて存在していた。

s_P9030582.jpg

秩父菊水酒造も、この地で酒の醸造を始めたのは寛永2年(1625)まで遡るという由緒を持つ。

s_P9030580.jpg

主屋の脇には、賓客用と思われる堂々とした造りの門を構えている。

s_P9030585.jpg

s_P9030584.jpg

大きな切妻屋根を載せた伝統的な造りの酒蔵と、洋風を加味したモダンな意匠の酒蔵が並ぶ。

s_P9030590.jpg

現在でも店舗として使われているとのことだが、残念ながら店を開いているのは平日のみとのこと。土日に秩父菊水酒造の商品を買う場合は、近くの道の駅へ行くことになる。

s_P9030583.jpg

これからも引き続き、この佇まいが健在であることを願いたい。

第1071回・耕三寺聴聲閣

s_IMG_0108222.jpg

前回記事にて紹介した広島県尾道市瀬戸田町の耕三寺には、寺を開いた金本耕三(耕三寺耕三)が母親の居宅として昭和2年(1927)から建設に着手した和洋併置式の書院「聴聲閣」がある。贅を尽くした造りの母親の居室や濃密な空間を持つ洋館など見どころの多い建物である。国登録有形文化財。

s_PB020183.jpg

耕三寺を開いた耕三寺耕三(旧名・金本福松 1891~1970)は、明治24年に神戸に生まれ、溶接工から発明家、実業家となり、昭和の初めには大阪で大口径特殊鋼管の製造会社を経営していた。昭和2年(1927)より母親の故郷である瀬戸田に母親のための別荘を建て始めた。

s_PB020181.jpg

昭和9年(1934)に母親が没すると、その菩提を弔うと共に報恩感謝の念を込めた寺院の建立を発願、翌昭和10年には得度し「耕三」の法名を受けた。(昭和31年には姓を金本から耕三寺に改め、耕三寺耕三となった)その後、昭和45年(1970)に78歳で没するまで、生涯をかけて伽藍の造営を行った。

s_PB020182.jpg

耕三寺の伽藍は既存の聴聲閣に隣接する形で造営が行われ、鉄筋コンクリート造2階建ての洋館と木造平屋建ての書院から構成される聴聲閣も、耕三寺の書院、客殿として一部増改築が加えられ、現在残る形になった。

s_PB020091.jpg

庭園越しに見る書院棟。

s_PB020095.jpg

正面玄関は洋館の隣にあり、唐破風付きの車寄せを備える。その内側の天井は、写真のように彫刻と天女像に飾られた豪壮な造りであるが、ここから入ることはできないので、内側から見学する形になる。

s_PB020097.jpg

正面玄関は写真の来客用玄関とその脇に設けられた内玄関で構成されている。台所側には勝手口があり、見学に際しては勝手口から入るようになっている。

s_PB020153.jpg

畳廊下のある縁側。

s_PB020105.jpg

主座敷。床の間の掛け軸に描かれている人物が耕三寺耕三。

s_PB020150.jpg

仏間は格天井となっており、天井画で華やかに飾られている。

s_PB020107.jpg

聴聲閣は母親の居室に最も贅を尽くしているのが特徴である。天井は折上格天井、銘木を据え床柱、色鮮やかな金襖や欄間彫刻など、絢爛豪華の一語に尽きる造りとなっている。

s_PB020111.jpg

母親のために建てた住まいと言えば、以前当ブログで取り上げた埼玉県川島町の旧遠山元一邸(遠山記念館)がある。いずれも母親への感謝の念を込めて建てた点では共通するが、その趣は対照的であるのは興味深い。(旧遠山邸の過去記事も御参照頂けると幸いである)

s_PB0201093.jpg

欄間には梅と小鳥がいる。
桃山調の彩色された欄間彫刻は個人邸では珍しい。

s_IMG_0062.jpg

洋館と書院の間には石組を配した中庭を設ける。写真は洋館側から見た母親居室。

s_IMG_0060.jpg

洋館に隣接して浴室及び脱衣場・化粧室が設けられている。
ステンドグラスを嵌め込んだ円形窓は浴室の窓である。

s_PB0201153.jpg

以前取り上げた小樽の和光荘(旧野口喜一郎邸)では、象が照明を吊り下げていたが、聴聲閣では小鳥が照明を咥えぶら下げている。

s_PB020124.jpg

洋風に造られた脱衣場・化粧室。写真の反対側には造りつけの鏡台が置かれている。

s_PB020125.jpg

石造りの湯船を備えた浴室。

s_PB0201192.jpg

ステンドグラスと型押し硝子を組み合わせた浴室の窓。

s_PB020121.jpg

浴室側からみた円形窓。

s_PB0201162333.jpg

円形窓のステンドグラス。

s_PB0201322333.jpg

ステンドグラスを嵌め込んだ円形窓は、ほかに2箇所ある。
洋館応接間の入口前には貝の図柄。

s_PB0201312.jpg

階段踊り場には船の図柄。
いずれも瀬戸内の島にある館にふさわしい図柄と言える。

s_PB020145.jpg

洋館の1階応接間には、庭に面してテラスを兼ねたポーチが設けられており、来客はここから直接中へ入ることも出来る。

s_PB020137.jpg

中華風の家具調度品で飾られた洋館1階応接間。

s_PB020135.jpg

部屋の角に設けられた暖炉。

s_PB020134.jpg

洋館の2階は来客用の寝室となっているが、非公開である。

s_PB020158.jpg

勝手口がある台所の土間。現在は見学者用の玄関及び受付として使われている。造りつけの戸棚など創建当時の設備が残されている。

s_PB0201572.jpg

裏方である台所の建具や窓の欄干にも意匠を凝らす。

s_PB020179.jpg

広島県内に現存する戦前の和洋併置式の邸宅の中では、耕三寺聴聲閣の造りの充実ぶりは群を抜いている。

第1070回・耕三寺

s_IMG_01062.jpg

広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田にある耕三寺は、発明家で実業家の金本耕三(耕三寺耕三)によって、昭和10年(1935)から造営が開始された浄土真宗本願寺派の仏教寺院である。境内には日光東照宮など全国各地の著名な寺社仏閣を模した堂宇が建ち並び、「西の日光」の異名を持つ。平等院鳳凰堂を模した本堂など、戦前から戦中にかけて建てられた建物は国の登録有形文化財となっている。

s_IMG_0112.jpg

耕三寺がある尾道市瀬戸田町は、芸予諸島のひとつである生口島にあり、隣接する因島などと西瀬戸自動車道(しまなみ海道)でつながっている。港町として尾道と並び古い歴史を有し、港に近い瀬戸田の街中には古い屋並みが残されている。写真は製塩業で財を成したという三原屋(堀内家)の屋敷。明治初年の建物とのこと。

s_IMG_0111.jpg

珍しいのはつし二階の窓で、西日本では縦格子の虫籠窓にする場合が多いが、瀬戸田の町家は横向きの格子となっている。

s_IMG_0055.jpg

瀬戸田港から10分程度歩くと、耕三寺の山門が現れる。様式は京都御所紫宸殿の御門と同じであるが、鋼鉄製で極彩色を施している点で異なる。昭和15年(1940)の建造。

s_PB020176.jpg

山門の先にある中門。昭和14年(1939)の建造で、法隆寺の西院伽藍を原型とするが、山門と同様に装飾は本家とは似ても似つかないぐらい派手で自由奔放なものとなっている。これは他の建物にも同じことが言える。

s_IMG_0107.jpg

s_IMG_0089.jpg

中門の先にある五重塔を挟む形で、同一意匠の法宝蔵・僧宝蔵が建つ。
大阪・四天王寺の金堂を原型とする。昭和16年建造。

s_IMG_0091.jpg

法宝蔵と僧宝蔵に挟まれて建ち、境内のほぼ中央に位置する五重塔。奈良・室生寺の五重塔が原型になっているが、本家とは全く異なる趣の絢爛な塔である。元々は溶接技術者であった金本耕三の発案により、心柱には鋼管が用いられている。昭和30年(1955)建造。

s_IMG_0087.jpg

五重塔の先に見えるのが、日光東照宮陽明門を模した孝養門。昭和28年(1953)から造営を始め、10年の歳月をかけて建てられた。

s_IMG_0092.jpg

造営に際しては、日光東照宮陽明門の図面コピーを文部省から入手したという。

s_IMG_0093.jpg

s_PB020164.jpg

細部意匠は独自の改変を施しているが、規模、意匠とも最も本家に忠実に造られた建造物である。

s_IMG_0106.jpg

孝養門は「西の日光」と称されている耕三寺を代表する建物となっている。
なお、五重塔と孝養門は竣工時期が新しいため、現時点ではまだ国の登録有形文化財にはなっていない。

s_IMG_0097.jpg

孝養門の先には、大理石造りの石舞台を挟んで本堂が建っている。平等院鳳凰堂を模して昭和15年(1940)に建てられた。

s_IMG_0096.jpg

本堂は訪問時、外装の一部補修工事が行われていたため、全景を捉えることができなかった。写真は翼廊部分。

s_PB020159.jpg

外壁の色彩や細部装飾は他の建物と同様、耕三寺独自の絢爛豪華なものとなっている。

s_PB020166.jpg

側面から見た本堂。

s_IMG_0099.jpg

背面から望む。

s_PB020165.jpg

石山寺多宝塔を模した多宝塔。昭和17年(1942)建造。

s_PB020169.jpg

境内でも一段低くなった場所にひっそりと建っているのが、昭和18年(1943)建造の銀龍閣。京都の銀閣を模して造られた。

s_PB020172.jpg

目も眩みそうな派手な建物ばかり並ぶ中で、唯一と言ってもよい落ち着いた趣のある建物。

s_IMG_0103.jpg

茶室としても使えるようになっている。

s_PB020175.jpg

銀龍閣の玄関まわり。

s_IMG_00852.jpg

耕三寺境内にある建造物のうち、昭和戦前期に建てられた15棟が現在、国の登録有形文化財となっている。その中でも最初に建てられ、元々は金本耕三が母親の居宅として建てた和洋併置式の書院「潮聲閣」は、耕三寺の原点とも言える建物であり、また見どころに富んだ邸宅建築である。これは次回記事にて紹介したい。

第1069回・佐藤医院

s_P81603392.jpg

京都府宮津市字京街道にある佐藤医院は、大正15年(1926)に建てられた洋館建ての医院建築。以前紹介した宮津カトリック教会と並び、宮津市内に残る洋風建築の中でも随一の存在である。

s_P81603312.jpg

全景。京街道に面した正面に主屋を置き、その背後には病室棟が続く奥行きの深い造りとなっている。

s_P8160333.jpg

洋風の外観は、設立者である佐藤理兵衛氏がそれまで勤務していた東京の順天堂病院の建物をイメージして建てさせたと伝わる。また、背面の病室棟は、旧宮津中学校(現・宮津高等学校)寄宿舎の古材を転用しているという。

s_P8160334.jpg

近年行われた、前を通る京街道の拡幅によって、かつて主屋の前にあった正門と塀が撤去されているが、主屋とその背後の病室棟などはそのまま残されている。

s_P81603362.jpg

主屋の正面中央部分の外壁は人造石洗出し仕上げで、目地を切り石造風に仕上げる。

s_P8160337.jpg

中央部を除く外壁は粗く塗ったモルタル仕上げとする。

s_P8160340.jpg

人造石の円柱を立てた重厚な玄関ポーチ。

s_P81603412.jpg

玄関ポーチの上部はバルコニーになっている。主屋の内部は玄関ホールを中心に薬局、診察室、待合室、検査室などが配されているという。

s_P8160338.jpg

現在も産婦人科・産科の医院として現役である。

s_P8160346.jpg

文化財等にはなっていないが、今後も宮津の代表的な洋風建築として永くこの地にあって欲しいものである。
プロフィール

syoukou

Author:syoukou
(ブログについて)
現存する近代日本の歴史的遺産(台湾など旧日本領土も含む)を建造物・土木構造物を中心に、思いつくままに取り上げております。

(写真について)
写真は特記しない限り管理人の撮影です。また絵葉書等の古写真は管理人の所蔵品、もしくは訪問先の展示品を撮影したものです。利用・転載等希望される場合は管理人まで御連絡頂けると幸いです。

(リンクについて)
リンクはフリーです。なお、リンクを張らせて頂いている他の方のページは一部を除き相互リンクとなっております。

(コメントについて)
記事と関係の無いコメントは削除させて頂く場合もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード